イスタンブール旅行記(ブログ) 一覧に戻る
アジアとヨーロッパの架け橋となるトルコを8日間で回る団体ツアーに参加しました。カッパドキアやパムッカレの絶景やエーゲ海沿いの遺跡群にイスタンブールなど見所満載のトルコ。楽しみです。<br /><br />詳しい内容は、こちらをご覧下さい。<br /> ⇒http://000worldtour.web.fc2.com/018_turkey_01.html

トルコ8日間の旅(6) イスタンブール

1いいね!

2009/04/29 - 2009/05/05

3708位(同エリア4171件中)

旅行記グループ トルコ8日間

0

28

tomoくん

tomoくんさん

アジアとヨーロッパの架け橋となるトルコを8日間で回る団体ツアーに参加しました。カッパドキアやパムッカレの絶景やエーゲ海沿いの遺跡群にイスタンブールなど見所満載のトルコ。楽しみです。

詳しい内容は、こちらをご覧下さい。
 ⇒http://000worldtour.web.fc2.com/018_turkey_01.html

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
4.0
グルメ
4.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
50万円 - 100万円
交通手段
観光バス 徒歩
航空会社
ターキッシュ エアラインズ
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
ジャルパック

PR

  • 旅のラストは、首都イスタンブールを散策しました。まずは、ブルーモスクを訪れました。

    旅のラストは、首都イスタンブールを散策しました。まずは、ブルーモスクを訪れました。

  • 中に入ると、天井から円形に照明がたくさんぶら下がっていました。<br />床には絨毯がしかれていて、お祈りをしている人がたくさんいます。

    中に入ると、天井から円形に照明がたくさんぶら下がっていました。
    床には絨毯がしかれていて、お祈りをしている人がたくさんいます。

  • 壁は、青いイズミックタイルで装飾されています。とても美しいです。

    壁は、青いイズミックタイルで装飾されています。とても美しいです。

  • 天井のドーム屋根にも美しい装飾が施されていました。しばらく見とれてしまいました。

    天井のドーム屋根にも美しい装飾が施されていました。しばらく見とれてしまいました。

  • 美しいステンドグラスからは、青い光がモスクの中を照らしていました。ブルーモスクと呼ばれる由縁ですね。

    美しいステンドグラスからは、青い光がモスクの中を照らしていました。ブルーモスクと呼ばれる由縁ですね。

  • 次は、ブルーモスクとにらめっこするように建っているアヤソフィアに入場です。ギリシャ正教の教会として建てられ、オスマン帝国の支配によりイスラム教のモスクに改修されたアヤソフィア。現在は、博物館となっています。

    次は、ブルーモスクとにらめっこするように建っているアヤソフィアに入場です。ギリシャ正教の教会として建てられ、オスマン帝国の支配によりイスラム教のモスクに改修されたアヤソフィア。現在は、博物館となっています。

  • ブルーモスクの上品な外観と違って、荒々しい感じがするアヤソフィアです。

    ブルーモスクの上品な外観と違って、荒々しい感じがするアヤソフィアです。

  • 中に入ると、たくさんの窓から光が差し込んでいました。ブルーモスクの鮮やかな内装と違って、重厚な感じのする内装です。<br />

    中に入ると、たくさんの窓から光が差し込んでいました。ブルーモスクの鮮やかな内装と違って、重厚な感じのする内装です。

  • 修復中のようで、大きなドーム屋根には足場が組まれていました。

    修復中のようで、大きなドーム屋根には足場が組まれていました。

  • 壁には、唯一神アッラーや預言者ムハンマドのアラビア文字が描かれた黒い円盤があります。その間には、幼いキリストを抱く聖母マリアのモザイク画もありました。

    壁には、唯一神アッラーや預言者ムハンマドのアラビア文字が描かれた黒い円盤があります。その間には、幼いキリストを抱く聖母マリアのモザイク画もありました。

  • 柱の横には、ペルガモンの大理石で造られたベルガマの壺がありました。

    柱の横には、ペルガモンの大理石で造られたベルガマの壺がありました。

  • 最後は、トプカプ宮殿を見学しました。ふたつの尖がった塔のある門を潜って入場しました。

    最後は、トプカプ宮殿を見学しました。ふたつの尖がった塔のある門を潜って入場しました。

  • 歴代の君主スルタンとその家族が住んだ宮殿です。建物の壁は、美しいタイル装飾が施されていました。

    歴代の君主スルタンとその家族が住んだ宮殿です。建物の壁は、美しいタイル装飾が施されていました。

  • スルタンの大広間です。天井からはシャンデリアがぶら下がり、天蓋付きの玉座がありました。

    スルタンの大広間です。天井からはシャンデリアがぶら下がり、天蓋付きの玉座がありました。

  • ハレムにあるスルタンの浴室です。サウナの部屋やマッサージの部屋があり、刺客に襲われるのを防ぐため金色の鉄格子で囲まれていました。

    ハレムにあるスルタンの浴室です。サウナの部屋やマッサージの部屋があり、刺客に襲われるのを防ぐため金色の鉄格子で囲まれていました。

  • テラスからは、ボスフォラス海峡を眺めることができます。こちらはヨーロッパですが、向う側はアジアになります。

    テラスからは、ボスフォラス海峡を眺めることができます。こちらはヨーロッパですが、向う側はアジアになります。

  • 夜は、ベリーダンスを鑑賞しました。ステージでは、4名のキレイなおねえさん達が腰をフリフリしてベリーダンスを披露してくれました。

    夜は、ベリーダンスを鑑賞しました。ステージでは、4名のキレイなおねえさん達が腰をフリフリしてベリーダンスを披露してくれました。

  • ベリーダンスは、エジプトに次いで2度目です。エジプトのダンサーはエキゾチックな感じでしたが、トルコのダンサーは華やかな感じがしました。

    ベリーダンスは、エジプトに次いで2度目です。エジプトのダンサーはエキゾチックな感じでしたが、トルコのダンサーは華やかな感じがしました。

  • ノリのいい男性客もステージに上がって、おねえさん達と一緒にベリーダンスを楽しんでいました。

    ノリのいい男性客もステージに上がって、おねえさん達と一緒にベリーダンスを楽しんでいました。

  • 最終日は、ボスフォラス海峡クルーズに出発です。小さめのクルーズ船に乗って、約1時間半のクルーズです。

    最終日は、ボスフォラス海峡クルーズに出発です。小さめのクルーズ船に乗って、約1時間半のクルーズです。

  • 空は曇ってて、少し寒いですね。クルーズ船は、ボスフォラス海峡を進んでいきます。

    空は曇ってて、少し寒いですね。クルーズ船は、ボスフォラス海峡を進んでいきます。

  • 左手に、かわいいモスクが見えてきました。

    左手に、かわいいモスクが見えてきました。

  • 対岸には、ルメリ・ヒサールという要塞が見えてきました。頑丈そうな要塞ですね。

    対岸には、ルメリ・ヒサールという要塞が見えてきました。頑丈そうな要塞ですね。

  • 第1ボスフォラス大橋が見えてきました。全長900mの大きな橋です。

    第1ボスフォラス大橋が見えてきました。全長900mの大きな橋です。

  • 橋の下を潜っていきます。シンプルな形の橋ですね。

    橋の下を潜っていきます。シンプルな形の橋ですね。

  • 船の上では、トルコの旗がはためき、庄野真代さんの「飛んでイスタンブール」が流れていました。

    船の上では、トルコの旗がはためき、庄野真代さんの「飛んでイスタンブール」が流れていました。

  • トルコの最後の観光は、グランバザールです。約1時間のフリータイムです。

    トルコの最後の観光は、グランバザールです。約1時間のフリータイムです。

  • 宝石店や衣服、お土産屋さんなどたくさんのお店が並んでいました。<br /><br />詳しい内容は、こちらをご覧下さい。<br /> ⇒http://000worldtour.web.fc2.com/018_turkey_01.html

    宝石店や衣服、お土産屋さんなどたくさんのお店が並んでいました。

    詳しい内容は、こちらをご覧下さい。
     ⇒http://000worldtour.web.fc2.com/018_turkey_01.html

1いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

トルコで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
トルコ最安 570円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

トルコの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集