和田 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
10月1日莎車戻りの続き。<br />和田を出て、一路岳普湖組の知人が居ると言う「墨玉県」に立ち寄り、そこの県政府へ向かいました。<br />政府高官繋がりですね・・・<br />そこで何をするのかと思ったら、これまた古代の大木へ案内するとの事。<br />今度の古木は「梧桐古樹(プラタナスの古木)」。<br />田舎政府はのんびりしていますね。

爺ぃのご両親のお墓を建てる為に莎車へ!其の54~再見和田!古樹散策で墨玉寄り道!

3いいね!

2010/09/10 - 2010/10/16

24位(同エリア27件中)

10月1日莎車戻りの続き。
和田を出て、一路岳普湖組の知人が居ると言う「墨玉県」に立ち寄り、そこの県政府へ向かいました。
政府高官繋がりですね・・・
そこで何をするのかと思ったら、これまた古代の大木へ案内するとの事。
今度の古木は「梧桐古樹(プラタナスの古木)」。
田舎政府はのんびりしていますね。

旅行の満足度
5.0

PR

  • 墨玉県へ寄り道と言っても、和田からほんの20数キロですので、、、

    墨玉県へ寄り道と言っても、和田からほんの20数キロですので、、、

  • 少し走ると、直ぐに村が見えてきます。

    少し走ると、直ぐに村が見えてきます。

  • 大きなモスクが見えてくると、ここはもう墨玉ですね。

    大きなモスクが見えてくると、ここはもう墨玉ですね。

  • ん!?<br />今日は土曜日なので、こちらでもバザールが行われていました。

    ん!?
    今日は土曜日なので、こちらでもバザールが行われていました。

  • 小さな村ですが、人が集まると大混雑!<br />車が上手く走れません。<br /><br />手前に別の大通りがあったのですが、道を間違って旧道を走っていたようで、そのまま村の生活中心部へ来ちゃったみたいです。

    小さな村ですが、人が集まると大混雑!
    車が上手く走れません。

    手前に別の大通りがあったのですが、道を間違って旧道を走っていたようで、そのまま村の生活中心部へ来ちゃったみたいです。

  • 県政府へ向かうよりも、バザールの方が良いのですが・・・

    県政府へ向かうよりも、バザールの方が良いのですが・・・

  • こちらのタクシー。<br /><br />岳普湖県と同じで、大半が奇瑞のQQですね。

    こちらのタクシー。

    岳普湖県と同じで、大半が奇瑞のQQですね。

  • さて、電話で場所を確認する海先生。<br /><br />運転手ですけど、初心者マークなのでおぼつきません。<br />方向感覚は余り良くないようですね。

    さて、電話で場所を確認する海先生。

    運転手ですけど、初心者マークなのでおぼつきません。
    方向感覚は余り良くないようですね。

  • 教えられたままに走っているそうですが、手前を曲がる筈だったと思うのですが、何故か曲がらず進みました。

    教えられたままに走っているそうですが、手前を曲がる筈だったと思うのですが、何故か曲がらず進みました。

  • こまは余所者の、しかも外国人ですが、ドンドン郊外へ向かっている気がしますが・・・(´&#28780;`;

    こまは余所者の、しかも外国人ですが、ドンドン郊外へ向かっている気がしますが・・・(´灬`;

  • バスターミナルの終点。<br />ドンドン外れて行ってる感じですね。<br /><br />流石に気付いたのかどうか、再度電話して現在地の様子を伝えると、案の定引き返します。<br />奥さんの徐小姐が「ほらぁ〜!」の様な事を言うと、海さんとってもご機嫌斜め・・・

    バスターミナルの終点。
    ドンドン外れて行ってる感じですね。

    流石に気付いたのかどうか、再度電話して現在地の様子を伝えると、案の定引き返します。
    奥さんの徐小姐が「ほらぁ〜!」の様な事を言うと、海さんとってもご機嫌斜め・・・

  • 公安部。

    公安部。

  • 烏魯木齊の二道橋国際大巴扎の小振り版発見。<br /><br />ここもバザールかな?

    烏魯木齊の二道橋国際大巴扎の小振り版発見。

    ここもバザールかな?

  • 庫木魯克北路。<br /><br />案内された所はこの道のようです。

    庫木魯克北路。

    案内された所はこの道のようです。

  • でも、またスカタンこいたようで、再度相手に電話して、めぼしい目印の「国家電网」を伝えます。<br /><br />その後、スムーズに到着し、建物の中で少し休むと、何やら見学に出掛けるとの事。<br />今日中に莎車へ着かないといけませんし、岳普湖組は、更に200kmほどあるので、程々にしなければ大変ですが・・・

    でも、またスカタンこいたようで、再度相手に電話して、めぼしい目印の「国家電网」を伝えます。

    その後、スムーズに到着し、建物の中で少し休むと、何やら見学に出掛けるとの事。
    今日中に莎車へ着かないといけませんし、岳普湖組は、更に200kmほどあるので、程々にしなければ大変ですが・・・

  • 県政府農林部を出て、古木のある所へ向かいます。

    県政府農林部を出て、古木のある所へ向かいます。

  • 相変わらずの楊樹並木。

    相変わらずの楊樹並木。

  • 何か延々と走っていますが、、、

    何か延々と走っていますが、、、

  • 何処まで行くのでしょうね。<br /><br />この後、またさっきの所まで戻るとなると、それだけで今日中の帰宅が危ぶまれます・・・<br /><br />やはり、時間的概念全くナシの新疆人たちでした・・・(@&#28780;@;

    何処まで行くのでしょうね。

    この後、またさっきの所まで戻るとなると、それだけで今日中の帰宅が危ぶまれます・・・

    やはり、時間的概念全くナシの新疆人たちでした・・・(@灬@;

  • 部落に着いたので、そろそろかと思いきや、、、

    部落に着いたので、そろそろかと思いきや、、、

  • また一本道をひた走ります。<br /><br />が、、、

    また一本道をひた走ります。

    が、、、

  • 伐採木を積んだロバ車が、積み荷を落っことしたみたいで、先行車両の腹に入っちゃいました。

    伐採木を積んだロバ車が、積み荷を落っことしたみたいで、先行車両の腹に入っちゃいました。

  • 暫く走っていましたが、ギャーギャーと地面を擦る音がうるさくて、停車して取り除いています。<br /><br />走っちゃったので、ちょっとドツボに填まりましたが、何とか取れましたね!<br />

    暫く走っていましたが、ギャーギャーと地面を擦る音がうるさくて、停車して取り除いています。

    走っちゃったので、ちょっとドツボに填まりましたが、何とか取れましたね!

  • その先がゴールでした。<br />プラタナスの古樹だそうです。<br /><br />国家AAA旅游区で、自治区では5星ですね。

    その先がゴールでした。
    プラタナスの古樹だそうです。

    国家AAA旅游区で、自治区では5星ですね。

  • 葡萄と瓢箪のアーケードを潜り抜けると、、、

    葡萄と瓢箪のアーケードを潜り抜けると、、、

  • 目の前に聳える大木発見!<br /><br />35mm換算の28mmでは、かなり下がらないと入りませんでした。<br />(今通り抜けてきたアーケードまで下がりました)

    目の前に聳える大木発見!

    35mm換算の28mmでは、かなり下がらないと入りませんでした。
    (今通り抜けてきたアーケードまで下がりました)

  • みんなで記念撮影!<br /><br />見慣れない人たちは、地元政府の関係者(家族)。

    みんなで記念撮影!

    見慣れない人たちは、地元政府の関係者(家族)。

  • こんな僻地ですが、街灯は「ソーラ」でした♪<br /><br />虫取り機も連動しています!

    こんな僻地ですが、街灯は「ソーラ」でした♪

    虫取り機も連動しています!

  • 御神木なんですね。

    御神木なんですね。

  • 根元まで寄って見られます。<br /><br />こうして見ると、この木の大きさが判りますね。<br /><br />初めて見る最大級のプラタナスです。

    根元まで寄って見られます。

    こうして見ると、この木の大きさが判りますね。

    初めて見る最大級のプラタナスです。

  • しげしげと、古樹の様子を観察中♪

    しげしげと、古樹の様子を観察中♪

  • その迫力に押され気味です・・・。

    その迫力に押され気味です・・・。

  • 当たり前ですが、葉っぱな同じですよ♪

    当たり前ですが、葉っぱな同じですよ♪

  • 周辺に置かれていた木のオブジェ。

    周辺に置かれていた木のオブジェ。

  • 木の瘤がデザインになっています。<br /><br />園内で枯れた木を集めて、選りすぐって作っていました。

    木の瘤がデザインになっています。

    園内で枯れた木を集めて、選りすぐって作っていました。

  • 結構デカイでしょ。

    結構デカイでしょ。

  • 古木の傍には、何故か駝鳥が居ました。

    古木の傍には、何故か駝鳥が居ました。

  • 地味なデザインはメス。

    地味なデザインはメス。

  • オスは艶やかですね。

    オスは艶やかですね。

  • どっちも首はニョッキリ長いですが・・・<br /><br />

    どっちも首はニョッキリ長いですが・・・

  • 顔アップ!

    顔アップ!

  • 見てると飽きない面白さだったりします・・・(~&#28780;~;

    見てると飽きない面白さだったりします・・・(~灬~;

  • 何よ、人の顔見て笑ってんじゃないわよ!!

    何よ、人の顔見て笑ってんじゃないわよ!!

  • 葉っぱをあげようと頑張る妹さん。

    葉っぱをあげようと頑張る妹さん。

  • あらあら・・・。<br />寸前で手を放しちゃいましたね〜!

    あらあら・・・。
    寸前で手を放しちゃいましたね〜!

  • ん?<br />高圧線のギネス?<br /><br />電柱から電柱の距離が1680mで、高さが450m有って世界一だそうです。<br /><br />この周辺には、長細くてドングリが一杯転がっていました!(何故か写真撮り忘れ!)<br /><br />みんなで拾う拾う!<br />こんなの珍しくもないでしょ!って言いましたら、見た事無いそうです。<br />注意してなかっただけだと思いますが、同じ新疆なのに、みんなそんな年齢になって初めて見るって言うのが、妙におかしかったです。

    ん?
    高圧線のギネス?

    電柱から電柱の距離が1680mで、高さが450m有って世界一だそうです。

    この周辺には、長細くてドングリが一杯転がっていました!(何故か写真撮り忘れ!)

    みんなで拾う拾う!
    こんなの珍しくもないでしょ!って言いましたら、見た事無いそうです。
    注意してなかっただけだと思いますが、同じ新疆なのに、みんなそんな年齢になって初めて見るって言うのが、妙におかしかったです。

  • 小屋がありましたので覗いてみると、色んな木が置いてありました。<br />デザイン的に良さ気なものを集めて、さっきのような飾りモニュメントにするのでしょうね。<br /><br />必至で拾っていたドングリでしたが、この小屋に沢山集めて置いてありました〜♪<br />そこからもいくらか貰っちゃいました。<br /><br />でも、ドングリなんか持って帰ってどうすんの???

    小屋がありましたので覗いてみると、色んな木が置いてありました。
    デザイン的に良さ気なものを集めて、さっきのような飾りモニュメントにするのでしょうね。

    必至で拾っていたドングリでしたが、この小屋に沢山集めて置いてありました〜♪
    そこからもいくらか貰っちゃいました。

    でも、ドングリなんか持って帰ってどうすんの???

  • そのドングリの木です。<br /><br />柏みたいですが、日本の柏のようにでぶっちょではなく縦長なんです。<br />カサは同じで、もじゃもじゃのカサでした。<br /><br />http://pds.exblog.jp/pds/1/200710%2F20%2F17%2Fc0048117_111846.jpg

    そのドングリの木です。

    柏みたいですが、日本の柏のようにでぶっちょではなく縦長なんです。
    カサは同じで、もじゃもじゃのカサでした。

    http://pds.exblog.jp/pds/1/200710%2F20%2F17%2Fc0048117_111846.jpg

  • 無形文化財の標識に使われている古木。<br /><br />

    無形文化財の標識に使われている古木。

  • そこにあった「かぼちゃ棚」。<br /><br />色んな形のがぶら下がっています!

    そこにあった「かぼちゃ棚」。

    色んな形のがぶら下がっています!

  • あ、基本形は同じで、色が違うんですね。

    あ、基本形は同じで、色が違うんですね。

  • ブラックもあります。

    ブラックもあります。

  • おろろ?<br /><br />アンタは何吉くん?

    おろろ?

    アンタは何吉くん?

  • ふん!<br />そんな名前じゃないにゃ〜!

    ふん!
    そんな名前じゃないにゃ〜!

  • バ〜カ!<br /><br />と言うように(どう言う?)、余計な事に時間をかけ過ぎたようですね。<br />今日中には無理なので、墨玉に一泊して帰ろうと言い始めますが、ここで彼らと同じように妥協してしまう事は、この後もズルズルとズレてしまうきっかけになってしまいます。<br />残ればそれなりに楽しい事もあるのでしょうけど、ケジメを犠牲にして楽しむ事に、ろくな事は有りません。<br /><br />キッパリ否定して、ここから直接叶城〜莎車へと帰る事にしました。<br />ただ、もう夕方の5時半なので、岳普湖組の莎車宿泊は決定ですけどね。<br /><br /><br />では、帰途の様子は次の旅行記で!

    バ〜カ!

    と言うように(どう言う?)、余計な事に時間をかけ過ぎたようですね。
    今日中には無理なので、墨玉に一泊して帰ろうと言い始めますが、ここで彼らと同じように妥協してしまう事は、この後もズルズルとズレてしまうきっかけになってしまいます。
    残ればそれなりに楽しい事もあるのでしょうけど、ケジメを犠牲にして楽しむ事に、ろくな事は有りません。

    キッパリ否定して、ここから直接叶城〜莎車へと帰る事にしました。
    ただ、もう夕方の5時半なので、岳普湖組の莎車宿泊は決定ですけどね。


    では、帰途の様子は次の旅行記で!

この旅行記のタグ

3いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • captainfutureさん 2011/10/03 22:07:37
    向こうにも御神木ってあるんですね。
    こんばんは!
    墨玉編、興味深く拝見しました。
    旧市街の界隈、緑のドームのモスクなど、いい感じですね〜。
    昨年ホータンに行った際、ここにも行ってみようと思っていたのですが、結局いけずじまいでした。
    この街のバザールは毎週土曜日なんですね。
    次回行く際は是非土曜日に合わせて行こうと思います。
    それにしても向こうのかぼちゃって、こうして見ると「くらげ」みたいですね〜。

    こまちゃん

    こまちゃんさんからの返信 2011/10/03 22:29:14
    RE: 向こうにも御神木ってあるんですね。
    こんばんは〜♪

    かぼちゃ、喀什でも色々見たり撮ったりしましたが、日本のような素直な形のは
    余り見かけませんね。
    確かにクラゲ〜!!(^灬^v
    モンゴルの帽子と呼んだりしていました。

    食卓では、瓜状で赤くて長い南瓜が人気です。
    (ウチでもそれを使います)

    今、続きをアップ中ですが、墨玉のメインモスクはもの凄く立派ですよ!
    (最初の方で出てきますので、もう少しお待ちを♪)

    新疆散策は、今はやはり村クラス(県,鎮,郷)が最高だと思います。

     こま

こまちゃんさんのトラベラーページ

中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
中国最安 90円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

中国の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

和田(中国) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集