西表島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
沖縄には何度も行きましたが、夏に行ったことがなかったので、梅雨明けした八重山に出かけてきました。<br /> 今回は、還暦と結婚35周年祝いということもあり、普段は利用しないリゾートホテルでタイトル通りまったりと過ごしてきました。<br /> 今回のスケジュールは、<br /> 6月25日(木):関空から那覇経由、石垣に行き、竹富島観光後石垣島のANAインターコンチネンタルホテルに宿泊<br /> 6月26日(金):レンタカーで石垣島観光後、西表島に行き星野リゾート西表島に宿泊<br /> 6月27日(土):西表島 マリュドゥ・カンピレー滝見学後午後からイダの浜で海水浴(星野リゾート連泊)<br /> 6月28日(日):西表島をレンタカーで観光(由布島など)後、小浜島へ移動し星野リゾート(リゾナーレ小浜島)宿泊<br /> 6月29日(月) :小浜島観光(リゾナーレ小浜島連泊)<br /> 6月30日(火):小浜島から石垣島に戻り、那覇空港経由関空に移動し、帰宅<br /> 今回は、旅行4日目の西表島と小浜島観光を紹介します。<br /> 八重山は、例年より大幅に早く梅雨明けし、最低気温が30℃、最高気温が34℃と天気には恵まれましたが、暑さにはまいりました。<br />でも楽しい旅行になりました。

まったり・ゆったり八重山の旅(4日目)西表・小浜島

23いいね!

2015/06/25 - 2015/06/30

292位(同エリア1621件中)

旅好き長さん

旅好き長さんさん

沖縄には何度も行きましたが、夏に行ったことがなかったので、梅雨明けした八重山に出かけてきました。
今回は、還暦と結婚35周年祝いということもあり、普段は利用しないリゾートホテルでタイトル通りまったりと過ごしてきました。
今回のスケジュールは、
6月25日(木):関空から那覇経由、石垣に行き、竹富島観光後石垣島のANAインターコンチネンタルホテルに宿泊
6月26日(金):レンタカーで石垣島観光後、西表島に行き星野リゾート西表島に宿泊
6月27日(土):西表島 マリュドゥ・カンピレー滝見学後午後からイダの浜で海水浴(星野リゾート連泊)
6月28日(日):西表島をレンタカーで観光(由布島など)後、小浜島へ移動し星野リゾート(リゾナーレ小浜島)宿泊
6月29日(月) :小浜島観光(リゾナーレ小浜島連泊)
6月30日(火):小浜島から石垣島に戻り、那覇空港経由関空に移動し、帰宅
今回は、旅行4日目の西表島と小浜島観光を紹介します。
八重山は、例年より大幅に早く梅雨明けし、最低気温が30℃、最高気温が34℃と天気には恵まれましたが、暑さにはまいりました。
でも楽しい旅行になりました。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
5.0
グルメ
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
15万円 - 20万円
交通手段
レンタカー JALグループ ジェットスター
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 旅行4日目(6月28日)<br />今日は少し雲の多い天気。<br />楽しい旅行はあっという間に時間が過ぎて行きます。<br />八重山は時間がゆっくり流れているのに不思議です。<br />今日はニラカナイ西表島をチェックアウトし、レンタカーを利用して西表島を観光し向かいの小浜島に行く予定。<br />小浜島には西表の大原港から12時30分発の便しかないので、それに乗れるよう大急ぎで西表島を観光します。<br />そのため朝は早めに、しっかりと取ります。<br />(少し食べ過ぎ気味です。)

    旅行4日目(6月28日)
    今日は少し雲の多い天気。
    楽しい旅行はあっという間に時間が過ぎて行きます。
    八重山は時間がゆっくり流れているのに不思議です。
    今日はニラカナイ西表島をチェックアウトし、レンタカーを利用して西表島を観光し向かいの小浜島に行く予定。
    小浜島には西表の大原港から12時30分発の便しかないので、それに乗れるよう大急ぎで西表島を観光します。
    そのため朝は早めに、しっかりと取ります。
    (少し食べ過ぎ気味です。)

  • 上原のレンタカー屋さんで軽自動車を借り、まずは水牛車で有名な由布島を目指します。<br />この旅人の駅で由布島行き水牛車のチケットを購入します。<br />

    上原のレンタカー屋さんで軽自動車を借り、まずは水牛車で有名な由布島を目指します。
    この旅人の駅で由布島行き水牛車のチケットを購入します。

  • ここが水牛車乗り場です。<br />何とか始発の9時に間に合いました。

    ここが水牛車乗り場です。
    何とか始発の9時に間に合いました。

  • ここにはたくさんの水牛車がスタンバイしています。

    ここにはたくさんの水牛車がスタンバイしています。

  • 私たちが乗車したのがこの水牛車。<br />9時発の始発のため乗客は私たちのみ。<br />この水牛車を貸し切りで油布島を目指します。<br />油布島までの400mを水牛の気分に合わせて約15分かけて進みます。

    私たちが乗車したのがこの水牛車。
    9時発の始発のため乗客は私たちのみ。
    この水牛車を貸し切りで油布島を目指します。
    油布島までの400mを水牛の気分に合わせて約15分かけて進みます。

  • 私たちの水牛車を引っ張ってくれたのがこの牝牛のマリンちゃんです。<br />年齢は14歳、人間だと42歳に相当するそうです。<br />水牛車は12人から24人乗りのものがあるようで、24人乗りの水牛車はオスの牛が引っ張るようです。<br />水牛も大変です。

    私たちの水牛車を引っ張ってくれたのがこの牝牛のマリンちゃんです。
    年齢は14歳、人間だと42歳に相当するそうです。
    水牛車は12人から24人乗りのものがあるようで、24人乗りの水牛車はオスの牛が引っ張るようです。
    水牛も大変です。

  • ここは油布島に入ってすぐにある水牛の池です。

    ここは油布島に入ってすぐにある水牛の池です。

  • よく見ると6月上旬に生まれたばかりの子牛が2頭います。<br />この子牛たちも生後2〜3年から調教をはじめ、早い水牛で半年から1年でお客さんを乗せるようになるそうです。

    よく見ると6月上旬に生まれたばかりの子牛が2頭います。
    この子牛たちも生後2〜3年から調教をはじめ、早い水牛で半年から1年でお客さんを乗せるようになるそうです。

  • それでは油布島の中に進んでいきます。<br />油布島は周囲2.15kmの小さな島で、昔は竹富島や黒島から移り住んだ人々で栄えていたそうです。

    それでは油布島の中に進んでいきます。
    油布島は周囲2.15kmの小さな島で、昔は竹富島や黒島から移り住んだ人々で栄えていたそうです。

  • これは日本最大級の蝶々のオオゴマダラの説明板です。

    これは日本最大級の蝶々のオオゴマダラの説明板です。

  • これがオオゴマダラの幼虫です。

    これがオオゴマダラの幼虫です。

  • そしてこれがサナギの抜け殻です。

    そしてこれがサナギの抜け殻です。

  • この日は残念ながらオオゴマダラの蝶々園が閉まっていたので生きたオオゴマダラを見ることができませんでした。

    この日は残念ながらオオゴマダラの蝶々園が閉まっていたので生きたオオゴマダラを見ることができませんでした。

  • 島の中はこんな感じで道の両側には、ハイビスカスなどの花が植えられています。

    島の中はこんな感じで道の両側には、ハイビスカスなどの花が植えられています。

  • ここは小学校の校門跡です。<br />昭和44年のエルシー台風で大きな被害を受けて、島の人々は対岸の美原地区に移住したそうです。

    ここは小学校の校門跡です。
    昭和44年のエルシー台風で大きな被害を受けて、島の人々は対岸の美原地区に移住したそうです。

  • さらに進んでマンタの浜に出てきました。

    さらに進んでマンタの浜に出てきました。

  • これがここのモニュメントのマンタです。

    これがここのモニュメントのマンタです。

  • このマンタの浜と向かいの午後からわたる小浜島の水道にたくさんのマンタが泳いでいるようです。(本物を見てみたい・・・)

    このマンタの浜と向かいの午後からわたる小浜島の水道にたくさんのマンタが泳いでいるようです。(本物を見てみたい・・・)

  • さらに進んでいきます。

    さらに進んでいきます。

  • きれいな花が咲いています。

    きれいな花が咲いています。

  • ここは、油布島遊歩道の一番奥にあるブーゲンビレアガーデンです。<br />昔から沖縄で見られるサンデリアナ・レインボー・赤白黄色と色とりどりのブーゲンビレアが見られます。

    ここは、油布島遊歩道の一番奥にあるブーゲンビレアガーデンです。
    昔から沖縄で見られるサンデリアナ・レインボー・赤白黄色と色とりどりのブーゲンビレアが見られます。

  • これもブーゲンビレアの花です。

    これもブーゲンビレアの花です。

  • ここからUターンして水牛車待合所に戻ります。

    ここからUターンして水牛車待合所に戻ります。

  • その途中にオオゴマダラを発見。<br />一匹だけ私たちの周りを飛んでいました。(ラッキーです)

    その途中にオオゴマダラを発見。
    一匹だけ私たちの周りを飛んでいました。(ラッキーです)

  • 羽根を広げるとこんな感じです。<br />期待したほど大きな蝶々ではありませんでした。

    羽根を広げるとこんな感じです。
    期待したほど大きな蝶々ではありませんでした。

  • ここは油布島の売店があるレストラン。<br />ここでサービスのパイナップルジュースをいただきましたが、冷えていてとてもおいしかったです。<br />この売店で食事もいただけます。

    ここは油布島の売店があるレストラン。
    ここでサービスのパイナップルジュースをいただきましたが、冷えていてとてもおいしかったです。
    この売店で食事もいただけます。

  • そしてここが油布島観光スタート点の水牛車待合所です。<br />さすがに朝早いので観光客は数人しかいません。

    そしてここが油布島観光スタート点の水牛車待合所です。
    さすがに朝早いので観光客は数人しかいません。

  • そうこうするうち、西表島からたくさんの水牛車が油布島を目指してきています。<br />私たちのこの水牛車に乗って西表島に帰ります。

    そうこうするうち、西表島からたくさんの水牛車が油布島を目指してきています。
    私たちのこの水牛車に乗って西表島に帰ります。

  • この時ちょうど引き潮だったので、水深が浅くなっているため、歩いて島に渡ることもできます。<br />ただ満潮になると、水牛車の床の上まで水が来るので、大潮の時期などはその時間だけ欠航することもあるそうです。大潮以外の満潮時は床まで水が上がるので足を上げておかないと濡れてしまいます。<br />満潮の時は水牛たちも大変なようです。

    この時ちょうど引き潮だったので、水深が浅くなっているため、歩いて島に渡ることもできます。
    ただ満潮になると、水牛車の床の上まで水が来るので、大潮の時期などはその時間だけ欠航することもあるそうです。大潮以外の満潮時は床まで水が上がるので足を上げておかないと濡れてしまいます。
    満潮の時は水牛たちも大変なようです。

  • 20人近くの観光客を乗せ油布島に渡っている水牛車です。<br />たぶん力のあるオスの水牛だと思います。

    20人近くの観光客を乗せ油布島に渡っている水牛車です。
    たぶん力のあるオスの水牛だと思います。

  • 次に向かったのが西表野生生物保護センター。<br />イリオモテヤマネコなど西表島にいる希少生物に関する情報が展示されています。<br />ちなみに入館料は無料です。<br />

    次に向かったのが西表野生生物保護センター。
    イリオモテヤマネコなど西表島にいる希少生物に関する情報が展示されています。
    ちなみに入館料は無料です。

  • これがイリオモテヤマネコのはく製です。<br />とてもかわいらしい猫です。

    これがイリオモテヤマネコのはく製です。
    とてもかわいらしい猫です。

  • イリオモテヤマネコは、1965年に発見され、2007年には絶滅危惧ⅠBからⅠA(現在種の中で最も絶滅の恐れが高い)に指定されています。<br />普通のイエネコとの違いは、<br />①.丸い耳と耳裏の白斑<br />②.額の縦縞模様<br />③.目の周りの白いくまとり<br />④.幅広い鼻<br />⑤.胴長短足、全身の斑模様<br />⑥.太くて長い尾<br />だそうです。

    イリオモテヤマネコは、1965年に発見され、2007年には絶滅危惧ⅠBからⅠA(現在種の中で最も絶滅の恐れが高い)に指定されています。
    普通のイエネコとの違いは、
    ①.丸い耳と耳裏の白斑
    ②.額の縦縞模様
    ③.目の周りの白いくまとり
    ④.幅広い鼻
    ⑤.胴長短足、全身の斑模様
    ⑥.太くて長い尾
    だそうです。

  • これはカンムリワシです。<br />大きさは一緒ですが、左側の白っぽいワシが幼鳥で、右側が親鳥です。<br />今回の旅では残念ながら、このカンムリワシもイリオモテヤマネコも見ることができませんでした。(ちょっと残念)

    これはカンムリワシです。
    大きさは一緒ですが、左側の白っぽいワシが幼鳥で、右側が親鳥です。
    今回の旅では残念ながら、このカンムリワシもイリオモテヤマネコも見ることができませんでした。(ちょっと残念)

  • 次に来たのが、後良橋ロードパークで、後良川(しいらがわ)に架かる橋のところにある展望台です。<br />沖縄らしい景色です。<br />

    次に来たのが、後良橋ロードパークで、後良川(しいらがわ)に架かる橋のところにある展望台です。
    沖縄らしい景色です。

  • 後良川の上流はこんな感じで、マングローブのジャングルが続いています。

    後良川の上流はこんな感じで、マングローブのジャングルが続いています。

  • そしてここは古見のサキシマスオウノキ群落遊歩道です。

    そしてここは古見のサキシマスオウノキ群落遊歩道です。

  • その遊歩道がこれで、奥までズ〜と続いているように見えますが、全長30m足らずです。

    その遊歩道がこれで、奥までズ〜と続いているように見えますが、全長30m足らずです。

  • 遊歩道の両脇にはヒルギ群があり、ヒルギの花も咲いています。

    遊歩道の両脇にはヒルギ群があり、ヒルギの花も咲いています。

  • 遊歩道の奥にサキシマスオウノキ群落があるようですが、結局よくわかりませんでした。遊歩道から降りて奥に行けるようですが、さすがにこの奥まで進んでいく勇気はありませんでした。

    遊歩道の奥にサキシマスオウノキ群落があるようですが、結局よくわかりませんでした。遊歩道から降りて奥に行けるようですが、さすがにこの奥まで進んでいく勇気はありませんでした。

  • これは遊歩道わきに流れる前良川です。<br />この頃になると青空が広がり、とてもきれいです。

    これは遊歩道わきに流れる前良川です。
    この頃になると青空が広がり、とてもきれいです。

  • 大原に行く途中、道路わきにはこのような看板がたくさんありました。<br />イリオモテヤマネコの交通事故が多いため、このような目撃情報による警告でドライバーに注意喚起しています。<br />西表島は道路が整備され交通量も少ないため、ついついスピードを出してしまいますが、安全運転でドライブしてください。

    大原に行く途中、道路わきにはこのような看板がたくさんありました。
    イリオモテヤマネコの交通事故が多いため、このような目撃情報による警告でドライバーに注意喚起しています。
    西表島は道路が整備され交通量も少ないため、ついついスピードを出してしまいますが、安全運転でドライブしてください。

  • レンタカーを返すには時間が早いので、外周道路の東の終点に当たる南風見田の浜に向かいました。<br />車を停め、この道の向こう側に海が広がります。

    レンタカーを返すには時間が早いので、外周道路の東の終点に当たる南風見田の浜に向かいました。
    車を停め、この道の向こう側に海が広がります。

  • これが南風見田の浜です。<br />白砂がズ〜と広がっています。

    これが南風見田の浜です。
    白砂がズ〜と広がっています。

  • 反対側もこのような砂浜が続いています。<br />天然のビーチですがシャワーや更衣室などがないので誰も泳いでいませんでした。

    反対側もこのような砂浜が続いています。
    天然のビーチですがシャワーや更衣室などがないので誰も泳いでいませんでした。

  • 大原港に向かう途中サトウキビ畑が広がっていたので車を停めて撮ったのがこの写真です。<br />青空だともっときれいなのに残念。

    大原港に向かう途中サトウキビ畑が広がっていたので車を停めて撮ったのがこの写真です。
    青空だともっときれいなのに残念。

  • 大原港のそばのレンタカー屋に車を返し、大原港に到着。<br />通常西表島から小浜島に渡るには一般的には、いったん石垣島に戻り、そこから小浜島に行くのが普通です。<br />ただ日に1便だけ、小浜島とを往復する船があるのでその船に乗ることにしました。

    大原港のそばのレンタカー屋に車を返し、大原港に到着。
    通常西表島から小浜島に渡るには一般的には、いったん石垣島に戻り、そこから小浜島に行くのが普通です。
    ただ日に1便だけ、小浜島とを往復する船があるのでその船に乗ることにしました。

  • これが西表島の表玄関の大原港ターミナルです。

    これが西表島の表玄関の大原港ターミナルです。

  • この高速艇が12時30分大原港発の小浜島行の船です。<br />ちなみにこの船に乗船するためには事前予約が必要です。<br />(インターネットで簡単に予約ができます)

    この高速艇が12時30分大原港発の小浜島行の船です。
    ちなみにこの船に乗船するためには事前予約が必要です。
    (インターネットで簡単に予約ができます)

  • 高速艇の客室はこんな感じです。<br />この時は出船まで時間があるので乗客がいませんが、満席で小浜島に向かいました。

    高速艇の客室はこんな感じです。
    この時は出船まで時間があるので乗客がいませんが、満席で小浜島に向かいました。

  • 30分足らずで小浜島に到着。<br />関西人だとオバマ島と呼んでしまいますが、正しくはコハマ島です。<br />このターミナルに宿泊するリゾナーレ小浜島の送迎バスが来ており、そのバスに乗って15時前ですがチェックインします。

    30分足らずで小浜島に到着。
    関西人だとオバマ島と呼んでしまいますが、正しくはコハマ島です。
    このターミナルに宿泊するリゾナーレ小浜島の送迎バスが来ており、そのバスに乗って15時前ですがチェックインします。

  • 港からバスで10分足らずでホテルの入口に到着。<br />ホテル内にはゴルフ場があるので、ここからフロントのある棟まで約1Kmあります。

    港からバスで10分足らずでホテルの入口に到着。
    ホテル内にはゴルフ場があるので、ここからフロントのある棟まで約1Kmあります。

  • これがフロントとアクティブティーカウンターのある棟です。<br />ここでは無料でアイスクリームやいろいろなお菓子をいただけます。<br />この後何度もアイスクリームをいただきました。

    これがフロントとアクティブティーカウンターのある棟です。
    ここでは無料でアイスクリームやいろいろなお菓子をいただけます。
    この後何度もアイスクリームをいただきました。

  • これがリゾナーレ小浜島の客室です。結構広くてベランダからの眺めも最高です。

    これがリゾナーレ小浜島の客室です。結構広くてベランダからの眺めも最高です。

  • 洗面所も広くて、浴室とは別れています。<br />トイレもわかれており、もちろんシャワー付き便座です。

    洗面所も広くて、浴室とは別れています。
    トイレもわかれており、もちろんシャワー付き便座です。

  • 浴室から外を眺めることができ、洗い場もあります。<br />バスタブも大きく体の大きい私もゆったり入ることができます。

    浴室から外を眺めることができ、洗い場もあります。
    バスタブも大きく体の大きい私もゆったり入ることができます。

  • 客室のベランダからの景色です。<br />海も見え、絶景です。

    客室のベランダからの景色です。
    海も見え、絶景です。

  • 客室のある棟を出て外を眺めると、これぞリゾートという感じ。<br />まだ時間が早いので、電動自転車を借りて小浜島を回ることにしました。<br />小浜島はアップダウンが多いので電動アシスト自転車でないと、この暑さの中倒れてしまいます。

    客室のある棟を出て外を眺めると、これぞリゾートという感じ。
    まだ時間が早いので、電動自転車を借りて小浜島を回ることにしました。
    小浜島はアップダウンが多いので電動アシスト自転車でないと、この暑さの中倒れてしまいます。

  • ホテルを出発してシュガーロードを目指します。

    ホテルを出発してシュガーロードを目指します。

  • 両脇の景色を楽しみながらシュガーロードを目指します。<br />電動自転車ですので楽ちんです。

    両脇の景色を楽しみながらシュガーロードを目指します。
    電動自転車ですので楽ちんです。

  • そしてこれがシュガーロードです。<br />NHKドラマのちゅらさんが放映された頃は、この道の両脇にサトウキビ畑が続いていたのですが、今では牧草地帯になりかけています。<br />これはサトウキビより牛を育てたほうが収入が多いので、サトウキビ畑が減少してきているそうです。<br />これも時代の変化かもしれません。

    そしてこれがシュガーロードです。
    NHKドラマのちゅらさんが放映された頃は、この道の両脇にサトウキビ畑が続いていたのですが、今では牧草地帯になりかけています。
    これはサトウキビより牛を育てたほうが収入が多いので、サトウキビ畑が減少してきているそうです。
    これも時代の変化かもしれません。

  • このシュガーロードの松の木まで昔の地震の際、津波が届いたそうです。<br />自然の驚異を感じます。

    このシュガーロードの松の木まで昔の地震の際、津波が届いたそうです。
    自然の驚異を感じます。

  • 次に小浜島の最西端の細崎(クバザキ)海岸を目指します。<br />この先アップダウンが続くので結構大変です。

    次に小浜島の最西端の細崎(クバザキ)海岸を目指します。
    この先アップダウンが続くので結構大変です。

  • 小浜島にもガジュマルの林があります。<br />向こうに見えるのが小浜島で最も高い大岳です。

    小浜島にもガジュマルの林があります。
    向こうに見えるのが小浜島で最も高い大岳です。

  • これが細崎漁港の隣にある海人公園のマンタです。<br />とっても大きなマンタです。(畳8畳もあるそうです)

    これが細崎漁港の隣にある海人公園のマンタです。
    とっても大きなマンタです。(畳8畳もあるそうです)

  • 先ほどの展望台からた細崎漁港です。

    先ほどの展望台からた細崎漁港です。

  • そしてこれが海側で、向こうに見える島は西表島です。

    そしてこれが海側で、向こうに見える島は西表島です。

  • 後を見ると大岳が望めます。<br />絶景です。

    後を見ると大岳が望めます。
    絶景です。

  • そのあと島内を回ります。<br />その途中、馬を発見。<br />この後聞いたのですが、小浜島では与那国馬をペットとして飼っているといわれていたので、ひょっとすると与那国馬かもしれません。

    そのあと島内を回ります。
    その途中、馬を発見。
    この後聞いたのですが、小浜島では与那国馬をペットとして飼っているといわれていたので、ひょっとすると与那国馬かもしれません。

  • 島内ではこのように牛が放牧されています。

    島内ではこのように牛が放牧されています。

  • 次に向かったのが大岳展望台・・・だったはずが、登り口がわからずその隣にある西大岳の展望台に到着。<br />ここからの景色も絶景です。<br />翌日大岳展望台に登りましたが、眺望はこちらからのほうが絶景でした。

    次に向かったのが大岳展望台・・・だったはずが、登り口がわからずその隣にある西大岳の展望台に到着。
    ここからの景色も絶景です。
    翌日大岳展望台に登りましたが、眺望はこちらからのほうが絶景でした。

  • その絶景がこれです。<br />ポスターのような景色です。

    イチオシ

    その絶景がこれです。
    ポスターのような景色です。

  • 中央の島が無人島の嘉弥真島で、その向こうに見える島が石垣島です。<br />とにかく絶景です。

    中央の島が無人島の嘉弥真島で、その向こうに見える島が石垣島です。
    とにかく絶景です。

  • そしてこの山が隣にある小浜島で最も高い(標高99m)大岳です。

    そしてこの山が隣にある小浜島で最も高い(標高99m)大岳です。

  • これは南側の景色です。<br />こちら側には黒島や新城島などが見渡せます。

    これは南側の景色です。
    こちら側には黒島や新城島などが見渡せます。

  • 暑さの中のサイクリングだったので、さすがに疲れてホテルに戻ってきました。<br />これが宿泊したコテージです。

    暑さの中のサイクリングだったので、さすがに疲れてホテルに戻ってきました。
    これが宿泊したコテージです。

  • これは宿泊した棟の前にあるレストランとプールです。<br />プールが気持ちよさそうです。

    これは宿泊した棟の前にあるレストランとプールです。
    プールが気持ちよさそうです。

  • 部屋にいても仕方ないので、広大なホテル内を散策します。<br />ホテル内は20分おきにシャトルバスが走っていますが、あえて徒歩で散策してみます。

    部屋にいても仕方ないので、広大なホテル内を散策します。
    ホテル内は20分おきにシャトルバスが走っていますが、あえて徒歩で散策してみます。

  • ホテル内ではシャトルバス以外にチェックインやチェックアウト時に利用するカート走っています。

    ホテル内ではシャトルバス以外にチェックインやチェックアウト時に利用するカート走っています。

  • ここはホテルの中央にあるレストラン「DEERP BLUE」とラグーンプールです。ここは夜ライトアップされてきれいです。

    ここはホテルの中央にあるレストラン「DEERP BLUE」とラグーンプールです。ここは夜ライトアップされてきれいです。

  • 更にビーチを目指して歩いて行きます。

    更にビーチを目指して歩いて行きます。

  • ビーチまでは結構距離があります。<br />この坂道を越えるとビーチになります。

    ビーチまでは結構距離があります。
    この坂道を越えるとビーチになります。

  • そしてここがイルマーレビーチの入口にあるヴェンターレカフェです。<br />ここでは食事もとれます。

    そしてここがイルマーレビーチの入口にあるヴェンターレカフェです。
    ここでは食事もとれます。

  • そしてここがイルマーレビーチです。<br />遠くではパラセーリングもやっています。<br />

    そしてここがイルマーレビーチです。
    遠くではパラセーリングもやっています。

  • まさしくプライベートビーチです。

    まさしくプライベートビーチです。

  • ポスターになりそうな写真です。

    イチオシ

    ポスターになりそうな写真です。

  • ここでゆっくり泳ぐのもいいかもしれません。<br />まさしくリゾートホテルです。<br />(昼間もきれいですが夜もとてもロマンチックです)

    ここでゆっくり泳ぐのもいいかもしれません。
    まさしくリゾートホテルです。
    (昼間もきれいですが夜もとてもロマンチックです)

  • ここでゆっくり過ごすのも最高だと思います。

    イチオシ

    ここでゆっくり過ごすのも最高だと思います。

  • レストランでいただいたビュッフェスタイルの夕食です。<br />今日のメイン料理は、左上のステーキです。<br />このステーキは食べ放題ですので、石垣島のANAインターコンチネンタルホテルと大違いです。<br />料理の種類もとても多く、どれもおいしくいただきました。<br />このホテルは連泊しましたが、西表島のホテルと同様にメイン料理は日替わりになっていました。

    レストランでいただいたビュッフェスタイルの夕食です。
    今日のメイン料理は、左上のステーキです。
    このステーキは食べ放題ですので、石垣島のANAインターコンチネンタルホテルと大違いです。
    料理の種類もとても多く、どれもおいしくいただきました。
    このホテルは連泊しましたが、西表島のホテルと同様にメイン料理は日替わりになっていました。

  • 夕食後、再度ラグーンプールに出かけました。<br />陽も落ち、ライトアップされていい感じです。<br />ここでは無料でウエルカムドリンクがいただけるはずなのですが、場所がわからずいただけませんでした。

    夕食後、再度ラグーンプールに出かけました。
    陽も落ち、ライトアップされていい感じです。
    ここでは無料でウエルカムドリンクがいただけるはずなのですが、場所がわからずいただけませんでした。

  • ライとアップされたプールがこれです。<br />左上の星はひょっとすると金星かな?

    ライとアップされたプールがこれです。
    左上の星はひょっとすると金星かな?

  • その後シャトルバスに乗ってビーチに出かけます。<br />ビーチもライトアップされています。<br />昼間の雰囲気とだいぶ変わっています。

    その後シャトルバスに乗ってビーチに出かけます。
    ビーチもライトアップされています。
    昼間の雰囲気とだいぶ変わっています。

  • 若いカップルがブランコに乗って、とてもロマンチックです。<br />日暮れ直後だと手前のランタンがもっときれいに見えます。<br />この日もゆっくり・まったりの旅なのに走り回ったおかげで、いつもの泡盛を飲んで熟睡しました。

    若いカップルがブランコに乗って、とてもロマンチックです。
    日暮れ直後だと手前のランタンがもっときれいに見えます。
    この日もゆっくり・まったりの旅なのに走り回ったおかげで、いつもの泡盛を飲んで熟睡しました。

この旅行記のタグ

23いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

西表島の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集