台北旅行記(ブログ) 一覧に戻る
台湾3日目は世界4大博物館の一つである故宮博物院、そして天皇陛下も来たことがある北投温泉へ。<br /><br />でもこうした有名観光地以上に感動したのは、「日本食」。北投温泉では、駅前にモスバーガーを発見し、思わず駆け込んでモスバーガーセットを注文してしまった。味は日本のものと全く同じ。さらに宿泊しているホテルのそばにも博多ラーメンの一風堂を発見。こちらも思わず入店してしまった。<br />やっぱり台湾は日本食が充実している。昨日の海鮮丼やロイヤルホストもそうだが、私が現在駐在している中国内陸部地域ではなかなか食べることのできない日本食を満喫することができた(そのためか、台湾から帰ってくるとちょっと太っていた)。<br />

【現地駐在員の冬休み】台湾・台北3日目(故宮博物院、北投温泉ほか)

17いいね!

2017/01/05 - 2017/01/05

13336位(同エリア26764件中)

多摩川コナン

多摩川コナンさん

台湾3日目は世界4大博物館の一つである故宮博物院、そして天皇陛下も来たことがある北投温泉へ。

でもこうした有名観光地以上に感動したのは、「日本食」。北投温泉では、駅前にモスバーガーを発見し、思わず駆け込んでモスバーガーセットを注文してしまった。味は日本のものと全く同じ。さらに宿泊しているホテルのそばにも博多ラーメンの一風堂を発見。こちらも思わず入店してしまった。
やっぱり台湾は日本食が充実している。昨日の海鮮丼やロイヤルホストもそうだが、私が現在駐在している中国内陸部地域ではなかなか食べることのできない日本食を満喫することができた(そのためか、台湾から帰ってくるとちょっと太っていた)。

旅行の満足度
5.0
同行者
一人旅
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩

PR

  • 朝、MRT淡水線で士林駅へ。ここでバスに乗り故宮博物院を目指す。<br />駅北口を出て初めに突き当たる道路(写真中央)を右に進むとすぐバス停が見える。

    朝、MRT淡水線で士林駅へ。ここでバスに乗り故宮博物院を目指す。
    駅北口を出て初めに突き当たる道路(写真中央)を右に進むとすぐバス停が見える。

    士林駅

  • その前に、士林駅前の蛋餅(台湾風クレープ)のお店で朝ごはん。

    その前に、士林駅前の蛋餅(台湾風クレープ)のお店で朝ごはん。

  • 士林駅からバスに乗って15分ほどで故宮博物院に到着。<br />朝一なので人はあまりいない。と思われたが、、、

    士林駅からバスに乗って15分ほどで故宮博物院に到着。
    朝一なので人はあまりいない。と思われたが、、、

    国立故宮博物院 博物館・美術館・ギャラリー

  • 故宮博物院の本館。入場料は250元。大きい荷物は受付で預けなければいけない。

    故宮博物院の本館。入場料は250元。大きい荷物は受付で預けなければいけない。

  • 朝一だから空いていると思っていたら、次から次へと団体客がやって来て大混雑。日本やら韓国やら、あらゆる国のツアー客だ。日本人や韓国人のツアーは比較的落ち着いているが、某人民共和国のツアー客はお祭り騒ぎだ。

    朝一だから空いていると思っていたら、次から次へと団体客がやって来て大混雑。日本やら韓国やら、あらゆる国のツアー客だ。日本人や韓国人のツアーは比較的落ち着いているが、某人民共和国のツアー客はお祭り騒ぎだ。

  • 故宮博物院の目玉でもある「翠玉白菜」。<br />ツアー客に揉まれながらも、何とか撮影に成功した。

    故宮博物院の目玉でもある「翠玉白菜」。
    ツアー客に揉まれながらも、何とか撮影に成功した。

  • 近くで見て初めて気が付いたが、葉っぱの上に虫がのっている。

    近くで見て初めて気が付いたが、葉っぱの上に虫がのっている。

  • 瓶コレクション。

    瓶コレクション。

  • なんかかわいい。

    なんかかわいい。

  • 西周の「毛公県」。<br />これはただの鍋ではなく権威の象徴なんだとか。

    西周の「毛公県」。
    これはただの鍋ではなく権威の象徴なんだとか。

  • やはり年表は「中華民国」になっていた。

    やはり年表は「中華民国」になっていた。

  • 三国志の時代、日本はまだ弥生時代。<br />改めて年表を見ると驚きを感じる。

    三国志の時代、日本はまだ弥生時代。
    改めて年表を見ると驚きを感じる。

  • 各時代ごとの紹介パネル。<br />素朴な疑問なのだが、中国の歴史上もっとも長きにわたり漢民族を苦しめてきたのは、日本ではなくモンゴルである。日本は中国を征服できなかったが、モンゴル(元)は征服してしまった。また同じ騎馬民族の満州族(清)に至っては辮髪を強要するなど、文化的にも漢民族を抑圧してきた。<br /> なのになぜ反モンゴルデモやモンゴルへの謝罪要求などは行われないのであろうか(満州族もしかり)。

    各時代ごとの紹介パネル。
    素朴な疑問なのだが、中国の歴史上もっとも長きにわたり漢民族を苦しめてきたのは、日本ではなくモンゴルである。日本は中国を征服できなかったが、モンゴル(元)は征服してしまった。また同じ騎馬民族の満州族(清)に至っては辮髪を強要するなど、文化的にも漢民族を抑圧してきた。
     なのになぜ反モンゴルデモやモンゴルへの謝罪要求などは行われないのであろうか(満州族もしかり)。

  • 金のカップ。

    金のカップ。

  • 象牙を何層にもくりぬいて作った玉。

    象牙を何層にもくりぬいて作った玉。

  • 故宮を後にし、再び士林駅に戻ってMRT淡水線で北投駅へ。<br />ここで盲腸線の新北投支線に乗り換え北投温泉へ。

    故宮を後にし、再び士林駅に戻ってMRT淡水線で北投駅へ。
    ここで盲腸線の新北投支線に乗り換え北投温泉へ。

  • カラフルな列車がやって来た。

    カラフルな列車がやって来た。

  • 車内の様子。

    車内の様子。

  • 5分くらいで新北投駅に到着。<br />北投温泉観光だ!なんかここ最近温泉ばっかり行ってる気がする。

    5分くらいで新北投駅に到着。
    北投温泉観光だ!なんかここ最近温泉ばっかり行ってる気がする。

    新北投駅

  • 駅前から日本の地方温泉のような雰囲気が漂う。

    駅前から日本の地方温泉のような雰囲気が漂う。

  • この温泉街を整備したのは日本人らしい。

    この温泉街を整備したのは日本人らしい。

  • 加賀屋の台湾支店。

    加賀屋の台湾支店。

    ラジウム カガヤ インターナショナル ホテル ホテル

  • 谷に沿って川が流れる。<br />そして温泉街のにおいがする。

    谷に沿って川が流れる。
    そして温泉街のにおいがする。

  • 温泉旅館がいっぱい。<br />このうちのいくつかは日帰り入浴もできる。

    温泉旅館がいっぱい。
    このうちのいくつかは日帰り入浴もできる。

  • 風情のある温泉だと思っていたら、閉店していた。

    風情のある温泉だと思っていたら、閉店していた。

  • 谷の奥にある地熱谷へ。

    谷の奥にある地熱谷へ。

  • 源泉がここから湧き出ている。

    源泉がここから湧き出ている。

    地熱谷 滝・河川・湖

  • 硫黄のにおいと熱が伝わってくる。<br />昔は柵がなかったが、源泉に手を突っ込んでやけどする人が多かったため、柵を設置したんだとか。

    硫黄のにおいと熱が伝わってくる。
    昔は柵がなかったが、源泉に手を突っ込んでやけどする人が多かったため、柵を設置したんだとか。

  • 硫黄泉で、お湯は青っぽい。

    硫黄泉で、お湯は青っぽい。

  • 続いて北投温泉博物館へ。

    続いて北投温泉博物館へ。

    北投温泉博物館 博物館・美術館・ギャラリー

  • 一面の畳張り!

    一面の畳張り!

  • 北投温泉にはこうした日本風の建物が残っている。

    北投温泉にはこうした日本風の建物が残っている。

  • 映画館の跡。

    映画館の跡。

  • かつての浴槽。

    かつての浴槽。

  • 北投温泉博物館の外観。明治時代っぽい建築様式。

    北投温泉博物館の外観。明治時代っぽい建築様式。

  • ちょっとした滝を発見。

    ちょっとした滝を発見。

  • 結局加賀屋で日帰り入浴。<br />館内は写真を撮っていないが、広々としていてとても気持ちよかった。<br /><br />出たり入ったりを繰り返しながら、2時間くらい温泉にいた。<br />次の日まで体が温まり、お肌もツルツルになった。<br /><br />この旅では温泉ばっかり入っている気がする。

    結局加賀屋で日帰り入浴。
    館内は写真を撮っていないが、広々としていてとても気持ちよかった。

    出たり入ったりを繰り返しながら、2時間くらい温泉にいた。
    次の日まで体が温まり、お肌もツルツルになった。

    この旅では温泉ばっかり入っている気がする。

  • モスバーガーでご飯を食べた後、再び電車に乗って市内に戻る。

    モスバーガーでご飯を食べた後、再び電車に乗って市内に戻る。

  • 参考までに。北投エリアの地図。

    参考までに。北投エリアの地図。

  • ホテルで一息ついた後、MRT板南線で龍山寺へ。

    ホテルで一息ついた後、MRT板南線で龍山寺へ。

    龍山寺 寺院・教会

  • 中はお供え物であふれていた。

    中はお供え物であふれていた。

  • お寺を横から。威厳が漂う。

    お寺を横から。威厳が漂う。

  • 龍山寺のそばには華西街観光夜市がある。

    龍山寺のそばには華西街観光夜市がある。

  • 食べ物を中心に夜市が続く。

    食べ物を中心に夜市が続く。

  • しばらく歩くと華西街観光夜市の入口が見えてくる。

    しばらく歩くと華西街観光夜市の入口が見えてくる。

    華西街観光夜市 散歩・街歩き

  • なお、この夜市は怪しいお店が多く(マッサージ店やすっぽん料理、蛇の血ドリンクほか)、撮影禁止のところが多いため、遠巻きで1枚撮るだけにする。

    なお、この夜市は怪しいお店が多く(マッサージ店やすっぽん料理、蛇の血ドリンクほか)、撮影禁止のところが多いため、遠巻きで1枚撮るだけにする。

  • 華西街観光夜市の出口。まっすぐ歩くとここに出てくる。<br />通りには、すっぽんがいたり、怪しいマッサージ店があったり、大蛇が展示されていたりと、なかなかディープな夜市だった。<br /><br />4日目に続く。

    華西街観光夜市の出口。まっすぐ歩くとここに出てくる。
    通りには、すっぽんがいたり、怪しいマッサージ店があったり、大蛇が展示されていたりと、なかなかディープな夜市だった。

    4日目に続く。

この旅行記のタグ

関連タグ

17いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

台湾で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
台湾最安 160円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

台湾の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集