ニュルンベルク旅行記(ブログ) 一覧に戻る
6年ぶりに四泊六日ではありますが、ドイツへ行く機会に恵まれました。<br /><br />以前お世話になった方々のところを訪問することと、<br />まだ行ったことがないところを行くことが、今回の目的です。<br />目的地は、ラインラントプファルツ州のMaria Laach(マリア ラーハ)と<br />Schloss Buerresheim(ビュレスハイム城)、Wuerzburg(ヴュルツブルグ)のResidenz(レジデンツ)、<br />Nuernberg(ニュルンベルグ)のDoku-zentrum(ドク−ツェントルム)、Burghausen(ブルグハウゼン)です。<br /><br />6/21は、途中で二箇所に寄りながらミュンヘンを目指します。<br /><br />つぎは、Nuernberg(ニュルンベルグ)のDoku-Zentrum Reichsparteitagsgelaende(帝国党大会会場跡文書センター)を観光します。<br />

2011年久々のドイツ四泊六日間滞在記 その陸

24いいね!

2011/06/21 - 2011/06/21

97位(同エリア682件中)

2

64

近鉄バッファローズ

近鉄バッファローズさん

6年ぶりに四泊六日ではありますが、ドイツへ行く機会に恵まれました。

以前お世話になった方々のところを訪問することと、
まだ行ったことがないところを行くことが、今回の目的です。
目的地は、ラインラントプファルツ州のMaria Laach(マリア ラーハ)と
Schloss Buerresheim(ビュレスハイム城)、Wuerzburg(ヴュルツブルグ)のResidenz(レジデンツ)、
Nuernberg(ニュルンベルグ)のDoku-zentrum(ドク−ツェントルム)、Burghausen(ブルグハウゼン)です。

6/21は、途中で二箇所に寄りながらミュンヘンを目指します。

つぎは、Nuernberg(ニュルンベルグ)のDoku-Zentrum Reichsparteitagsgelaende(帝国党大会会場跡文書センター)を観光します。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.0
グルメ
4.5
ショッピング
4.5
交通
4.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
鉄道
航空会社
ANA
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ニュルンベルグ中央駅に着きました。<br />ロッカーは地上階(Erdgeschoss、日本で言う一階)にあります。<br />大型と小型の二種類があります。<br />写真のロッカーは東トンネルのもので、近くに手荷物預かり所もあります。<br />大型が4ユーロ、小型が2ユーロだったと思います。<br />

    ニュルンベルグ中央駅に着きました。
    ロッカーは地上階(Erdgeschoss、日本で言う一階)にあります。
    大型と小型の二種類があります。
    写真のロッカーは東トンネルのもので、近くに手荷物預かり所もあります。
    大型が4ユーロ、小型が2ユーロだったと思います。

  • こちら(右側の列)は小型のロッカーです。<br />

    こちら(右側の列)は小型のロッカーです。

  • Doku-Zentrum Reichsparteitagsgelaende(帝国党大会会場跡文書センター)です。<br />市電の9番に乗ってやってきました。<br />独特のフォルムです。<br />

    Doku-Zentrum Reichsparteitagsgelaende(帝国党大会会場跡文書センター)です。
    市電の9番に乗ってやってきました。
    独特のフォルムです。

  • 地図と説明文です<br /><br />現在地とどのような関連施設があるか、が左に、<br />右には第三帝国期のここの様子が説明されています。<br />

    地図と説明文です

    現在地とどのような関連施設があるか、が左に、
    右には第三帝国期のここの様子が説明されています。

  • 階段を上り、受付で入場券を買います。<br />入場券を買うときに、オーディオガイドを貸してくれます。<br />館内は、撮影可能です。<br /><br />チケットを買って、階段を上って展示に入ったあたりの写真です。

    階段を上り、受付で入場券を買います。
    入場券を買うときに、オーディオガイドを貸してくれます。
    館内は、撮影可能です。

    チケットを買って、階段を上って展示に入ったあたりの写真です。

  • ピンぼけですが、ナチ誕生期の写真と説明です。<br /><br />第一次大戦が終わり、退役していたヒトラーは当時のドイツ労働者党に軍のスパイとして潜入し、そうこうする内にミイラ取りがミイラとなり、入党したそうです。入党後、その演説の上手さで頭角を現し、やがて党の全権を掌握することとなったそうです。<br />

    ピンぼけですが、ナチ誕生期の写真と説明です。

    第一次大戦が終わり、退役していたヒトラーは当時のドイツ労働者党に軍のスパイとして潜入し、そうこうする内にミイラ取りがミイラとなり、入党したそうです。入党後、その演説の上手さで頭角を現し、やがて党の全権を掌握することとなったそうです。

  • 国家社会主義ドイツ労働者党(NSDAP)に名を変えた党は、時代背景やヒトラーのカリスマ性で大きく党勢を拡大したそうです。そして、ベルリンの連邦政府を打倒すべく、まずミュンヘンでの権力の奪取を目指し、ミュンヘン一揆を起こしますが、この蜂起は失敗に終わり、ヒトラーは逮捕され裁判に掛けられたそうです。その裁判の判決が、右の写真に記されています。<br />

    国家社会主義ドイツ労働者党(NSDAP)に名を変えた党は、時代背景やヒトラーのカリスマ性で大きく党勢を拡大したそうです。そして、ベルリンの連邦政府を打倒すべく、まずミュンヘンでの権力の奪取を目指し、ミュンヘン一揆を起こしますが、この蜂起は失敗に終わり、ヒトラーは逮捕され裁判に掛けられたそうです。その裁判の判決が、右の写真に記されています。

  • 「わが闘争」とヒトラーの写真です。<br /><br />ミュンヘン一揆の裁判で禁固刑を受けたヒトラーは、拘置所で「わが闘争」を執筆したのは有名ですね。<br />

    「わが闘争」とヒトラーの写真です。

    ミュンヘン一揆の裁判で禁固刑を受けたヒトラーは、拘置所で「わが闘争」を執筆したのは有名ですね。

  • ここのパネルでは、<br />ダッハウ強制収容所が他のモデルとなる収容所であったことと、「全権委任法」について解説されています。<br />私はダッハウ強制収容所にも行ったことがあります。<br />そちらの展示はかなり強烈でした。アウシュヴィッツに勝とも劣らずです。<br />また、1933年の全権委任法(Ermaechtigungsgesetz)により、ヒトラーは実質上の独裁体制を築きました。<br />

    ここのパネルでは、
    ダッハウ強制収容所が他のモデルとなる収容所であったことと、「全権委任法」について解説されています。
    私はダッハウ強制収容所にも行ったことがあります。
    そちらの展示はかなり強烈でした。アウシュヴィッツに勝とも劣らずです。
    また、1933年の全権委任法(Ermaechtigungsgesetz)により、ヒトラーは実質上の独裁体制を築きました。

  • 焚書についての説明です。<br />1933年5月10日に、ドイツ学生連盟がドイツ精神に反する書物を焼き捨てる焚書を行ったそうです。やり玉に挙げられた作家には、Heinrich Mann、Emil Ludwig、Friedrich Wilhelm Foerster、Ernst Glaeser、Erich Kaestner、karl Marx、Werner Hegemann、Alfred Kerr、Georg Bernhard、Karl Kautsky、Theodor Wolff、Erich Maria Remarque、Sigmund Freud、Kurt Tuchosky、Carl von Ossietzkyらがいます。<br />多くの作家はドイツ国外へ脱出し、残った作家はその出版機会がどんどん減っていったそうです。<br />

    焚書についての説明です。
    1933年5月10日に、ドイツ学生連盟がドイツ精神に反する書物を焼き捨てる焚書を行ったそうです。やり玉に挙げられた作家には、Heinrich Mann、Emil Ludwig、Friedrich Wilhelm Foerster、Ernst Glaeser、Erich Kaestner、karl Marx、Werner Hegemann、Alfred Kerr、Georg Bernhard、Karl Kautsky、Theodor Wolff、Erich Maria Remarque、Sigmund Freud、Kurt Tuchosky、Carl von Ossietzkyらがいます。
    多くの作家はドイツ国外へ脱出し、残った作家はその出版機会がどんどん減っていったそうです。

  • ユダヤ人商店のボイコットについて解説されています。<br />1933年4月1日ナチスは全国的なユダヤ商店のボイコットを組織的に行ったそうです。SA、ヒトラーユーゲント(HJ)、鉄兜団はユダヤ人商店、診療所、事務所へ顧客が入るのを妨げようとしたそうです。4月7日には「公務員再生法」と言う名の法律で、反ナチスや非アーリア人の公務員を排除することが可能になり、しばらく後に、ユダヤ人は公共機関からの追い出しが始まったそうです。<br />

    ユダヤ人商店のボイコットについて解説されています。
    1933年4月1日ナチスは全国的なユダヤ商店のボイコットを組織的に行ったそうです。SA、ヒトラーユーゲント(HJ)、鉄兜団はユダヤ人商店、診療所、事務所へ顧客が入るのを妨げようとしたそうです。4月7日には「公務員再生法」と言う名の法律で、反ナチスや非アーリア人の公務員を排除することが可能になり、しばらく後に、ユダヤ人は公共機関からの追い出しが始まったそうです。

  • ヒトラーの統治手法について説明されています。<br />左には「社会(Gesellschaft)の代わりに共同体(Gemeimschaft)」とあり、複数政党制や議会制の秩序を破壊し、民主政治下での意思形成、紛争解決、利害調整を行う全ての制度や方法を無効にしたそうです。その代わりに、体験や感情による、情緒的な共同体が形成されたそうです。そうすることで、総統と人民のアイデンティティーを信じ込ませようとしたようです。ナチスは大動員を掛けた行事を頻繁に行い、全体の中で個は無意味なほど小さなものであり、全ては総統のために用意されていることを植え付けたそうです。<br />右には「均整化(Gleichschaltung)」とあり、ナチスは一年も経たないうちに全ての組織や制度を破壊したそうです。共産党は警察の手で打ちのめされ、社会民主党は1933年6月22日に非合法化され、他の政党は自主解散したそうです。1934年1月30日には地方議会が停止し、自治権は国家へ委任されたそうです。労働組合も1933年5月にナチスによって打ちのめされ、「ドイツ労働戦線」がそれに取って代わったそうです。その他様々組合や団体は解体され、中央集権的に管理されるようになったそうです。写真の背景には様々な第三帝国期の団体のワッペンが施されています。<br />

    ヒトラーの統治手法について説明されています。
    左には「社会(Gesellschaft)の代わりに共同体(Gemeimschaft)」とあり、複数政党制や議会制の秩序を破壊し、民主政治下での意思形成、紛争解決、利害調整を行う全ての制度や方法を無効にしたそうです。その代わりに、体験や感情による、情緒的な共同体が形成されたそうです。そうすることで、総統と人民のアイデンティティーを信じ込ませようとしたようです。ナチスは大動員を掛けた行事を頻繁に行い、全体の中で個は無意味なほど小さなものであり、全ては総統のために用意されていることを植え付けたそうです。
    右には「均整化(Gleichschaltung)」とあり、ナチスは一年も経たないうちに全ての組織や制度を破壊したそうです。共産党は警察の手で打ちのめされ、社会民主党は1933年6月22日に非合法化され、他の政党は自主解散したそうです。1934年1月30日には地方議会が停止し、自治権は国家へ委任されたそうです。労働組合も1933年5月にナチスによって打ちのめされ、「ドイツ労働戦線」がそれに取って代わったそうです。その他様々組合や団体は解体され、中央集権的に管理されるようになったそうです。写真の背景には様々な第三帝国期の団体のワッペンが施されています。

  • 「総統カルト」と題された解説文です。<br />ヒトラーカルトは、ヒトラー神話をドイツ社会に現実化し、同時にそれを更に加速させるというものであったそうです。党や国家のプロパガンダ当局はヒトラーをあらゆる公共的な場面でその中心に置いたそうです。それはムッソリーニやスターリンのやり方と同様だったそうです。<br />

    「総統カルト」と題された解説文です。
    ヒトラーカルトは、ヒトラー神話をドイツ社会に現実化し、同時にそれを更に加速させるというものであったそうです。党や国家のプロパガンダ当局はヒトラーをあらゆる公共的な場面でその中心に置いたそうです。それはムッソリーニやスターリンのやり方と同様だったそうです。

  • 1934年8月2日のHindenburg大統領の死後、ヒトラーはその職を引継ぎ、大統領、首相、党総統を兼ね、「総統兼首相」の地位を手にしたそうです。ヒトラーは、党と国家の一体化を進め、自身を国家においても「総統」としてふれ回ったそうです。

    1934年8月2日のHindenburg大統領の死後、ヒトラーはその職を引継ぎ、大統領、首相、党総統を兼ね、「総統兼首相」の地位を手にしたそうです。ヒトラーは、党と国家の一体化を進め、自身を国家においても「総統」としてふれ回ったそうです。

  • 様々なヒトラーグッズです。<br />書籍やポスター、ブロマイド、食器、彫像などがあります。<br />

    様々なヒトラーグッズです。
    書籍やポスター、ブロマイド、食器、彫像などがあります。

  • ここからはニュルンベルグの街とナチの関係についてです<br /><br />19世紀にはバイエルンでも重要な工業都市に発展しており、リベラル主義や労働運動を協力に後押ししていたそうです。1920年から33年までは社会主義者であり、リベラルでもあったHermann Luppeが市長を務めていたそうです。

    ここからはニュルンベルグの街とナチの関係についてです

    19世紀にはバイエルンでも重要な工業都市に発展しており、リベラル主義や労働運動を協力に後押ししていたそうです。1920年から33年までは社会主義者であり、リベラルでもあったHermann Luppeが市長を務めていたそうです。

  • 一方、ナチスは、「フランケン総統」のJulius Streicherの扇動や警察トップのHeinrich Gareisのサポートのお蔭で、早くからニュルンベルグでの地歩を固めていったそうです。そのため、1927年と1929年にもニュルンベルグで党大会を開いたそうです。1933年3月にニュルンベルグでも権力を獲得すると、Luppeを強引に退任に追い込み、後任にナチ党員のWilly Liebelが就任したそうです。<br />

    一方、ナチスは、「フランケン総統」のJulius Streicherの扇動や警察トップのHeinrich Gareisのサポートのお蔭で、早くからニュルンベルグでの地歩を固めていったそうです。そのため、1927年と1929年にもニュルンベルグで党大会を開いたそうです。1933年3月にニュルンベルグでも権力を獲得すると、Luppeを強引に退任に追い込み、後任にナチ党員のWilly Liebelが就任したそうです。

  • ニュルンベルグの国立ゲルマン博物館での展覧会を宣伝するポスターです。<br /><br />神聖ローマ帝国時代に「Reichstag(帝国議会)」が開かれていた伝統を引き合いに、その町で党大会を行う意義付けを行ったそうです。ヒトラーは「帝国議会の街から党大会の街へ」と言い、Liebelは「ドイツの中で一番ドイツらしい街」と名付けたそうです。<br />

    ニュルンベルグの国立ゲルマン博物館での展覧会を宣伝するポスターです。

    神聖ローマ帝国時代に「Reichstag(帝国議会)」が開かれていた伝統を引き合いに、その町で党大会を行う意義付けを行ったそうです。ヒトラーは「帝国議会の街から党大会の街へ」と言い、Liebelは「ドイツの中で一番ドイツらしい街」と名付けたそうです。

  • 「総統の街」として、ニュルンベルグ、ミュンヘン、ハンブルグ、リンツ、ベルリンの五つの街が選ばれたそうです。また、ニュルンベルグは、「Gau」と呼ばれる第三帝国時代の行政区の首都でもあったそうです。さらには、ナチスの都市計画にも組み入れられたそうです。「Gesetz zur Neugestaltung der deutschen Staetde(=ドイツ新都市建設法?)」に基づいて建設計画のために土地の強制収容なども行われるようになったそうです。<br />

    「総統の街」として、ニュルンベルグ、ミュンヘン、ハンブルグ、リンツ、ベルリンの五つの街が選ばれたそうです。また、ニュルンベルグは、「Gau」と呼ばれる第三帝国時代の行政区の首都でもあったそうです。さらには、ナチスの都市計画にも組み入れられたそうです。「Gesetz zur Neugestaltung der deutschen Staetde(=ドイツ新都市建設法?)」に基づいて建設計画のために土地の強制収容なども行われるようになったそうです。

  • これは、帝国党大会会場の設計図です。<br />結局、その一部しか実現しませんでしたが‥‥<br />

    これは、帝国党大会会場の設計図です。
    結局、その一部しか実現しませんでしたが‥‥

  • 見にくい写真ですが、ヒトラーとシュペアのことが述べられています。<br /><br />ヒトラー自身も建築計画に参画しましたが、1934年からはAlbert Speer(アルベルト シュペア)を重用して、その多くを任せたそうです。シュペアは、ニュルンゲルグの帝国党大会会場の建設だけでなく、1950年までにベルリンを「Welthauptstadt Germania(世界首都ゲルマニア)」にする計画も請け負ったそうです。<br />

    見にくい写真ですが、ヒトラーとシュペアのことが述べられています。

    ヒトラー自身も建築計画に参画しましたが、1934年からはAlbert Speer(アルベルト シュペア)を重用して、その多くを任せたそうです。シュペアは、ニュルンゲルグの帝国党大会会場の建設だけでなく、1950年までにベルリンを「Welthauptstadt Germania(世界首都ゲルマニア)」にする計画も請け負ったそうです。

  • 「舞台」と題されていますが、ツェッペリン広場に建設された党大会会場について解説されています<br />

    「舞台」と題されていますが、ツェッペリン広場に建設された党大会会場について解説されています

  • 斜めで見にくいですが、光の加減でこれでないと撮れませんでした。<br /><br />「規模」と題されていますが、ナチスが自らの権力の大きさを内外に示すために、建物の大きさと土地の広さが重視されたそうです。<br />

    斜めで見にくいですが、光の加減でこれでないと撮れませんでした。

    「規模」と題されていますが、ナチスが自らの権力の大きさを内外に示すために、建物の大きさと土地の広さが重視されたそうです。

  • 「総統」と題されていますが、党大会の演出は全て「総統」と「総統神話」のために作られており、建築物もそのために考えられていたそうです。ヒトラーが立つ中央演説台から全てが一望できるように作られ、党大会に集まった大人数の党員が整然と行進し、「総統」の御前を通り過ぎる形で大衆に推戴される総統を演出したそうです。

    「総統」と題されていますが、党大会の演出は全て「総統」と「総統神話」のために作られており、建築物もそのために考えられていたそうです。ヒトラーが立つ中央演説台から全てが一望できるように作られ、党大会に集まった大人数の党員が整然と行進し、「総統」の御前を通り過ぎる形で大衆に推戴される総統を演出したそうです。

  • 「光」と題されています。<br />1936年のベルリンオリンピックでは、「光の大聖堂」と題する演出が初めて使われたそうです。これは、党大会会場でも使われ、100以上の投光器が使われたそうです。<br />

    「光」と題されています。
    1936年のベルリンオリンピックでは、「光の大聖堂」と題する演出が初めて使われたそうです。これは、党大会会場でも使われ、100以上の投光器が使われたそうです。

  • その建設のために、強制収容所の人々が強制労働をさせられたそうです。<br /><br />写真は動員された収容所の一つFlossenbuergについての解説です。<br />Flossenbuergは、花崗岩が運ばれたそうです。<br />

    その建設のために、強制収容所の人々が強制労働をさせられたそうです。

    写真は動員された収容所の一つFlossenbuergについての解説です。
    Flossenbuergは、花崗岩が運ばれたそうです。

  • こちらはMauthausen収容所についての解説です。<br />ここからも花崗岩が運ばれてきたそうです。<br />

    こちらはMauthausen収容所についての解説です。
    ここからも花崗岩が運ばれてきたそうです。

  • こちらはNatzweiler-struthofとGross-Rosen強制収容所についての解説です。ここからも花崗岩が運ばれ、ここからの石は会議場やスタジアムの石材となったそうです。

    こちらはNatzweiler-struthofとGross-Rosen強制収容所についての解説です。ここからも花崗岩が運ばれ、ここからの石は会議場やスタジアムの石材となったそうです。

  • 帝国党大会会場は、様々な集会(Tag)に使われたそうです。<br /><br />写真は、スポーツ大会やダンス大会、松明行列も行われたそうです。

    帝国党大会会場は、様々な集会(Tag)に使われたそうです。

    写真は、スポーツ大会やダンス大会、松明行列も行われたそうです。

  • 「ヒトラーユーゲント大会」と題されています。<br />1937年には、ヒトラーユーゲントの大会が行われ、ヒトラー臨席のもと、5万人が動員されたそうです。<br />

    「ヒトラーユーゲント大会」と題されています。
    1937年には、ヒトラーユーゲントの大会が行われ、ヒトラー臨席のもと、5万人が動員されたそうです。

  • 当然、SAやSSの大会も行われました。<br />1934年9月9日に行われた大会では、10万人がヒトラーの前を行進し、謁見を受けたそうです。

    当然、SAやSSの大会も行われました。
    1934年9月9日に行われた大会では、10万人がヒトラーの前を行進し、謁見を受けたそうです。

  • 党大会の記念メダルのポスターです<br />

    党大会の記念メダルのポスターです

  • ニュルンベルグで開かれた大会の新聞記事や記念グッズです<br /><br />絵葉書やトランプなどもあるようです<br />

    ニュルンベルグで開かれた大会の新聞記事や記念グッズです

    絵葉書やトランプなどもあるようです

  • 党大会の入場券がたくさん貼られています。<br />その他、大会に来る人向けの街の地図もあります。

    党大会の入場券がたくさん貼られています。
    その他、大会に来る人向けの街の地図もあります。

  • その力を誇示するために、多数の人が動員されましたが、第三帝国内各地から人々がやってきたそうです。<br />写真には、ケルンから列車に乗ってやってきた人も写っています。<br />上の写真も含めて、一般庶民にとっても一つの楽しみであったようです。<br />

    その力を誇示するために、多数の人が動員されましたが、第三帝国内各地から人々がやってきたそうです。
    写真には、ケルンから列車に乗ってやってきた人も写っています。
    上の写真も含めて、一般庶民にとっても一つの楽しみであったようです。

  • 党大会を、ドイツ以外の国でどのように報道されたかが展示されていました。<br />

    党大会を、ドイツ以外の国でどのように報道されたかが展示されていました。

  • 多くの国では、好意的に伝えられていなかったようです。

    多くの国では、好意的に伝えられていなかったようです。

  • 「ニュルンベルグ法」について解説されています。<br />

    「ニュルンベルグ法」について解説されています。

  • 「ニュルンベルグ法」とは、民法でドイツ人とユダヤ人を規定する条項と、血統保護法を合わせたものだそうです。民法では、ドイツ人とユダヤ人を規定し、その混血度合いによって、半分よりユダヤ人の血が入った人についてはユダヤ人と規定し、半分以下の混血の人については混血とされたそうです。血統保護法では、自分の混血度合いや先祖の混血度合いによってによって細かく結婚していいかどうかが規定されていたそうです。<br />

    「ニュルンベルグ法」とは、民法でドイツ人とユダヤ人を規定する条項と、血統保護法を合わせたものだそうです。民法では、ドイツ人とユダヤ人を規定し、その混血度合いによって、半分よりユダヤ人の血が入った人についてはユダヤ人と規定し、半分以下の混血の人については混血とされたそうです。血統保護法では、自分の混血度合いや先祖の混血度合いによってによって細かく結婚していいかどうかが規定されていたそうです。

  • SintiやRomaと呼ばれるジプシーもユダヤ人同様に迫害された、との内容です。1936年から、非アーリア人として区別されるようになり、1938年からは逮捕されて収容所に入れられ、その後絶滅収容所で虐殺されるようになったそうです。<br />

    SintiやRomaと呼ばれるジプシーもユダヤ人同様に迫害された、との内容です。1936年から、非アーリア人として区別されるようになり、1938年からは逮捕されて収容所に入れられ、その後絶滅収容所で虐殺されるようになったそうです。

  • 子供達が描いたユダヤ人に関する絵と文書です。<br />学校教育におけるユダヤ人の扱いが分かります。<br />

    子供達が描いたユダヤ人に関する絵と文書です。
    学校教育におけるユダヤ人の扱いが分かります。

  • 左下の書籍は「授業におけるユダヤ人問題」と題されています。<br />真ん中の紙は小学五年生が書いたもので、ユダヤ人は出て行け、と言ったことが書かれています。<br /><br />

    左下の書籍は「授業におけるユダヤ人問題」と題されています。
    真ん中の紙は小学五年生が書いたもので、ユダヤ人は出て行け、と言ったことが書かれています。

  • 双六です。<br />「ユダヤ人は出て行け」と大書されています。<br />ルールは、サイコロを振っていかに早く多くのユダヤ人を街の外へ送り込めるかを争うものだそうです。6人のユダヤ人を追い出したものが勝ちだそうです。<br />

    双六です。
    「ユダヤ人は出て行け」と大書されています。
    ルールは、サイコロを振っていかに早く多くのユダヤ人を街の外へ送り込めるかを争うものだそうです。6人のユダヤ人を追い出したものが勝ちだそうです。

  • 学校の授業で、如何にユダヤ人であることを判別するか、と言うことを教えているところがイラストになっています。<br />

    学校の授業で、如何にユダヤ人であることを判別するか、と言うことを教えているところがイラストになっています。

  • 新聞や封筒にもユダヤ人を悪く表現するものがあったそうです。<br />角が生えたり、悪魔のように扱われています。

    新聞や封筒にもユダヤ人を悪く表現するものがあったそうです。
    角が生えたり、悪魔のように扱われています。

  • プロパガンダ映画での党大会について解説されていました<br /><br />写真は「意志の勝利」についてです。Leni Riefenstahlが監督を務め、170人のスタッフと30万マルクの費用が注ぎ込まれたそうです。その作品はただのドキュメントではなく、「総統」と「その人民」の連帯という党大会の主旨をよく伝えるプロパガンダ作品に仕上がったそうです。<br />

    プロパガンダ映画での党大会について解説されていました

    写真は「意志の勝利」についてです。Leni Riefenstahlが監督を務め、170人のスタッフと30万マルクの費用が注ぎ込まれたそうです。その作品はただのドキュメントではなく、「総統」と「その人民」の連帯という党大会の主旨をよく伝えるプロパガンダ作品に仕上がったそうです。

  • ヒトラーへの抵抗運動について解説されています。<br /><br />1933年から1936年には、労働運動系の地下活動家による抵抗運動が行われていたそうです。ゲシュタポによる徹底した弾圧によって、1936年には沈静化してしまったそうです。<br />

    ヒトラーへの抵抗運動について解説されています。

    1933年から1936年には、労働運動系の地下活動家による抵抗運動が行われていたそうです。ゲシュタポによる徹底した弾圧によって、1936年には沈静化してしまったそうです。

  • 1936年から1941年には、ヒトラーが戦争への道を進んでいるとみた市民や軍人達による反対運動が起こったそうです。Goerdelerグループ、Rote Kapelle(赤い礼拝堂)、Kreisauグループなど様々なグループが結成されたそうです。<br />1939年11月8日にミュンヘンのBuergerbraeukellerで起こったGeorg Elserによる暗殺未遂がこの期間のハイライトだそうです。<br />

    1936年から1941年には、ヒトラーが戦争への道を進んでいるとみた市民や軍人達による反対運動が起こったそうです。Goerdelerグループ、Rote Kapelle(赤い礼拝堂)、Kreisauグループなど様々なグループが結成されたそうです。
    1939年11月8日にミュンヘンのBuergerbraeukellerで起こったGeorg Elserによる暗殺未遂がこの期間のハイライトだそうです。

  • 1941年から1945年には、ショル兄妹が主導するWeisse Rose(白いバラ)と言う学生抵抗運動グループによる運動やGraf von Stauffenbergが首謀した1944年6月20日のヒトラー爆殺未遂事件が起こりました。しかし、いずれも成功しなかったそうです。<br />

    1941年から1945年には、ショル兄妹が主導するWeisse Rose(白いバラ)と言う学生抵抗運動グループによる運動やGraf von Stauffenbergが首謀した1944年6月20日のヒトラー爆殺未遂事件が起こりました。しかし、いずれも成功しなかったそうです。

  • Vernichtungskrieg(絶滅戦争)とジェノサイドにおける国軍の役割を解説しています。<br />ソ連との戦いでは、捕虜を即刻射殺してよいという命令に沿って、多くの舞台で降伏したソ連兵を違法に射殺したそうです。そのほか、病気や飢餓などでも死者が出て、合計300万人のソ連兵が亡くなったそうです。<br />

    Vernichtungskrieg(絶滅戦争)とジェノサイドにおける国軍の役割を解説しています。
    ソ連との戦いでは、捕虜を即刻射殺してよいという命令に沿って、多くの舞台で降伏したソ連兵を違法に射殺したそうです。そのほか、病気や飢餓などでも死者が出て、合計300万人のソ連兵が亡くなったそうです。

  • そしてこのパネルではホロコーストについて書かれています。<br />「ユダヤ人問題の最終的解決」として、アウシュヴィッツ-ビルケナウなどの絶滅収容所でたくさんのユダヤ人等が殺されたとのことです。合計すると、600万人のユダヤ人がドイツ人の手で命を失ったと言われているそうです。<br />

    そしてこのパネルではホロコーストについて書かれています。
    「ユダヤ人問題の最終的解決」として、アウシュヴィッツ-ビルケナウなどの絶滅収容所でたくさんのユダヤ人等が殺されたとのことです。合計すると、600万人のユダヤ人がドイツ人の手で命を失ったと言われているそうです。

  • そして、第二次大戦のヨーロッパ戦線は1945年5月8日に終末を告げました。<br /><br />その後、敗戦国の戦犯を裁く「国際軍事法廷」が開かれたそうです。<br />いわゆる「ニュルンベルグ裁判」です。公判の行われた600号法廷は博物館として公開されています。私はそこにも行きたかったのですが、この日は休館日で訪れることが出来ませんでした。<br />

    そして、第二次大戦のヨーロッパ戦線は1945年5月8日に終末を告げました。

    その後、敗戦国の戦犯を裁く「国際軍事法廷」が開かれたそうです。
    いわゆる「ニュルンベルグ裁判」です。公判の行われた600号法廷は博物館として公開されています。私はそこにも行きたかったのですが、この日は休館日で訪れることが出来ませんでした。

  • 戦後、戦勝四大国によってドイツは分割統治されましたが、ニュルンベルグはアメリカの統治下にあったそうです。そのため、アメリカの軍政部が公判を組織したそうです。公判に参加する人たちの食事や宿泊を準備し、検察官の警護、裁判所の警備なども行ったそうです。四大国はそれぞれに自国の裁判官と検察官を出したそうです。<br />

    戦後、戦勝四大国によってドイツは分割統治されましたが、ニュルンベルグはアメリカの統治下にあったそうです。そのため、アメリカの軍政部が公判を組織したそうです。公判に参加する人たちの食事や宿泊を準備し、検察官の警護、裁判所の警備なども行ったそうです。四大国はそれぞれに自国の裁判官と検察官を出したそうです。

  • ニュルンベルグ裁判ではナチ政権の中心人物として21人が起訴され、その他政府やナチス党指導部、ゲシュタポ、SD、SS、SA、参謀本部などが犯罪組織として起訴されたそうです。<br />

    ニュルンベルグ裁判ではナチ政権の中心人物として21人が起訴され、その他政府やナチス党指導部、ゲシュタポ、SD、SS、SA、参謀本部などが犯罪組織として起訴されたそうです。

  • 1946年9月30日と10月1日に判決が言い渡されました。<br />12人に死刑、3人に終身刑、4人に長期の禁固、3人に無罪が言い渡されたそうです。1946年10月16日にニュルンベルグで死刑が執行されたそうです。<br /><br />東京裁判も同じですが、この裁判も事後法に基づいて設置されたものであり、その起訴理由も事後法であり、当時も存在した法律を遡及して適用しないという原則に背くものでした。また、連合国側の戦争責任は一切問われることがもありませんでした。私はこの裁判にどこまで正当性があるのか、疑問を感じます。東京裁判では、インドのパール判事も同様の指摘をしています。<br />

    1946年9月30日と10月1日に判決が言い渡されました。
    12人に死刑、3人に終身刑、4人に長期の禁固、3人に無罪が言い渡されたそうです。1946年10月16日にニュルンベルグで死刑が執行されたそうです。

    東京裁判も同じですが、この裁判も事後法に基づいて設置されたものであり、その起訴理由も事後法であり、当時も存在した法律を遡及して適用しないという原則に背くものでした。また、連合国側の戦争責任は一切問われることがもありませんでした。私はこの裁判にどこまで正当性があるのか、疑問を感じます。東京裁判では、インドのパール判事も同様の指摘をしています。

  • ここからは、戦後の帝国党大会会場について解説されています。<br /><br />1945年にその所有は市となり、野外行事が行われたりしたそうです。<br />

    ここからは、戦後の帝国党大会会場について解説されています。

    1945年にその所有は市となり、野外行事が行われたりしたそうです。

  • 1949年には第一回国内建築展覧会、1950年にはニュルンベルグ900年祭が開かれたそうです。その後も、いくつもの利用計画が出ては消えていたそうです。問題は誰がその費用を出すのか、だったそうです。1987年にある企業がショッピングセンターにしようとしたところ、バイエルン州文化財保護当局の異議や市民からの反対で阻止されたそうです。その後、修復され、現在に至るそうです。<br />

    1949年には第一回国内建築展覧会、1950年にはニュルンベルグ900年祭が開かれたそうです。その後も、いくつもの利用計画が出ては消えていたそうです。問題は誰がその費用を出すのか、だったそうです。1987年にある企業がショッピングセンターにしようとしたところ、バイエルン州文化財保護当局の異議や市民からの反対で阻止されたそうです。その後、修復され、現在に至るそうです。

  • 最後の展示の続きには、ガラス張りの通路があり、Kongresshalleの内側を見ることが出来ます。ガラスにはKongresshalleの模型?の写真もあります。<br />

    最後の展示の続きには、ガラス張りの通路があり、Kongresshalleの内側を見ることが出来ます。ガラスにはKongresshalleの模型?の写真もあります。

  • 建物から突き出るように渡り廊下のようなものが出ています。<br />ここは自由に立ち入ることが出来、Kongresshalleを見渡せます。<br />

    建物から突き出るように渡り廊下のようなものが出ています。
    ここは自由に立ち入ることが出来、Kongresshalleを見渡せます。

  • Kongresshalle(会議場)の丸くなっている部分です。<br />その大きさが、第三帝国が如何に力を入れていたかを示しているように感じます。<br />

    Kongresshalle(会議場)の丸くなっている部分です。
    その大きさが、第三帝国が如何に力を入れていたかを示しているように感じます。

  • こちらはその対角にある会議場の出入り口と思われます。<br />こちらもしっかり作られています。戦中も建築が続いたそうですが、結局完成することはなかったそうです。<br /><br />ここには5万人が収容可能だったそうです。

    こちらはその対角にある会議場の出入り口と思われます。
    こちらもしっかり作られています。戦中も建築が続いたそうですが、結局完成することはなかったそうです。

    ここには5万人が収容可能だったそうです。

  • 出口へ向かおうとすると、その途中からガラス張りの向こうに空間が見えます。<br />「Grosse Saeulenhalle(円柱大ホール)」と言うところで、ヒトラーとその従者のロビーとして作られたそうです。<br /><br />と言うことで、展示は終了です。中央駅へ戻ります。<br />

    出口へ向かおうとすると、その途中からガラス張りの向こうに空間が見えます。
    「Grosse Saeulenhalle(円柱大ホール)」と言うところで、ヒトラーとその従者のロビーとして作られたそうです。

    と言うことで、展示は終了です。中央駅へ戻ります。

  • 市電で中央駅まで戻ってきました。<br />中央駅から市電の乗り場までは、地下道を通っていきます。<br /><br />またロッカーから荷物を取り出して、ミュンヘンへ向かいます。<br />

    市電で中央駅まで戻ってきました。
    中央駅から市電の乗り場までは、地下道を通っていきます。

    またロッカーから荷物を取り出して、ミュンヘンへ向かいます。

  • ミュンヘン行きのICE881で向かいます。<br />

    ミュンヘン行きのICE881で向かいます。

この旅行記のタグ

24いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • frau.himmelさん 2011/09/23 21:23:09
    ドク・ツェントゥルム編 見せていただきました。
    近鉄バッファローズさん こんばんは。

    ドク・ツェントゥルム編 見せていただきました。
    詳細にお調べになっており素晴らしいと思いました。
    バッファローズさん ドイツ語が堪能でいらっしゃるから、説明文を翻訳なさったのでしょう?
    いいですね。そこまでお分かりになると。

    それに、私とは違った視点でご覧になったものや、私が記憶に残っていなかった写真もあり、とても新鮮に見せていただきました。

    確かに撮影は自由にどうぞでしたが、展示物を撮ろうとするとガラスが光ったり、人物が写ったりしてうまく撮れないんですよね。
    バッファローズさんも苦労なさっているなーと感じました。

    改めて思い出させてくださってありがとうございました。

    himmel

    近鉄バッファローズ

    近鉄バッファローズさん からの返信 2011/09/23 22:09:52
    投票の御礼
    frau.himmelさん、こんばんは。
    近鉄バッファローズです。

    早速、拙旅行記を拝見頂き有り難う御座います。
    加えて、清き一票まで賜り恐縮しております。

    全く堪能ではありませんが、辞書を引き引き訳しました。
    なので、翻訳調で読みにくいと思いますが御容赦下さい。
    それに、私の解釈が合っているとも限りません。残念ながら。
    その場合は御容赦下さい。

    人によって一つの物事に対する見方は異なると思います。
    私とfrau.himmelさんとの間でも、それは同様だと思います。
    そして、それは避けられないことだと思います。
    私もいろんな方の御高説を、謙虚に拝聴したいと思います。

    おっしゃるように、館内の展示を撮るのは大変でしたよね。
    館内が暗いですし、ガラスで展示が覆われているので
    フラッシュはたけないし。なので、色々入り込んでいる写真ばかりでした。

    また、ご覧いただければ、幸いです。

近鉄バッファローズさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 247円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集