シェムリアップ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
雨期が、まもなく終わる時期、4連休が取れたので、アンコールワットに行った。<br /><br />行程は、1日目 未明に日本を出発し、朝 ホーチミン(サイゴン)で乗り換えて、シェムリアップへ<br />        ガイドさんをお願いしていたので、空港で待ち合わせて、荷物を車に入れたまま、<br />        アンコール・ワット、アンコール・トム、バイヨン寺院<br />    2日目 アンコールワットの夜明け、地雷博物館、プノンクーレン、ベンメリア<br />    3日目 プリアヴィヒア遺跡 (ガイドさんはここまで)<br />    4日目 朝から ホーチミン経由で東京へ帰る。 夜 羽田着<br /><br />このような、行程にした理由<br />ツアーの多くは、3日目が夜行で、朝 東京に帰ってくるパターンが多いが、それだと、3日目の行動が半日しかとれないので、4日目まるまるかけて、日本に帰ってくるパターンのツアーを探した。<br />また、団体ツアーだと、初日は、ホテルにチェックインした後、アンコール・ワット、アンコール・トムを見に行くようになっているが、時間が足りないため、充分に見ることができない。<br />現地は、物価が安いため、3日間ガイド+車で、460ドル(現地はアメリカドルが流通)で、雇えるので、効率的に回るにはガイドさんをお願いした方がいい。 変なオプションやおみやげの押し売りもない。<br /><br />少し前にも、ニュージーランド人の女性が、遺跡を破壊する事件が起きましたが、それ以外にも、気候・自然要因よる破損などが続いています。アンコール・ワットに行くなら早めがいい。<br /><br />googleで 『アンコールワット ガイド』で、検索すると、何人か日本語のできるガイドさんがヒットする。<br />今回は、ワン タック(Van Tak)さんにお願いした。  http://vantak.web.fc2.com/<br />日本から、何度かメールのやりとりをして、行きたい場所を伝えて、行程はタックさんにお任せした。<br />2日目は、タックさんの都合で、同じ会社のブンキンさんとなった。<br /><br />4travelにも、以前、タックさんにお願いされた方の、旅行記が載っている。 http://4travel.jp/overseas/area/asia/cambodia/angkor_wat/tips/10430845/

ガイドのタックさん・ブンキンさんと回った アンコール・ワット。 アンコールワットでは、個人でガイドを雇うべし! プレアヴィヒアは必ず行くべし!

14いいね!

2014/10/18 - 2014/10/21

1734位(同エリア7292件中)

    34

    雨期が、まもなく終わる時期、4連休が取れたので、アンコールワットに行った。

    行程は、1日目 未明に日本を出発し、朝 ホーチミン(サイゴン)で乗り換えて、シェムリアップへ
            ガイドさんをお願いしていたので、空港で待ち合わせて、荷物を車に入れたまま、
            アンコール・ワット、アンコール・トム、バイヨン寺院
        2日目 アンコールワットの夜明け、地雷博物館、プノンクーレン、ベンメリア
        3日目 プリアヴィヒア遺跡 (ガイドさんはここまで)
        4日目 朝から ホーチミン経由で東京へ帰る。 夜 羽田着

    このような、行程にした理由
    ツアーの多くは、3日目が夜行で、朝 東京に帰ってくるパターンが多いが、それだと、3日目の行動が半日しかとれないので、4日目まるまるかけて、日本に帰ってくるパターンのツアーを探した。
    また、団体ツアーだと、初日は、ホテルにチェックインした後、アンコール・ワット、アンコール・トムを見に行くようになっているが、時間が足りないため、充分に見ることができない。
    現地は、物価が安いため、3日間ガイド+車で、460ドル(現地はアメリカドルが流通)で、雇えるので、効率的に回るにはガイドさんをお願いした方がいい。 変なオプションやおみやげの押し売りもない。

    少し前にも、ニュージーランド人の女性が、遺跡を破壊する事件が起きましたが、それ以外にも、気候・自然要因よる破損などが続いています。アンコール・ワットに行くなら早めがいい。

    googleで 『アンコールワット ガイド』で、検索すると、何人か日本語のできるガイドさんがヒットする。
    今回は、ワン タック(Van Tak)さんにお願いした。  http://vantak.web.fc2.com/
    日本から、何度かメールのやりとりをして、行きたい場所を伝えて、行程はタックさんにお任せした。
    2日目は、タックさんの都合で、同じ会社のブンキンさんとなった。

    4travelにも、以前、タックさんにお願いされた方の、旅行記が載っている。 http://4travel.jp/overseas/area/asia/cambodia/angkor_wat/tips/10430845/

    同行者
    カップル・夫婦
    一人あたり費用
    10万円 - 15万円
    交通手段
    自転車
    航空会社
    JAL
    利用旅行会社
    ツアー(添乗員同行なし)
    旅行の満足度
    5.0
    観光
    4.5
    ホテル
    5.0

    PR

    • 朝6時、JALのJL079便で、ホーチミン・タンソンニャット国際空港に到着し、乗り換え。<br />乗り継ぎ時間が2時間あるので、ホーチミン(サイゴン)空港での朝食。出発ロビーのillyで朝ご飯。<br />それ以外にも、バーガーキングやフォー、お寿司などのお店が、朝早くから開いている。<br />

      朝6時、JALのJL079便で、ホーチミン・タンソンニャット国際空港に到着し、乗り換え。
      乗り継ぎ時間が2時間あるので、ホーチミン(サイゴン)空港での朝食。出発ロビーのillyで朝ご飯。
      それ以外にも、バーガーキングやフォー、お寿司などのお店が、朝早くから開いている。

      タンソンニャット国際空港 (SGN) 空港

    • カンボジア・アンコール航空のK6809で、シェムリアップを目指す。<br />機体はATR72。 機体後ろの扉についている、タラップで乗り降りする。<br />機内誌によると、近日、日本に就航とのこと。期待したい。<br />この旅行の日の段階では、シェムリアップへの直行便はなく、ホーチミン、ハノイ、バンコク、上海、香港、ソウルなどで、乗り換えとなる。

      カンボジア・アンコール航空のK6809で、シェムリアップを目指す。
      機体はATR72。 機体後ろの扉についている、タラップで乗り降りする。
      機内誌によると、近日、日本に就航とのこと。期待したい。
      この旅行の日の段階では、シェムリアップへの直行便はなく、ホーチミン、ハノイ、バンコク、上海、香港、ソウルなどで、乗り換えとなる。

      タンソンニャット国際空港 (SGN) 空港

    • SIMフリーのスマートホンを持って行ったので、空港でプリペイドSIMをゲット。$5のSIMで、3.5GB分のデータ通信と$2分の通話料がついている。スマートホンを英語モードにしておけば、設定までやってくれる。<br />空港内の一角に、数社の窓口がある。<br />選んだのは、『SMART』という会社のSIM 町中では、いちばん販売店が多い。<br />ガイドさんの話だと、電波がいちばんいいのは、『Mobitel』とのこと、こちらは、町中で販売店は見つからなかった。 次は、『Metfone』。Metfoneは、町中でもお店を見つけられた。<br /><br />SMARTの電波は、圏外にはならなかったが、田舎に行くと、GSM(2G)の通信となるので、すごく遅い。 Mobitelの方が、田舎でも電波の質はよさそう。

      SIMフリーのスマートホンを持って行ったので、空港でプリペイドSIMをゲット。$5のSIMで、3.5GB分のデータ通信と$2分の通話料がついている。スマートホンを英語モードにしておけば、設定までやってくれる。
      空港内の一角に、数社の窓口がある。
      選んだのは、『SMART』という会社のSIM 町中では、いちばん販売店が多い。
      ガイドさんの話だと、電波がいちばんいいのは、『Mobitel』とのこと、こちらは、町中で販売店は見つからなかった。 次は、『Metfone』。Metfoneは、町中でもお店を見つけられた。

      SMARTの電波は、圏外にはならなかったが、田舎に行くと、GSM(2G)の通信となるので、すごく遅い。 Mobitelの方が、田舎でも電波の質はよさそう。

      シェムリアップ国際空港 (REP) 空港

    • チェックポイントで、入場券$20を買って、アンコール・トムへ<br />5つある門のうち、南門から入る。<br />アンコールトムの敷地は、3km四方 すごく広い。<br />中にバイヨン寺院がある。

      チェックポイントで、入場券$20を買って、アンコール・トムへ
      5つある門のうち、南門から入る。
      アンコールトムの敷地は、3km四方 すごく広い。
      中にバイヨン寺院がある。

      アンコール トム 南大門 史跡・遺跡

    • 石を積み上げるメカニズムがわかる。<br />テコの力を使って、適切な位置に積んで行ったそうだ。<br />昔の人は大変。

      石を積み上げるメカニズムがわかる。
      テコの力を使って、適切な位置に積んで行ったそうだ。
      昔の人は大変。

      アンコールトム 建造物

    • 50以上の顔があるそうだ。<br /><br />

      50以上の顔があるそうだ。

      バイヨン 史跡・遺跡

    • 顔ばっかり注目するけど、その下の細かい彫刻も必見。

      顔ばっかり注目するけど、その下の細かい彫刻も必見。

      バイヨン 史跡・遺跡

    • 象のテラスと呼ばれる場所。<br />¥<br />ここで、待ってたら、タックさんが車を持ってきてくれた。<br />

      象のテラスと呼ばれる場所。

      ここで、待ってたら、タックさんが車を持ってきてくれた。

      象のテラス 史跡・遺跡

    • タ・プローム寺院<br />王様がお母さんのために作ったもの。<br />ガジュマルの木の根っこが、スゴいことになってる。ここだけじゃなくて、何カ所も。

      タ・プローム寺院
      王様がお母さんのために作ったもの。
      ガジュマルの木の根っこが、スゴいことになってる。ここだけじゃなくて、何カ所も。

      タ プローム 寺院・教会

    • 2カ所回って、お昼も大きく過ぎたので、タックさんが連れて行ってくれた、レストランへ。<br />カレーとチャーハン、ビール2本、パイナップルジュース、マンゴーを頼んで、$25高かった。<br />ビールは、カンボジアンビールと、アンコールビールを飲み比べ。<br />どちらも、アジアの暑いエリアに多い、甘いビールだが、カンボジアンビールの方が、甘さが少なく、自分の口に合った。

      2カ所回って、お昼も大きく過ぎたので、タックさんが連れて行ってくれた、レストランへ。
      カレーとチャーハン、ビール2本、パイナップルジュース、マンゴーを頼んで、$25高かった。
      ビールは、カンボジアンビールと、アンコールビールを飲み比べ。
      どちらも、アジアの暑いエリアに多い、甘いビールだが、カンボジアンビールの方が、甘さが少なく、自分の口に合った。

    • 続いて、アンコール・ワット。<br />アンコールトムより、面積は狭い。<br />中の池に映る、アンコールワット。

      続いて、アンコール・ワット。
      アンコールトムより、面積は狭い。
      中の池に映る、アンコールワット。

      アンコールワット 史跡・遺跡

    • 上まで登ると、こんな感じ。<br />急な階段を上るので、かなり疲れた。

      上まで登ると、こんな感じ。
      急な階段を上るので、かなり疲れた。

      アンコールワット 史跡・遺跡

    • 宿泊は、『パシフィック ホテル &amp; スパ』<br />シェムリアップ空港から近いが、市街地には4キロくらいある。<br />日本語もある程度、いけるホテル。 タックさんが、チェックインの手続きまでやってくれた。<br /><br />面倒なので、3日とも、ホテル内で、夕食を取った。<br /><br />しかし、このホテルの日替わりディナーが秀逸。<br />1ドリンク(ビールもOK)付きで、$8.5。 おかわりのビールが、$3なので、2人で行って、ビール1杯お代わりで、ちょうど$20。<br />20ドルとは思えないほど、ボリュームのあるコース料理だった。<br />初日に、シンガポールのタイガービールが出てきたので、「違う種類のビールはないの?」と、聞いたら、アンコールビールが出てきた。 カンボジアンビールは扱っていない。<br />会計の時に、「明日も、同じ料理なの?」と質問したら、「明日は魚料理」と言われた。<br />そんな、質問をしてたら、「うるさい日本人」だと、ウェイターが覚えてくれた。<br /><br />別に、値段が、すばらしいのではなくて、料理もすばらしい。<br />コストパフォーマンスまで含めたら、5つ★。

      宿泊は、『パシフィック ホテル & スパ』
      シェムリアップ空港から近いが、市街地には4キロくらいある。
      日本語もある程度、いけるホテル。 タックさんが、チェックインの手続きまでやってくれた。

      面倒なので、3日とも、ホテル内で、夕食を取った。

      しかし、このホテルの日替わりディナーが秀逸。
      1ドリンク(ビールもOK)付きで、$8.5。 おかわりのビールが、$3なので、2人で行って、ビール1杯お代わりで、ちょうど$20。
      20ドルとは思えないほど、ボリュームのあるコース料理だった。
      初日に、シンガポールのタイガービールが出てきたので、「違う種類のビールはないの?」と、聞いたら、アンコールビールが出てきた。 カンボジアンビールは扱っていない。
      会計の時に、「明日も、同じ料理なの?」と質問したら、「明日は魚料理」と言われた。
      そんな、質問をしてたら、「うるさい日本人」だと、ウェイターが覚えてくれた。

      別に、値段が、すばらしいのではなくて、料理もすばらしい。
      コストパフォーマンスまで含めたら、5つ★。

      パシフィック ホテル ホテル

      空港に近く、街には遠い。 でも、快適な宿。  隣にはコンビニあり!by love-snow.jpさん
    • 2日目は、5時にロビーで待ち合わせて、アンコールワットの朝焼けを見に行く。(写真は、5時27分)<br />今日のガイドはブンキンさん。 前の日のタックさんから、名前がうまく伝わってなかった。<br />でも、ガイドさんの名前を聞いておいたので、ロビーで落ち合うことができた。<br />違う人の名前が書いた紙を持っていて、びっくり!

      2日目は、5時にロビーで待ち合わせて、アンコールワットの朝焼けを見に行く。(写真は、5時27分)
      今日のガイドはブンキンさん。 前の日のタックさんから、名前がうまく伝わってなかった。
      でも、ガイドさんの名前を聞いておいたので、ロビーで落ち合うことができた。
      違う人の名前が書いた紙を持っていて、びっくり!

      アンコールワット 史跡・遺跡

    • 5時51分 明るくなってきた。<br />このあと、ホテルに戻って食事。

      5時51分 明るくなってきた。
      このあと、ホテルに戻って食事。

      アンコールワット 史跡・遺跡

    • いったん、ホテルに戻って、朝食後待ち合わせる。<br />今日の目的地は、地雷博物館とプノンクーレンとベンメリア。<br /><br />「朝食で食べた、ドラゴンフルーツが美味しかった。」という話をしたら、ドラゴンフルーツの前で車を止めてくれた。<br />サボテン科の植物らしい。

      いったん、ホテルに戻って、朝食後待ち合わせる。
      今日の目的地は、地雷博物館とプノンクーレンとベンメリア。

      「朝食で食べた、ドラゴンフルーツが美味しかった。」という話をしたら、ドラゴンフルーツの前で車を止めてくれた。
      サボテン科の植物らしい。

    • 地雷博物館(通り道)を1時間弱見て、プノンクーレン。<br />途中に悪路があるので、バスでは行けない場所。<br />途中に川があって、増水してないときは、水浴びにいい場所らしい。<br />

      地雷博物館(通り道)を1時間弱見て、プノンクーレン。
      途中に悪路があるので、バスでは行けない場所。
      途中に川があって、増水してないときは、水浴びにいい場所らしい。

    • 少し歩いて、昼食。<br />昨日に続いてチャーハン。 宗教的な問題なのか、わからないが、どちらの店も、肉の種類が選べた。<br />昨日は牛にしたので、今日は豚。<br />ビールはもちろん、カンボジアンビール。<br /><br />プノンクーレンでは、少し歩いて、川がきれいな場所とかに行く。<br />車は、運転手さんが、別の駐車場まで回しておいてくれた。

      少し歩いて、昼食。
      昨日に続いてチャーハン。 宗教的な問題なのか、わからないが、どちらの店も、肉の種類が選べた。
      昨日は牛にしたので、今日は豚。
      ビールはもちろん、カンボジアンビール。

      プノンクーレンでは、少し歩いて、川がきれいな場所とかに行く。
      車は、運転手さんが、別の駐車場まで回しておいてくれた。

    • 悪路を戻り、1時間半走って、ベンメリア。<br />プノンクーレンへは、バスが入れないため、観光バスでベンメリアに行く場合は、バンテアイ・スレイと組み合わされる。<br /><br /><br />天空の城ラピュタのイメージとなった場所。<br />すごく幻想的。

      悪路を戻り、1時間半走って、ベンメリア。
      プノンクーレンへは、バスが入れないため、観光バスでベンメリアに行く場合は、バンテアイ・スレイと組み合わされる。


      天空の城ラピュタのイメージとなった場所。
      すごく幻想的。

      ベンメリア 森林・ジャングル

    • この日のガイドのブンキンさん。<br />歴史にすごく詳しい。 教員の免許をもっているそうだ。<br />会社のホームページによると、下ネタも冴えるらしい。

      この日のガイドのブンキンさん。
      歴史にすごく詳しい。 教員の免許をもっているそうだ。
      会社のホームページによると、下ネタも冴えるらしい。

      ベンメリア 森林・ジャングル

    1件目~20件目を表示(全34件中)

    この旅行記のタグ

      14いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      ピックアップ特集

      カンボジアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

      フォートラベル GLOBAL WiFiなら
      カンボジア最安 290円/日~

      • 空港で受取・返却可能
      • お得なポイントがたまる

      カンボジアの料金プランを見る

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      シェムリアップ(カンボジア) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集