東山・祇園・北白川旅行記(ブログ) 一覧に戻る
京都の街に雪が積もった!<br />年に数回しかないこの好機を逃さずに行ってきました。<br /><br />訪れたのは東山エリアです。<br />清水寺→産寧坂→八坂の塔→安井金毘羅宮→八坂神社→円山公園→知恩院→祇園白川と歩いてきました。<br /><br />

京都を歩く(186) 雪の京都へ 東山雪景色

93いいね!

2014/01/19 - 2014/01/19

176位(同エリア5314件中)

8

90

京都の街に雪が積もった!
年に数回しかないこの好機を逃さずに行ってきました。

訪れたのは東山エリアです。
清水寺→産寧坂→八坂の塔→安井金毘羅宮→八坂神社→円山公園→知恩院→祇園白川と歩いてきました。

PR

  • 天気予報が当たり,京都中心部にも雪が積もりました。<br />雪が降れば行きたいと思っている場所はいくつもあるのですが,この日は10時に中書島へと行く予定があったので,京阪沿線から離れられず。<br />ベタですけど東山界隈を彷徨うことにしました。<br /><br />雪の降る中,まずは清水寺へ。<br />五条坂には1cmほど雪が積もっていました。<br />もっと気温が低かったら凍結していたでしょうね。<br />そうなっていたら,とても坂道は登れなかったでしょう。<br />

    天気予報が当たり,京都中心部にも雪が積もりました。
    雪が降れば行きたいと思っている場所はいくつもあるのですが,この日は10時に中書島へと行く予定があったので,京阪沿線から離れられず。
    ベタですけど東山界隈を彷徨うことにしました。

    雪の降る中,まずは清水寺へ。
    五条坂には1cmほど雪が積もっていました。
    もっと気温が低かったら凍結していたでしょうね。
    そうなっていたら,とても坂道は登れなかったでしょう。

    清水寺 寺・神社

  • 清水寺についたのは6時30分。<br />清水寺は6時から開いていますけど,この暗さでは写真の撮りようもない。<br />暗闇で頑張っても仕方ないので,そそくさと本堂(舞台)へと向かいました。

    清水寺についたのは6時30分。
    清水寺は6時から開いていますけど,この暗さでは写真の撮りようもない。
    暗闇で頑張っても仕方ないので,そそくさと本堂(舞台)へと向かいました。

    清水寺 寺・神社

  • 清水の舞台は雪で真っ白に。<br />誰もいない舞台,いい感じですね。<br />

    清水の舞台は雪で真っ白に。
    誰もいない舞台,いい感じですね。

  • 誰もいないというのは理由があるのです。<br />雪が降ると舞台は立入禁止となります。<br />だから足跡一つ無かったのです。<br />

    誰もいないというのは理由があるのです。
    雪が降ると舞台は立入禁止となります。
    だから足跡一つ無かったのです。

  • 本堂の眼下に広がるのは錦雲渓と呼ばれる渓谷です。<br />渓谷を隔てた丘の上に子安の塔が見えます。<br />

    本堂の眼下に広がるのは錦雲渓と呼ばれる渓谷です。
    渓谷を隔てた丘の上に子安の塔が見えます。

  • 暗い中あーだこーだと頑張りましたが,結局は明るくなってからの写真を採用することに。<br /><br />まずは音羽の滝。<br />さすがに凍りついてはいませんでした。<br />

    暗い中あーだこーだと頑張りましたが,結局は明るくなってからの写真を採用することに。

    まずは音羽の滝。
    さすがに凍りついてはいませんでした。

  • ロープが張られた舞台。<br />

    ロープが張られた舞台。

  • 凍結注意の札。<br />冒頭でも書きましたが,凍結してたら坂道の多い清水寺なんて来れません。<br />アイゼン付けて来るわけにもいかないし。<br />

    凍結注意の札。
    冒頭でも書きましたが,凍結してたら坂道の多い清水寺なんて来れません。
    アイゼン付けて来るわけにもいかないし。

  • 舞台の向こう側,紅一点の子安の塔。

    舞台の向こう側,紅一点の子安の塔。

  • 錦雲渓全景。<br />実は去年の台風の被害で所々崖崩れを起こしており,そこにはブルーシートが敷かれています。<br />ただ,幸いなことにシートの上にも雪が積もっているので,違和感のない景色となりました。<br />

    錦雲渓全景。
    実は去年の台風の被害で所々崖崩れを起こしており,そこにはブルーシートが敷かれています。
    ただ,幸いなことにシートの上にも雪が積もっているので,違和感のない景色となりました。

  • 子安の塔周辺をアップで。<br />子安の塔の下にシートが敷かれているのですが,わかりますか?

    子安の塔周辺をアップで。
    子安の塔の下にシートが敷かれているのですが,わかりますか?

  • 雪で霞む京都タワー。<br />

    雪で霞む京都タワー。

  • 本堂を通り抜けて地主神社へ。<br />

    本堂を通り抜けて地主神社へ。

  • 大国主命&amp;ウサギの銅像は雪を被っていました。<br />

    大国主命&ウサギの銅像は雪を被っていました。

  • 恋占いの石も雪化粧。<br />滅多に見ることのない光景です。<br />

    イチオシ

    恋占いの石も雪化粧。
    滅多に見ることのない光景です。

  • 地主神社前に咲いていた山茶花。<br />モノクロームの世界の中では,この鮮やかさについ目が行ってしまいます。<br />

    イチオシ

    地主神社前に咲いていた山茶花。
    モノクロームの世界の中では,この鮮やかさについ目が行ってしまいます。

  • 音羽の滝へと続く階段。<br />木々に雪が積もり,あたかも樹氷のようでした。<br />

    音羽の滝へと続く階段。
    木々に雪が積もり,あたかも樹氷のようでした。

  • ここで雪が強くなります。<br />普通に撮っても,写真に写るぐらい。<br />

    ここで雪が強くなります。
    普通に撮っても,写真に写るぐらい。

  • 雪よけのため,修復中の奥の院前へと避難〜

    雪よけのため,修復中の奥の院前へと避難〜

  • お〜吹雪いてる〜<br />何とか撮っているものの,正直写真どころではありません。<br />

    お〜吹雪いてる〜
    何とか撮っているものの,正直写真どころではありません。

  • あっという間に真っ白。<br />先ほどまでは市街地が見えていたんですけどね。<br />

    あっという間に真っ白。
    先ほどまでは市街地が見えていたんですけどね。

  • で,3分後。<br />青空が見えるような勢いで雪雲が去っていきました。<br />この天気の変わり具合は凄かったです。<br />

    で,3分後。
    青空が見えるような勢いで雪雲が去っていきました。
    この天気の変わり具合は凄かったです。

  • 奥の院前から見たモノクロの錦雲渓。<br /><br />清水寺はただいま絶賛工事中ということで,景観としてはあまり良くないと思っていました。<br />ただ,眼下に広がる景色を見ると,早起きして来て良かったと思えましたね。<br />

    奥の院前から見たモノクロの錦雲渓。

    清水寺はただいま絶賛工事中ということで,景観としてはあまり良くないと思っていました。
    ただ,眼下に広がる景色を見ると,早起きして来て良かったと思えましたね。

    清水寺 寺・神社

  • では,帰り道を進んでいきましょう。<br /><br />参道に残る足跡をパチリ。<br />

    では,帰り道を進んでいきましょう。

    参道に残る足跡をパチリ。

  • 子安の塔へと寄ってみました。<br />雪をバックに朱色が映えますね。<br /><br /><br />

    子安の塔へと寄ってみました。
    雪をバックに朱色が映えますね。


  • 子安の塔から見た清水の舞台。<br />崖崩れのため一部エリアが立入禁止となっています。<br />なので,木々の間から見えるところを探して撮影しました。<br />

    子安の塔から見た清水の舞台。
    崖崩れのため一部エリアが立入禁止となっています。
    なので,木々の間から見えるところを探して撮影しました。

  • 雪帽子を被った石仏。<br />

    雪帽子を被った石仏。

  • 雪のwinding road<br />足跡の付いていない雪道を歩くのは嬉しい反面,少し気が引けます…

    雪のwinding road
    足跡の付いていない雪道を歩くのは嬉しい反面,少し気が引けます…

  • こんなところに何故かバイクが。<br />

    こんなところに何故かバイクが。

  • 音羽の滝までやってきました。<br />雪景色であることを除けば,いつもと同じ。<br />

    音羽の滝までやってきました。
    雪景色であることを除けば,いつもと同じ。

  • 地主神社へと続く階段。<br />

    地主神社へと続く階段。

  • 舞台を下から見上げて。<br />

    舞台を下から見上げて。

  • 阿弖流為(アテルイ)と母禮(モレ)の碑。

    阿弖流為(アテルイ)と母禮(モレ)の碑。

  • 三重塔の下にある階段。<br />延命坂というんですね。<br />

    三重塔の下にある階段。
    延命坂というんですね。

  • 三重塔と延命坂。<br />

    三重塔と延命坂。

  • 京都タワーと西山。<br />写真では上手く表現できていませんが,朝日を浴びて少し赤くなっています。<br />

    京都タワーと西山。
    写真では上手く表現できていませんが,朝日を浴びて少し赤くなっています。

  • 仁王門前へと戻ってきました。<br />空はすっかり明るくなりましたね。<br />

    イチオシ

    仁王門前へと戻ってきました。
    空はすっかり明るくなりましたね。

  • 清水寺の狛犬は阿吽(あうん)ではなく阿阿です。<br />要するに二匹とも口を開けて吠えています。<br /><br />

    清水寺の狛犬は阿吽(あうん)ではなく阿阿です。
    要するに二匹とも口を開けて吠えています。

    清水寺 寺・神社

  • 清水坂から産寧坂へ。<br />少し青空も見えてきました。<br />

    清水坂から産寧坂へ。
    少し青空も見えてきました。

    三年坂 (産寧坂) 名所・史跡

  • 二枚の写真は枝垂れ桜を撮ったもの。<br />ホワイトバランスが違っていて,上が「晴天」下が「オート」です。<br />雪景色のときはどちらがいいのか,いつも悩んでしまいます。<br />

    二枚の写真は枝垂れ桜を撮ったもの。
    ホワイトバランスが違っていて,上が「晴天」下が「オート」です。
    雪景色のときはどちらがいいのか,いつも悩んでしまいます。

  • 霊山本廟(霊山興正寺別院)の参道。

    霊山本廟(霊山興正寺別院)の参道。

  • さらに坂道を下っていくと,八坂の塔が見えてきました。<br />定番のアングルですけど,雪の八坂の塔をいただきました。<br />

    イチオシ

    さらに坂道を下っていくと,八坂の塔が見えてきました。
    定番のアングルですけど,雪の八坂の塔をいただきました。

  • このアングルで見上げると,綺麗な青空がバックに入りました。<br />

    このアングルで見上げると,綺麗な青空がバックに入りました。

  • 八坂の塔から東大路通へと下っていく途中で,芸妓さん(舞妓さん?)を見かけました。<br />「なんちゃって」も多い場所ですけど,こんな朝早くからはいないでしょう。<br />タクシーに乗ってどこかへ去っていきました。<br />

    八坂の塔から東大路通へと下っていく途中で,芸妓さん(舞妓さん?)を見かけました。
    「なんちゃって」も多い場所ですけど,こんな朝早くからはいないでしょう。
    タクシーに乗ってどこかへ去っていきました。

  • 続いて訪れたのは安井金毘羅宮。<br />縁切りで有名な神社です。<br />

    続いて訪れたのは安井金毘羅宮。
    縁切りで有名な神社です。

  • 安井金毘羅宮といえば,縁切り縁結び碑ですね。<br />この巨石,絵馬の形だそうです。<br />

    安井金毘羅宮といえば,縁切り縁結び碑ですね。
    この巨石,絵馬の形だそうです。

  • ここにも雪が積もっていました。<br />いつもお札で白い姿なので,遠目から見ると普段と変わらないかも。<br />

    ここにも雪が積もっていました。
    いつもお札で白い姿なので,遠目から見ると普段と変わらないかも。

  • 雪の日だけ見ることができる,珍しい(?)光景でした。<br />

    雪の日だけ見ることができる,珍しい(?)光景でした。

  • 八坂神社に到着。<br />四条通側の西楼門から訪れる人が多いですけど,石鳥居のある南側が正門にあたります。<br /><br /><br /><br />

    八坂神社に到着。
    四条通側の西楼門から訪れる人が多いですけど,石鳥居のある南側が正門にあたります。



  • 鳥居脇にあった南天。

    鳥居脇にあった南天。

  • 南楼門を通っていきます。

    南楼門を通っていきます。

  • 手前の舞殿,奥の本殿ともに屋根にはまだ雪が残っていました。<br />

    手前の舞殿,奥の本殿ともに屋根にはまだ雪が残っていました。

  • ただ,足元の雪は雪かきされて大部分が無くなっていました。<br />解けてしまうと,足元がグチャグチャになりますからね。

    ただ,足元の雪は雪かきされて大部分が無くなっていました。
    解けてしまうと,足元がグチャグチャになりますからね。

  • 南楼門を内側から眺めています。<br />

    南楼門を内側から眺めています。

  • 高島屋だらけの提灯。

    高島屋だらけの提灯。

  • 広い境内なので,雪かきも大変です。<br />

    広い境内なので,雪かきも大変です。

  • 北向蛭子神社(蛭子社)前のえべっさん。

    イチオシ

    北向蛭子神社(蛭子社)前のえべっさん。

  • 北向蛭子神社の近くにあった小さな長刀鉾の石像。<br />こんなのあったんですね。知らなかった。<br />

    北向蛭子神社の近くにあった小さな長刀鉾の石像。
    こんなのあったんですね。知らなかった。

  • 雪の中のピンク。

    雪の中のピンク。

  • 並べられたおみくじ。<br />雪が降っても,着々と準備が進められていました。<br />

    並べられたおみくじ。
    雪が降っても,着々と準備が進められていました。

  • さすがに舞殿の中まで雪が積もることは無かったです。<br />

    さすがに舞殿の中まで雪が積もることは無かったです。

  • 雪帽子を被った稲荷社のキツネさんたち。

    雪帽子を被った稲荷社のキツネさんたち。

  • ちなみにお馴染みの西楼門はこんな感じ。<br />このとき8時20分。<br />日曜日の朝でしたけど,意外と人はいませんでした。<br /><br />

    ちなみにお馴染みの西楼門はこんな感じ。
    このとき8時20分。
    日曜日の朝でしたけど,意外と人はいませんでした。

  • 続いて円山公園へと向かいました。<br />

    続いて円山公園へと向かいました。

    円山公園 公園・植物園

  • 円山公園といえば,祇園枝垂れ桜。<br />雪の花を咲かせていました。<br />

    円山公園といえば,祇園枝垂れ桜。
    雪の花を咲かせていました。

  • その祇園枝垂れ桜の前にある鳩の石像。

    その祇園枝垂れ桜の前にある鳩の石像。

  • ひょうたん池と呼ばれる池。<br />ここの庭園を造ったのは,平安神宮神苑の作庭で知られる小川治兵衛です。<br />

    ひょうたん池と呼ばれる池。
    ここの庭園を造ったのは,平安神宮神苑の作庭で知られる小川治兵衛です。

  • 石橋を渡って公園の奥へと進みます。<br />橋の上は足跡だらけで,写真としてはイマイチかな。<br />

    石橋を渡って公園の奥へと進みます。
    橋の上は足跡だらけで,写真としてはイマイチかな。

  • 坂本龍馬像と中岡慎太郎像。<br />真っ白になっていることを期待しましたが,さすがにそれは無いか。<br />

    坂本龍馬像と中岡慎太郎像。
    真っ白になっていることを期待しましたが,さすがにそれは無いか。

  • 雪景色ばかりなので,視覚的に少し暖かくしてみました。<br />

    雪景色ばかりなので,視覚的に少し暖かくしてみました。

  • 流れているのか流れていないのか,よくわからない川。<br />

    流れているのか流れていないのか,よくわからない川。

  • 太陽の光が届くと雰囲気がガラっと変わりますね。<br />私は雪解けが早くなっても,太陽の光は欲しいと思うほうです。

    イチオシ

    太陽の光が届くと雰囲気がガラっと変わりますね。
    私は雪解けが早くなっても,太陽の光は欲しいと思うほうです。

  • 円山公園を北に抜けて知恩院へ。<br />

    円山公園を北に抜けて知恩院へ。

  • 三門の正面からパチリと撮影。<br />いつ見てもデカい。<br />

    三門の正面からパチリと撮影。
    いつ見てもデカい。

  • 三門越しに見る男坂。<br />

    三門越しに見る男坂。

  • 男坂の南にある女坂。<br />男坂よりも女坂のほうが勾配が緩やかです。<br />

    男坂の南にある女坂。
    男坂よりも女坂のほうが勾配が緩やかです。

  • 知恩院では御影堂の大修理が行われています。<br />工事現場が写らないようなアングルで数枚いただきました。<br /><br />納骨堂へと続く橋は,立入禁止のため足跡一つもありません。<br />

    知恩院では御影堂の大修理が行われています。
    工事現場が写らないようなアングルで数枚いただきました。

    納骨堂へと続く橋は,立入禁止のため足跡一つもありません。

  • 阿弥陀堂の横に建つ霊塔。<br />モノクロの中で朱色が映えます。<br />

    阿弥陀堂の横に建つ霊塔。
    モノクロの中で朱色が映えます。

  • 斑雪。<br />お菓子の雪の宿みたい。

    斑雪。
    お菓子の雪の宿みたい。

  • 北門に掲げられた「成人祝賀式」の看板。<br />成人式から1週間遅れでやっているようです。<br /><br />晴れ着姿の新成人が次々と黒門坂を登ってきました。<br />雪の中,大変だったでしょうね。<br />

    北門に掲げられた「成人祝賀式」の看板。
    成人式から1週間遅れでやっているようです。

    晴れ着姿の新成人が次々と黒門坂を登ってきました。
    雪の中,大変だったでしょうね。

  • 黒門坂を下って,知恩院を後にしました。<br />

    黒門坂を下って,知恩院を後にしました。

  • 華頂通を西へと進み,白川に出てきました。<br />せっかくなので祇園白川に寄って行くことに。

    華頂通を西へと進み,白川に出てきました。
    せっかくなので祇園白川に寄って行くことに。

  • 綺麗な青空が広がってきました。<br />これからは解ける一方なので,引き上げ時としてはちょうど良かったと思います。<br />

    綺麗な青空が広がってきました。
    これからは解ける一方なので,引き上げ時としてはちょうど良かったと思います。

  • 祇園新橋に到着。<br />一匹のサギが白川で佇んでいました。<br />ここではお馴染みの光景です。<br />

    祇園新橋に到着。
    一匹のサギが白川で佇んでいました。
    ここではお馴染みの光景です。

  • 白川南通。<br />濡れた石畳から想像するに,石畳の上にも雪が積もっていたのでしょうね。<br />

    白川南通。
    濡れた石畳から想像するに,石畳の上にも雪が積もっていたのでしょうね。

  • 巽橋。<br />少しだけ残った雪が残っており,ギリギリ雪景色。<br />

    巽橋。
    少しだけ残った雪が残っており,ギリギリ雪景色。

  • 「かにかくに碑」も雪化粧。

    「かにかくに碑」も雪化粧。

  • 料理旅館白梅さんの前にあるのは梅の木ですか。<br />大黒さんもおられます。<br />

    料理旅館白梅さんの前にあるのは梅の木ですか。
    大黒さんもおられます。

  • 四条大橋へと出てきました。<br />北山も雪をかぶって真っ白。<br />時間があればもう少し北へと行って撮りたかったなぁ。<br />

    四条大橋へと出てきました。
    北山も雪をかぶって真っ白。
    時間があればもう少し北へと行って撮りたかったなぁ。

  • 最後は四条大橋から見た八坂神社の西楼門。<br /><br />もう一回ぐらい雪景色を見に行きたいですね。<br />

    最後は四条大橋から見た八坂神社の西楼門。

    もう一回ぐらい雪景色を見に行きたいですね。

この旅行記のタグ

93いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (8)

開く

閉じる

  • エンジュさん 2016/01/31 08:03:48
    京都の雪景色
     はじめまして、エンジュと申します。

     綺麗な写真ですね!癒されました。

     雪と京都の景色はとても美しいものですね。

     ありがとうございました。

    ぺこにゃん

    ぺこにゃんさん からの返信 2016/02/01 00:40:15
    RE: 京都の雪景色
    はじめまして。
    ご訪問ありがとうございます。

    京都中心部はなかなか雪が積もらないので,雪が積もるとワクワクしますね。
    今年はまだ雪景色の写真が撮れていなので,チャンスがあればいいなと思っています。




    >  はじめまして、エンジュと申します。
    >
    >  綺麗な写真ですね!癒されました。
    >
    >  雪と京都の景色はとても美しいものですね。
    >
    >  ありがとうございました。
  • ハッキーさん 2016/01/27 17:14:25
    雪の京都、イイっすね!
    行きたくなりました。

    ぺこにゃん

    ぺこにゃんさん からの返信 2016/01/27 22:43:36
    RE: 雪の京都、イイっすね!
    こんばんは。

    京都市内に雪が積もるのは年に数回程度。
    毎年狙っていますが,今年は比較的暖かいので難しいかな。
    残念です。
  • 墨水さん 2014/01/26 18:17:45
    色温度。
    べこにゃんさん、今晩は。
    ホワイトバランスは、オートで良いかな。
    雪の日は色温度が上がる為に、青色が強調されてしまいます。
    本来は、色温度変換フィルターを使って、色温度の上昇を抑え色調を整えていきますが、デジタルカメラの場合はホワイトバランスを調整する事で、ほぼ解決できます。
    ホワイトバランスの選択を迷う場合は、オートの選択で良いと思います。
    人は光の反射で、色を見ています。
    光の三原色(青、緑、赤)で、赤、緑、青の順番で光は拡散しやすく。
    青が最後まで残ってしまします。(色温度が高い状態)
    その為に、雪の白を表現するのは、なかなか難しく、どうしても青白く映ってしまいます。
    こういう場合は、べこにゃんさんも言っている通りモノクローム(白黒写真)にしてしまった方が、以外に斬新さを強調できます。
    (どうせ、白と黒しかない世界なので、いさぎよく捨ててしまう。)
    デジカメも新しい機種程、ホワイトバランスの機能が高いので、オートで十分かと思います。
    もちろん、手動で切り替えた方が良い現場も有りますが、野外撮影であればオートで十分かと。
    墨水。

    ぺこにゃん

    ぺこにゃんさん からの返信 2014/01/26 21:43:46
    RE: 色温度。
    墨水さん,こんばんは。

    アドバイスありがとうございます。
    「オート」にして眺めてみると,しっくりきました。
    (早速,数枚差し替えてみました)

    普段ホワイトバランスを「晴天」で撮影しており,今回も編集時に変更すればいいやと思ってそのままの設定で撮影ました。
    で,家に帰ってから見直してみたときに,「晴天」のままでは「青白いなぁ」,「オート」にすると「こんなに白かったかなぁ」となって混乱してしまいました。

    雪景色を撮影する機会が年に1度程度しかなく,不慣れなもので…
    もっと経験を積まないといけませんね。

    ぺこにゃん

    墨水

    墨水さん からの返信 2014/01/27 00:20:29
    RE: RE: 色温度。

    > 普段ホワイトバランスを「晴天」で撮影しており,今回も編集時に変更すればいいやと思ってそのままの設定で撮影ました。
    > で,家に帰ってから見直してみたときに,「晴天」のままでは「青白いなぁ」,「オート」にすると「こんなに白かったかなぁ」となって混乱してしまいました。

    青白く見えるのは、簡単に言うと光の乱反射です。
    UVカットフィルターで解決できますが、デジタルの場合は「ホワイトバランス、オートで十分」対応できます。
    見た目を優先するか、本来の色を優先するかで迷う所でも有ります。
    特に逆光の場合、光の回析現象等で色が変化してしまう事がしばしばです。
    どう受け止めるかは個々人の判断なので、一概に言えませんが、ばらばらはだめですね。
    どちらかに、決めておいた方が良いですね。
    そう言う意味でも、オートが一番無難かと。(笑)

    「晴天」モードにしている様ですが、光は刻々と変化していますから、「晴天モード」では変化に追い切れないのではと思います。
    太陽が1°傾くのに約4分(日本付近)なので「約4分で変化してしまう。」と考えた方が良いです。
    特に冬場は、変化が大きいです。
    野外にあっては、オートが確実に追随してくれると思います。
    墨水。

    ぺこにゃん

    ぺこにゃんさん からの返信 2014/01/27 23:56:40
    RE: RE: RE: 色温度。
    墨水さん,こんばんは。

    > 「晴天」モードにしている様ですが、光は刻々と変化していますから、「晴天モード」では変化に追い切れないのではと思います。
    > 太陽が1°傾くのに約4分(日本付近)なので「約4分で変化してしまう。」と考えた方が良いです。
    > 特に冬場は、変化が大きいです。
    > 野外にあっては、オートが確実に追随してくれると思います。

    なるほど時間経過による光の変化ですか。
    確かに日が傾き始める時間帯に晴天モードで撮影すると,本来の色とかけ離れた写真が多かったです。
    結局はあとでオートに変更する作業をしていました。

    次回,撮影に出かける際にはホワイトバランスに気を付けて写真を撮りたいと思います。
    いろいろアドバイスありがとうございました。

    ぺこにゃん

ぺこにゃんさんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集