三朝温泉 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
倉吉の観光の中心は、打吹山のふもとに広がる白壁土蔵群。倉吉駅からは少し距離があります。<br /><br />この町並みは、重要伝統的建造物群保存地区に指定されていて、玉川沿いにレトロな建物が多く残っています。歴史的に見れば、戦国時代の城下町から、江戸時代に入ってからは陣屋町として整備された街のようで、街道の宿場町だったり、北前船の寄港地と栄えた町とは違うようです。また、ここはかつては伯耆の国の国府があったところ。やはり、元々自然条件や風土において恵まれたものがあったことも想像されます。<br /><br />ただ、ちょっと釈然とした思いが残るのは、鳥取県内のこと。鳥取県で大きな街というのは鳥取市と米子市。二つの街は互いにライバル心があって、特に、米子市は鳥取市なにするものぞという意識が強い。同じ鳥取県だし、同じ鳥取藩だったのになんでこうなるのか不思議なくらい。倉吉市はそのはざまにあって、影が薄いという感じなんですよね。<br />調べると、鳥取藩では、家老職に藩内の重要な拠点の町を委任統治させる自分手政治という制度があって、米子と倉吉は荒尾氏が治めていたのだとか。こうした背景もあって、今の両市の関係になっているのかもしれません。さらに言えば、鳥取藩池田家は徳川家康の血が入っているので、準親藩の扱い。幕府からのプレッシャーもない中で、家来にも寛容な分、荒尾氏の預かり地では独立した自意識がより強まったのかもしれません。<br /><br />では、米子と倉吉の関係はというと、これはともに伯耆の国。倉吉は、伯耆の国の国府があり、後に応仁の乱の山名宗全を生んだ山名氏が最初の居城を築いた地。足利尊氏に従って活躍した山名時氏とその子師義の頃です。山名氏は、因幡、伯耆、隠岐、丹波、丹後、但馬、美作の守護を兼ねるなどして、全国の6分の1を領有し、「六文一殿」(ろくぶんのいちどの)と呼ばれるまでになったのですが、打吹城は、因幡、伯耆の境にあたる好位置だったわけですね。ただ、今では米子の経済力の方が上回っているわけで、たぶんそれは伯備線の効果。安来に伯備線がついていたらというのは、それをよく表している言葉だと思います。<br /><br />さて、応仁の乱で細川氏と戦った山名宗全ですが、その後、時代は戦国時代に突入。山名一族は急速に衰退していくことになります。<br /><br />これって、なるほどという感じの歴史ですよね。他方の三朝温泉も世界一のラジウム含有量を誇る名湯だし、倉吉って、なかなかすごいじゃないですか。実はイマイチ歴史のない米子のイメージも重なって、私の中で評価を落していましたが、これでしっかり修正ができたように思います。<br /><br /><br />

倉吉白壁土蔵群と三朝温泉の旅~山名宗全を生んだ一族「六文一殿」の居城だった打吹城に伯耆の国府跡も。倉吉の歴史の深さとラジウム量世界一の名湯にほっこりです~

98いいね!

2016/02/12 - 2016/02/13

2位(同エリア181件中)

    149

    倉吉の観光の中心は、打吹山のふもとに広がる白壁土蔵群。倉吉駅からは少し距離があります。

    この町並みは、重要伝統的建造物群保存地区に指定されていて、玉川沿いにレトロな建物が多く残っています。歴史的に見れば、戦国時代の城下町から、江戸時代に入ってからは陣屋町として整備された街のようで、街道の宿場町だったり、北前船の寄港地と栄えた町とは違うようです。また、ここはかつては伯耆の国の国府があったところ。やはり、元々自然条件や風土において恵まれたものがあったことも想像されます。

    ただ、ちょっと釈然とした思いが残るのは、鳥取県内のこと。鳥取県で大きな街というのは鳥取市と米子市。二つの街は互いにライバル心があって、特に、米子市は鳥取市なにするものぞという意識が強い。同じ鳥取県だし、同じ鳥取藩だったのになんでこうなるのか不思議なくらい。倉吉市はそのはざまにあって、影が薄いという感じなんですよね。
    調べると、鳥取藩では、家老職に藩内の重要な拠点の町を委任統治させる自分手政治という制度があって、米子と倉吉は荒尾氏が治めていたのだとか。こうした背景もあって、今の両市の関係になっているのかもしれません。さらに言えば、鳥取藩池田家は徳川家康の血が入っているので、準親藩の扱い。幕府からのプレッシャーもない中で、家来にも寛容な分、荒尾氏の預かり地では独立した自意識がより強まったのかもしれません。

    では、米子と倉吉の関係はというと、これはともに伯耆の国。倉吉は、伯耆の国の国府があり、後に応仁の乱の山名宗全を生んだ山名氏が最初の居城を築いた地。足利尊氏に従って活躍した山名時氏とその子師義の頃です。山名氏は、因幡、伯耆、隠岐、丹波、丹後、但馬、美作の守護を兼ねるなどして、全国の6分の1を領有し、「六文一殿」(ろくぶんのいちどの)と呼ばれるまでになったのですが、打吹城は、因幡、伯耆の境にあたる好位置だったわけですね。ただ、今では米子の経済力の方が上回っているわけで、たぶんそれは伯備線の効果。安来に伯備線がついていたらというのは、それをよく表している言葉だと思います。

    さて、応仁の乱で細川氏と戦った山名宗全ですが、その後、時代は戦国時代に突入。山名一族は急速に衰退していくことになります。

    これって、なるほどという感じの歴史ですよね。他方の三朝温泉も世界一のラジウム含有量を誇る名湯だし、倉吉って、なかなかすごいじゃないですか。実はイマイチ歴史のない米子のイメージも重なって、私の中で評価を落していましたが、これでしっかり修正ができたように思います。


    PR

    • 倉吉は、島根県側から車で向かいます。昔は9号線しかありませんでしたが、今は高速道路並みのバイパスが出来て、かなり便利になりました。<br />米子を過ぎて、まず寄ったのは、道の駅 大山恵みの里。あれは大山なんですが、米子の方から見る大山の姿とかなり違って、伯耆富士という感じが全然しない。こっちの人は「裏大山」というそうです。

      倉吉は、島根県側から車で向かいます。昔は9号線しかありませんでしたが、今は高速道路並みのバイパスが出来て、かなり便利になりました。
      米子を過ぎて、まず寄ったのは、道の駅 大山恵みの里。あれは大山なんですが、米子の方から見る大山の姿とかなり違って、伯耆富士という感じが全然しない。こっちの人は「裏大山」というそうです。

    • バイパス道路沿いにはあるんですが、比較的規模は小さいので、産直の売り場はちょっとイマイチ。

      バイパス道路沿いにはあるんですが、比較的規模は小さいので、産直の売り場はちょっとイマイチ。

    • 大山乳業の製品がたくさん置かれていたのがせめてもの救いかなあと思います。

      大山乳業の製品がたくさん置かれていたのがせめてもの救いかなあと思います。

    • しばらく走って、今度は物産館ことうら。道の駅ではないですが、道の駅のような感じの施設です。これもバイパス道路沿いにあって、目立っていたので寄ってみました。

      しばらく走って、今度は物産館ことうら。道の駅ではないですが、道の駅のような感じの施設です。これもバイパス道路沿いにあって、目立っていたので寄ってみました。

    • 近くに漁港もあるのでしょうか。新鮮な海産物の売り場がかなり充実していて、これはすごい。見事なカレイのフライをお土産にしました。

      近くに漁港もあるのでしょうか。新鮮な海産物の売り場がかなり充実していて、これはすごい。見事なカレイのフライをお土産にしました。

    • 途中、もう一つ寄ってみたのは、大栄の道の駅。<br />大栄と言えばスイカをイメージしてしまいますが、このシーズンなので、それはなし。

      途中、もう一つ寄ってみたのは、大栄の道の駅。
      大栄と言えばスイカをイメージしてしまいますが、このシーズンなので、それはなし。

    • 一方で、いちごや高知の文旦が置いてあったのは、ちょっと驚き。この時期だと高地では文旦があちこちで大量売りされていて、爽やかな酸味がおいしいんですよね。ただ、知らない人だとその価値は分からない。難しいところかもしれません。

      一方で、いちごや高知の文旦が置いてあったのは、ちょっと驚き。この時期だと高地では文旦があちこちで大量売りされていて、爽やかな酸味がおいしいんですよね。ただ、知らない人だとその価値は分からない。難しいところかもしれません。

    • 気が付くと、道の駅大栄に隣接して、青山剛昌ふるさと館という施設がありました。

      気が付くと、道の駅大栄に隣接して、青山剛昌ふるさと館という施設がありました。

    • 青山剛昌は、刑事コナンの原作者のようで、施設は刑事コナン一色といった感じ。大人700円ですが、たくさんの親子連れが入っていて、けっこうな賑わい。

      青山剛昌は、刑事コナンの原作者のようで、施設は刑事コナン一色といった感じ。大人700円ですが、たくさんの親子連れが入っていて、けっこうな賑わい。

    • なお、ミュージアムショップもありますので、ちょこっと見るなら、こっちだと思います。

      なお、ミュージアムショップもありますので、ちょこっと見るなら、こっちだと思います。

    • そして、Codaは、道の駅大栄に隣接したジェラート屋さん。道の奥にあるので、知らないと見過ごしてしまいそうですが、地元でもおいしいと評判のお店です。

      そして、Codaは、道の駅大栄に隣接したジェラート屋さん。道の奥にあるので、知らないと見過ごしてしまいそうですが、地元でもおいしいと評判のお店です。

    • 一番人気というミルク味のジェラートにしました。あっさりした素直な味わい。もうちょっと量があってもいいかなあと思うのは、結局はそれだけおいしいから。店内もおしゃれです。

      イチオシ

      一番人気というミルク味のジェラートにしました。あっさりした素直な味わい。もうちょっと量があってもいいかなあと思うのは、結局はそれだけおいしいから。店内もおしゃれです。

    • さて、寄り道ばかりでしたが、なんとか白壁土蔵群に到着しました。

      さて、寄り道ばかりでしたが、なんとか白壁土蔵群に到着しました。

    • 倉吉まちづくりセンターは、白壁土蔵群の観光のスタート地点と言った場所。基本は、公衆トイレなんですが、待合所のような休憩スペースがあったり、鯉が泳ぐ水路のようなものも設置されたりして、なにか倉吉って意外にいい街じゃないかという印象を持たせてくれる施設だと思います。

      倉吉まちづくりセンターは、白壁土蔵群の観光のスタート地点と言った場所。基本は、公衆トイレなんですが、待合所のような休憩スペースがあったり、鯉が泳ぐ水路のようなものも設置されたりして、なにか倉吉って意外にいい街じゃないかという印象を持たせてくれる施設だと思います。

    • その向かいが倉吉ふるさと物産館。

      その向かいが倉吉ふるさと物産館。

    • 店内に入ると、倉吉の特産品を扱うばりばりのお土産物屋さんですね。赤瓦一号館もお土産物屋さんなんですが、こちらの方が比較的標準でしょうか。それに、打吹だんごの歴史とかをパネル展示していたり、流し雛をおいてみたり、工夫はあれこれ感じます。

      店内に入ると、倉吉の特産品を扱うばりばりのお土産物屋さんですね。赤瓦一号館もお土産物屋さんなんですが、こちらの方が比較的標準でしょうか。それに、打吹だんごの歴史とかをパネル展示していたり、流し雛をおいてみたり、工夫はあれこれ感じます。

    • その並びにあるのが倉吉ふるさと工芸館。<br />陶器かと思ったら、ここは倉吉絣という絣の施設。江戸時代後期に、稲嶋大助という人物が絵柄を考案し、普及させたということ。背景として、この辺りでも、商品作物としての綿花の生産が盛んだったのではないかと思います。

      その並びにあるのが倉吉ふるさと工芸館。
      陶器かと思ったら、ここは倉吉絣という絣の施設。江戸時代後期に、稲嶋大助という人物が絵柄を考案し、普及させたということ。背景として、この辺りでも、商品作物としての綿花の生産が盛んだったのではないかと思います。

    • そして、すぐに現れるのが元帥酒造。ここは、もう白壁土蔵群の中心部です。白壁に付いた木枠の出窓が並んだデザインと全国新酒鑑評会金賞の看板が目立っています。

      イチオシ

      そして、すぐに現れるのが元帥酒造。ここは、もう白壁土蔵群の中心部です。白壁に付いた木枠の出窓が並んだデザインと全国新酒鑑評会金賞の看板が目立っています。

    • 外観は販売店のようにも見えるのですが、酒造見学もできるよう。

      外観は販売店のようにも見えるのですが、酒造見学もできるよう。

    • ただし、事前の予約が必要です。

      ただし、事前の予約が必要です。

    1件目~20件目を表示(全149件中)

    この旅行記のタグ

      98いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント (4)

      開く

      閉じる

      • ふわっくまさん 2016/07/14 12:00:36
        倉吉〜ステキな街並みでしたね〜☆
        たびたびさん、こんにちは。
        私の旅行記にも度々(!)ご訪問&いいね!して頂き、ありがとうございます。

        倉吉の白壁土蔵群での酒蔵や、老舗の醤油屋さん・陶器店の様子等々しっとりとした風情のある街並みを拝見させていただきました。
        そして、純和風の素敵なホテルでのご宿泊〜温泉好きにはたまらないですし、お料理もとってもおいしそうでした(^-^)
        また鳥取の梨は私も大好物でして、旬の季節が訪れたら行ってみたいなぁ〜と思っています。

        またゆっくりお邪魔しますので、宜しくお願いいたします。
                       ふわっくま

        たびたび

        たびたびさんからの返信 2016/07/14 17:10:35
        RE: 倉吉〜ステキな街並みでしたね〜☆
        これで鳥取県の評価がぐんと上がったように思います。ラジウム泉は実際に体にも実際よいようですし、機会があれば、ぜひどうぞ。

                                      たびたび
      • わんぱく大将さん 2016/07/04 04:18:43
        とち餅
        たびたびさん

        私も何度か三朝温泉にいってるのですが、とち餅にはあるつけたことはありません。 う〜ん、やはりおいしかったようで。

         大将

        たびたび

        たびたびさんからの返信 2016/07/04 10:35:07
        RE: とち餅
        観光客にも人気ですが、地元の人にも人気のようです。朝8時くらいから。7時からという情報もあるのですが、「年を取ってしまって、今はそんなに早くは開けていません」ということ。人気の店でもたぶん跡を継ぐ人はいないんでしょうね。あちこちで同じようなことは起きているんでしょうが、寂しいことだと思います。

                                  たびたび

      たびたびさんのトラベラーページ

      ピックアップ特集

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      三朝温泉(鳥取) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集