シェムリアップ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
4日目は、アンコールワットの朝日を見るために朝5時半から出発。<br />昨日と同じドライバーに来てもらい、夕方まで遺跡やら自然やら巡ってきた。<br /><br />また、トンレサップ湖のフェリーチケット売り場ではバトルが勃発。<br /><br />朝が早かっただけにこの日は本当に疲れた。。。

【現地駐在員の春節休み】中国を飛び出してカンボジア・シェムリアップへ(4日目)~アンコールワットの朝日、地雷博物館、バンテアイ・スレイ、トンレサップ湖ほか~

8いいね!

2017/01/30 - 2017/01/30

4073位(同エリア8246件中)

多摩川コナン

多摩川コナンさん

4日目は、アンコールワットの朝日を見るために朝5時半から出発。
昨日と同じドライバーに来てもらい、夕方まで遺跡やら自然やら巡ってきた。

また、トンレサップ湖のフェリーチケット売り場ではバトルが勃発。

朝が早かっただけにこの日は本当に疲れた。。。

旅行の満足度
5.0

PR

  • 朝5時に昨日のドライバーにホテルまで迎えに来てもらい、アンコールワットの朝日鑑賞へ。<br />すこし寒い。そして空が色づき始めた。

    朝5時に昨日のドライバーにホテルまで迎えに来てもらい、アンコールワットの朝日鑑賞へ。
    すこし寒い。そして空が色づき始めた。

  • 湖に到着したころには、少し日が上がり始めていた。

    湖に到着したころには、少し日が上がり始めていた。

  • 幻想的。

    幻想的。

    アンコールワット 史跡・遺跡

  • 横から見るとこんなに人がいっぱい。<br />春節恐るべし。

    横から見るとこんなに人がいっぱい。
    春節恐るべし。

  • アンコールワット以上に珍しい景色か。

    アンコールワット以上に珍しい景色か。

  • 空の色が刻一刻と変わっていく。

    空の色が刻一刻と変わっていく。

  • 太陽が出てきた。

    太陽が出てきた。

  • だいぶ日が上がったところでアンコールワットの内を見に中に入る。

    だいぶ日が上がったところでアンコールワットの内を見に中に入る。

  • 沐浴の池

    沐浴の池

  • 朝日に照らされ金色に(?)光る塔。

    朝日に照らされ金色に(?)光る塔。

  • 子供の僧侶たちが歩いていた。

    子供の僧侶たちが歩いていた。

  • 中央塔に上がります。<br />これが名物のすごく急な階段。<br /><br />順番待ちの列も長かったが、20分くらい待ってやっと登れた。

    中央塔に上がります。
    これが名物のすごく急な階段。

    順番待ちの列も長かったが、20分くらい待ってやっと登れた。

  • 上から。

    上から。

  • 中央塔へ上る人たちの列が続いている。

    中央塔へ上る人たちの列が続いている。

  • デバターと呼ばれる女神像。

    デバターと呼ばれる女神像。

  • 小窓からカメラを出して撮ってみた。<br />こう見るとアンコールワットが森に囲まれていることがわかる。

    小窓からカメラを出して撮ってみた。
    こう見るとアンコールワットが森に囲まれていることがわかる。

  • 地球が丸く感じる。<br />

    地球が丸く感じる。

  • 中央塔の内側。

    中央塔の内側。

  • 朝日に照らされて綺麗。

    朝日に照らされて綺麗。

  • 裏側から撮った写真。

    裏側から撮った写真。

  • 乳海攪拌という神話の一部を現した壁画。<br />両サイドから神々と阿修羅が大蛇を引きあっている場面。<br />中央にいるのはヴィシュヌ神。

    乳海攪拌という神話の一部を現した壁画。
    両サイドから神々と阿修羅が大蛇を引きあっている場面。
    中央にいるのはヴィシュヌ神。

  • なお、この綱引きは1000年間続いた模様。

    なお、この綱引きは1000年間続いた模様。

  • 東側の出口。

    東側の出口。

  • 日もだいぶ上がってきたので、ここでアンコールワットを後に。

    日もだいぶ上がってきたので、ここでアンコールワットを後に。

  • 像タクシー。

    像タクシー。

  • ここにも綱引き部隊がいた。

    ここにも綱引き部隊がいた。

  • 南大門を通過。

    南大門を通過。

    アンコール トム 南大門 史跡・遺跡

  • 続いてプリア・カンへ。入口にはきれいな池が広がっていた。

    続いてプリア・カンへ。入口にはきれいな池が広がっていた。

  • 反対側にもきれいな池が広がる。

    反対側にもきれいな池が広がる。

  • プリア・カン入口

    プリア・カン入口

  • 中に入り入口を裏側から。

    中に入り入口を裏側から。

  • プリア・カンは、1000年近く前に戦争に勝ったことを記念して作られた仏教寺院。

    プリア・カンは、1000年近く前に戦争に勝ったことを記念して作られた仏教寺院。

  • もうだいぶ崩れ始めている。

    もうだいぶ崩れ始めている。

  • 屋根部分に彫られたレリーフ。

    屋根部分に彫られたレリーフ。

  • 一部は完全に崩壊している。

    一部は完全に崩壊している。

  • 中庭に生える大樹が、時間の経過を感じさせる。

    中庭に生える大樹が、時間の経過を感じさせる。

  • 寺院内部の廊下。

    寺院内部の廊下。

  • 東第二塔門周辺にはきれいなレリーフが残っている。

    東第二塔門周辺にはきれいなレリーフが残っている。

  • 遺跡がしっかりと残っている場所もある。

    遺跡がしっかりと残っている場所もある。

  • 建物の中央にはストゥーパがある。

    建物の中央にはストゥーパがある。

  • ストゥーパに通じる廊下。<br />

    ストゥーパに通じる廊下。

  • プリア・カンの中にある大通り。

    プリア・カンの中にある大通り。

  • 遠くにパルテノン神殿が見える。。。

    遠くにパルテノン神殿が見える。。。

  • パルテノン神殿。ではなくかつて図書館だった建物。

    パルテノン神殿。ではなくかつて図書館だった建物。

    プリヤ カーン 史跡・遺跡

  • 回廊が続く。

    回廊が続く。

  • 東側にある木に浸食された壁。にしてもでかい!

    東側にある木に浸食された壁。にしてもでかい!

  • 東塔門から撮った全景。<br />やっぱり春節は人が多いなぁ。

    東塔門から撮った全景。
    やっぱり春節は人が多いなぁ。

  • ヒンドゥー教徒によって削り取られた仏像のレリーフ。

    ヒンドゥー教徒によって削り取られた仏像のレリーフ。

  • プリア・カン前にある定食屋で焼きそばみたいなのを注文。今日のランチ。

    プリア・カン前にある定食屋で焼きそばみたいなのを注文。今日のランチ。

  • 続いて地雷博物館へ。

    続いて地雷博物館へ。

    地雷博物館 博物館・美術館・ギャラリー

  • 内戦時に自ら地雷を設置していたアキラー館長が、地雷の恐ろしさを伝えるために造った博物館。

    内戦時に自ら地雷を設置していたアキラー館長が、地雷の恐ろしさを伝えるために造った博物館。

  • 世界の地雷マップ。

    世界の地雷マップ。

  • 実物の地雷も展示されている。

    実物の地雷も展示されている。

  • なるほど

    なるほど

  • 人形。<br />突然出てくるのでびっくりする。

    人形。
    突然出てくるのでびっくりする。

  • 博物館の中央には地雷が詰め込まれたモニュメントがある。

    博物館の中央には地雷が詰め込まれたモニュメントがある。

  • リアルに埋まっている地雷。

    リアルに埋まっている地雷。

  • 地雷博物館を後にして、バンテアイ・スレイへ。<br />ここは1000年以上前に造られたヒンドゥー教の寺院。

    地雷博物館を後にして、バンテアイ・スレイへ。
    ここは1000年以上前に造られたヒンドゥー教の寺院。

  • 第一印象は「赤い」だった。

    第一印象は「赤い」だった。

  • 中央祠堂へと続く道。

    中央祠堂へと続く道。

  • 入口の門には美しいレリーフが彫られている。<br />他の遺跡と違って、全体的に赤茶色い。

    入口の門には美しいレリーフが彫られている。
    他の遺跡と違って、全体的に赤茶色い。

  • 経堂が並ぶ。

    経堂が並ぶ。

  • 第二周壁門。

    第二周壁門。

  • 中央祠堂。

    中央祠堂。

  • サルの像が鎮座。

    サルの像が鎮座。

  • たけのこの里<br /><br />を思い出した。。。

    たけのこの里

    を思い出した。。。

  • バンテア・スレイは、ジャングルに忽然と現れる建造物だった。

    バンテア・スレイは、ジャングルに忽然と現れる建造物だった。

  • 最後にトンレサップ湖へ移動。<br />途中きれいな畑が広がっていた。

    最後にトンレサップ湖へ移動。
    途中きれいな畑が広がっていた。

  • トンレサップ湖の船着き場に到着したが、ここでバトルが勃発する。<br />チケットカウンターで値段を聞くと「60ドルだ」と言ってくる。<br />ガイドブックには30ドルと書いてあるのでおかしいと思ったら、近くにいたトルコ人の旅行者が「こいつら嘘をついている!本当は30ドルで買えるよ!!」と言ってくれた。なんで60ドルなんだと係員を問い詰めると、なぜがごにょごにょし始め、最終的に30ドルでチケットを購入することができた。<br />後で調べてみると、トンレサップクルーズは料金トラブルが多いらしく、料金をちょろまかして自分の懐に入れる例が後を絶たないらしい。<br /><br />それにしても加勢してくれたトルコの旅行者には感謝である。<br />私も以前トルコに行ったことがあるが、やはりトルコの人はみんな親切で優しかった。

    トンレサップ湖の船着き場に到着したが、ここでバトルが勃発する。
    チケットカウンターで値段を聞くと「60ドルだ」と言ってくる。
    ガイドブックには30ドルと書いてあるのでおかしいと思ったら、近くにいたトルコ人の旅行者が「こいつら嘘をついている!本当は30ドルで買えるよ!!」と言ってくれた。なんで60ドルなんだと係員を問い詰めると、なぜがごにょごにょし始め、最終的に30ドルでチケットを購入することができた。
    後で調べてみると、トンレサップクルーズは料金トラブルが多いらしく、料金をちょろまかして自分の懐に入れる例が後を絶たないらしい。

    それにしても加勢してくれたトルコの旅行者には感謝である。
    私も以前トルコに行ったことがあるが、やはりトルコの人はみんな親切で優しかった。

  • トンレサップクルーズに参加。<br />乾季のため水位は下がっているが、船の往来は激しい。

    トンレサップクルーズに参加。
    乾季のため水位は下がっているが、船の往来は激しい。

  • 韓国人が作った水上学校。

    韓国人が作った水上学校。

  • 途中で小舟に乗り換えてマングローブの間を進んでいく。

    途中で小舟に乗り換えてマングローブの間を進んでいく。

  • なんか集落が見えてきた。

    なんか集落が見えてきた。

  • トンレサップ湖で生活する人々。<br />なお、ここで暮らしている人々はみなベトナム人なんだとか。<br />確かにベトナム語が聞こえてくる。<br /><br />ベトナム戦争の難民の人もいれば、昔からこの地に住んでいるベトナム人もいる。しかし、カンボジアでは外国人の土地所有が認められていないため、やむを得ず水上で生活をしているという。なかなか複雑な要因があるようだ。

    トンレサップ湖で生活する人々。
    なお、ここで暮らしている人々はみなベトナム人なんだとか。
    確かにベトナム語が聞こえてくる。

    ベトナム戦争の難民の人もいれば、昔からこの地に住んでいるベトナム人もいる。しかし、カンボジアでは外国人の土地所有が認められていないため、やむを得ず水上で生活をしているという。なかなか複雑な要因があるようだ。

  • トンレサップ湖の水上住宅。

    トンレサップ湖の水上住宅。

  • 水上の鶏小屋。

    水上の鶏小屋。

  • 再びマングローブ地帯へ。

    再びマングローブ地帯へ。

  • また別の水上学校。

    また別の水上学校。

  • トンレサップ湖の湖上にある建物からベトナム人居住区を眺める。

    トンレサップ湖の湖上にある建物からベトナム人居住区を眺める。

  • 海みたい。

    海みたい。

  • 夜、市内に戻り韓国料理屋でビビンバを食べる。<br />ここは美味しい!

    夜、市内に戻り韓国料理屋でビビンバを食べる。
    ここは美味しい!

  • パブストリートのそばに、やたらと欧米人が多いエリアがあった。<br />ズンチャカズンチャカうるさい。

    パブストリートのそばに、やたらと欧米人が多いエリアがあった。
    ズンチャカズンチャカうるさい。

この旅行記のタグ

8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

カンボジアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
カンボジア最安 290円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

カンボジアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集