ウィーン 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

ウィーンで市電を乗り継いで、ベルヴェデーレ宮殿の上宮にあるオーストリア・ギャラリーに足を運び、クリムトの「接吻」を鑑賞しました。どういうわけか、見ているだけで涙が出て来ました。<br /><br />なお、このアルバムは、ガンまる日記:クリムトの『接吻』に涙する[http://marumi.tea-nifty.com/gammaru/2017/08/post-2b51.html]とリンクしています。詳細については、そちらをご覧くだされば幸いです。

ベルヴェデーレ宮殿のオーストリア・ギャラリーでクリムトを鑑賞する

28いいね!

2017/08/19 - 2017/08/27

424位(同エリア4652件中)

    22

    ウィーンで市電を乗り継いで、ベルヴェデーレ宮殿の上宮にあるオーストリア・ギャラリーに足を運び、クリムトの「接吻」を鑑賞しました。どういうわけか、見ているだけで涙が出て来ました。

    なお、このアルバムは、ガンまる日記:クリムトの『接吻』に涙する[http://marumi.tea-nifty.com/gammaru/2017/08/post-2b51.html]とリンクしています。詳細については、そちらをご覧くだされば幸いです。

    同行者
    カップル・夫婦
    交通手段
    鉄道
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    5.0
    観光
    5.0
    交通
    5.0

    PR

    • 市電を乗り継いで、ベルヴェデーレ宮殿に足を運んだ。どういうわけか、見ていたガイドブックに記載されていた情報が間違っていて、ベルヴェデーレ宮殿の二つほど手前の電停で降りてしまった。<br /><br />ちなみに、この市電は古いタイプの市電。

      市電を乗り継いで、ベルヴェデーレ宮殿に足を運んだ。どういうわけか、見ていたガイドブックに記載されていた情報が間違っていて、ベルヴェデーレ宮殿の二つほど手前の電停で降りてしまった。

      ちなみに、この市電は古いタイプの市電。

    • ここがベルヴェデーレ宮殿の入口。

      ここがベルヴェデーレ宮殿の入口。

    • チケットを購入するとき、どのチケットを購入すれば良いか少し迷った。ここは宮殿なので、入場するエリアによって購入するチケットが異なる。チケットカウンターで、私は素直に「クリムトを見たい」と言った。その結果、そのエリアに入場できるチケットを購入することができた。

      チケットを購入するとき、どのチケットを購入すれば良いか少し迷った。ここは宮殿なので、入場するエリアによって購入するチケットが異なる。チケットカウンターで、私は素直に「クリムトを見たい」と言った。その結果、そのエリアに入場できるチケットを購入することができた。

    • ヨーロッパには、まだら柄のカラスがいるようだ。

      ヨーロッパには、まだら柄のカラスがいるようだ。

    • マシュマロのような家。

      マシュマロのような家。

    • 中には入らなかったが、こうして見ると、人の顔のようにも見える。

      中には入らなかったが、こうして見ると、人の顔のようにも見える。

    • いかにも宮殿といった感じの敷地だった。

      いかにも宮殿といった感じの敷地だった。

    • 撮影しているのは、クリムトの絵がある方向ではない。このあと、行先を切り替えて、この後方に歩いて行った。

      撮影しているのは、クリムトの絵がある方向ではない。このあと、行先を切り替えて、この後方に歩いて行った。

    • オーストリア・ギャラリーの中に入った。

      オーストリア・ギャラリーの中に入った。

    • クリムトの絵は一階(グランドフロアから始まり、その次が一階なので、日本で言うところの二階)にあった。この日は絵画の写真撮影が許可されていた。もちろん、写真撮影不可の作品もあった。<br /><br />これは、かの有名な『接吻』。見ているうちに涙が出て来た。

      クリムトの絵は一階(グランドフロアから始まり、その次が一階なので、日本で言うところの二階)にあった。この日は絵画の写真撮影が許可されていた。もちろん、写真撮影不可の作品もあった。

      これは、かの有名な『接吻』。見ているうちに涙が出て来た。

    • 同じくクリムトの作品。『アダムとイブ』。

      同じくクリムトの作品。『アダムとイブ』。

    • 同じくクリムトの作品。『ユディト』。<br /><br />かつて、このオーストリア・ギャラリーには、『アデーレ』も展示されていた。映画『黄金のアデーレ』を鑑賞[http://marumi.tea-nifty.com/gammaru/2017/09/post-dd91.html]し、果たして、ポートレートは誰のものなのだろうと感じた。<br /><br />https://youtu.be/DquwejmInhA

      同じくクリムトの作品。『ユディト』。

      かつて、このオーストリア・ギャラリーには、『アデーレ』も展示されていた。映画『黄金のアデーレ』を鑑賞[http://marumi.tea-nifty.com/gammaru/2017/09/post-dd91.html]し、果たして、ポートレートは誰のものなのだろうと感じた。

      https://youtu.be/DquwejmInhA

    • 『接吻』と一緒に記念撮影できる部屋も用意されていた。記念にパチリ。

      『接吻』と一緒に記念撮影できる部屋も用意されていた。記念にパチリ。

    • クリムトの弟子、エゴン・シーレの作品。『家族』。<br /><br />絵画はヨーロッパで鑑賞するに限る。同じ作品が日本にやって来たとしても、日本の美術館や博物館は暗くてじっくり鑑賞できない。また、写真撮影も禁止されているところが多い。しかし、ヨーロッパの美術館は、作品にもっと近づくことができる。展示室も明るい。

      クリムトの弟子、エゴン・シーレの作品。『家族』。

      絵画はヨーロッパで鑑賞するに限る。同じ作品が日本にやって来たとしても、日本の美術館や博物館は暗くてじっくり鑑賞できない。また、写真撮影も禁止されているところが多い。しかし、ヨーロッパの美術館は、作品にもっと近づくことができる。展示室も明るい。

    • ナポレオンもいた。

      ナポレオンもいた。

    • 現代とは、時間の流れ方が違うのを感じる。

      現代とは、時間の流れ方が違うのを感じる。

    1件目~20件目を表示(全22件中)

    この旅行記のタグ

      28いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      ウィーン(オーストリア) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集