愛知旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2010年開催のフラワードーム紹介の続きです。東山植物園の出品作などの紹介です。

2010春、フラワードーム(6):3月13日(6):オーキッドディスプレー・東山植物園展示コーナーほか

19いいね!

2010/03/13 - 2010/03/13

4233位(同エリア17052件中)

2

30

2010年開催のフラワードーム紹介の続きです。東山植物園の出品作などの紹介です。

PR

  • ここから15枚の写真は、東山植物園から出品の珍しい蘭のコーナーです。最初は、世界一大きな葉を持つ蘭とされるブルボフィルム・スピエシーです。名古屋市ランの館でも展示されています。原産地は、パプアニューギニアです。

    ここから15枚の写真は、東山植物園から出品の珍しい蘭のコーナーです。最初は、世界一大きな葉を持つ蘭とされるブルボフィルム・スピエシーです。名古屋市ランの館でも展示されています。原産地は、パプアニューギニアです。

  • デンドロビュウムの原種、アメジスト・グロッサムです。この花はよく見かけます。原産地はフィリピンです。

    イチオシ

    デンドロビュウムの原種、アメジスト・グロッサムです。この花はよく見かけます。原産地はフィリピンです。

  • 同じくデンドロビュウムの原種、アメジスト・グロッサムの花のアップです。

    同じくデンドロビュウムの原種、アメジスト・グロッサムの花のアップです。

  • ヒロスキタス・パリシーです。葉がなく、根っ子と花だけでうs。原産地は、ヒマラヤからミャンマーです。

    ヒロスキタス・パリシーです。葉がなく、根っ子と花だけでうs。原産地は、ヒマラヤからミャンマーです。

  • 同じくヒロスキタス・パリシーの花のアップです。

    同じくヒロスキタス・パリシーの花のアップです。

  • このランも不思議な姿をしていました。葉の中央に花が咲いていました。ブラジル原産のプレウロタリス・ペクティナタです。

    このランも不思議な姿をしていました。葉の中央に花が咲いていました。ブラジル原産のプレウロタリス・ペクティナタです。

  • まるでパイナップルのような形をした房状の花です。フィリピン原産のロビケティア・ケリナです。

    まるでパイナップルのような形をした房状の花です。フィリピン原産のロビケティア・ケリナです。

  • オーストラリアが原産地のデンドロビュウムです。テトラゴヌム・ギガンテウムです。

    オーストラリアが原産地のデンドロビュウムです。テトラゴヌム・ギガンテウムです。

  • 隠れるようにして、小さな花を咲かせたレストピレア・オフィオセファラです。メキシコやコスタリカが原産地です。

    隠れるようにして、小さな花を咲かせたレストピレア・オフィオセファラです。メキシコやコスタリカが原産地です。

  • マキシラリア・コッキネアです。西インド諸島、ベネズエラやコロンビアが原産地です。

    マキシラリア・コッキネアです。西インド諸島、ベネズエラやコロンビアが原産地です。

  • エピデンドラムのコリイオフィオルムです。メキシコからペルーが原産地です。

    エピデンドラムのコリイオフィオルムです。メキシコからペルーが原産地です。

  • エピデンドラムのコリイオフィオルムの花のアップです。

    エピデンドラムのコリイオフィオルムの花のアップです。

  • ビフレナリア・ハリソニアエです。原産地はブラジルです。

    ビフレナリア・ハリソニアエです。原産地はブラジルです。

  • コンパレティア・スペキオサの花のアップです。原産地はエクアドルです。

    イチオシ

    コンパレティア・スペキオサの花のアップです。原産地はエクアドルです。

  • デンドロビュウムのペグアヌムです。原産地はインドやミャンマーです。

    デンドロビュウムのペグアヌムです。原産地はインドやミャンマーです。

  • オズ・オーキッドのディスプレー標識です。特別賞を受賞しています。タイトルは『花ノシズク』です。

    オズ・オーキッドのディスプレー標識です。特別賞を受賞しています。タイトルは『花ノシズク』です。

  • 鉢に仕立てる胡蝶ランを、スケールを大きくしたようなデザインです。勿論、花びらだけが使われています。

    イチオシ

    鉢に仕立てる胡蝶ランを、スケールを大きくしたようなデザインです。勿論、花びらだけが使われています。

  • 大きく枝垂れた胡蝶蘭の間から覗いた展示ブースの中の光景です。

    大きく枝垂れた胡蝶蘭の間から覗いた展示ブースの中の光景です。

  • 『花ノシズク』のオーキッド・ディスプレーで展示されていた蘭のアップです。中・小型のファレノプシスです。

    『花ノシズク』のオーキッド・ディスプレーで展示されていた蘭のアップです。中・小型のファレノプシスです。

  • 横から眺めた胡蝶蘭のアーチと、その中の光景です。展示コンセプトには『都市空間に溢れだす自然の気吹』の文字がありました。

    横から眺めた胡蝶蘭のアーチと、その中の光景です。展示コンセプトには『都市空間に溢れだす自然の気吹』の文字がありました。

  • 愛知県花き温室園芸組合連合会の出品作です。蘭以外の鉢植えの作品です。タイトルは『Pot de Art』です。

    愛知県花き温室園芸組合連合会の出品作です。蘭以外の鉢植えの作品です。タイトルは『Pot de Art』です。

  • 寄せ植えの鉢の組合せによる展示です。切り花ではなく、根の付いた活花のイメージです。

    寄せ植えの鉢の組合せによる展示です。切り花ではなく、根の付いた活花のイメージです。

  • 鉢には青竹も使われていました。木瓜やヒバ等の盆栽仕立てです。

    鉢には青竹も使われていました。木瓜やヒバ等の盆栽仕立てです。

  • 同じく、青竹の筒に植え込まれた盆栽風の樹です。奥の方には松の姿もありました。

    同じく、青竹の筒に植え込まれた盆栽風の樹です。奥の方には松の姿もありました。

  • ガーベラの寄せ植えです。となりあった花は、すべて違う色合いの花です。上に鏡を貼ってあって、2倍の量の花に見えます。

    ガーベラの寄せ植えです。となりあった花は、すべて違う色合いの花です。上に鏡を貼ってあって、2倍の量の花に見えます。

  • 高橋洋蘭&兼綱洋蘭園のオーキッドディスプレーの標識です。奨励賞受賞の『らんのもり』です。

    高橋洋蘭&兼綱洋蘭園のオーキッドディスプレーの標識です。奨励賞受賞の『らんのもり』です。

  • 展示品の蘭の花のアップです。見事に仕立てられたカトレアの花です。

    展示品の蘭の花のアップです。見事に仕立てられたカトレアの花です。

  • 各種の蘭が寄せ植えされています。一番多いのが、黄色のオンシジュウム、その他にはシンビジュウムやファレノプシス等が見えます。

    各種の蘭が寄せ植えされています。一番多いのが、黄色のオンシジュウム、その他にはシンビジュウムやファレノプシス等が見えます。

  • ピンクと朱色のカトレアの展示です。朱色の方は、小型のミニカトレアのようです。

    ピンクと朱色のカトレアの展示です。朱色の方は、小型のミニカトレアのようです。

  • 展示品の蘭の紹介です。左の白い花は胡蝶蘭、ファレノプシス、奥の白と黄色の花は、カトレアです。

    展示品の蘭の紹介です。左の白い花は胡蝶蘭、ファレノプシス、奥の白と黄色の花は、カトレアです。

この旅行記のタグ

19いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • bettyさん 2010/03/28 09:07:14
    きれいですね〜♪
    旅人のくまさん、おはようございます(^^)
    朝から、お花を見ていると心が和みます♪

    寄せ植えをするのが好きですが、私のはちょっとショボイと
    思ってしまいました。

    この写真のようにダイナミックに植えてみたいなあ〜と
    写真でお勉強(*^-^)

    この頃は寒いので、家の中ばかりですのでお庭にでないとね!
    とはいえ、小さな庭・・・(⌒ー⌒)ノ~~~

    もうすぐ、庭に蝶々がいっぱいとんできますね(^^)

    早く暖かくなってほしいと思うこの頃です。


    betty

    旅人のくまさん

    旅人のくまさんさん からの返信 2010/03/28 23:08:47
    RE: きれいですね〜♪
    bettyさん こんばんは。
    名古屋でも寒い日が続いて、
    まるで冬に逆戻りした感じです。

    鍋物が美味しく感じられる寒さでしたから、
    昨日の土曜日は、日頃の飲み仲間が集まって、
    河豚のフルコースをもう一度食べました。
    これで、本当のシーズン納めにしたいところです。

    寒い中でも、名古屋のソメイヨシノは3分咲程になってきました。
    花見も、飲み会も忙しくなりそうです

    家の蘭は、桜の花が散った頃、外に出して栽培しています。
    2週間くらい後のことになりそうです。

    > もうすぐ、庭に蝶々がいっぱいとんできますね(^^)

    家のベランダのプランターで、野草の菫を栽培しています。
    これは、毎年ヒョウモンチョウがやってくるからです。
    幼虫が菫の葉を食べ、やがて羽化していきます。

    ではまた。(旅人のくまさん)

旅人のくまさんさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集