プーケット旅行記(ブログ) 一覧に戻る
マリオットバケーションクラブに滞在中、友人のレンタカーに乗せてもらってプーケット内の高級ホテル巡りをする。マリオットに忠誠を誓って、上級メンバーの特典を享受している私としては、どうしてもマリオット系のホテル巡りが中心となる。<br />マイカオビーチにある『ルネッサンス・プーケット・リゾート&スパ』、プーケット空港から至近距離にある『プーケット・マリオット・リゾート&スパ・ナイヤン・ビーチ』、そして、やや遠くになるが、バンガー県カオラックにある『JWマリオット・カオラック・リゾート&スパ』(写真)、次回宿泊の調査をかねて、これらのホテルを訪問する。<br /><br />◎私のホームページに旅行記多数あり。<br />『第二の人生を豊かに』<br />http://www.e-funahashi.jp/<br />(新刊『夢の豪華客船クルーズの旅<br />ー大衆レジャーとなった世界の船旅ー』案内あり)

マリオットバケーションクラブ・プーケット滞在記3(高級ホテル巡り編)

11いいね!

2016/07/28 - 2016/08/03

1980位(同エリア4027件中)

0

54

funasan

funasanさん

マリオットバケーションクラブに滞在中、友人のレンタカーに乗せてもらってプーケット内の高級ホテル巡りをする。マリオットに忠誠を誓って、上級メンバーの特典を享受している私としては、どうしてもマリオット系のホテル巡りが中心となる。
マイカオビーチにある『ルネッサンス・プーケット・リゾート&スパ』、プーケット空港から至近距離にある『プーケット・マリオット・リゾート&スパ・ナイヤン・ビーチ』、そして、やや遠くになるが、バンガー県カオラックにある『JWマリオット・カオラック・リゾート&スパ』(写真)、次回宿泊の調査をかねて、これらのホテルを訪問する。

◎私のホームページに旅行記多数あり。
『第二の人生を豊かに』
http://www.e-funahashi.jp/
(新刊『夢の豪華客船クルーズの旅
ー大衆レジャーとなった世界の船旅ー』案内あり)

PR

  • ロングステイヤーにとってレンタカーを乗りこなせると行動範囲が広がる。友人運転の車で、まずはマイカオビーチにある「ルネッサンス・プーケット・リゾート&スパ」(写真)を訪問する。

    ロングステイヤーにとってレンタカーを乗りこなせると行動範囲が広がる。友人運転の車で、まずはマイカオビーチにある「ルネッサンス・プーケット・リゾート&スパ」(写真)を訪問する。

  • ホテルのフロント・ロビーは吹き抜けで、その先に大きな池がある。「ザ・ラウンジ」(写真)はその池を眺めるように配置されている。ここでコーヒーを飲み、読書やお喋りをして時(とき)を過ごすのがリゾート生活であろう。Good!

    ホテルのフロント・ロビーは吹き抜けで、その先に大きな池がある。「ザ・ラウンジ」(写真)はその池を眺めるように配置されている。ここでコーヒーを飲み、読書やお喋りをして時(とき)を過ごすのがリゾート生活であろう。Good!

  • 客室棟(写真)はビーチに対して直角に配置されており、オーシャンビューではないようだ。やや期待外れ。

    客室棟(写真)はビーチに対して直角に配置されており、オーシャンビューではないようだ。やや期待外れ。

  • 屋外プール(写真)はそれなりに広いが、何となく盛り上がりに欠ける。今日は天気が悪く空一面どんよりとしているので、そのせいかもしれない。やはりビーチリゾートは晴天が似合う。

    屋外プール(写真)はそれなりに広いが、何となく盛り上がりに欠ける。今日は天気が悪く空一面どんよりとしているので、そのせいかもしれない。やはりビーチリゾートは晴天が似合う。

  • 屋外プールの先にビーチチェアー(写真)が並び、グリーンの芝生、そして青い海が続く。悪くはないがJWマリオットと比べるとその差は歴然としている。ルネッサンスホテルはマリオットリワードに参加しているので、ここに泊まればエリートナイトやマリオットポイントが得られる。格安ならトライしてみよう。

    屋外プールの先にビーチチェアー(写真)が並び、グリーンの芝生、そして青い海が続く。悪くはないがJWマリオットと比べるとその差は歴然としている。ルネッサンスホテルはマリオットリワードに参加しているので、ここに泊まればエリートナイトやマリオットポイントが得られる。格安ならトライしてみよう。

  • プーケット空港から一番近いビーチがナイヤンビーチである。空港から車で約10分、ここは素朴なビーチで観光客よりも地元の人達に人気があるという。ビーチ沿いの道路に沿って出店(写真)が点在しいかにもローカルぽい雰囲気が漂う。

    プーケット空港から一番近いビーチがナイヤンビーチである。空港から車で約10分、ここは素朴なビーチで観光客よりも地元の人達に人気があるという。ビーチ沿いの道路に沿って出店(写真)が点在しいかにもローカルぽい雰囲気が漂う。

  • ナイヤンビーチ(写真)はスリナット国立公園内にあり自然のまま残されている。海はかなり遠浅で、その先には美しいサンゴ礁が広がるという。<br />ここで私の夢想がはじまる。冬の1月〜2月、地元の安いアパートに泊まり、近くの屋台で食事すればお金はかからない。時々、シュノーケルやダイビングに出かけてカラフルな熱帯魚と戯れる。少ない年金をプーケットで有効活用する、そんな老後もありである。<br />「貧乏爺ちゃん1人、格安でプーケットに暮らす!」

    ナイヤンビーチ(写真)はスリナット国立公園内にあり自然のまま残されている。海はかなり遠浅で、その先には美しいサンゴ礁が広がるという。
    ここで私の夢想がはじまる。冬の1月〜2月、地元の安いアパートに泊まり、近くの屋台で食事すればお金はかからない。時々、シュノーケルやダイビングに出かけてカラフルな熱帯魚と戯れる。少ない年金をプーケットで有効活用する、そんな老後もありである。
    「貧乏爺ちゃん1人、格安でプーケットに暮らす!」

  • 「プーケット・マリオット・リゾート&スパ・ナイヤン・ビーチ」(写真)は空港から近いはずであるが、アクセスが悪い。先ほどのナイヤンビーチからは行けず、幹線道路から離れて丘を越えて行く。

    「プーケット・マリオット・リゾート&スパ・ナイヤン・ビーチ」(写真)は空港から近いはずであるが、アクセスが悪い。先ほどのナイヤンビーチからは行けず、幹線道路から離れて丘を越えて行く。

  • ホテルのフロント・ロビー階は高台になっており遠くにナイヤンビーチが望める。ロケーションはなかなか良く、この広い敷地全部をマリオットホテルが占めている。

    ホテルのフロント・ロビー階は高台になっており遠くにナイヤンビーチが望める。ロケーションはなかなか良く、この広い敷地全部をマリオットホテルが占めている。

  • 客室棟の前には川のようなプール(写真)があり、メインプールに至る。なかなかのデザインである。Good!

    客室棟の前には川のようなプール(写真)があり、メインプールに至る。なかなかのデザインである。Good!

  • 低層階の客室棟が何棟もあり各所に配置されている。高台のフロント・ロビー階から段々になってビーチに下っていく。

    低層階の客室棟が何棟もあり各所に配置されている。高台のフロント・ロビー階から段々になってビーチに下っていく。

  • 最後に広々としたプール(写真)に至る。このプール、相当広くて開放感がある。プールの周囲にレストラン、カフェ、バー等がありゲストは朝から夜までここでのんびりできる。Good。

    最後に広々としたプール(写真)に至る。このプール、相当広くて開放感がある。プールの周囲にレストラン、カフェ、バー等がありゲストは朝から夜までここでのんびりできる。Good。

  • プールの先はナイヤンビーチ(写真)である。JWマリオットほどではないが、落ち着いた高級リゾートの雰囲気が漂う。値段と相談して泊ってみたいホテルである。

    プールの先はナイヤンビーチ(写真)である。JWマリオットほどではないが、落ち着いた高級リゾートの雰囲気が漂う。値段と相談して泊ってみたいホテルである。

  • お次は高級リゾートが集まる「ラグーナ・プーケット」に行く。ここはプーケット西海岸のほぼ中央、約5kmも砂浜の続くバンタオビーチに位置するプーケット随一の高級リゾートエリアだ。<br /><br />

    お次は高級リゾートが集まる「ラグーナ・プーケット」に行く。ここはプーケット西海岸のほぼ中央、約5kmも砂浜の続くバンタオビーチに位置するプーケット随一の高級リゾートエリアだ。

  • お目当ては無料の運河クルーズである。ラグーン周辺にあるホテル群の宿泊客を無料で送迎する船(写真)で、誰でも乗船できる。

    お目当ては無料の運河クルーズである。ラグーン周辺にあるホテル群の宿泊客を無料で送迎する船(写真)で、誰でも乗船できる。

  • 我々はキャナル・ビレッジから乗船する。まずはラグーナに面して建つ「アンサナラグーナプーケット」(写真)が湖面に映える。実に美しく感動ものである。

    我々はキャナル・ビレッジから乗船する。まずはラグーナに面して建つ「アンサナラグーナプーケット」(写真)が湖面に映える。実に美しく感動ものである。

  • 実はこの「アンサナラグーナプーケット」(写真)、リゾートトラストの海外交換「RTCC」のリスト(2014年版,2015年版)に載っていた。

    実はこの「アンサナラグーナプーケット」(写真)、リゾートトラストの海外交換「RTCC」のリスト(2014年版,2015年版)に載っていた。

  • RTCC利用であればこんなに素晴らしいホテル(写真)に1週間(7泊)3万円+税で交換利用できる。是非宿泊してみようと思っていたところ、2016年版のホテルリストから除外されてしまった。残念!

    RTCC利用であればこんなに素晴らしいホテル(写真)に1週間(7泊)3万円+税で交換利用できる。是非宿泊してみようと思っていたところ、2016年版のホテルリストから除外されてしまった。残念!

  • 2014年夏、我々夫婦はパリのオペラ座近くにある高級ホテル「マンサール」をRTCC交換で泊まったが、翌年、早くもリストから消えた。1週間3万円はいかにも安く採算に合わないのであろう。

    2014年夏、我々夫婦はパリのオペラ座近くにある高級ホテル「マンサール」をRTCC交換で泊まったが、翌年、早くもリストから消えた。1週間3万円はいかにも安く採算に合わないのであろう。

  • リゾートトラストの海外交換「RTCC」は利用価値が高い。しかし、対象ホテルは適当に入れ替えされるので、お目当てのホテルがあれば、「即、予約申し込み」をした方がいい。<br />写真:美し過ぎる「アンサナラグーナプーケット」

    リゾートトラストの海外交換「RTCC」は利用価値が高い。しかし、対象ホテルは適当に入れ替えされるので、お目当てのホテルがあれば、「即、予約申し込み」をした方がいい。
    写真:美し過ぎる「アンサナラグーナプーケット」

  • クルーズ船は狭い運河を通って別のラグーナに移動する。ここには全くタイプの違った「Cassia Phuket」(写真)が建っている。キッチン付のコンドミニアムタイプのようである。

    クルーズ船は狭い運河を通って別のラグーナに移動する。ここには全くタイプの違った「Cassia Phuket」(写真)が建っている。キッチン付のコンドミニアムタイプのようである。

  • 現在、ラグーンを囲むよう6つの高級ホテルが点在している。「アウトリガー」「バンヤンツリー」「アンサナ」「デュシタニ」「ベストウェスタンアラマンダ」「ラグーナホリデイクラブ」である。<br />写真:アウトリガー・ラグーナ・プーケット・ビーチリゾート?

    現在、ラグーンを囲むよう6つの高級ホテルが点在している。「アウトリガー」「バンヤンツリー」「アンサナ」「デュシタニ」「ベストウェスタンアラマンダ」「ラグーナホリデイクラブ」である。
    写真:アウトリガー・ラグーナ・プーケット・ビーチリゾート?

  • 8月上旬のプーケットは雨季で天気が悪い。一日中すっきりしない雨の日もあって残念だ。ある日の午後、JWマリオットの隣にあるアナンタラホテルの「ザ・ツリーハウス」(写真)に行く。

    8月上旬のプーケットは雨季で天気が悪い。一日中すっきりしない雨の日もあって残念だ。ある日の午後、JWマリオットの隣にあるアナンタラホテルの「ザ・ツリーハウス」(写真)に行く。

  • ここは樹上のレストランで、バニヤンの巨木の幹のまわりにつけられたらせん状の階段を上ったところにある。広々としていて、座り心地のいい大型の椅子(写真)に座って、昼は本格的なコーヒーや紅茶、シャーベットなどが、夜はシャンパンやグラスワイン、モヒート、マルガリータなどアルコール類が楽しめる。

    ここは樹上のレストランで、バニヤンの巨木の幹のまわりにつけられたらせん状の階段を上ったところにある。広々としていて、座り心地のいい大型の椅子(写真)に座って、昼は本格的なコーヒーや紅茶、シャーベットなどが、夜はシャンパンやグラスワイン、モヒート、マルガリータなどアルコール類が楽しめる。

  • 我々は男2人、ここで豪華なアフタヌーン・ティー(写真)を頂く。本格派で食べきれないほどボリュームがある。写真は全て2名分の料理である。

    我々は男2人、ここで豪華なアフタヌーン・ティー(写真)を頂く。本格派で食べきれないほどボリュームがある。写真は全て2名分の料理である。

  • この他に、アフタヌーン・ティーの定番のスコーン(写真)がある。先ずは、サンドイッチから食べはじめる。これだけで結構お腹にくる。

    この他に、アフタヌーン・ティーの定番のスコーン(写真)がある。先ずは、サンドイッチから食べはじめる。これだけで結構お腹にくる。

  • 2段目のスイーツ盛り合わせを拡大(写真)するとその迫力が分かる。お見事!スイーツ好きにはたまらない光景であろう。コーヒーは1杯のみで、お代わりは有料。ここが問題だが、お薦めの場所である。<br />注:食べ切れなかったので残りをパックに詰めてもらって部屋に持ち帰る。

    2段目のスイーツ盛り合わせを拡大(写真)するとその迫力が分かる。お見事!スイーツ好きにはたまらない光景であろう。コーヒーは1杯のみで、お代わりは有料。ここが問題だが、お薦めの場所である。
    注:食べ切れなかったので残りをパックに詰めてもらって部屋に持ち帰る。

  • プーケット滞在のある日、天気が良かったので大ドライブ旅行をする。プーケット北端にあるマイカオから延々とドライブしてカロン・ビーチにある「ヒルトン・プーケット・アルカディア・リゾート&スパ」(写真)に行く。

    プーケット滞在のある日、天気が良かったので大ドライブ旅行をする。プーケット北端にあるマイカオから延々とドライブしてカロン・ビーチにある「ヒルトン・プーケット・アルカディア・リゾート&スパ」(写真)に行く。

  • 広大な敷地内に「アンダマン、ロータス、サイトン」の3つのホテル棟(写真)があり、客室数は全部で664室を誇る。プーケットでも有数の大規模ホテルである。よって、大型バスが何台も到着し「団体客御一行様どうぞ〜」となる。

    広大な敷地内に「アンダマン、ロータス、サイトン」の3つのホテル棟(写真)があり、客室数は全部で664室を誇る。プーケットでも有数の大規模ホテルである。よって、大型バスが何台も到着し「団体客御一行様どうぞ〜」となる。

  • 青いガーデンプールに青い空、そして綿菓子のような白い雲(写真)。絵に描いたような風景が広がる。ただし、聞こえてくる言葉は中国語ばかり…。何となく違和感がある。

    青いガーデンプールに青い空、そして綿菓子のような白い雲(写真)。絵に描いたような風景が広がる。ただし、聞こえてくる言葉は中国語ばかり…。何となく違和感がある。

  • 天気が良いせいか、カロンビーチ(写真)はとても美しい。実はここのヒルトンもリゾートトラストの海外交換RTCCのリスト(2015〜2016年版)に載っている。

    天気が良いせいか、カロンビーチ(写真)はとても美しい。実はここのヒルトンもリゾートトラストの海外交換RTCCのリスト(2015〜2016年版)に載っている。

  • 2016年版RTCCリストには、プーケット内に「グランド・メルキュール・プーケット・パトン」「プーケット・パンワ・ビーチフロント・リゾート」も掲載されている。それなりにグレードの高いホテルなので7泊の交換予約ができればメリット大である。

    2016年版RTCCリストには、プーケット内に「グランド・メルキュール・プーケット・パトン」「プーケット・パンワ・ビーチフロント・リゾート」も掲載されている。それなりにグレードの高いホテルなので7泊の交換予約ができればメリット大である。

  • 長距離ドライブをするとガソリン補給をしなければいけない。道路脇の小さな売店でビンに入れたガソリン(写真)を販売している。ここで少しガソリン補給をする。まさにローカル風景で面白い。

    長距離ドライブをするとガソリン補給をしなければいけない。道路脇の小さな売店でビンに入れたガソリン(写真)を販売している。ここで少しガソリン補給をする。まさにローカル風景で面白い。

  • 今日のお目当ては、プーケット最南端のビューポイント「プロンテプ岬」(写真)である。天気が良く絶景の眺め(写真)を楽しむ。ここはプーケットで一番夕日が美しい場所という。

    今日のお目当ては、プーケット最南端のビューポイント「プロンテプ岬」(写真)である。天気が良く絶景の眺め(写真)を楽しむ。ここはプーケットで一番夕日が美しい場所という。

  • 次の目的地はプーケット南端に近いシャロン湾にあるシーフードレストラン「Kan Eang@pier」(写真)である。ここでランチにする。

    次の目的地はプーケット南端に近いシャロン湾にあるシーフードレストラン「Kan Eang@pier」(写真)である。ここでランチにする。

  • シャロン湾に長い桟橋(写真)が延びている。私ははじめてプーケットに来た時、ここからスピードボートに乗って「ピピ島シュノーケル・ツアー」に参加した。シャロン湾から毎日無数のダイビング・シュノーケルボートが出港していく。

    シャロン湾に長い桟橋(写真)が延びている。私ははじめてプーケットに来た時、ここからスピードボートに乗って「ピピ島シュノーケル・ツアー」に参加した。シャロン湾から毎日無数のダイビング・シュノーケルボートが出港していく。

  • そんなシャロン湾を眺めながら男3人で乾杯(写真)をする。中堅実業家、リタイア後の新ビジネス挑戦組、そして、自称トラベルライター、人生経験豊富な男達だ、話題はいくらでもある。<br />

    そんなシャロン湾を眺めながら男3人で乾杯(写真)をする。中堅実業家、リタイア後の新ビジネス挑戦組、そして、自称トラベルライター、人生経験豊富な男達だ、話題はいくらでもある。

  • プーケット常連の友人に料理を注文してもらう。「各種前菜盛り合わせ」(写真)をご飯、チャーハンとともに食べる。うまい!

    プーケット常連の友人に料理を注文してもらう。「各種前菜盛り合わせ」(写真)をご飯、チャーハンとともに食べる。うまい!

  • 友人お薦めの「プーパッポンカリー」(写真)も実にうまい。

    友人お薦めの「プーパッポンカリー」(写真)も実にうまい。

  • 常夏の島、プーケットの8月は蒸し暑い。しかし、大きな木の木陰に座っていると海風が吹いてきて涼しい。シャロン湾(写真)の美しい眺めをご馳走に時間を気にせずランチタイムを過ごす。

    常夏の島、プーケットの8月は蒸し暑い。しかし、大きな木の木陰に座っていると海風が吹いてきて涼しい。シャロン湾(写真)の美しい眺めをご馳走に時間を気にせずランチタイムを過ごす。

  • プーケット島は北端のサラシン橋(写真)でインドシナ半島とつながっている。よって、車に乗ったままタイ本土の各地に旅行ができる。

    プーケット島は北端のサラシン橋(写真)でインドシナ半島とつながっている。よって、車に乗ったままタイ本土の各地に旅行ができる。

  • 友人の運転でプーケット島の北80Km、バンガー県カオラックにある『JWマリオット・カオラック・リゾート&スパ』(写真)に行く。カオラックはシミラン諸島やスリン諸島に近いためダイビングの基地としてダイバーの間では人気がある。リゾートホテルも点在する。

    友人の運転でプーケット島の北80Km、バンガー県カオラックにある『JWマリオット・カオラック・リゾート&スパ』(写真)に行く。カオラックはシミラン諸島やスリン諸島に近いためダイビングの基地としてダイバーの間では人気がある。リゾートホテルも点在する。

  • JWマリオット・カオラックの客室前にある「川のようなプール」(写真)は驚きだ。

    JWマリオット・カオラックの客室前にある「川のようなプール」(写真)は驚きだ。

  • 低層階(3階)の客室がビーチに向かって延々と続き、その前に川が流れる?そこに小さな子供を連れた若いファミリーが嬉々として泳いでいく。

    低層階(3階)の客室がビーチに向かって延々と続き、その前に川が流れる?そこに小さな子供を連れた若いファミリーが嬉々として泳いでいく。

  • プーケットの喧騒が嫌いな本格リゾート派がここに来るのかもしれない。ラグーンプール(写真)は海に向かう。

    プーケットの喧騒が嫌いな本格リゾート派がここに来るのかもしれない。ラグーンプール(写真)は海に向かう。

  • 白砂のビーチはグリーンの芝生が整然と植えられ、そこに背の高いヤシの木がしげる。完璧ビーチリゾート!

    白砂のビーチはグリーンの芝生が整然と植えられ、そこに背の高いヤシの木がしげる。完璧ビーチリゾート!

  • その先に穏やかな海(写真)が広がる。

    その先に穏やかな海(写真)が広がる。

  • プールサイドのカフェで軽くランチでも…、と思っていたが、暑いので冷房の入った「レストラン」(写真)で食事をすることにする。

    プールサイドのカフェで軽くランチでも…、と思っていたが、暑いので冷房の入った「レストラン」(写真)で食事をすることにする。

  • ランチタイムはビュッフェのみであった。料理カウンターから適当にうまそうなものをピックアップして私のランチ1品(写真)にする。

    ランチタイムはビュッフェのみであった。料理カウンターから適当にうまそうなものをピックアップして私のランチ1品(写真)にする。

  • 適当ランチ2品目(写真)

    適当ランチ2品目(写真)

  • 最後は地元の「フルーツ・デザート」(写真)でしめる。

    最後は地元の「フルーツ・デザート」(写真)でしめる。

  • ここのマリオットはどこを見ても美しい。川のようなプール、ラグーンプールがうまく配置され、客室からもプールアクセスできる。まさに「ガーデンプールは造形芸術」である。

    ここのマリオットはどこを見ても美しい。川のようなプール、ラグーンプールがうまく配置され、客室からもプールアクセスできる。まさに「ガーデンプールは造形芸術」である。

  • 私はかってメキシコのリゾート「グランド・マヤン」に泊まった時、同じような衝撃を覚えた。ガーデンプールこそリゾートの価値を左右する。その時の旅行は下記に載っている。<br />http://www.e-funahashi.jp/abroad/mexico3/index.htm<br />

    私はかってメキシコのリゾート「グランド・マヤン」に泊まった時、同じような衝撃を覚えた。ガーデンプールこそリゾートの価値を左右する。その時の旅行は下記に載っている。
    http://www.e-funahashi.jp/abroad/mexico3/index.htm

  • マリオットの最高グレード「JWマリオット」だけあって申し分ない施設である。プーケット空港からタクシーで1時間半近くかかるが、手頃な値段(下記参照)なので是非泊ってみたいホテルである。<br />参考:10月上旬の平日…2名1室ルームチャージ12000円程度(税・サ込)<br />マリオットバケーションクラブ・プーケット滞在記(完)

    マリオットの最高グレード「JWマリオット」だけあって申し分ない施設である。プーケット空港からタクシーで1時間半近くかかるが、手頃な値段(下記参照)なので是非泊ってみたいホテルである。
    参考:10月上旬の平日…2名1室ルームチャージ12000円程度(税・サ込)
    マリオットバケーションクラブ・プーケット滞在記(完)

この旅行記のタグ

11いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

タイで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
タイ最安 230円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

タイの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集