西表島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
沖縄には何度も行きましたが、夏に行ったことがなかったので、梅雨明けした八重山に出かけてきました。<br /> 今回は、還暦と結婚35周年祝いということもあり、普段は利用しないリゾートホテルでタイトル通りまったりと過ごしてきました。<br /> 今回のスケジュールは、<br /> 6月25日(木):関空から那覇経由、石垣に行き、竹富島観光後石垣島のANAインターコンチネンタルホテルに宿泊<br /> 6月26日(金):レンタカーで石垣島観光後、西表島に行き星野リゾート西表島に宿泊<br /> 6月27日(土):西表島 マリュドゥ・カンピレー滝見学後午後からイダの浜で海水浴(星野リゾート連泊)<br /> 6月28日(日):西表島をレンタカーで観光(由布島など)後、小浜島へ移動し星野リゾート(リゾナーレ小浜島)宿泊<br /> 6月29日(月) :小浜島観光(リゾナーレ小浜島連泊)<br /> 6月30日(火):小浜島から石垣島に戻り、那覇空港経由関空に移動し、帰宅<br /> 今回は、旅行3日目の西表島観光を紹介します。<br />西表島は1回目のお米の稲刈りがもう終わっていました。<br /> 八重山は、例年より大幅に早く梅雨明けし、最低気温が30℃、最高気温が34℃と天気には恵まれましたが、暑さにはまいりました。<br />でも楽しい旅行になりました。

まったり・ゆったり八重山の旅(3日目)西表島

14いいね!

2015/06/25 - 2015/06/30

488位(同エリア1621件中)

旅好き長さん

旅好き長さんさん

沖縄には何度も行きましたが、夏に行ったことがなかったので、梅雨明けした八重山に出かけてきました。
今回は、還暦と結婚35周年祝いということもあり、普段は利用しないリゾートホテルでタイトル通りまったりと過ごしてきました。
今回のスケジュールは、
6月25日(木):関空から那覇経由、石垣に行き、竹富島観光後石垣島のANAインターコンチネンタルホテルに宿泊
6月26日(金):レンタカーで石垣島観光後、西表島に行き星野リゾート西表島に宿泊
6月27日(土):西表島 マリュドゥ・カンピレー滝見学後午後からイダの浜で海水浴(星野リゾート連泊)
6月28日(日):西表島をレンタカーで観光(由布島など)後、小浜島へ移動し星野リゾート(リゾナーレ小浜島)宿泊
6月29日(月) :小浜島観光(リゾナーレ小浜島連泊)
6月30日(火):小浜島から石垣島に戻り、那覇空港経由関空に移動し、帰宅
今回は、旅行3日目の西表島観光を紹介します。
西表島は1回目のお米の稲刈りがもう終わっていました。
八重山は、例年より大幅に早く梅雨明けし、最低気温が30℃、最高気温が34℃と天気には恵まれましたが、暑さにはまいりました。
でも楽しい旅行になりました。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.5
グルメ
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
15万円 - 20万円
交通手段
レンタカー JALグループ ジェットスター
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 旅行3日目(6月27日)<br />今日は、一日中西表島の観光予定。<br />午前中はマリユドゥ・カンビレー滝のツアーに参加し、午後からはイダの浜でシュノーケリングする予定。<br />その前に、この日も朝食前の散策。<br />ここはホテルのそばにあるキッチン イナバです。

    旅行3日目(6月27日)
    今日は、一日中西表島の観光予定。
    午前中はマリユドゥ・カンビレー滝のツアーに参加し、午後からはイダの浜でシュノーケリングする予定。
    その前に、この日も朝食前の散策。
    ここはホテルのそばにあるキッチン イナバです。

  • このキッチン イナバの名物は西表島産イノシシ汁です。<br />私はここでガザミパスタかガザミ汁をいただきたかったのですが、結局時間がなく、食べられませんでした。<br />次回は必ずいただきたいものです。

    このキッチン イナバの名物は西表島産イノシシ汁です。
    私はここでガザミパスタかガザミ汁をいただきたかったのですが、結局時間がなく、食べられませんでした。
    次回は必ずいただきたいものです。

  • パイナップルに似たアダンの実を発見。<br />食べられるそうですが、日本ではほとんど食べられません。<br />ただヤシガニの好物だそうです。

    パイナップルに似たアダンの実を発見。
    食べられるそうですが、日本ではほとんど食べられません。
    ただヤシガニの好物だそうです。

  • 月ケ浜に出てみました。<br />西表島の日の出は、6時です。<br />そのためまだうす暗い感じです。

    イチオシ

    月ケ浜に出てみました。
    西表島の日の出は、6時です。
    そのためまだうす暗い感じです。

  • 浜辺ではこのような浜昼顔のような花が咲いていました。

    浜辺ではこのような浜昼顔のような花が咲いていました。

  • ホテルに戻り朝食をとります。<br />朝食もビュッフェスタイルです。<br />ここの名物は、黒糖フレンチトーストでスタッフが一つづつ焼いてくれます。<br />これはもちろんいただきました。<br />沖縄のモズクは本当に美味しいです。<br />今朝も食べすぎです。

    ホテルに戻り朝食をとります。
    朝食もビュッフェスタイルです。
    ここの名物は、黒糖フレンチトーストでスタッフが一つづつ焼いてくれます。
    これはもちろんいただきました。
    沖縄のモズクは本当に美味しいです。
    今朝も食べすぎです。

  • 午前中は、浦内川観光のマリユドゥ・カンビレーの滝ツアーに参加。<br />このツアーには送迎がないため、浦内川の桟橋まではホテルから路線バスで向かいます。

    午前中は、浦内川観光のマリユドゥ・カンビレーの滝ツアーに参加。
    このツアーには送迎がないため、浦内川の桟橋まではホテルから路線バスで向かいます。

  • ここが浦内側観光の受付がある船着き場です。<br />ここからはいろいろなツアーが催されています。<br />私たちのツアーは、ここから船に乗って浦内川の上流にある軍艦岩に行き、そこから軽いトレッキングでマリユドゥとカンビレー滝を見るコースです。<br />往復3時間、料金は1800円です。

    ここが浦内側観光の受付がある船着き場です。
    ここからはいろいろなツアーが催されています。
    私たちのツアーは、ここから船に乗って浦内川の上流にある軍艦岩に行き、そこから軽いトレッキングでマリユドゥとカンビレー滝を見るコースです。
    往復3時間、料金は1800円です。

  • 船着き場には、この時期早朝に咲いているサガリバナの花びらが流れ着いていました。<br />このサガリバナの開花を見るツアーもあり、結構人気があるようです。<br />とても幻想的な風景だそうです。<br />ただ浦内川の浅瀬の支流に入っていくので、早朝が引き潮などの時期は中止されることもあるようですので事前に確認が必要です。(もちろん季節限定で予約制になっています。)

    船着き場には、この時期早朝に咲いているサガリバナの花びらが流れ着いていました。
    このサガリバナの開花を見るツアーもあり、結構人気があるようです。
    とても幻想的な風景だそうです。
    ただ浦内川の浅瀬の支流に入っていくので、早朝が引き潮などの時期は中止されることもあるようですので事前に確認が必要です。(もちろん季節限定で予約制になっています。)

  • また浦内川にはたくさんの魚がいます。<br />この汽水域には満潮時、海から2mを超える大型のサメやGT(ロウニンアジ)も入って来るそうです。

    また浦内川にはたくさんの魚がいます。
    この汽水域には満潮時、海から2mを超える大型のサメやGT(ロウニンアジ)も入って来るそうです。

  • そしていよいよツアーの出発です。<br />浦内側の両岸のヒルギを眺めながら川を上っていきます。<br />ちょうど引き潮の時期だったので水深はとても浅く、船の底を擦りそうになるので慎重に操船しています。

    そしていよいよツアーの出発です。
    浦内側の両岸のヒルギを眺めながら川を上っていきます。
    ちょうど引き潮の時期だったので水深はとても浅く、船の底を擦りそうになるので慎重に操船しています。

  • これはヒカゲヘゴで、恐竜がいた3億6千万年前から存在する日本最大のシダ植物です。<br />西表では、「ヤマダイコン」と呼ばれ食用になっているそうです。<br />このシダの陰から恐竜が出てきそうな感じです。

    これはヒカゲヘゴで、恐竜がいた3億6千万年前から存在する日本最大のシダ植物です。
    西表では、「ヤマダイコン」と呼ばれ食用になっているそうです。
    このシダの陰から恐竜が出てきそうな感じです。

  • このヤシの樹も恐竜時代からあるものだそうです。<br />なんとなくジェラシックパークのような感じです。

    このヤシの樹も恐竜時代からあるものだそうです。
    なんとなくジェラシックパークのような感じです。

  • 約30分くらいの遊覧後、軍艦岩に到着。<br />ここで船を降り、遊歩道をトレッキングしてカンビレーの滝を目指します。

    約30分くらいの遊覧後、軍艦岩に到着。
    ここで船を降り、遊歩道をトレッキングしてカンビレーの滝を目指します。

  • 遊歩道は整備されており、比較的なだらかな道です。<br />ただ雨上がりでは結構滑りやすいところもあるので、なるべく天気の良い時期がお勧めです。

    遊歩道は整備されており、比較的なだらかな道です。
    ただ雨上がりでは結構滑りやすいところもあるので、なるべく天気の良い時期がお勧めです。

  • このような道がズ〜と続きます。<br />周りの景色を見ながら行くと結構楽しいです。

    このような道がズ〜と続きます。
    周りの景色を見ながら行くと結構楽しいです。

  • 途中、間近にこのような巨大な板根を持つサキシマスオウノキを見ることもできます。

    途中、間近にこのような巨大な板根を持つサキシマスオウノキを見ることもできます。

  • 先ほどの軍艦岩から約20分(約1.5Km)でマリユドゥの滝の展望台に到着。<br />結構汗をかくので休憩にちょうど良い場所です。<br />

    先ほどの軍艦岩から約20分(約1.5Km)でマリユドゥの滝の展望台に到着。
    結構汗をかくので休憩にちょうど良い場所です。

  • これが展望台から見たマリユドゥの滝です。<br />ここは風が通り結構涼しく休憩に最適です。<br />少し休んでカンビレー滝を目指します。

    イチオシ

    これが展望台から見たマリユドゥの滝です。
    ここは風が通り結構涼しく休憩に最適です。
    少し休んでカンビレー滝を目指します。

  • 先ほどの展望台から15分かけてやっとカンビレー滝です。<br />途中、マリユドゥの滝に寄ろうと思ったのですが、通行止めになっていたので断念しました。

    先ほどの展望台から15分かけてやっとカンビレー滝です。
    途中、マリユドゥの滝に寄ろうと思ったのですが、通行止めになっていたので断念しました。

  • カンビレー滝のそばには、この写真のような円形状の穴のポットホールがあります。これは長い年月をかけて水流と小石によって岩が削られて穴ができたものです。<br />これは小さいですが、大きなものは人が何人も入れるようなものもあるそうです。

    カンビレー滝のそばには、この写真のような円形状の穴のポットホールがあります。これは長い年月をかけて水流と小石によって岩が削られて穴ができたものです。
    これは小さいですが、大きなものは人が何人も入れるようなものもあるそうです。

  • 帰りの船の時間があるので、急いで帰ります。<br />(事前に船長に申告していれば、次の遅い船に乗って帰ることもできます)<br />この木の根元には大きな穴が開いており、人が潜れます。

    帰りの船の時間があるので、急いで帰ります。
    (事前に船長に申告していれば、次の遅い船に乗って帰ることもできます)
    この木の根元には大きな穴が開いており、人が潜れます。

  • 帰る途中に小さなトカゲを発見。<br />残念ながらこのトレッキングで見つけた動物はこれだけでした。<br />ここには、日本最大のトカゲやカンムリワシ、セマルハコガメなど希少生物がいるのですが、それらは見ることができませんでした。

    帰る途中に小さなトカゲを発見。
    残念ながらこのトレッキングで見つけた動物はこれだけでした。
    ここには、日本最大のトカゲやカンムリワシ、セマルハコガメなど希少生物がいるのですが、それらは見ることができませんでした。

  • 船着き場のある軍艦岩のそばには、このような休憩所があり、ここで船が来るまで待ちます。

    船着き場のある軍艦岩のそばには、このような休憩所があり、ここで船が来るまで待ちます。

  • これが軍艦岩の船着き場です。<br />軍艦岩のいわれは、大きな軍艦は港沖に停泊し、人々は港と軍艦を小船で行き来することから、この岩を軍艦に見立てて名づけられたそうです。

    これが軍艦岩の船着き場です。
    軍艦岩のいわれは、大きな軍艦は港沖に停泊し、人々は港と軍艦を小船で行き来することから、この岩を軍艦に見立てて名づけられたそうです。

  • 出発点の船着き場に戻る途中、別のカヌーツアーに出会いました。<br />慣れるとカヌーも快適なようです。<br />でも結構しんどそうです。

    出発点の船着き場に戻る途中、別のカヌーツアーに出会いました。
    慣れるとカヌーも快適なようです。
    でも結構しんどそうです。

  • そしてこれが終点の船着き場です。<br />この浦内川は、主流長18Km、最大川幅200m、最大水深15mで、淡水魚と海水魚合わせて400種類以上の魚がいるそうです。

    そしてこれが終点の船着き場です。
    この浦内川は、主流長18Km、最大川幅200m、最大水深15mで、淡水魚と海水魚合わせて400種類以上の魚がいるそうです。

  • 浦内川からの帰りも路線バスを利用しホテルに13時過ぎに到着。<br />ホテル主催の奥西表にあるイダの浜ツアーは13時30分出発のため、大急ぎで着換え、その間このツアーに参加しないかみさんにレストランで昼食を頼んでもらい、それを食べてきりきりこのツアーに間に合うことができました。<br />本当は今朝ほど行ったキッチン イナバでガザミ料理を食べる予定だったのに本当に残念です。<br />この写真はこのツアーを申し込んだリゾナーレ西表島のアクティビティカウンターです。ここでレンタサイクルや各種ツアーを申し込むことができます。

    浦内川からの帰りも路線バスを利用しホテルに13時過ぎに到着。
    ホテル主催の奥西表にあるイダの浜ツアーは13時30分出発のため、大急ぎで着換え、その間このツアーに参加しないかみさんにレストランで昼食を頼んでもらい、それを食べてきりきりこのツアーに間に合うことができました。
    本当は今朝ほど行ったキッチン イナバでガザミ料理を食べる予定だったのに本当に残念です。
    この写真はこのツアーを申し込んだリゾナーレ西表島のアクティビティカウンターです。ここでレンタサイクルや各種ツアーを申し込むことができます。

  • ついでにこちらは、ホテルの売店でお土産や飲食物などが売られています。<br />値段は比較的リーズナブルです。

    ついでにこちらは、ホテルの売店でお土産や飲食物などが売られています。
    値段は比較的リーズナブルです。

  • ホテルから専用バスで西表島の外周道路の西の終点にある白浜港に到着。<br />ここから船に乗り換えてイダの浜を目指します。

    ホテルから専用バスで西表島の外周道路の西の終点にある白浜港に到着。
    ここから船に乗り換えてイダの浜を目指します。

  • 約20分くらい船に乗り、目的のイダの浜に到着。<br />白砂のとてもきれいなビーチです。

    約20分くらい船に乗り、目的のイダの浜に到着。
    白砂のとてもきれいなビーチです。

  • ここでレンタルグッズのライフジャケット、日陰用ポップアップテント、シュノーケル3点セット(マスク&シュノーケルとフィン)を受け取りシュノーケリングの開始。<br />ちなみに参加料は3300円ですのでお得です。<br />この日は子供連れの家族が結構参加していました。<br />(年配者は私だけだったので少し恥ずかしかったです)

    ここでレンタルグッズのライフジャケット、日陰用ポップアップテント、シュノーケル3点セット(マスク&シュノーケルとフィン)を受け取りシュノーケリングの開始。
    ちなみに参加料は3300円ですのでお得です。
    この日は子供連れの家族が結構参加していました。
    (年配者は私だけだったので少し恥ずかしかったです)

  • ここでは泳ぎに飽きた子供用にこのようなブランコもあり、トイレやシャワー・更衣室もあります。

    ここでは泳ぎに飽きた子供用にこのようなブランコもあり、トイレやシャワー・更衣室もあります。

  • 海の中はこんな感じです。<br />カメラの調子が悪くきれいに写っていませんが、いろいろなサンゴや魚が泳いでいます。

    海の中はこんな感じです。
    カメラの調子が悪くきれいに写っていませんが、いろいろなサンゴや魚が泳いでいます。

  • ライフジャケットをつけて泳いでいますので結構楽ちんです。

    ライフジャケットをつけて泳いでいますので結構楽ちんです。

  • このようなサンゴもありました。<br />水深も浅く安心して泳げます。<br />ここでは、約2時間過ごすことができました。<br />ただ午前中トレッキングしたので足が筋肉痛です。

    このようなサンゴもありました。
    水深も浅く安心して泳げます。
    ここでは、約2時間過ごすことができました。
    ただ午前中トレッキングしたので足が筋肉痛です。

  • その後ホテルに戻り夕食をいただきました。<br />夕食のビュッフェメニューは前日とメイン料理が変わっており、飽きませんでした。<br />この日いただいたメイン料理は、イカスミジューシー、ガザミロイヤル、琉球豚などなどです。<br />どれもおなかいっぱいいただきました。

    その後ホテルに戻り夕食をいただきました。
    夕食のビュッフェメニューは前日とメイン料理が変わっており、飽きませんでした。
    この日いただいたメイン料理は、イカスミジューシー、ガザミロイヤル、琉球豚などなどです。
    どれもおなかいっぱいいただきました。

  • 夕食後、再度月ケ浜の夕陽を見に出かけました。<br />それがこの写真で、この日も水平線上に雲が出てきれいな夕陽を見ることができませんでした。

    イチオシ

    夕食後、再度月ケ浜の夕陽を見に出かけました。
    それがこの写真で、この日も水平線上に雲が出てきれいな夕陽を見ることができませんでした。

  • きれいな夕陽は見れませんでしたが、今日はきれいなイダの浜で泳げたので大満足です。きれいな夕陽は次回にオアズケとします。<br />明日はこのホテルをチェックアウトし、小浜島に渡る予定です。<br />明日も天気がよさそうなので楽しみです。<br />この日もおいしい泡盛を飲んでやすみました。

    きれいな夕陽は見れませんでしたが、今日はきれいなイダの浜で泳げたので大満足です。きれいな夕陽は次回にオアズケとします。
    明日はこのホテルをチェックアウトし、小浜島に渡る予定です。
    明日も天気がよさそうなので楽しみです。
    この日もおいしい泡盛を飲んでやすみました。

この旅行記のタグ

14いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

西表島の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集