東山・祇園・北白川旅行記(ブログ) 一覧に戻る
圓徳院(えんとくいん)<br /><br />豊臣秀吉の没後、その妻北政所ねねは「高台院」の号を勅賜されたのを機縁に<br />高台寺建立を発願し、慶長10(1605)年、秀吉との思い出深い伏見城の化粧御殿と<br />その前庭を山内に移築して移り住みました。<br /><br />それ以来、大名、禅僧、茶人、歌人、画家、陶芸家等多くの文化人が、<br />北政所を慕って訪れたと伝えられています。ねね58歳の時のことです。<br />       <br />これが今日の圓徳院の起こりです。ねねは77歳で没するまで19年間この地で余生を送り、 <br /><br />ここは北政所の終焉の地となりました。<br /><br />そのねねを支えていたのが、兄の木下家定とその次男の利房です。<br />圓徳院は利房の手により、高台寺の三江和尚を開基に、<br />木下家の菩提寺として開かれ、高台寺の塔頭とされました。<br />寛永9年、ねねの没後9年目のことです。<br /><br /><br /><br />      http://maps.google.co.jp/maps/ms?ie=UTF8&amp;hl=ja&amp;msa=0&amp;msid=103182797128848996492.000479d54516cad2a6844&amp;ll=35.001356,135.779584&amp;spn=0.002764,0.005611&amp;z=18&amp;brcurrent=3,0x600108dacd1701f1:0x5f52a01eacb5a121,0<br /><br />

京都の紅葉 圓徳院 (えんとくいん) 秋の特別拝観とライトアップ ~錦秋の京、彩り纏う寺社を巡りて。。(1)~  /京都市 洛東 東山

9いいね!

2009/11/27 - 2009/11/27

3482位(同エリア6195件中)

0

4

kuropiso

kuropisoさん

圓徳院(えんとくいん)

豊臣秀吉の没後、その妻北政所ねねは「高台院」の号を勅賜されたのを機縁に
高台寺建立を発願し、慶長10(1605)年、秀吉との思い出深い伏見城の化粧御殿と
その前庭を山内に移築して移り住みました。

それ以来、大名、禅僧、茶人、歌人、画家、陶芸家等多くの文化人が、
北政所を慕って訪れたと伝えられています。ねね58歳の時のことです。
 
これが今日の圓徳院の起こりです。ねねは77歳で没するまで19年間この地で余生を送り、

ここは北政所の終焉の地となりました。

そのねねを支えていたのが、兄の木下家定とその次男の利房です。
圓徳院は利房の手により、高台寺の三江和尚を開基に、
木下家の菩提寺として開かれ、高台寺の塔頭とされました。
寛永9年、ねねの没後9年目のことです。



http://maps.google.co.jp/maps/ms?ie=UTF8&hl=ja&msa=0&msid=103182797128848996492.000479d54516cad2a6844&ll=35.001356,135.779584&spn=0.002764,0.005611&z=18&brcurrent=3,0x600108dacd1701f1:0x5f52a01eacb5a121,0

同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円 - 3万円
交通手段
自家用車

PR

  • 正門をぬけるとライトアップされた紅葉が迎えてくれた。

    正門をぬけるとライトアップされた紅葉が迎えてくれた。

  • 方丈より南庭を望む。<br />

    方丈より南庭を望む。

  • 北書院より北庭、桧垣の手水鉢側をを望む。<br />(こちら、実際には数日前の写真。<br />今旅行記は再訪のものです。紅葉はこの時、辛うじて残っていたもので、今旅行記のときには既に散っていました)

    北書院より北庭、桧垣の手水鉢側をを望む。
    (こちら、実際には数日前の写真。
    今旅行記は再訪のものです。紅葉はこの時、辛うじて残っていたもので、今旅行記のときには既に散っていました)

  • 同じく北書院より国名勝指定の北庭を。<br /><br />もともと伏見城北政所化粧御殿の前庭を移したもの。<br />桃山時代の代表的庭園のひとつ。<br />賢庭作で,後に小堀遠州が手を加えた。<br />池泉回遊式庭園であるが枯山水となっている。<br /><br />このように多数の巨岩巨石がふんだんに置かれている庭園は珍しく、これが桃山時代の豪華さ、豪胆さである。<br /><br />(拝観用パンフレットより抜粋)

    同じく北書院より国名勝指定の北庭を。

    もともと伏見城北政所化粧御殿の前庭を移したもの。
    桃山時代の代表的庭園のひとつ。
    賢庭作で,後に小堀遠州が手を加えた。
    池泉回遊式庭園であるが枯山水となっている。

    このように多数の巨岩巨石がふんだんに置かれている庭園は珍しく、これが桃山時代の豪華さ、豪胆さである。

    (拝観用パンフレットより抜粋)

この旅行記のタグ

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから国内旅行記(ブログ)を探す

東山・祇園・北白川の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集