クチ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
旅行5日目。<br />いよいよこの旅も今日でおしまい。<br />最後の最後まで満喫するぞー!<br /><br />この日は最終日にふさわしい(?)<br />ザ・ベトナム的な、クチトンネルとメコンデルタを観光しました。<br /><br />そして観光は、プライベート(個人)ツアーを申し込みました。<br />団体で行く、一般的なツアーよりも若干高くなるのですが、<br />スムースに、気楽に観光ができてオススメです。<br /><br />それでは、出発!!<br /><br />★スケッチトラベル<br />「1日で欲張り!メコン河とクチトンネル」<br />http://www.sketch-travel.com/vietnam/tour/tour.php?id=41<br /><br /><br />****************************************************************<br />★食いだおれベトナム・ホイアン&ホーチミンの旅:関連旅行記★<br /><br />・vol.1:1日目いざ、ホイアンへ!<br />http://4travel.jp/traveler/sportcross/album/10482151/<br />・vol.2:1日目ランタンの街・ホイアン<br />http://4travel.jp/traveler/sportcross/album/10482152/<br />・vol.3:2日目ミーソン遺跡&トゥボン川クルーズ<br />http://4travel.jp/traveler/sportcross/album/10482599/<br />・vol.4:2日目雨ニモ負ケズ、市街地散策&ホイアン三大名物制覇!<br />http://4travel.jp/traveler/sportcross/album/10482601/<br />・vol.5:3日目ホイアン、ホイッホイッと大冒険!!<br />http://4travel.jp/traveler/sportcross/album/10485757/<br />・vol.6:3日目ホーチミンへ移動とフエ宮廷料理に舌鼓<br />http://4travel.jp/traveler/sportcross/album/10485758/<br />・vol.7:4日目ラクラク、ホーチミン早まわり(前編)<br />http://4travel.jp/traveler/sportcross/album/10487614/<br />・vol.8:4日目ラクラク、ホーチミン早まわり(後編)<br />http://4travel.jp/traveler/sportcross/album/10489159/<br />・vol.9:5日目帰国の日にクチトンネル&メコンデルタ観光(前編)<br />http://4travel.jp/traveler/sportcross/album/10489224/<br />・vol.10:5日目帰国の日にクチトンネル&メコンデルタ観光(後編)=<br />http://4travel.jp/traveler/sportcross/album/10489269/<br /><br />****************************************************************

食いだおれベトナム・ホイアン&ホーチミンの旅 vol.09=5日目帰国の日にクチトンネル&メコンデルタ観光(前編)= 

32いいね!

2010/07/15 - 2010/07/20

8位(同エリア86件中)

0

34

sportcross

sportcrossさん

旅行5日目。
いよいよこの旅も今日でおしまい。
最後の最後まで満喫するぞー!

この日は最終日にふさわしい(?)
ザ・ベトナム的な、クチトンネルとメコンデルタを観光しました。

そして観光は、プライベート(個人)ツアーを申し込みました。
団体で行く、一般的なツアーよりも若干高くなるのですが、
スムースに、気楽に観光ができてオススメです。

それでは、出発!!

★スケッチトラベル
「1日で欲張り!メコン河とクチトンネル」
http://www.sketch-travel.com/vietnam/tour/tour.php?id=41


****************************************************************
★食いだおれベトナム・ホイアン&ホーチミンの旅:関連旅行記★

・vol.1:1日目いざ、ホイアンへ!
http://4travel.jp/traveler/sportcross/album/10482151/
・vol.2:1日目ランタンの街・ホイアン
http://4travel.jp/traveler/sportcross/album/10482152/
・vol.3:2日目ミーソン遺跡&トゥボン川クルーズ
http://4travel.jp/traveler/sportcross/album/10482599/
・vol.4:2日目雨ニモ負ケズ、市街地散策&ホイアン三大名物制覇!
http://4travel.jp/traveler/sportcross/album/10482601/
・vol.5:3日目ホイアン、ホイッホイッと大冒険!!
http://4travel.jp/traveler/sportcross/album/10485757/
・vol.6:3日目ホーチミンへ移動とフエ宮廷料理に舌鼓
http://4travel.jp/traveler/sportcross/album/10485758/
・vol.7:4日目ラクラク、ホーチミン早まわり(前編)
http://4travel.jp/traveler/sportcross/album/10487614/
・vol.8:4日目ラクラク、ホーチミン早まわり(後編)
http://4travel.jp/traveler/sportcross/album/10489159/
・vol.9:5日目帰国の日にクチトンネル&メコンデルタ観光(前編)
http://4travel.jp/traveler/sportcross/album/10489224/
・vol.10:5日目帰国の日にクチトンネル&メコンデルタ観光(後編)=
http://4travel.jp/traveler/sportcross/album/10489269/

****************************************************************

旅行の満足度
4.0
観光
4.5
ホテル
3.5
グルメ
4.5
ショッピング
4.5
交通
4.0
交通手段
タクシー
航空会社
ベトナム航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 6:30<br />クチまでは時間がかかるので、7:30にはお迎えが来ます。<br />というわけで、早めの朝食。

    6:30
    クチまでは時間がかかるので、7:30にはお迎えが来ます。
    というわけで、早めの朝食。

  • 7:30<br />時間通り、ツアー用乗用車が到着。<br /><br />同じホテルに泊まっていた方で、<br />私より早く、別のバスに乗って出発された日本人がいらっしゃいました。<br />こんな早い時間の出発、同じクチ方面かな。

    7:30
    時間通り、ツアー用乗用車が到着。

    同じホテルに泊まっていた方で、
    私より早く、別のバスに乗って出発された日本人がいらっしゃいました。
    こんな早い時間の出発、同じクチ方面かな。

  • ホイアンでも見た、社会主義体制PR看板。<br />http://4travel.jp/traveler/sportcross/album/10485757/<br /><br />大通りの中央分離帯に、等間隔で並んでいました。<br />す、すごい。

    ホイアンでも見た、社会主義体制PR看板。
    http://4travel.jp/traveler/sportcross/album/10485757/

    大通りの中央分離帯に、等間隔で並んでいました。
    す、すごい。

  • クチはホーチミンの北西約70kmのところにある街なのですが、<br />そこからさらに30Km離れたところにクチトンネルがあります。<br /><br />およそ1時間30分の道のりです。<br /><br />道中、ガイドさんが面白いことを教えてくださいました。<br /><br />画像はお葬式をやっている目印の旗。<br />ベトナムのお葬式は、1日中音楽を流し、<br />近所の方も眠れないほど、賑やかに行われるそうです。<br /><br />一方、ベトナムにもオカマがいるのですが、<br />オカマはこういったお葬式に来て、<br />歌ったり踊ったり(脱いだり・・・苦笑い)して、<br />その場を盛り上げるのだそうです。<br />そうやってお金をねだり、貴重な収入源となっているそうです。<br /><br />日本では考えられないのですが、<br />笑顔でお別れすることで、<br />亡くなられた方は、天国に行きやすいのかもしれませんね。<br />

    クチはホーチミンの北西約70kmのところにある街なのですが、
    そこからさらに30Km離れたところにクチトンネルがあります。

    およそ1時間30分の道のりです。

    道中、ガイドさんが面白いことを教えてくださいました。

    画像はお葬式をやっている目印の旗。
    ベトナムのお葬式は、1日中音楽を流し、
    近所の方も眠れないほど、賑やかに行われるそうです。

    一方、ベトナムにもオカマがいるのですが、
    オカマはこういったお葬式に来て、
    歌ったり踊ったり(脱いだり・・・苦笑い)して、
    その場を盛り上げるのだそうです。
    そうやってお金をねだり、貴重な収入源となっているそうです。

    日本では考えられないのですが、
    笑顔でお別れすることで、
    亡くなられた方は、天国に行きやすいのかもしれませんね。

  • 9:00<br />クチトンネルに到着。<br /><br />クチトンネルは、<br />ベトナム戦争時、南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)がつくった、<br />手掘りの地下トンネルのネットワーク。 <br />全長250Kmにも及ぶそうです。<br />トンネルには学校や病院などもあったそうです。すごい!<br /><br /><br />それでは、まずはこの建物に入り・・・

    9:00
    クチトンネルに到着。

    クチトンネルは、
    ベトナム戦争時、南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)がつくった、
    手掘りの地下トンネルのネットワーク。
    全長250Kmにも及ぶそうです。
    トンネルには学校や病院などもあったそうです。すごい!


    それでは、まずはこの建物に入り・・・

  • 地中に掘られているトンネルの様子がわかる、模型を横目に、

    地中に掘られているトンネルの様子がわかる、模型を横目に、

  • 10分ほど、クチトンネルの説明ビデオを観ます。<br />(映像が古くて、正直みづらかった・・・)<br /><br />ビデオを観る時、他にお客さんがいなかったのですが、<br />終わるころに団体さんが入場。<br />その中に朝、先に出発された同じホテルに泊まっていた方がいました。<br /><br />これぞ経由地なし、プライベートツアーの魅力!<br />

    10分ほど、クチトンネルの説明ビデオを観ます。
    (映像が古くて、正直みづらかった・・・)

    ビデオを観る時、他にお客さんがいなかったのですが、
    終わるころに団体さんが入場。
    その中に朝、先に出発された同じホテルに泊まっていた方がいました。

    これぞ経由地なし、プライベートツアーの魅力!

  • さて、順路を進むと、<br />道の脇に蟻塚のようなものを発見!<br /><br />これ、実はトンネル内の酸素を確保するための<br />空気穴なのです。<br /><br />いたるところにこの空気穴があるのですが、<br />当時はジャングルの中に見つからないように<br />つくられていたようです。

    さて、順路を進むと、
    道の脇に蟻塚のようなものを発見!

    これ、実はトンネル内の酸素を確保するための
    空気穴なのです。

    いたるところにこの空気穴があるのですが、
    当時はジャングルの中に見つからないように
    つくられていたようです。

  • そして、なにもなさそうな地面には・・・

    そして、なにもなさそうな地面には・・・

  • ありました、ありました!<br />トンネルへの入り口が。<br />20cm×30cmくらいでしょうか。とても小さな穴です。

    ありました、ありました!
    トンネルへの入り口が。
    20cm×30cmくらいでしょうか。とても小さな穴です。

  • というわけで、早速中へ入ってみます♪<br />体験を楽しみに、汚れてもいい服を着てきましたから。<br /><br />入口はこのとおり、狭いのですが、<br />なかもしゃがみながら歩くことが、精一杯の高さと幅。<br />そして真っ暗なので、自分が今どこにいるのかわかりません。。<br /><br />ガイドさんに「ずっと右へ進んで」という言葉だけを信じて、<br />ひたすら壁伝いに右へ。<br />そして・・・<br /><br />

    というわけで、早速中へ入ってみます♪
    体験を楽しみに、汚れてもいい服を着てきましたから。

    入口はこのとおり、狭いのですが、
    なかもしゃがみながら歩くことが、精一杯の高さと幅。
    そして真っ暗なので、自分が今どこにいるのかわかりません。。

    ガイドさんに「ずっと右へ進んで」という言葉だけを信じて、
    ひたすら壁伝いに右へ。
    そして・・・

  • 数十メートル先の出口へ。<br />ほんのちょっとした体験トンネルなのですが、<br />結構歩いたような気がしました。<br />(というか、ハイハイで進みました。)

    数十メートル先の出口へ。
    ほんのちょっとした体験トンネルなのですが、
    結構歩いたような気がしました。
    (というか、ハイハイで進みました。)

  • このクチトンネルを拠点に、<br />ベトコンはアメリカ軍と戦ったわけですが、<br />もちろん、アメリカ軍はこの拠点へ侵攻します。<br /><br />そんなアメリカ軍に抵抗すべく、<br />ジャングルのいたるところに、このような仕掛けをつくりました。<br /><br />落とし穴です。<br /><br />カムフラージュした板は回転し、穴へ誘導します。<br />そして・・・

    このクチトンネルを拠点に、
    ベトコンはアメリカ軍と戦ったわけですが、
    もちろん、アメリカ軍はこの拠点へ侵攻します。

    そんなアメリカ軍に抵抗すべく、
    ジャングルのいたるところに、このような仕掛けをつくりました。

    落とし穴です。

    カムフラージュした板は回転し、穴へ誘導します。
    そして・・・

  • 落ちた兵士は、<br />穴に仕掛けられた鋭い串に刺さる、という仕組み。<br /><br />痛そうです。<br /><br />ガイドさんは「痛いなんて感じません。死にます。」<br />だそうです。そりゃそうだ。

    落ちた兵士は、
    穴に仕掛けられた鋭い串に刺さる、という仕組み。

    痛そうです。

    ガイドさんは「痛いなんて感じません。死にます。」
    だそうです。そりゃそうだ。

  • ジャングルのなかの仕掛けはそれだけではありません。<br /><br />ところどころにこのような溝をつくり、<br />そこに隠れて、敵に銃口をむけられるようにしていました。

    ジャングルのなかの仕掛けはそれだけではありません。

    ところどころにこのような溝をつくり、
    そこに隠れて、敵に銃口をむけられるようにしていました。

  • あら、こんなところにベトコン扮するマネキンたちがいました。<br />どうやら戦に備え、ひとやすみしているようです。

    あら、こんなところにベトコン扮するマネキンたちがいました。
    どうやら戦に備え、ひとやすみしているようです。

  • ベトコンは老若男女関係なく参加していました。<br />女性も大切な戦力。タフです!

    ベトコンは老若男女関係なく参加していました。
    女性も大切な戦力。タフです!

  • アメリカ軍が乗り捨てた戦車がありました。<br />戦車でこのジャングルに攻めてもベトコン見かけず。<br /><br />そんなアメリカ軍兵士は、<br /> 「ベトナム人はどこにも見えないがどこにでもいる」<br />という言葉を残したそうです。<br /><br />

    アメリカ軍が乗り捨てた戦車がありました。
    戦車でこのジャングルに攻めてもベトコン見かけず。

    そんなアメリカ軍兵士は、
    「ベトナム人はどこにも見えないがどこにでもいる」
    という言葉を残したそうです。

  • こちらは、先ほどの落とし穴をはじめとした、<br />各仕掛けを紹介するところ。

    こちらは、先ほどの落とし穴をはじめとした、
    各仕掛けを紹介するところ。

  • 円形の穴の周囲から針がでているものや、

    円形の穴の周囲から針がでているものや、

  • 針が回転するもの、

    針が回転するもの、

  • トラバサミのような、足を挟むものもありました。<br />

    トラバサミのような、足を挟むものもありました。

  • そして、こちらは針がついた仕掛けを天井にセットして、<br />上から落とすもの。<br />どれもかかったら、痛そう・・・いや、死んでしまうのね。<br />

    そして、こちらは針がついた仕掛けを天井にセットして、
    上から落とすもの。
    どれもかかったら、痛そう・・・いや、死んでしまうのね。

  • 兵器をつくる部屋もありました。<br />全てトンネルの中でやっているのがすごい。

    兵器をつくる部屋もありました。
    全てトンネルの中でやっているのがすごい。

  • 途中、お土産屋さんや射撃場のゾーンへ。<br />射撃場はベトナム戦争時に実際に使われた銃を使用して、<br />射撃ができます。<br />ところがこれが意外にベトナム価格ではない。<br />もったいなかったので、体験は断念。<br /><br />画像は、ベトナム料理では欠かせない米粉の皮づくり。

    途中、お土産屋さんや射撃場のゾーンへ。
    射撃場はベトナム戦争時に実際に使われた銃を使用して、
    射撃ができます。
    ところがこれが意外にベトナム価格ではない。
    もったいなかったので、体験は断念。

    画像は、ベトナム料理では欠かせない米粉の皮づくり。

  • 米粉の皮が綺麗に干されていました。<br />あぁ、生春巻きが食べたい(笑)

    米粉の皮が綺麗に干されていました。
    あぁ、生春巻きが食べたい(笑)

  • こちらでは、タイヤを再利用した草履づくりが行われていました。<br />というのも、ベトコンが戦時中に実際にこのタイヤ草履を使っていたそうです。

    こちらでは、タイヤを再利用した草履づくりが行われていました。
    というのも、ベトコンが戦時中に実際にこのタイヤ草履を使っていたそうです。

  • 先ほどのマネキンたちを確認すると・・・履いていました♪

    先ほどのマネキンたちを確認すると・・・履いていました♪

  • 私と同い年、ガイドのファン(華)さんをup!<br />でも年齢を聞かれ、答えたら「もっと上だと思いました。」だって。<br />おかしいな、日本では見た目より若いのが売りなのに(笑)<br /><br />そのファンさんが説明しているのは、<br />ここに銃口を構える穴があるということ。

    私と同い年、ガイドのファン(華)さんをup!
    でも年齢を聞かれ、答えたら「もっと上だと思いました。」だって。
    おかしいな、日本では見た目より若いのが売りなのに(笑)

    そのファンさんが説明しているのは、
    ここに銃口を構える穴があるということ。

  • 早速、中に入ってみると・・・<br />さっきの穴が高い位置にありました。<br /><br />ここに銃を入れて、敵が来たら撃つ。<br />こういった穴がいくつもあるそうです。

    早速、中に入ってみると・・・
    さっきの穴が高い位置にありました。

    ここに銃を入れて、敵が来たら撃つ。
    こういった穴がいくつもあるそうです。

  • こちらは台所。<br />観光客にもわかるように、<br />屋根をつけて明るく整備していますが、<br />実際はトンネルのなか。

    こちらは台所。
    観光客にもわかるように、
    屋根をつけて明るく整備していますが、
    実際はトンネルのなか。

  • 会議室やその他の施設とは<br />こういった無数のトンネルでつながっているので、<br />敵にみつかりづらいです。

    会議室やその他の施設とは
    こういった無数のトンネルでつながっているので、
    敵にみつかりづらいです。

  • そして、台所からでる煙は、<br />はるか遠い、関係ないところから出るようにして、<br />敵に見つからないようにしていたそうです。<br />(こちらも観光客にわかりやすいよう、<br />近くにつくっていました)

    そして、台所からでる煙は、
    はるか遠い、関係ないところから出るようにして、
    敵に見つからないようにしていたそうです。
    (こちらも観光客にわかりやすいよう、
    近くにつくっていました)

  • さて、所要1時間20分ほどのクチトンネル観光は以上。<br />ベトコンの主食、タピオカの蒸かしイモと蓮茶をいただき、一服。<br /><br />いやぁー学べた、楽しめた!<br />そこに、激しいベトナム戦争があったのは言うまでもないが・・・<br />ベトコンのたくましさには脱帽です。<br />

    さて、所要1時間20分ほどのクチトンネル観光は以上。
    ベトコンの主食、タピオカの蒸かしイモと蓮茶をいただき、一服。

    いやぁー学べた、楽しめた!
    そこに、激しいベトナム戦争があったのは言うまでもないが・・・
    ベトコンのたくましさには脱帽です。

この旅行記のタグ

32いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ベトナムで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ベトナム最安 340円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ベトナムの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集