ブリエンツ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
4日目。 移動日。<br /><br />ヴェンゲンのホテルを8:00前にチェックアウト。<br />ホテルのオーナーとさよならの握手を交わし、ホテルからヴェンゲンの駅まで、電気自動車で送っていただきました。<br /><br />ヴェンゲンからは、登山列車でラウターブルンネンへいきます。<br />この区間で見えるラウター峡谷のU字谷の景色は絶景。<br />とてもきれいでした。<br />ラウターブルンネンで、電車を乗り換えて、インターラーケン・オストへ向かいます。<br /><br />インターラーケン・オストへ到着後、ブリエンツ湖の遊覧船にのりました。<br />ブリエンツ湖は、太陽光の角度によって、湖面が青~水色に輝いています。<br />すっごくきれい。<br />爽快なひとときを過ごすことができました。<br /><br />ブリエンツに到着後、電車に乗り換えて、ルツェルンへ向かいます。<br />マイリンゲンで進行方向を変えて、ブリュニッヒの峠を越えます。<br />このコースは、ゴールデン・パス・ラインのルートでもあり、風光明媚な景色が味わえます。<br />途中、電車から見えたルンゲルン湖は、湖面がコバルトブルーに輝き、周囲の緑の山並みとの光景がとてもきれいでした。<br />ルンゲルン湖を通過すると、ジスウィルの街並み、ザルナー湖、ザルネン、ルツェルン湖と続いて、ルツェルンへ到着しました。<br /><br />そんなスイス中央部の山に囲まれた湖を巡る旅行記です。<br /><br /><br /><br />7/9(金)成田→(ミュンヘン)→ジュネーブ→キュウイー<br />7/10(土)キューイー→べンゲン<br />7/11(日)べンゲン<br />7/12(月)べンゲン→ルツェルン→ポントレジーナ<br />7/13(火)ポントレジーナ<br />7/14(水)ポントレジーナ→ティラノ→ミラノ<br />7/15(木)ミラノ→フィレンツェ<br />7/16(金)フィレンツェ→ベネチア<br />7/17(土)ベネチア<br />7/18(日)ベネチア→(ミュンヘン)→成田 <br />

スイス・イタリア旅行2010 ⑥ スイス ヴェンゲン⇒ブリエンツ湖⇒ルツェルン  スイス中央部の山に囲まれた湖たち

47いいね!

2010/07/09 - 2010/07/19

7位(同エリア87件中)

8

70

じゃが♪

じゃが♪さん

4日目。 移動日。

ヴェンゲンのホテルを8:00前にチェックアウト。
ホテルのオーナーとさよならの握手を交わし、ホテルからヴェンゲンの駅まで、電気自動車で送っていただきました。

ヴェンゲンからは、登山列車でラウターブルンネンへいきます。
この区間で見えるラウター峡谷のU字谷の景色は絶景。
とてもきれいでした。
ラウターブルンネンで、電車を乗り換えて、インターラーケン・オストへ向かいます。

インターラーケン・オストへ到着後、ブリエンツ湖の遊覧船にのりました。
ブリエンツ湖は、太陽光の角度によって、湖面が青~水色に輝いています。
すっごくきれい。
爽快なひとときを過ごすことができました。

ブリエンツに到着後、電車に乗り換えて、ルツェルンへ向かいます。
マイリンゲンで進行方向を変えて、ブリュニッヒの峠を越えます。
このコースは、ゴールデン・パス・ラインのルートでもあり、風光明媚な景色が味わえます。
途中、電車から見えたルンゲルン湖は、湖面がコバルトブルーに輝き、周囲の緑の山並みとの光景がとてもきれいでした。
ルンゲルン湖を通過すると、ジスウィルの街並み、ザルナー湖、ザルネン、ルツェルン湖と続いて、ルツェルンへ到着しました。

そんなスイス中央部の山に囲まれた湖を巡る旅行記です。



7/9(金)成田→(ミュンヘン)→ジュネーブ→キュウイー
7/10(土)キューイー→べンゲン
7/11(日)べンゲン
7/12(月)べンゲン→ルツェルン→ポントレジーナ
7/13(火)ポントレジーナ
7/14(水)ポントレジーナ→ティラノ→ミラノ
7/15(木)ミラノ→フィレンツェ
7/16(金)フィレンツェ→ベネチア
7/17(土)ベネチア
7/18(日)ベネチア→(ミュンヘン)→成田

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
5.0
交通
5.0

PR

  • 朝。 ユングフラウのモルゲンロート。<br /><br /><br />頂上に、ほんのり赤い太陽光があたっていました。

    朝。 ユングフラウのモルゲンロート。


    頂上に、ほんのり赤い太陽光があたっていました。

  • 日の出から20〜30min後のシルバーホルン。<br /><br /><br />この後、朝食を食べました。

    日の出から20〜30min後のシルバーホルン。


    この後、朝食を食べました。

  • ユングフラウ。<br /><br /><br />とてもきれい。<br />今日はチェックアウト日なので、名残惜しいですが、これで見納めです。<br /><br />「このままテラスのチェアーに座り、もっと、みていたいなー。」

    ユングフラウ。


    とてもきれい。
    今日はチェックアウト日なので、名残惜しいですが、これで見納めです。

    「このままテラスのチェアーに座り、もっと、みていたいなー。」

  • ところで、ユングフラウの左肩に、パラボラアンテナの建物と、その下に山小屋が並んでいることに気づきました。<br /><br /><br />山小屋は、ユングフラウを登頂するアルピニストたちの宿泊所なのでしょう。<br />もしかしたら、今頃、ユングフラウの頂上を目指す、超硬派の体育会系アルピニストたちが登っているのかも。。<br /><br />

    ところで、ユングフラウの左肩に、パラボラアンテナの建物と、その下に山小屋が並んでいることに気づきました。


    山小屋は、ユングフラウを登頂するアルピニストたちの宿泊所なのでしょう。
    もしかしたら、今頃、ユングフラウの頂上を目指す、超硬派の体育会系アルピニストたちが登っているのかも。。

  • 宿泊したホテル。<br /><br /><br />Wengener Hof。<br /><br />部屋のテラスからの眺望は抜群、<br />レストランの料理は美味い、<br />スタッフの方々は親切。<br />値段はちょっと高めの設定ですが、円高ユーロ安の影響もあり、むしろ得した気分。<br /><br />何もいうことありません。 <br />ホシ5つです。 ♪<br /><br /><br />初日のチェックインで夜遅く到着したとき、笑顔で出迎えてくれたオーナーが、チェックアウトのときもロビーで見送ってくれました。<br />玄関で、さよならの握手を交わします。<br /><br />また宿泊したい、いいホテルでした。<br />

    宿泊したホテル。


    Wengener Hof。

    部屋のテラスからの眺望は抜群、
    レストランの料理は美味い、
    スタッフの方々は親切。
    値段はちょっと高めの設定ですが、円高ユーロ安の影響もあり、むしろ得した気分。

    何もいうことありません。 
    ホシ5つです。 ♪


    初日のチェックインで夜遅く到着したとき、笑顔で出迎えてくれたオーナーが、チェックアウトのときもロビーで見送ってくれました。
    玄関で、さよならの握手を交わします。

    また宿泊したい、いいホテルでした。

  • スタッフの方に、ホテルからヴェンゲンの駅まで電気自動車で送ってもらいます。<br />駅から登山列車に乗りました。<br /><br /><br />写真は、下へ降る途中ですれ違った登山電車。<br />先頭車両に貨物車両が連結されて、鉄道関係者が二人、乗っていました。<br /><br />

    スタッフの方に、ホテルからヴェンゲンの駅まで電気自動車で送ってもらいます。
    駅から登山列車に乗りました。


    写真は、下へ降る途中ですれ違った登山電車。
    先頭車両に貨物車両が連結されて、鉄道関係者が二人、乗っていました。

  • 車窓から見えた、ラウターブルンネンのU字谷。<br /><br /><br />素晴らしい景色。 ♪<br />そういえば、2日前にここを通過したときは、夜で真っ暗でした。

    車窓から見えた、ラウターブルンネンのU字谷。


    素晴らしい景色。 ♪
    そういえば、2日前にここを通過したときは、夜で真っ暗でした。

  • ラウター峡谷に降り注ぐ滝。<br /><br /><br />シュタウバッハの滝。

    ラウター峡谷に降り注ぐ滝。


    シュタウバッハの滝。

  • ラウターブルンネン駅に到着。<br /><br /><br />ここで、電車を乗り換えます。

    ラウターブルンネン駅に到着。


    ここで、電車を乗り換えます。

  • 乗りかえた電車の車両。<br /><br /><br />一等車。<br />奮発しました。 ♪<br />座席は横幅と足元が広くて、超快適。<br />人も少なく、座席を移動し放題。<br />車窓からの景色を追い求め、じっくり撮影するには、うってつけの環境です。 ♪

    乗りかえた電車の車両。


    一等車。
    奮発しました。 ♪
    座席は横幅と足元が広くて、超快適。
    人も少なく、座席を移動し放題。
    車窓からの景色を追い求め、じっくり撮影するには、うってつけの環境です。 ♪

  • ヴィルダース・ヴィル駅に到着。<br /><br /><br />写真の列車は、シーニッゲプラッテへ向かう登山鉄道。<br />かわいい電車です。 ♪

    ヴィルダース・ヴィル駅に到着。


    写真の列車は、シーニッゲプラッテへ向かう登山鉄道。
    かわいい電車です。 ♪

  • インターラーケンの飛行場。<br /><br /><br />緑地が広がって、すっごくきれい。

    インターラーケンの飛行場。


    緑地が広がって、すっごくきれい。

  • このポイント、1,2分で通過します。<br /><br /><br />ボーとしていると見逃してしまうところ。 ♪<br />(ちなみに、ラウターブルンネンからインターラーケン方面に乗ると、進行方向の右側に座れば、見ることができます。)

    このポイント、1,2分で通過します。


    ボーとしていると見逃してしまうところ。 ♪
    (ちなみに、ラウターブルンネンからインターラーケン方面に乗ると、進行方向の右側に座れば、見ることができます。)

  • インターラーケン・オストBRSに到着。<br /><br /><br />ここで、ブリエンツ湖の遊覧船乗り場に向かいます。

    インターラーケン・オストBRSに到着。


    ここで、ブリエンツ湖の遊覧船乗り場に向かいます。

  • ブリエンツ湖の遊覧船乗り場。<br /><br /><br />今日は移動日のため、重たいスーツケースを持って、この船に乗り込みます。<br />大変かと思いましたが、船の乗船はスロープがついていて楽ちんだったし、<br />船内での階段の上り下り以外は、スムーズに運べました。<br /><br />ちなみに、全旅行を通して、スーツケースは自分で運びましたが、<br />一番つらいと感じたところは、電車の乗降ステップです。。

    ブリエンツ湖の遊覧船乗り場。


    今日は移動日のため、重たいスーツケースを持って、この船に乗り込みます。
    大変かと思いましたが、船の乗船はスロープがついていて楽ちんだったし、
    船内での階段の上り下り以外は、スムーズに運べました。

    ちなみに、全旅行を通して、スーツケースは自分で運びましたが、
    一番つらいと感じたところは、電車の乗降ステップです。。

  • 遊覧船に乗車します。<br /><br /><br />9:40発の朝一便。<br />終着港のブリエンツBRSまで、航行します。

    イチオシ

    遊覧船に乗車します。


    9:40発の朝一便。
    終着港のブリエンツBRSまで、航行します。

  • インターラーケン・オスト駅のそばの鉄道。

    インターラーケン・オスト駅のそばの鉄道。

  • さー、出航です。<br /><br /><br />近くで、親子が手を振っていました。 ♪<br /><br />かわいい。 〜♪

    さー、出航です。


    近くで、親子が手を振っていました。 ♪

    かわいい。 〜♪

  • ユリカモメが飛んでいました。<br />夏羽バージョンですね。 <br />覚えました。<br /><br />

    ユリカモメが飛んでいました。
    夏羽バージョンですね。 
    覚えました。

  • ニーセンが見えます。

    ニーセンが見えます。

  • ♪

  • イセルドワルト波止場。<br /><br /><br />正面の建物は、ホテルです。<br />こういうところに宿泊するのもいいかも。

    イセルドワルト波止場。


    正面の建物は、ホテルです。
    こういうところに宿泊するのもいいかも。

  • ワンコちゃんが、船の縁から、顔をのぞかせています。 ♪

    ワンコちゃんが、船の縁から、顔をのぞかせています。 ♪

  • ブリエンツ湖から見えた山。<br />ブリエンツァー・ロートホルンの西側あたり。<br /><br /><br />あの頂上を尾根沿いに歩くと、気持ちがいいんだろうなー。

    ブリエンツ湖から見えた山。
    ブリエンツァー・ロートホルンの西側あたり。


    あの頂上を尾根沿いに歩くと、気持ちがいいんだろうなー。

  • ブリエンツ湖湖畔の村。

    ブリエンツ湖湖畔の村。

  • 湖畔の住宅街。

    湖畔の住宅街。

  • ♪

  • 〜♪

    〜♪

  • きれいな水色。 ♪

    イチオシ

    きれいな水色。 ♪

  • ただ座っているだけで、気持ちがいいんです。 ♪

    ただ座っているだけで、気持ちがいいんです。 ♪

  • 夏休みでバカンス旅行中の家族でしょうか。

    夏休みでバカンス旅行中の家族でしょうか。

  • 遊覧船の通路。

    遊覧船の通路。

  • 食堂。<br /><br /><br />ブリエンツ湖を眺めながら、ランチ・クルーズをすることができます。<br /><br />白ワインを飲みながら、観光するグループがいました。<br />優雅でした。

    食堂。


    ブリエンツ湖を眺めながら、ランチ・クルーズをすることができます。

    白ワインを飲みながら、観光するグループがいました。
    優雅でした。

  • 先端。

    先端。

  • ギースバッハの波止場。<br /><br /><br />太陽がまぶしくなり、湖面の色がコバルトブルーになってきました。

    ギースバッハの波止場。


    太陽がまぶしくなり、湖面の色がコバルトブルーになってきました。

  • ギースバッハ。<br /><br /><br />ここでたくさんの人が降りていきました。<br /><br />この場所は、ここへ来るまで知りませんでしたが、ちょっとした観光スポットのようです。

    ギースバッハ。


    ここでたくさんの人が降りていきました。

    この場所は、ここへ来るまで知りませんでしたが、ちょっとした観光スポットのようです。

  • ギースバッハ・ホテル。<br /><br /><br />ブリエンツ湖の湖畔にお城のようなホテルが建っています。<br />

    ギースバッハ・ホテル。


    ブリエンツ湖の湖畔にお城のようなホテルが建っています。

  • ギースバッハの滝。<br /><br /><br />滝の上に、橋が設けられています。<br />この近辺にハイキングコースが作られているようです。<br />

    ギースバッハの滝。


    滝の上に、橋が設けられています。
    この近辺にハイキングコースが作られているようです。

  • 「ピーーーッ!」<br /><br /><br />山の斜面から、汽笛が聞こえます。<br />蒸気も見えました。<br /><br />ブリエンツ・ロートホルン鉄道の蒸気のようです。<br />ブリエンツ湖からは、こんな風に見えるんですね。<br /><br />

    「ピーーーッ!」


    山の斜面から、汽笛が聞こえます。
    蒸気も見えました。

    ブリエンツ・ロートホルン鉄道の蒸気のようです。
    ブリエンツ湖からは、こんな風に見えるんですね。

  • ブリエンツ湖のクルーズは、そろそろ終盤になってきました。

    ブリエンツ湖のクルーズは、そろそろ終盤になってきました。

  • 太陽の角度が高くなったのか、湖面の色が、より鮮やかなコバルトブルーになってきました。

    太陽の角度が高くなったのか、湖面の色が、より鮮やかなコバルトブルーになってきました。

  • ブリエンツ湖の波止場が見えました。<br /><br /><br />終着点です。<br /><br /><br />「おもしろかった。 〜♪」

    ブリエンツ湖の波止場が見えました。


    終着点です。


    「おもしろかった。 〜♪」

  • ブリエンツ湖の波止場に降ります。<br /><br /><br />きれいに整備された公園みたい。<br />

    ブリエンツ湖の波止場に降ります。


    きれいに整備された公園みたい。

  • 白鳥とカモちゃんたちが泳いでいます。<br /><br /><br />暑いせいか、波止場の日陰に固まっていました。<br /><br /><br />ちなみに、鳥たちは、<br /><br /> 白鳥:コブハクチョウ、<br /> 写真左中央:アカハシハジロのオス。<br />     日本では稀な冬鳥で、滅多に見られない鳥らしいです。<br /> 左奥はマガモのペア、<br /> 写真右奥はオオバン、<br /><br />です。<br /><br />(潮来メジロさん、毎度、ありがとうございます。)

    白鳥とカモちゃんたちが泳いでいます。


    暑いせいか、波止場の日陰に固まっていました。


    ちなみに、鳥たちは、

     白鳥:コブハクチョウ、
     写真左中央:アカハシハジロのオス。
         日本では稀な冬鳥で、滅多に見られない鳥らしいです。
     左奥はマガモのペア、
     写真右奥はオオバン、

    です。

    (潮来メジロさん、毎度、ありがとうございます。)

  • (そんな珍しいカモちゃんがいるとは知らず)、<br />湖畔の隅でたたずむ鳥たちの雰囲気がよかったので、なんとなく写真を撮っていました。<br /><br /><br />もう一枚あったので、追加。<br />写真中央左が、アカハシハジロのオスです。<br /><br />でも、後ろをむいているじゃん。。 (滝汗;)<br />

    (そんな珍しいカモちゃんがいるとは知らず)、
    湖畔の隅でたたずむ鳥たちの雰囲気がよかったので、なんとなく写真を撮っていました。


    もう一枚あったので、追加。
    写真中央左が、アカハシハジロのオスです。

    でも、後ろをむいているじゃん。。 (滝汗;)

  • ブリエンツ湖のクルーズ船。<br /><br /><br />早くも、次のお客さんたちが、座席に座って、出航を待っています。<br /><br />おばあちゃんの横で、手すりにもたれる女の子がかわいかったなー。

    ブリエンツ湖のクルーズ船。


    早くも、次のお客さんたちが、座席に座って、出航を待っています。

    おばあちゃんの横で、手すりにもたれる女の子がかわいかったなー。

  • 出航。 ♪<br /><br /><br />いってらっしゃーい。

    イチオシ

    出航。 ♪


    いってらっしゃーい。

  • 我々も、スーツケースを転がして、ブリエンツ駅へ向かいます。

    我々も、スーツケースを転がして、ブリエンツ駅へ向かいます。

  • ブリエンツ・ロートホルン鉄道の駅。<br />隣接しています。<br /><br /><br />この登山鉄道は、今回の旅行で、行くか行かないか最後まで迷いました。<br />ブリエンツから頂上までは、片道1時間あまりかかり、展望台に行って、ハイキングなどをすると、ほぼ1日コースとなります。<br />朝と夕方のことを考慮すると、宿泊場所は、この近辺の方がいいかな。。<br />写真撮影を考えると、撮影スポットは……。<br />(こんなことを、考え出すと、すごく楽しいです。 ♪)<br /><br />「いつかは行ってみたいなー。」

    ブリエンツ・ロートホルン鉄道の駅。
    隣接しています。


    この登山鉄道は、今回の旅行で、行くか行かないか最後まで迷いました。
    ブリエンツから頂上までは、片道1時間あまりかかり、展望台に行って、ハイキングなどをすると、ほぼ1日コースとなります。
    朝と夕方のことを考慮すると、宿泊場所は、この近辺の方がいいかな。。
    写真撮影を考えると、撮影スポットは……。
    (こんなことを、考え出すと、すごく楽しいです。 ♪)

    「いつかは行ってみたいなー。」

  • 電車に乗って、先に進みます。<br /><br /><br />ブリエンツ湖が小さく見えました。<br /><br />「ブリエンツ湖、さよーならー。」

    電車に乗って、先に進みます。


    ブリエンツ湖が小さく見えました。

    「ブリエンツ湖、さよーならー。」

  • マイリンゲンで進行方向を変えて、ブリュニッヒの峠を越えます。<br /><br /><br />このコースは、ゴールデン・パス・ラインのルートでもあり、風光明媚な景色が続きます。

    マイリンゲンで進行方向を変えて、ブリュニッヒの峠を越えます。


    このコースは、ゴールデン・パス・ラインのルートでもあり、風光明媚な景色が続きます。

  • 峠を越えるところ。<br /><br /><br />急勾配と急カーブが続き、ゆっくりしたスピードで進みます。

    峠を越えるところ。


    急勾配と急カーブが続き、ゆっくりしたスピードで進みます。

  • ♪<br /><br /><br />ルンゲルン湖がみえました!




    ルンゲルン湖がみえました!

  • 湖畔の教会。

    湖畔の教会。

  • ルンゲルン駅。

    ルンゲルン駅。

  • 駅には、レンタル自転車がたくさん置かれていました。<br /><br /><br />ここで途中下車して、湖畔をサイクリングすると、爽快だろうなー。

    駅には、レンタル自転車がたくさん置かれていました。


    ここで途中下車して、湖畔をサイクリングすると、爽快だろうなー。

  • ルンゲルン湖。<br /><br /><br />

    イチオシ

    ルンゲルン湖。


  • ブリエンツ湖よりも、コバルトブルーの色が強めで、すっごく独特な色。<br /><br /><br />どうすれば、こんな色の湖ができるのだろう。

    ブリエンツ湖よりも、コバルトブルーの色が強めで、すっごく独特な色。


    どうすれば、こんな色の湖ができるのだろう。

  • ♪

  • 車窓からの景色だけでしたが、きれいだった。 〜♪

    車窓からの景色だけでしたが、きれいだった。 〜♪

  • ルンゲルン湖を越えると、ジスウィルの街が見えました。

    ルンゲルン湖を越えると、ジスウィルの街が見えました。

  • ♪

  • ジスウィルの駅。<br /><br /><br />

    ジスウィルの駅。


  • 新しい湖が見えてきました。

    新しい湖が見えてきました。

  • ザルネン湖です。<br /><br /><br />そこそこ大きな湖です。<br /><br />湖面の色とか雰囲気は、ルンゲルン湖の方がよかったかも。

    ザルネン湖です。


    そこそこ大きな湖です。

    湖面の色とか雰囲気は、ルンゲルン湖の方がよかったかも。

  • 電車はさらに進みます。

    電車はさらに進みます。

  • かわいい教会。

    かわいい教会。

  • ルツェルン湖(フィーアヴァルトシュテッテ湖)が、見えてきました。<br /><br /><br />

    ルツェルン湖(フィーアヴァルトシュテッテ湖)が、見えてきました。


  • ルツェルン駅に到着。<br /><br /><br />スイス中央部の山に囲まれた湖を巡る、満喫した移動時間でした。 ♪

    ルツェルン駅に到着。


    スイス中央部の山に囲まれた湖を巡る、満喫した移動時間でした。 ♪

この旅行記のタグ

関連タグ

47いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (8)

開く

閉じる

  • ねもさん 2020/01/28 11:40:18
    お久しぶりです
    じゃが♪さん 昔の旅行記に失礼します。
    この旅行記を拝見して思い出しましたが、スイスでは私もよくホテルで握手してさよならしました。あれって、他の国ではあまり記憶にないような……
    「値段はちょっと高めの設定ですが、円高ユーロ安の影響もあり、むしろ得した気分」
    ↑このころはたしか1フラン=90円くらいでしたね。お互い良いときにスイスを歩いたものです。
    わが家も1ヶ月後にトゥーン湖を航行しました。心なしかブリエンツ湖のほうがよりきれいにみえます。

    Q&Aへのご回答も、スイス通の豊かなご経験に基づくもので、さすがです。私のいい加減な回答とダンチ(段違い)
    (他の回答に)ツェルマットに泊まったことあるくせに、あの質問者にどうしてツェルマットを勧めるの!?と思いました。

    じゃが♪

    じゃが♪さん からの返信 2020/01/29 06:07:39
    RE: お久しぶりです
    ねもさん、こんにちは。

    > この旅行記を拝見して思い出しましたが、スイスでは私もよくホテルで握手してさよならしました。あれって、他の国ではあまり記憶にないような……

    あまり気にしていませんでしたが、そうかもしれないです。
    スイスでも、ドイツ語圏の山岳地方では、
    ホテルのオーナーかそれに準ずる方が握手をしてくれることが多かったです。
    手のひらが大きいですよね。

    > 「値段はちょっと高めの設定ですが、円高ユーロ安の影響もあり、むしろ得した気分」
    > ↑このころはたしか1フラン=90円くらいでしたね。お互い良いときにスイスを歩いたものです。

    はい、90円くらいでした!
    当時はいいタイミングでした。
    最近の1ユーロ120〜130円は、本当に高く感じます。
    また円高ユーロ安にならないかなー。

    > わが家も1ヶ月後にトゥーン湖を航行しました。心なしかブリエンツ湖のほうがよりきれいにみえます。

    光の当たり具合にもよりますが、
    氷河の溶けた成分(石灰?)が多いと、湖は水色に見えるそうです。
    ブリエンツ湖はトゥーン湖の上流に位置するので、
    氷河の溶けた成分が多いのでしょうか。

    > Q&Aへのご回答も、スイス通の豊かなご経験に基づくもので、さすがです。私のいい加減な回答とダンチ(段違い)

    やめてください。(^^;)

    ねもさんの野沢温泉と白馬のスキー場の旅行記をみて、あらためて思うのですが、
    雪の被った北アルプスの山々は、スイスのアルプスみたいですね。
    自分も昨年のGWに白馬にいきましたが、
    (旅行記にはしていません)、
    スイスの山にそっくりだなーと思いました。

    じゃが♪

  • ミセスたかぼう さん 2011/08/03 22:13:28
    煌きと環境客からの賑わいが聞こえてきます
    おひさしぶりです。

    さすが、夏のブリエンツ湖は美しいですね!!
    曇っていてもきれいでしたが、この美しさを肉眼で
    一生のうちに一度は見てみたいです。

    でも、じゃがさんのお写真を見ると、本物に近い美しさが
    伝わってきて、楽しい気持ちになります。本物を越えてる
    写真もありますでしょうね。

    男の人と間違われることが多いので、改名致しました。
    今後もぞうぞ宜しくお願い致します。
    また遊びにお邪魔させていただきます。
    では


    ミセスたかぼう

    じゃが♪

    じゃが♪さん からの返信 2011/08/06 21:34:04
    RE: 煌きと環境客からの賑わいが聞こえてきます
    たかぼうさん、こんばんはー。

    ご訪問&書き込み、ありがとう!
    HNの最初にミセスをつけたのですね。 〜♪

    ブリエンツ湖は、本当にきれいでした。
    湖面の色が、水色と太陽光の反射のしぶきで輝いていて、
    すごいことになっているんです。
    船は10:00前から乗ったのですが、
    時間の経過とともに、湖の色がどんどん水色に変わっていき、
    11:00すぎのブリエンツ到着時には、見事なコバルトブルーに輝いていました。
    スイスの湖は、氷河の解けた成分で、独特の乳白色をしていて、
    それが太陽光の角度によって、色が変わるみたいです。
    現場は、写真以上にすっごくきれいでした。


    じゃが♪



    > おひさしぶりです。
    >
    > さすが、夏のブリエンツ湖は美しいですね!!
    > 曇っていてもきれいでしたが、この美しさを肉眼で
    > 一生のうちに一度は見てみたいです。
    >
    > でも、じゃがさんのお写真を見ると、本物に近い美しさが
    > 伝わってきて、楽しい気持ちになります。本物を越えてる
    > 写真もありますでしょうね。
    >
    > 男の人と間違われることが多いので、改名致しました。
    > 今後もぞうぞ宜しくお願い致します。
    > また遊びにお邪魔させていただきます。
    > では
    >
    >
    > ミセスたかぼう
    >
    >
  • kumさん 2010/08/26 00:22:01
    うわー!キレイ!!
    じゃが♪さん、どもです♪

    この旅行記もすっごくキレイですね〜!
    表紙の写真からしてすっごくスイスっぽくて素晴らしい!
    でもこの写真も旅情をかき立てられて好きだわ☆☆

    夏のスイスは緑と青が癒されます*^^*

    kum

    じゃが♪

    じゃが♪さん からの返信 2010/08/26 23:57:15
    RE: うわー!キレイ!!
    kumさん、こんばんは!

    ブリエンツ湖もルンゲルン湖も、湖面が水色でとってもきれいでした。
    周りは緑の野山に囲まれて爽快。
    スイスを、ますます好きになっています。 ♪

    > でもこの写真も旅情をかき立てられて好きだわ☆☆

    鉄道の線路や駅って、そそられますよね。

    「この線路に沿って先に進むと、どんなところへいくんだろう?」

    みたいな冒険心をかき立てられます。
    実際、電車に乗ったら、この旅行記の写真の場所へ連れていってくれました。
    大満足です。 〜♪

    じゃが
  • 潮来メジロさん 2010/08/23 19:36:14
    ピンポ〜ン、正解で〜す。\(^o^)/
    じゃが♪さん、こんばんは! ヾ(^o^)
    毎度、訪問ありがとうございました。

    > ユリカモメが飛んでいました。
    > 夏羽バージョンですね。 
    > 覚えました。

    ピンポ〜ン、正解で〜す。\(^o^)/

    > 「ピーーーッ!」
    > 山の斜面から、汽笛が聞こえます。
    > 蒸気も見えました。
    > ブリエンツ・ロートホルン鉄道の蒸気のようです。
    > ブリエンツ湖からは、こんな風に見えるんですね。

    ということは、スイスではSLが走っているのですか。
    もちろん、観光用でしょうけれど・・・。

    > 白鳥とカモちゃんたちが泳いでいます。
    > 暑いせいか、波止場の日陰に固まっていました。

    白鳥はコブハクチョウですね。
    写真左中央は、アカハシハジロのオスです。
    日本では稀な冬鳥で、滅多に見られない鳥ですよ。
    珍鳥が見られてよかったですね〜。\(^o^)/
    その左奥はマガモのペア。写真右奥はオオバンです。
    ではまた・・・。(^o^)/~~~
               (潮来メジロ)

    じゃが♪

    じゃが♪さん からの返信 2010/08/24 23:23:03
    知らなかった。 (汗;)
    潮来メジロさん、こんばんは!

    ここは、スイスでは数少ない蒸気機関車が運行されています。
    ブリエンツ湖湖畔の駅から、山の頂上を往復する登山鉄道で、景観もよく、人気があるようです。

    > 白鳥はコブハクチョウですね。
    > 写真左中央は、アカハシハジロのオスです。
    > 日本では稀な冬鳥で、滅多に見られない鳥ですよ。
    > 珍鳥が見られてよかったですね〜。\(^o^)/
    > その左奥はマガモのペア。写真右奥はオオバンです。

    おおーーー!
    そんな珍しい鳥だったのですか!!
    「ヨーロッパには、カラフルなカモちゃんがいるなー。」
    ぐらいにしか思っていませんでした。 (汗;)
    だって波止場のすぐ目の前で、(ほんの1,2m先)、普通に泳いでいるんですよ。
    他にも、いろいろなカモちゃんがいて、みんな平和に暮らしていました。
    こんなことならば、もっと写真を撮ればよかった。 (滝汗;)

    それにしても、焦点の合っていない写真から、よく鳥の名前がわかりますね。
    いつも教えてくれて、ありがとうございます。 ♪

    じゃが

じゃが♪さんのトラベラーページ

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

スイスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スイス最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スイスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集