嵐山・嵯峨野・太秦・桂 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

JR東海「そうだ 京都、行こう。・・・紅葉は、旅の入口にすぎませんでした」のキャッチコピーに感化され、晩秋の風物詩 紅葉狩りに勤しんでまいりました。今回のテーマは、少々ベタではありますが、『JR東海 京都観光キャンペーン』を辿る旅です。まず、2012年キャンペーンポスターの秋景色を彩る二尊院。そして1994年秋と2010年初夏を幻想的に魅了した祇王寺。次に、2007年秋と2011年初夏に胸躍らせた常寂光寺を訪ねてみました。いずれも嵯峨野に佇む古刹ですので、のんびりと過ぎ行く秋を愛でたいところです。しかし現実は、帰途の混雑が脳裏に浮かび、ツアー旅行のように時間に追われる始末。それでも晩秋の一日を満喫することができました。何と言っても、四季に一番うるさい京都の秋の代名詞を冠するスポットですので、午後2時頃には、長辻通(渡月橋〜野宮)の歩行者天国は紙上で拝見した大阪マラソン並みの人で埋め尽くされていました。<br /><散策コース><br />嵐山 渡月橋---野宮神社---二尊院---祇王寺---常寂光寺---野宮神社---嵯峨野 竹林の道---渡月橋<br /><前編>は、二尊院と祇王寺を紹介いたします。<br />二尊院へは渡月橋から約2km。普通に歩けば20分強の距離ですが、牛歩で進む行楽シーズンであればもう少し余裕を見てください。二尊院へは午前10時前に到着しましたが、道中はさほど込み合っていませんでした。野宮神社からは落柿舎経由の近道を利用しました。<br />

情緒纏綿 晩秋嵯峨野紀行<前編>二尊院・祇王寺

1296いいね!

2012/11/25 - 2012/11/25

1位(同エリア3307件中)

    43

    montsaintmichel

    montsaintmichelさん

    JR東海「そうだ 京都、行こう。・・・紅葉は、旅の入口にすぎませんでした」のキャッチコピーに感化され、晩秋の風物詩 紅葉狩りに勤しんでまいりました。今回のテーマは、少々ベタではありますが、『JR東海 京都観光キャンペーン』を辿る旅です。まず、2012年キャンペーンポスターの秋景色を彩る二尊院。そして1994年秋と2010年初夏を幻想的に魅了した祇王寺。次に、2007年秋と2011年初夏に胸躍らせた常寂光寺を訪ねてみました。いずれも嵯峨野に佇む古刹ですので、のんびりと過ぎ行く秋を愛でたいところです。しかし現実は、帰途の混雑が脳裏に浮かび、ツアー旅行のように時間に追われる始末。それでも晩秋の一日を満喫することができました。何と言っても、四季に一番うるさい京都の秋の代名詞を冠するスポットですので、午後2時頃には、長辻通(渡月橋〜野宮)の歩行者天国は紙上で拝見した大阪マラソン並みの人で埋め尽くされていました。
    <散策コース>
    嵐山 渡月橋---野宮神社---二尊院---祇王寺---常寂光寺---野宮神社---嵯峨野 竹林の道---渡月橋
    <前編>は、二尊院と祇王寺を紹介いたします。
    二尊院へは渡月橋から約2km。普通に歩けば20分強の距離ですが、牛歩で進む行楽シーズンであればもう少し余裕を見てください。二尊院へは午前10時前に到着しましたが、道中はさほど込み合っていませんでした。野宮神社からは落柿舎経由の近道を利用しました。

    同行者
    カップル・夫婦(シニア)
    交通手段
    私鉄

    PR

    • 嵐山 渡月橋<br />しっとりとした秋色に彩られた岩田山、その奥の嵐山が、青空に映えます。<br />時刻は9時半を回ったところです。この時間帯なら橋の途中で立ち止まり、このように写真を撮ることも可能です。橋の歩道は狭く、一方通行(左側通行)になっていますので、すぐに行列ができて牛歩になってしまいます。<br /><br />今回の旅路のマップは次のサイトを参照ください。Googleマップは使い難いという方にはうってつけです。和菓子屋 甘春堂さんのマップですが、優れものです。<br />http://www.kanshundo.co.jp/aboutus/shop/sagano/illustmap.htm

      嵐山 渡月橋
      しっとりとした秋色に彩られた岩田山、その奥の嵐山が、青空に映えます。
      時刻は9時半を回ったところです。この時間帯なら橋の途中で立ち止まり、このように写真を撮ることも可能です。橋の歩道は狭く、一方通行(左側通行)になっていますので、すぐに行列ができて牛歩になってしまいます。

      今回の旅路のマップは次のサイトを参照ください。Googleマップは使い難いという方にはうってつけです。和菓子屋 甘春堂さんのマップですが、優れものです。
      http://www.kanshundo.co.jp/aboutus/shop/sagano/illustmap.htm

    • 天龍寺 妙智院 西山艸堂<br />大勢の観光客で賑わう嵐山のメインストリート 長辻通に面した天龍寺脇の嵯峨豆腐料理 西山艸堂(せいざんそうどう)の入口。<br />天龍寺の塔頭の一つ「妙智院」の中にあり、森嘉の嵯峨豆腐が静かで趣のあるお寺の境内でいただけます。西山艸堂とは妙智院の別号でもあり、「西の山の草深い所に立つお堂」という意味だそうです。戦後早々の創業で嵯峨で一番古い湯豆腐のお店です。真紅に染まった紅葉がひときわ目を惹きつけます。

      天龍寺 妙智院 西山艸堂
      大勢の観光客で賑わう嵐山のメインストリート 長辻通に面した天龍寺脇の嵯峨豆腐料理 西山艸堂(せいざんそうどう)の入口。
      天龍寺の塔頭の一つ「妙智院」の中にあり、森嘉の嵯峨豆腐が静かで趣のあるお寺の境内でいただけます。西山艸堂とは妙智院の別号でもあり、「西の山の草深い所に立つお堂」という意味だそうです。戦後早々の創業で嵯峨で一番古い湯豆腐のお店です。真紅に染まった紅葉がひときわ目を惹きつけます。

    • 長辻通 道祖神<br />天龍寺側の路傍に並んだ道祖神です。どれも愛嬌のある表情で迎えてくれ、和みます。<br />道祖神とは、集落の境や村の中心、 村内と村外の境界や道の辻、三叉路などに主に石碑や石像の形態で祀られる神です。松尾芭蕉の「奥の細道」では、旅に誘う神様として冒頭に登場します。<br />

      長辻通 道祖神
      天龍寺側の路傍に並んだ道祖神です。どれも愛嬌のある表情で迎えてくれ、和みます。
      道祖神とは、集落の境や村の中心、 村内と村外の境界や道の辻、三叉路などに主に石碑や石像の形態で祀られる神です。松尾芭蕉の「奥の細道」では、旅に誘う神様として冒頭に登場します。

    • 野宮神社<br />長辻通を左に折れると野宮神社があります。ここへは帰途で立ち寄ることにし、二尊院への道を急ぎます。<br />縁結びの神で知られ、普段から参拝者が絶えない神社ですが、まだ参拝の列をなす所までは至っていません。帰途ではどうなっていることやら。お楽しみに!

      野宮神社
      長辻通を左に折れると野宮神社があります。ここへは帰途で立ち寄ることにし、二尊院への道を急ぎます。
      縁結びの神で知られ、普段から参拝者が絶えない神社ですが、まだ参拝の列をなす所までは至っていません。帰途ではどうなっていることやら。お楽しみに!

    • 落柿舎<br />のどかな田園風景が広がる嵯峨野にポツンと佇む、ひなびた藁葺屋根がよくなじむ素朴な草庵。往時の風情を今に偲ばせ、なんとも心が安らぎます。<br />芭蕉十哲の一人 向井去来が1686年に結んだ隠棲所。往時、庵の周囲に40本の柿の木があり、商人が立木ごと柿を買い取ろうとしたところ、夜中に風が吹いて全ての実が落ちて破談になったことが由来で「落柿舎」と命名したそうです。去来は「柿主や こずえはちかき あらし山」と詠みました。訪れるなら柿の実る頃が一番。あちらこちらに実った柿に、去来の思いを馳せてみてはいかがでしょう。<br />1691年(元禄4年)春、この庵に松尾芭蕉が滞在して嵯峨日記を著しています。野沢凡兆、その妻の羽紅、去来が訪問し、一つの蚊帳で5人が一緒に寝たりしたそうです。 現在の庵は俳人 井上重厚によって再建されたもので、場所も建物も芭蕉の時代のそれとは異なっているそうです。のんびりと物思いに耽るのにもってこいの庵ですが、今回の目的から外れるので、後ろ髪を引かれる思いでそそくさと道を急ぎます。

      落柿舎
      のどかな田園風景が広がる嵯峨野にポツンと佇む、ひなびた藁葺屋根がよくなじむ素朴な草庵。往時の風情を今に偲ばせ、なんとも心が安らぎます。
      芭蕉十哲の一人 向井去来が1686年に結んだ隠棲所。往時、庵の周囲に40本の柿の木があり、商人が立木ごと柿を買い取ろうとしたところ、夜中に風が吹いて全ての実が落ちて破談になったことが由来で「落柿舎」と命名したそうです。去来は「柿主や こずえはちかき あらし山」と詠みました。訪れるなら柿の実る頃が一番。あちらこちらに実った柿に、去来の思いを馳せてみてはいかがでしょう。
      1691年(元禄4年)春、この庵に松尾芭蕉が滞在して嵯峨日記を著しています。野沢凡兆、その妻の羽紅、去来が訪問し、一つの蚊帳で5人が一緒に寝たりしたそうです。 現在の庵は俳人 井上重厚によって再建されたもので、場所も建物も芭蕉の時代のそれとは異なっているそうです。のんびりと物思いに耽るのにもってこいの庵ですが、今回の目的から外れるので、後ろ髪を引かれる思いでそそくさと道を急ぎます。

    • 二尊院 総門<br />渡月橋から20分強で二尊院へ到着。総門前にはすでに20mほどの行列ができていました。<br /><br />「百人一首」で名高い小倉山の東麓に位置し、釈迦如来と阿弥陀如来の二尊を本尊とするため、二尊院と呼ばれていますが、正式名は「小倉山二尊教院華台寺」といい、 明治以降は比叡山延暦寺に属する天台宗のお寺となっています。開創は承和年間(834〜48)で、嵯峨天皇の勅願によって慈覚大師が開山しました。その後荒廃しましたが、法然上人らによって再興されています。また皇室や秀吉、家康など時の権力者の庇護を受け、大いに栄えたお寺です。応仁の乱によって諸堂が全焼しましたが、本堂・唐門のみ約30年後に再建されました。嵯峨三名跡(大覚寺、天龍寺)のひとつ。<br /><br />総門は、伏見桃山城にあった薬医門を江戸時代の豪商・角倉了以が1613年に寄進・移築したものだそうで、京都市指定文化財に登録されています。<br /><br /><br />

      二尊院 総門
      渡月橋から20分強で二尊院へ到着。総門前にはすでに20mほどの行列ができていました。

      「百人一首」で名高い小倉山の東麓に位置し、釈迦如来と阿弥陀如来の二尊を本尊とするため、二尊院と呼ばれていますが、正式名は「小倉山二尊教院華台寺」といい、 明治以降は比叡山延暦寺に属する天台宗のお寺となっています。開創は承和年間(834〜48)で、嵯峨天皇の勅願によって慈覚大師が開山しました。その後荒廃しましたが、法然上人らによって再興されています。また皇室や秀吉、家康など時の権力者の庇護を受け、大いに栄えたお寺です。応仁の乱によって諸堂が全焼しましたが、本堂・唐門のみ約30年後に再建されました。嵯峨三名跡(大覚寺、天龍寺)のひとつ。

      総門は、伏見桃山城にあった薬医門を江戸時代の豪商・角倉了以が1613年に寄進・移築したものだそうで、京都市指定文化財に登録されています。


    • 二尊院 紅葉の馬場<br />総門をくぐると石を敷き詰めた「紅葉の馬場」と呼ばれる参道が境内へと導いてくれます。参道の両脇には色づいた楓の木が空間を埋め尽くすように立ち並び、燃え盛る炎のように迫り来る紅葉の素晴らしさは圧巻です。 <br /><br />JR東海 京都観光キャンペーンのポスターはこちらです。<br />http://recommend.jr-central.co.jp/others/museum/kyoto/autumn_2012_01.html

      二尊院 紅葉の馬場
      総門をくぐると石を敷き詰めた「紅葉の馬場」と呼ばれる参道が境内へと導いてくれます。参道の両脇には色づいた楓の木が空間を埋め尽くすように立ち並び、燃え盛る炎のように迫り来る紅葉の素晴らしさは圧巻です。

      JR東海 京都観光キャンペーンのポスターはこちらです。
      http://recommend.jr-central.co.jp/others/museum/kyoto/autumn_2012_01.html

    • 二尊院 紅葉の馬場<br />「もみじ」と言うと真紅に染め上げた紅葉を思い浮かべますが、そこまでは熟していない朱色の異空間が、錦絵の世界を演出していました。これも一興です。<br /><br />「もみじ」は今日では当たり前のように「紅葉」と綴りますが、奈良時代には「大君の御笠の山の黄葉は今日のしぐれに散りか過ぎなむ」(大伴家持)とあるように、万葉集に80首以上も詠まれる「もみじ」は一首を除き「黄葉」と綴ったそうです。これは、中国の陰陽五行説で方角を色で表す際、青は東、黒は北、白は西、赤は南と色分けされ、黄は皇帝が居る中央の「最も高貴な色」として扱われたためと言われています。それが平安時代になると「紅葉」と綴る方が圧倒的に多くなったのは、日本が中国文化の影響から離れ、感じたままを称える独自の文化が芽生えてきたことの象徴だと説かれています。 <br />

      二尊院 紅葉の馬場
      「もみじ」と言うと真紅に染め上げた紅葉を思い浮かべますが、そこまでは熟していない朱色の異空間が、錦絵の世界を演出していました。これも一興です。

      「もみじ」は今日では当たり前のように「紅葉」と綴りますが、奈良時代には「大君の御笠の山の黄葉は今日のしぐれに散りか過ぎなむ」(大伴家持)とあるように、万葉集に80首以上も詠まれる「もみじ」は一首を除き「黄葉」と綴ったそうです。これは、中国の陰陽五行説で方角を色で表す際、青は東、黒は北、白は西、赤は南と色分けされ、黄は皇帝が居る中央の「最も高貴な色」として扱われたためと言われています。それが平安時代になると「紅葉」と綴る方が圧倒的に多くなったのは、日本が中国文化の影響から離れ、感じたままを称える独自の文化が芽生えてきたことの象徴だと説かれています。

    • 二尊院 築地塀と紅葉<br />参道の緩い傾斜を登りきった右手に聳える楓の老木です。<br /><br />「もみじ」の語源は「草木の葉が赤や黄色くなる」という意味の動詞「もみず」に由来し、その連用形「もみじ」が葉色の変化する様や紅葉そのものを指す名詞へと変化したのです。「もみず」の語源は、染め物の「揉み出づ」。紅花染めにはベニバナの花びらを用います。花びらには紅色と黄色の2種類の色素が含まれ、真水につけて揉むとまず水溶性の黄色の色素ができます。次に、アルカリ性の灰汁に浸して揉むと、鮮やかな紅色を揉み出せるそうです。紅花染めに由来することから、「赤葉」ではなく「紅葉」が定着したのは頷けます。<br />

      二尊院 築地塀と紅葉
      参道の緩い傾斜を登りきった右手に聳える楓の老木です。

      「もみじ」の語源は「草木の葉が赤や黄色くなる」という意味の動詞「もみず」に由来し、その連用形「もみじ」が葉色の変化する様や紅葉そのものを指す名詞へと変化したのです。「もみず」の語源は、染め物の「揉み出づ」。紅花染めにはベニバナの花びらを用います。花びらには紅色と黄色の2種類の色素が含まれ、真水につけて揉むとまず水溶性の黄色の色素ができます。次に、アルカリ性の灰汁に浸して揉むと、鮮やかな紅色を揉み出せるそうです。紅花染めに由来することから、「赤葉」ではなく「紅葉」が定着したのは頷けます。

    • 二尊院 紅葉の馬場<br />築地塀から総門を振り返るとこんな景観が広がっています。<br /><br />「楓(カエデ)」と「もみじ」って何が違うのでしょうか?言葉の成立ち上、葉が赤や黄色に変わる草木は全て「もみじ」で、「カエデ」はその中の代表的な植物のひとつ…が解答例となります。見事な紅葉を見て、「きれいなもみじだなぁ〜」と無意識に洩れる言葉。この時、あれはブナ、これはカエデなんて気にしていないはずです。尚、「カエデ」の語源は、葉の形をカエルの手のひらと見立て、「かえるて」がつづまってできたというのが定説だそうです。<br /><br />

      二尊院 紅葉の馬場
      築地塀から総門を振り返るとこんな景観が広がっています。

      「楓(カエデ)」と「もみじ」って何が違うのでしょうか?言葉の成立ち上、葉が赤や黄色に変わる草木は全て「もみじ」で、「カエデ」はその中の代表的な植物のひとつ…が解答例となります。見事な紅葉を見て、「きれいなもみじだなぁ〜」と無意識に洩れる言葉。この時、あれはブナ、これはカエデなんて気にしていないはずです。尚、「カエデ」の語源は、葉の形をカエルの手のひらと見立て、「かえるて」がつづまってできたというのが定説だそうです。

    • 二尊院 築地塀の参道<br />木漏れ日を受けた紅葉の葉が輝いています。こうした光景を目の当たりにすると言葉を失ってしまいます。<br /><br />柿紅葉、白樺紅葉、雑木紅葉など多様な植物名を冠した言葉があり、これらからも「もみじ」が草木の種類を特定していないことが窺えます。神宮外苑の並木道はこれからが「銀杏黄葉」の季節。尾瀬ケ原は湿原一帯の植物が鮮やかな「草紅葉」になることで有名です。<br />一方、古来より親しまれる言葉だけあり、食べ物にも用いられます。紅葉おろしや紅葉和え。もみじ鍋は鹿の肉。説は2つあり、古今集にある猿丸太夫の歌「奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の声聞く時ぞ秋はかなしき」からの引用とする説と花札「鹿に紅葉」の絵柄から取ったという説があるそうです。<br /><br />

      二尊院 築地塀の参道
      木漏れ日を受けた紅葉の葉が輝いています。こうした光景を目の当たりにすると言葉を失ってしまいます。

      柿紅葉、白樺紅葉、雑木紅葉など多様な植物名を冠した言葉があり、これらからも「もみじ」が草木の種類を特定していないことが窺えます。神宮外苑の並木道はこれからが「銀杏黄葉」の季節。尾瀬ケ原は湿原一帯の植物が鮮やかな「草紅葉」になることで有名です。
      一方、古来より親しまれる言葉だけあり、食べ物にも用いられます。紅葉おろしや紅葉和え。もみじ鍋は鹿の肉。説は2つあり、古今集にある猿丸太夫の歌「奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の声聞く時ぞ秋はかなしき」からの引用とする説と花札「鹿に紅葉」の絵柄から取ったという説があるそうです。

    • 二尊院 黒門<br />勅使門への途中にある小さな門です。黄色に色づいた紅葉が鮮やかできれいです。

      二尊院 黒門
      勅使門への途中にある小さな門です。黄色に色づいた紅葉が鮮やかできれいです。

    • 二尊院 勅使門前の紅葉<br />勅使門の前に広がる紅葉の大海原です。これも筆舌に尽くし難いものがあります。<br /><br />間接的に「もみじ」を連想させる食べ物は、竜田揚げ。「竜田」は、紅葉の名所 奈良の竜田川に因むそうです。小倉百人一首には、竜田川の紅葉を詠んだ和歌が2首あり、その1つが「ちはやぶる神代もきかず龍田川 からくれなゐに水くくるとは」(在原業平)。川面を真っ赤に染める紅葉の美しさは神話の昔にも聞いたことがないと称えた歌です。竜田揚げは、しょうゆに染まった揚げ物の褐色と、表面にまぶした片栗粉の白色を、川面の紅葉と白波のコントラストに擬えているのだそうです。紅葉狩りのお弁当に入れ、二重に風流を味わうのは如何でしょうか。<br />

      二尊院 勅使門前の紅葉
      勅使門の前に広がる紅葉の大海原です。これも筆舌に尽くし難いものがあります。

      間接的に「もみじ」を連想させる食べ物は、竜田揚げ。「竜田」は、紅葉の名所 奈良の竜田川に因むそうです。小倉百人一首には、竜田川の紅葉を詠んだ和歌が2首あり、その1つが「ちはやぶる神代もきかず龍田川 からくれなゐに水くくるとは」(在原業平)。川面を真っ赤に染める紅葉の美しさは神話の昔にも聞いたことがないと称えた歌です。竜田揚げは、しょうゆに染まった揚げ物の褐色と、表面にまぶした片栗粉の白色を、川面の紅葉と白波のコントラストに擬えているのだそうです。紅葉狩りのお弁当に入れ、二重に風流を味わうのは如何でしょうか。

    • 二尊院 勅使門<br />本堂と共に三条西実隆によって1521年に再建された勅使門(唐門)。通常、勅使門を潜れるのは勅使参向の時に限られますが、ここが境内への正式な入口になっています。小倉山の扁額は後柏原天皇の宸筆。 <br />

      二尊院 勅使門
      本堂と共に三条西実隆によって1521年に再建された勅使門(唐門)。通常、勅使門を潜れるのは勅使参向の時に限られますが、ここが境内への正式な入口になっています。小倉山の扁額は後柏原天皇の宸筆。

    • 二尊院 勅使門<br />白壁の本堂築地塀に設けられた勅使門を潜って中に入ると本堂が佇みます。本堂手前にある前庭は龍神遊行の庭園とも呼ばれ、昔龍女が遊んでいたが、正信上人によって解脱昇天したという伝説を基に造られた庭だそうです。本堂も京都御所の紫宸殿を基に設計されたとも言われ、外陣廊下は鴬張りになっており、歩くとキュッ、キュッと音がするそうです。生憎、この時期は参拝者の数が半端でないので、靴を履いたまま参拝できるように廊下にはシートが被せられ、床音に興じることは叶いませんでした。<br /><br />

      二尊院 勅使門
      白壁の本堂築地塀に設けられた勅使門を潜って中に入ると本堂が佇みます。本堂手前にある前庭は龍神遊行の庭園とも呼ばれ、昔龍女が遊んでいたが、正信上人によって解脱昇天したという伝説を基に造られた庭だそうです。本堂も京都御所の紫宸殿を基に設計されたとも言われ、外陣廊下は鴬張りになっており、歩くとキュッ、キュッと音がするそうです。生憎、この時期は参拝者の数が半端でないので、靴を履いたまま参拝できるように廊下にはシートが被せられ、床音に興じることは叶いませんでした。

    • 二尊院 勅使門<br />定番の額縁効果を狙った一枚です。勅旨門前に広がる紅葉の大海原の表情がうまく伝わっているでしょうか?

      二尊院 勅使門
      定番の額縁効果を狙った一枚です。勅旨門前に広がる紅葉の大海原の表情がうまく伝わっているでしょうか?

    • 二尊院 本堂<br />本堂は、入母屋造、桧皮葺の堂々たる方丈建築(重文)。後奈良天皇の勅額「二尊院」を掲げ、鎌倉時代に作られた二本尊の木造立像・發遣(ほっけん)の釈迦如来、来迎(らいごう)の阿弥陀如来を安置しています。<br /><br />本堂にかかる二尊院の扁額は、後奈良天皇の宸筆。 <br />

      二尊院 本堂
      本堂は、入母屋造、桧皮葺の堂々たる方丈建築(重文)。後奈良天皇の勅額「二尊院」を掲げ、鎌倉時代に作られた二本尊の木造立像・發遣(ほっけん)の釈迦如来、来迎(らいごう)の阿弥陀如来を安置しています。

      本堂にかかる二尊院の扁額は、後奈良天皇の宸筆。

    • 二尊院 本堂<br />本堂のご本尊の釈迦如来(右)と阿弥陀如来(左)。 <br />釈迦如来は、人が誕生した時に人生の旅路に送り出す「発遣の釈迦」、また反対に阿弥陀如来は、人がその寿命を全うして閉じる時に極楽浄土より迎えてくださる「来迎の阿弥陀」と呼ばれるそうです。つまり釈迦如来と阿弥陀如来は表裏一体、それぞれの役割を担っておられます。この二体は、有名な快慶によって鎌倉時代に彫られた仏像と伝えられ、重要文化財に指定されています。 <br /><br />この紀行を読まれた方々にもご利益がありますように…。<br />

      二尊院 本堂
      本堂のご本尊の釈迦如来(右)と阿弥陀如来(左)。
      釈迦如来は、人が誕生した時に人生の旅路に送り出す「発遣の釈迦」、また反対に阿弥陀如来は、人がその寿命を全うして閉じる時に極楽浄土より迎えてくださる「来迎の阿弥陀」と呼ばれるそうです。つまり釈迦如来と阿弥陀如来は表裏一体、それぞれの役割を担っておられます。この二体は、有名な快慶によって鎌倉時代に彫られた仏像と伝えられ、重要文化財に指定されています。

      この紀行を読まれた方々にもご利益がありますように…。

    • 二尊院 寂光園<br />本堂南にある石庭は「寂光園」と呼ばれ、極楽浄土の世界を現したとされています。そういえば荒廃していた二尊院を再興した法然上人は浄土宗ですね。<br /><br />本堂の縁側に腰を下ろすと、時折、心地よい鹿威しが響き渡り、心安らぐひとときを味わえます。

      二尊院 寂光園
      本堂南にある石庭は「寂光園」と呼ばれ、極楽浄土の世界を現したとされています。そういえば荒廃していた二尊院を再興した法然上人は浄土宗ですね。

      本堂の縁側に腰を下ろすと、時折、心地よい鹿威しが響き渡り、心安らぐひとときを味わえます。

    • 二尊院 茶室「御園亭」<br />庭園の向かいには茶室「御園亭」があり、抹茶をいただきながら紅葉を仰いで愛でる趣向になっています。茶室は後水尾天皇の第五皇女、賀子内親王の御化粧間であったものを元禄10年に下賜されて茶室に改造されたもので、狩野永徳筆の腰張りがあります。<br />「寂光園」で探しても見つけられなかった鹿威しは、この露地庭園に設けられていました。<br /><br />

      二尊院 茶室「御園亭」
      庭園の向かいには茶室「御園亭」があり、抹茶をいただきながら紅葉を仰いで愛でる趣向になっています。茶室は後水尾天皇の第五皇女、賀子内親王の御化粧間であったものを元禄10年に下賜されて茶室に改造されたもので、狩野永徳筆の腰張りがあります。
      「寂光園」で探しても見つけられなかった鹿威しは、この露地庭園に設けられていました。

    1件目~20件目を表示(全43件中)

    この旅行記のタグ

      1296いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      嵐山・嵯峨野・太秦・桂(京都) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集