ビエンチャン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
8日目後半はビエンチャンの街歩きです。予定していたフライトが欠航となり、ビエンチャンには計画より2時間遅れの午後4時に到着、時間がないので急いで街に出ました。<br />タイに出国するための通過点と、あまり期待していなかったビエンチャンですが、短期間の滞在にもかかわらず様々な見聞ができ、予想以上の収穫がありました。<br /><br />〈旅程〉<br />1日目(2016年1月4日)HND→HAN (NH857)、Essence Palace Hotel泊<br />2日目(1月5日)HAN→LPQ (VN931)、The Apsara泊<br />3日目(1月6日)パークウー洞窟ツアー、タート・クアンシーの滝ツアー、The Apsara泊<br />4日目(1月7日)ルアンパバーン街歩き、The Apsara泊<br />5日目(1月8日)LPQ→PKZ(QV513)、Athena Hotel泊<br />6日目(1月9日)ワット・プー遺跡ツアー、Athena Hotel泊<br />7日目(1月10日)シーパンドーン1日ツアー、Athena Hotel泊<br />8日目(1月11日)PKZ→VTE(QV516)、Ibis Vientiane Nam Phu Hotel泊<br />9日目(1月12日)VTE→BKK(TG571)<br />10日目(1月13日)BKK→NRT(NH808)

フラッシュパッカー 一人旅 ハノイ・ラオス 8日目後半(ビエンチャン街歩き)

97いいね!

2016/01/04 - 2016/01/13

29位(同エリア958件中)

beanbag

beanbagさん

8日目後半はビエンチャンの街歩きです。予定していたフライトが欠航となり、ビエンチャンには計画より2時間遅れの午後4時に到着、時間がないので急いで街に出ました。
タイに出国するための通過点と、あまり期待していなかったビエンチャンですが、短期間の滞在にもかかわらず様々な見聞ができ、予想以上の収穫がありました。

〈旅程〉
1日目(2016年1月4日)HND→HAN (NH857)、Essence Palace Hotel泊
2日目(1月5日)HAN→LPQ (VN931)、The Apsara泊
3日目(1月6日)パークウー洞窟ツアー、タート・クアンシーの滝ツアー、The Apsara泊
4日目(1月7日)ルアンパバーン街歩き、The Apsara泊
5日目(1月8日)LPQ→PKZ(QV513)、Athena Hotel泊
6日目(1月9日)ワット・プー遺跡ツアー、Athena Hotel泊
7日目(1月10日)シーパンドーン1日ツアー、Athena Hotel泊
8日目(1月11日)PKZ→VTE(QV516)、Ibis Vientiane Nam Phu Hotel泊
9日目(1月12日)VTE→BKK(TG571)
10日目(1月13日)BKK→NRT(NH808)

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
4.0
グルメ
4.5
交通
4.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
タクシー 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • パークセーを飛び立って1時間、ビエンチャンの街並みが見えてきた。

    パークセーを飛び立って1時間、ビエンチャンの街並みが見えてきた。

  • 首都にしては小ぶりな空港。ワットタイ国際空港と呼ぶらしい。

    首都にしては小ぶりな空港。ワットタイ国際空港と呼ぶらしい。

    ワットタイ国際空港 (VTE) 空港

  • すぐにタクシーチケット売り場に。ホテルまで57,000キープ(920円)。パークセーに比べると割安、首都だけに監督官庁の目が行き届いているということか。

    すぐにタクシーチケット売り場に。ホテルまで57,000キープ(920円)。パークセーに比べると割安、首都だけに監督官庁の目が行き届いているということか。

  • ターミナルの外、人はまばら。

    ターミナルの外、人はまばら。

  • タクシー。メーターはない。

    タクシー。メーターはない。

  • 10分ほどでホテルに到着。<br />イビス・ビエンチャン・ナム・プー・ホテル。アコーホテルズが展開するエコノミーホテル。これまでのブティックホテルとは違い、日本のビジネスホテルのようなもの。<br />立地、価格、1泊だけという基準で選んだ。朝食は付いていない。

    10分ほどでホテルに到着。
    イビス・ビエンチャン・ナム・プー・ホテル。アコーホテルズが展開するエコノミーホテル。これまでのブティックホテルとは違い、日本のビジネスホテルのようなもの。
    立地、価格、1泊だけという基準で選んだ。朝食は付いていない。

    イビス ヴィエンチャン ナム プー ホテル ホテル

    清潔でビジネスライクなホテルです。 by beanbagさん
  • フロント。ビジネスライクでテキパキ。

    フロント。ビジネスライクでテキパキ。

  • 部屋は最上階(5階)の416号室。

    部屋は最上階(5階)の416号室。

  • 真ん中の左上の部屋(わかりにくいけど)。

    真ん中の左上の部屋(わかりにくいけど)。

  • 部屋もビジネスライク、豪華さはないが機能的。

    部屋もビジネスライク、豪華さはないが機能的。

  • 水回り。ハンドタオルはない。タオル類が3つずつセットになっている理由はすぐわかる。

    水回り。ハンドタオルはない。タオル類が3つずつセットになっている理由はすぐわかる。

  • シャワーは湯温、湯量とも文句無し。

    シャワーは湯温、湯量とも文句無し。

  • コップも3つある。

    コップも3つある。

  • クロゼット。やはりビジネスホテル。

    クロゼット。やはりビジネスホテル。

  • この部屋だけ、どういうわけかもう一室あって2段ベッドが備え付けてある。家族連れを想定した部屋になっている。私には必要ないけど。

    この部屋だけ、どういうわけかもう一室あって2段ベッドが備え付けてある。家族連れを想定した部屋になっている。私には必要ないけど。

  • こんな具合。新しくて清潔なので文句ない。

    こんな具合。新しくて清潔なので文句ない。

  • 日没までにタート・ルアンを見ておこうと、すぐさまホテルを出発。<br />3.1kmの道を急ぎ足で歩く。もうタクシーやトゥクトゥクは使わない。というか、見当たらない。

    日没までにタート・ルアンを見ておこうと、すぐさまホテルを出発。
    3.1kmの道を急ぎ足で歩く。もうタクシーやトゥクトゥクは使わない。というか、見当たらない。

  • ビエンチャンの凱旋門、パトゥーサイが見えてくるが、後回し。この辺りはビエンチャンのシャンゼリゼ。

    ビエンチャンの凱旋門、パトゥーサイが見えてくるが、後回し。この辺りはビエンチャンのシャンゼリゼ。

  • 高校生の下校時間。屋台で買い食い、何処も同じ。

    高校生の下校時間。屋台で買い食い、何処も同じ。

  • 影が長くなって日没は近い。急がねば。

    影が長くなって日没は近い。急がねば。

  • ホテルを出て35分ほどで到着。セタティラート王の像。1560年にラーンサーン王国の首都をルアンパバーンからビエンチャンに移した人物らしい。

    ホテルを出て35分ほどで到着。セタティラート王の像。1560年にラーンサーン王国の首都をルアンパバーンからビエンチャンに移した人物らしい。

    セタティラート王の銅像 モニュメント・記念碑

  • これがタート・ルアン。門はすでに閉まっていて中には入れない。ビエンチャンに来たからには外せないスポット。夕日に輝く金色のストゥーパ。<br />日没が近いのでうまく写真が撮れないが、間に合ってよかった。

    これがタート・ルアン。門はすでに閉まっていて中には入れない。ビエンチャンに来たからには外せないスポット。夕日に輝く金色のストゥーパ。
    日没が近いのでうまく写真が撮れないが、間に合ってよかった。

    タート ルアン (ビエンチャン) 寺院・教会

  • タート・ルアン北寺院。

    タート・ルアン北寺院。

  • もう一度振り返る。美しい。観光客はもうほとんどいない。

    もう一度振り返る。美しい。観光客はもうほとんどいない。

  • 国会議事堂らしい。前の広場にも人は少ない。

    国会議事堂らしい。前の広場にも人は少ない。

  • あちこちの路上に女性がこのように座っている。小さな机の上は電卓とシートだけ。最初は有料駐車場の料金徴収をしているのかと思ったが、数が多すぎる。<br />「何をしているの?」と尋ねたら、「ロタリー(宝くじ)」との回答。なるほど。

    あちこちの路上に女性がこのように座っている。小さな机の上は電卓とシートだけ。最初は有料駐車場の料金徴収をしているのかと思ったが、数が多すぎる。
    「何をしているの?」と尋ねたら、「ロタリー(宝くじ)」との回答。なるほど。

  • 帰り道で見つけたレストランの店先でバーベキュー。内陸国だけに、やはり焼肉が主流のようだ。

    帰り道で見つけたレストランの店先でバーベキュー。内陸国だけに、やはり焼肉が主流のようだ。

  • この辺りは大使館や官庁があちこちにある首都機能が集中した地区。

    この辺りは大使館や官庁があちこちにある首都機能が集中した地区。

  • 外務省?

    外務省?

  • トヨタも頑張っている。

    トヨタも頑張っている。

  • 夕方の帰宅ラッシュ。同じ首都でもハノイより落ち着きがある。

    夕方の帰宅ラッシュ。同じ首都でもハノイより落ち着きがある。

  • パトゥーサイに戻った頃は、すでに日没。

    パトゥーサイに戻った頃は、すでに日没。

    パトゥーサイ 建造物

  • 観光に来た僧侶たちが記念写真。楽しそう。

    観光に来た僧侶たちが記念写真。楽しそう。

  • パトゥーサイの下をくぐって見上げる。この時間は階段の門が閉まって、もう登れない。

    パトゥーサイの下をくぐって見上げる。この時間は階段の門が閉まって、もう登れない。

  • 通り抜けると、正面はビエンチャンのシャンゼリゼ。

    通り抜けると、正面はビエンチャンのシャンゼリゼ。

  • もう一度振り返る。良い眺め。やはりハノイよりずっと首都の風格がある。

    もう一度振り返る。良い眺め。やはりハノイよりずっと首都の風格がある。

  • ビエンチャン高等学校。教育制度はやはりフランスに倣っている。

    ビエンチャン高等学校。教育制度はやはりフランスに倣っている。

  • 下校中の高校生。将来のエリート?

    下校中の高校生。将来のエリート?

  • タラート・サオ。ラオス最大級のショッピング・モールらしいが、買い物には興味なし。

    タラート・サオ。ラオス最大級のショッピング・モールらしいが、買い物には興味なし。

    タラート サオ モール ショッピングセンター

  • 迎賓館。ライトアップされている。ホテル近くに戻ってきたが、ホテルには入らず、そのままメコン河畔に向かう。

    迎賓館。ライトアップされている。ホテル近くに戻ってきたが、ホテルには入らず、そのままメコン河畔に向かう。

  • メコン河畔のナイトマーケット。

    メコン河畔のナイトマーケット。

    ナイトマーケット (ビエンチャン) 市場

  • すでに日は沈んで夕映えが美しい。

    すでに日は沈んで夕映えが美しい。

  • メコン川の土手は地元の人たちで溢れている。やはり暑い国なので、日没後の散歩が習慣になっているようだ。

    メコン川の土手は地元の人たちで溢れている。やはり暑い国なので、日没後の散歩が習慣になっているようだ。

  • 集団でエクササイズする人たち。どこの国も健康志向が強い。

    集団でエクササイズする人たち。どこの国も健康志向が強い。

  • その指導者。やっぱりスタイルが良い。

    その指導者。やっぱりスタイルが良い。

  • メコン川の夕焼け見物に来た人たち。思いは誰も同じ。

    メコン川の夕焼け見物に来た人たち。思いは誰も同じ。

  • ナイトマーケットには観光客も多い。

    ナイトマーケットには観光客も多い。

  • 整然と管理されている。やはり首都。

    整然と管理されている。やはり首都。

  • 夕食はトリップアドバイザーで評価の高い、マークペット。

    夕食はトリップアドバイザーで評価の高い、マークペット。

    マクペト レストラン 地元の料理

  • フランス風の小洒落たレストラン。時刻は午後6時20分。まだ早いので客はちらほら。しかしこの後、あっという間にオープンエア席は満席になる。タイミングがよかった。

    フランス風の小洒落たレストラン。時刻は午後6時20分。まだ早いので客はちらほら。しかしこの後、あっという間にオープンエア席は満席になる。タイミングがよかった。

  • ビアラオ小瓶。

    ビアラオ小瓶。

  • 東南アジア名物のヤモリ。ルアンパバーンやパークセーのホテルでもケッケッケッケッと4回の金属的な泣き声が聞こえたが、姿は見えなかった。やっと会えた。

    東南アジア名物のヤモリ。ルアンパバーンやパークセーのホテルでもケッケッケッケッと4回の金属的な泣き声が聞こえたが、姿は見えなかった。やっと会えた。

  • 食事は今回の旅で初めてのラープ・カイ(鶏肉のラープ)だったと思う。カオ・ニャオ付き。<br />味は悪くはないが、まあそこそこ。ラオスの代表的料理にしては期待していたほどではない。<br />ラオス最後の夜なのでこの後、赤ワイン(グラス)も奮発してゆったりと過ごす。<br />シメて102,000キープ(1,600円)。観光地料金、ワインが40,000キープ(640円)と高い。

    食事は今回の旅で初めてのラープ・カイ(鶏肉のラープ)だったと思う。カオ・ニャオ付き。
    味は悪くはないが、まあそこそこ。ラオスの代表的料理にしては期待していたほどではない。
    ラオス最後の夜なのでこの後、赤ワイン(グラス)も奮発してゆったりと過ごす。
    シメて102,000キープ(1,600円)。観光地料金、ワインが40,000キープ(640円)と高い。

  • 続々と客が押し寄せる。欧米人はやはりトリップアドバイザーが頼り。

    続々と客が押し寄せる。欧米人はやはりトリップアドバイザーが頼り。

  • フランス人の家族連れ。当然、ワインはボトルで。

    フランス人の家族連れ。当然、ワインはボトルで。

  • こちらも。見渡すとアジア人は私だけ、後はほとんどがフランス人観光客。

    こちらも。見渡すとアジア人は私だけ、後はほとんどがフランス人観光客。

  • 観光客も少しお洒落してくるレストランのようだ。

    観光客も少しお洒落してくるレストランのようだ。

  • 夜の繁華街をぶらぶら歩いてホテルに帰る。考えてみれば、今回の旅で夜の街をうろつくのは初めてかもしれない。ハノイの水上人形劇場はホテルのすぐ近くだったし。健全老人の私。

    夜の繁華街をぶらぶら歩いてホテルに帰る。考えてみれば、今回の旅で夜の街をうろつくのは初めてかもしれない。ハノイの水上人形劇場はホテルのすぐ近くだったし。健全老人の私。

  • ホテル兼レストラン。

    ホテル兼レストラン。

  • ホテル隣のナンプ広場。屋外レストランの客で賑わっている。

    ホテル隣のナンプ広場。屋外レストランの客で賑わっている。

    ナンプ広場 広場・公園

  • まだクリスマスツリーも残っている。ラオスの正月は旧暦なので、それまではクリスマス気分が残るのかもしれない。

    まだクリスマスツリーも残っている。ラオスの正月は旧暦なので、それまではクリスマス気分が残るのかもしれない。

  • ホテルに帰着。短時間だが、行きたかったところはほぼ網羅。楽しい午後だった。

    ホテルに帰着。短時間だが、行きたかったところはほぼ網羅。楽しい午後だった。

    イビス ヴィエンチャン ナム プー ホテル ホテル

    清潔でビジネスライクなホテルです。 by beanbagさん
97いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ラオスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ラオス最安 686円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ラオスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集