会津若松旅行記(ブログ) 一覧に戻る
いつか行って見たいと思っていた「さざえ堂」をしっかり見て来ました。2条ネジ構造の六角三層の建物は、設計図を見るとよくこんなものを建てたなぁ、と感心するばかりです。世界中を見ても、木造建築で、2条螺旋が交わることなく、構成されている建物はありません。今年は雪が早く、こんなに素晴らしい景色を見ることができ、幸せでした。

円通三匝堂(さざえ堂)を見に

15いいね!

2017/12/13 - 2017/12/13

312位(同エリア991件中)

0

63

いつか行って見たいと思っていた「さざえ堂」をしっかり見て来ました。2条ネジ構造の六角三層の建物は、設計図を見るとよくこんなものを建てたなぁ、と感心するばかりです。世界中を見ても、木造建築で、2条螺旋が交わることなく、構成されている建物はありません。今年は雪が早く、こんなに素晴らしい景色を見ることができ、幸せでした。

旅行の満足度
5.0

PR

  • 厳島神社からさざえ堂へ周ることにします。

    厳島神社からさざえ堂へ周ることにします。

  • 柿の木にもこんもりと雪が積もっていて、良い景色です。渋柿かな?

    柿の木にもこんもりと雪が積もっていて、良い景色です。渋柿かな?

  • 厳島神社は帰りにお参りすることにして、先にさざえ堂へ行きます。<br />旧正宗寺の三匝堂で、通称「さざえ堂」と呼ばれ、白虎隊の墓所のある飯盛山の中腹に建っています。

    厳島神社は帰りにお参りすることにして、先にさざえ堂へ行きます。
    旧正宗寺の三匝堂で、通称「さざえ堂」と呼ばれ、白虎隊の墓所のある飯盛山の中腹に建っています。

  • 日本大学理工学部建築史研究室の「円通三匝堂実測図」をネットで見つけ、じっくりと見ました。素晴らしい!

    日本大学理工学部建築史研究室の「円通三匝堂実測図」をネットで見つけ、じっくりと見ました。素晴らしい!

  • 平面六角形の特異な構造で、内部は、二重螺旋の斜路が続いて、右回りに上がり、下りる時は、左回り隣、一切交わることがありません。2、3箇所で、中心の柱の間から、向こう側を歩く人が見えました。以前はどうだったんでしょうね。<br />窓も庇も約15度の傾斜があります。棟梁は山岸喜右衛門道重。

    平面六角形の特異な構造で、内部は、二重螺旋の斜路が続いて、右回りに上がり、下りる時は、左回り隣、一切交わることがありません。2、3箇所で、中心の柱の間から、向こう側を歩く人が見えました。以前はどうだったんでしょうね。
    窓も庇も約15度の傾斜があります。棟梁は山岸喜右衛門道重。

  • 江戸後期の寛政8年(1796)に当時の住職・郁堂が建立したそうです。当時は阿弥陀如来を本尊として、斜路には、三十三観音像が安置されていました。神仏混交の信仰形態を持っていた正宗寺でしたが、明治の廃仏毀釈で廃寺となり、個人所有となりました。堂内にあった三十三観音は、他に移され、その代わりに「皇朝二十四孝」の額が付けられています。<br />正面入り口には、唐破風造りの拝殿があります。

    江戸後期の寛政8年(1796)に当時の住職・郁堂が建立したそうです。当時は阿弥陀如来を本尊として、斜路には、三十三観音像が安置されていました。神仏混交の信仰形態を持っていた正宗寺でしたが、明治の廃仏毀釈で廃寺となり、個人所有となりました。堂内にあった三十三観音は、他に移され、その代わりに「皇朝二十四孝」の額が付けられています。
    正面入り口には、唐破風造りの拝殿があります。

  • 平面は、一辺 11尺(約3,4m) の六角形で、堂内中央部には6本の通し柱が立っています。側柱(建物外側の柱)は、6本の通し柱で、中央柱の間には繋梁が渡してあります。

    平面は、一辺 11尺(約3,4m) の六角形で、堂内中央部には6本の通し柱が立っています。側柱(建物外側の柱)は、6本の通し柱で、中央柱の間には繋梁が渡してあります。

  • 屋根は見えませんが、ネットで上から写した写真があります。それを見ると、銅板葺になっています。

    屋根は見えませんが、ネットで上から写した写真があります。それを見ると、銅板葺になっています。

  • 「福聚海無量」は、福徳の集まることが、海のように広大であるということで、観世音菩薩の恵みが広大であることを讃えた語です。

    「福聚海無量」は、福徳の集まることが、海のように広大であるということで、観世音菩薩の恵みが広大であることを讃えた語です。

  • いよいよ上に上って行きます。床が傾斜しているので、滑って転ばないように横板が張ってあります。<br />

    いよいよ上に上って行きます。床が傾斜しているので、滑って転ばないように横板が張ってあります。

  • しばらく上ったところに、向こう側に下りてくる人が見えました。

    しばらく上ったところに、向こう側に下りてくる人が見えました。

  • 窓には金網が張ってあるので、外の景色はこんな風にしか撮れません。

    窓には金網が張ってあるので、外の景色はこんな風にしか撮れません。

  • 最頂部の天井は、折上げ鏡天井。ここから下りていくことになります。

    最頂部の天井は、折上げ鏡天井。ここから下りていくことになります。

  • 頂点には、太鼓橋があります。

    頂点には、太鼓橋があります。

  • 螺旋の床と太鼓橋の端との繋がり部分。

    螺旋の床と太鼓橋の端との繋がり部分。

  • 今はがらんどうですが、以前はここに観音像が安置してありました。

    今はがらんどうですが、以前はここに観音像が安置してありました。

  • 最上階から下の階への天井部分です。柱と梁の交差が複雑。

    最上階から下の階への天井部分です。柱と梁の交差が複雑。

  • 雪が積もってくると、庇の雪下ろしをするんでしょうね。

    雪が積もってくると、庇の雪下ろしをするんでしょうね。

  • もう1階の出口です。

    もう1階の出口です。

  • 出口の天井

    出口の天井

  • 中心に向かって梁が集まっています。

    中心に向かって梁が集まっています。

  • 名残惜しくて、下りてきた廊下を振り返って見ました。

    名残惜しくて、下りてきた廊下を振り返って見ました。

  • また違う季節に来ます。

    また違う季節に来ます。

  • 1層部分の高さは、約1,9m です。

    1層部分の高さは、約1,9m です。

  • 傍に建っている宇賀神社は、会津藩3代目藩主・松平正容公が奉納したものだそうです。

    傍に建っている宇賀神社は、会津藩3代目藩主・松平正容公が奉納したものだそうです。

  • 厳島神社に下りて来ました。

    厳島神社に下りて来ました。

  • 地蔵堂

    地蔵堂

  • 白虎隊引き上げの洞窟が池の向こう側に見えています。戊辰戦争の時、白虎隊士中二番隊は、戸の口原に布陣している味方軍を応援するために派遣されました。城の安否を確認するために、隊士20名が通過した洞窟だそうです。

    白虎隊引き上げの洞窟が池の向こう側に見えています。戊辰戦争の時、白虎隊士中二番隊は、戸の口原に布陣している味方軍を応援するために派遣されました。城の安否を確認するために、隊士20名が通過した洞窟だそうです。

  • 厳島神社は、会津藩の領主・芦名直盛公の時代・永徳年間(1381~1384)に建立。明治期になってから厳島神社と改称されました。

    厳島神社は、会津藩の領主・芦名直盛公の時代・永徳年間(1381~1384)に建立。明治期になってから厳島神社と改称されました。

15いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集