スピシュ城周辺 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
クラクフを拠点にスロバキア東部を日帰りでドライブ。7:20にクラクフのホテルを出発。途中までは昨日のヴィエリチカに行く道と同じ。その後、75号線をひたすら走る。ノヴィ・ソンチという街を経由し、出発から3時間ほどでようやくスロバキアの国境近くまでやってきた。国境近くのモフナチュカ・ニジナとティリチという街で、木造教会を見かけ、立ち寄ってみる。「南部マウォポルスカの木造教会群」として世界遺産に登録されている教会と造りは似たものだが、屋根はスチール製だ。ティリチを過ぎるとすぐに国境で、ついにスロヴァキアに入る。スロヴァキアに入ってからは、30分もかからずにバルデヨフの町に着く。しかし、バルデヨフで駐車場を探すのにあちこち走り回るハメになり少々時間をロス。城壁に囲まれたバルデヨフの旧市街はとてもコンパクトで、町の中心のラドニツネー広場は、まるで映画のセットの中に迷い込んだような気にさせる空間。聖エギーディウス教会の塔に登り、旧市街の城壁を少し散策して、バルデヨフを後にする。バルデヨフから次の目的地ヘルバルトフまでは15分とかからない。ここは、本当にのどかな村。「カルパチア山地のスロヴァキア地域の木造教会群」として世界遺産に登録されている教会のひとつ、聖フランシス・アシス教会を見学した。12:30頃にヘルバルトフを出て、スピシュ城に向かう。プレショフという街を抜けると、これまでずっと南下してきたルートを西方向に変える。ヘルバルトフから1時間半弱でスピシュ城に到着。丘の上にそびえるスピシュ城が車から最初に見えた時は、ちょっと興奮。確かに天空の城という趣がある。駐車場に車を停め、スピシュ城まで登る。城(といっても廃墟だが)は、かなり広くて大きい。どおりで遠くから見ても迫力があるはずだ。城からは、麓のスピシュケー・ホドフラディエの街がよく見えた。スピシュ城を15時頃に出発し、20分ほどでレヴォチャの街に着く。旧市街の中で車を路肩に停め、マイステル・パヴォル広場の聖ヤコブ教会と旧市庁舎を軽く見学し、15時50分にレヴォチャを出発。あとはクラクフに帰るだけ。帰りの道は、ポプラド経由で、山岳リゾートのヴィソケー・タトリという町の近くをとおり、そこから峠を越えていく。正面にそびえる山々は、かなり高く見える。帰ってから調べると、2500m程度のよう。国境を越えると、クラクフまでひたすら北上。ホテルに着いたのは、19時近く。クラクフで夕食をとる。本日の走行距離468km。累計517km。

スロヴァキア東部 日帰りドライブ(東欧周遊ドライブ その3)

8いいね!

2012/09/04 - 2012/09/04

32位(同エリア52件中)

    26

    クラクフを拠点にスロバキア東部を日帰りでドライブ。7:20にクラクフのホテルを出発。途中までは昨日のヴィエリチカに行く道と同じ。その後、75号線をひたすら走る。ノヴィ・ソンチという街を経由し、出発から3時間ほどでようやくスロバキアの国境近くまでやってきた。国境近くのモフナチュカ・ニジナとティリチという街で、木造教会を見かけ、立ち寄ってみる。「南部マウォポルスカの木造教会群」として世界遺産に登録されている教会と造りは似たものだが、屋根はスチール製だ。ティリチを過ぎるとすぐに国境で、ついにスロヴァキアに入る。スロヴァキアに入ってからは、30分もかからずにバルデヨフの町に着く。しかし、バルデヨフで駐車場を探すのにあちこち走り回るハメになり少々時間をロス。城壁に囲まれたバルデヨフの旧市街はとてもコンパクトで、町の中心のラドニツネー広場は、まるで映画のセットの中に迷い込んだような気にさせる空間。聖エギーディウス教会の塔に登り、旧市街の城壁を少し散策して、バルデヨフを後にする。バルデヨフから次の目的地ヘルバルトフまでは15分とかからない。ここは、本当にのどかな村。「カルパチア山地のスロヴァキア地域の木造教会群」として世界遺産に登録されている教会のひとつ、聖フランシス・アシス教会を見学した。12:30頃にヘルバルトフを出て、スピシュ城に向かう。プレショフという街を抜けると、これまでずっと南下してきたルートを西方向に変える。ヘルバルトフから1時間半弱でスピシュ城に到着。丘の上にそびえるスピシュ城が車から最初に見えた時は、ちょっと興奮。確かに天空の城という趣がある。駐車場に車を停め、スピシュ城まで登る。城(といっても廃墟だが)は、かなり広くて大きい。どおりで遠くから見ても迫力があるはずだ。城からは、麓のスピシュケー・ホドフラディエの街がよく見えた。スピシュ城を15時頃に出発し、20分ほどでレヴォチャの街に着く。旧市街の中で車を路肩に停め、マイステル・パヴォル広場の聖ヤコブ教会と旧市庁舎を軽く見学し、15時50分にレヴォチャを出発。あとはクラクフに帰るだけ。帰りの道は、ポプラド経由で、山岳リゾートのヴィソケー・タトリという町の近くをとおり、そこから峠を越えていく。正面にそびえる山々は、かなり高く見える。帰ってから調べると、2500m程度のよう。国境を越えると、クラクフまでひたすら北上。ホテルに着いたのは、19時近く。クラクフで夕食をとる。本日の走行距離468km。累計517km。

    同行者
    カップル・夫婦
    交通手段
    レンタカー
    航空会社
    フィンランド航空
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    4.0

    PR

    • 「東欧周遊ドライブ その2」からの続き (http://4travel.jp/traveler/earth/album/10707672/)<br /><br />モフナチュカ・ニジナの教会。本当にのどかな村。

      「東欧周遊ドライブ その2」からの続き (http://4travel.jp/traveler/earth/album/10707672/

      モフナチュカ・ニジナの教会。本当にのどかな村。

    • ティリチの教会

      ティリチの教会

    • いよいよスロヴァキアに入る。国境といっても、標識が数本立っているだけ。

      いよいよスロヴァキアに入る。国境といっても、標識が数本立っているだけ。

    • 今日のハイライトのひとつ、バルデヨフ。世界遺産。旧市街のラドニツネー広場は、まるで映画のセットの中に迷い込んだよう。

      イチオシ

      地図を見る

      今日のハイライトのひとつ、バルデヨフ。世界遺産。旧市街のラドニツネー広場は、まるで映画のセットの中に迷い込んだよう。

    • 正面の三角屋根が市庁舎で、その奥が聖エギーディウス教会。

      正面の三角屋根が市庁舎で、その奥が聖エギーディウス教会。

    • 聖エギーディウス教会

      聖エギーディウス教会

    • 市庁舎

      市庁舎

    • 聖エギーディウス教会

      聖エギーディウス教会

    • 聖エギーディウス教会の塔に登り、広場を眺める。

      聖エギーディウス教会の塔に登り、広場を眺める。

    • ヘルバルトフも、本当にのどかな村。聖フランシス・アシス教会は、「カルパチア山地のスロヴァキア地域の木造教会群」として世界遺産に登録されているそうだ。

      ヘルバルトフも、本当にのどかな村。聖フランシス・アシス教会は、「カルパチア山地のスロヴァキア地域の木造教会群」として世界遺産に登録されているそうだ。

    • 聖フランシス・アシス教会。

      聖フランシス・アシス教会。

    • 天空にそびえるかのようなスピシュ城。スケールの大きな城だ。

      イチオシ

      地図を見る

      天空にそびえるかのようなスピシュ城。スケールの大きな城だ。

    • 駐車場に車を停め、城まで登る。

      駐車場に車を停め、城まで登る。

    • 城門に到着。

      城門に到着。

    • ここから更に少し登る。

      ここから更に少し登る。

    • 城の最上層から下層を眺める。

      城の最上層から下層を眺める。

    • 麓のスピシュケー・ホドフラディエの街がよく見える。

      麓のスピシュケー・ホドフラディエの街がよく見える。

    • レヴォチャの旧市庁舎。手前にあるのが「恥の檻」。

      レヴォチャの旧市庁舎。手前にあるのが「恥の檻」。

    1件目~20件目を表示(全26件中)

    この旅行記のタグ

      8いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      ピックアップ特集

      スロバキアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

      フォートラベル GLOBAL WiFiなら
      スロバキア最安 680円/日~

      • 空港で受取・返却可能
      • お得なポイントがたまる

      スロバキアの料金プランを見る

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      スピシュ城周辺(スロバキア) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集