広西チワン族自治区 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
『草花石』と言われて何かお判りになる方がどの位居られるでしょうか?<br />判らない・・・そう言う方は、是非中身を覗いてみて下さい。<br />7月8日、今日はその石の市場へ向かいました。<br />大自然が石のキャンバスに生み出す芸術品。山水画や花鳥風月、その大きさも様々。摩訶不思議な大自然の造形をご覧下さい。<br />(石の画像が少なくて済みません)<br />

広西桂林出張・其の13~柳州大自然の藝術・奇石草花石~

1いいね!

2006/07/02 - 2006/07/10

168位(同エリア208件中)

    50

    0

    『草花石』と言われて何かお判りになる方がどの位居られるでしょうか?
    判らない・・・そう言う方は、是非中身を覗いてみて下さい。
    7月8日、今日はその石の市場へ向かいました。
    大自然が石のキャンバスに生み出す芸術品。山水画や花鳥風月、その大きさも様々。摩訶不思議な大自然の造形をご覧下さい。
    (石の画像が少なくて済みません)

    同行者
    友人
    一人あたり費用
    1万円未満

    PR

    • 10時半に迎えに来て呉れるというので、ロビーで待っていました。<br />ついでにロビー散策をば・・・(^^

      10時半に迎えに来て呉れるというので、ロビーで待っていました。
      ついでにロビー散策をば・・・(^^

    • このロビーの一番奥には、レストランと個別ゲストハウスのセクションがある。<br />昔、ここが「迎賓館」として、国賓を迎えていた頃の名残のようだ。<br />今は一般客も受け入れ、正面に新設された高層部を利用する。

      このロビーの一番奥には、レストランと個別ゲストハウスのセクションがある。
      昔、ここが「迎賓館」として、国賓を迎えていた頃の名残のようだ。
      今は一般客も受け入れ、正面に新設された高層部を利用する。

    • 今回、ここでの食事は無かったので紹介は有りません。

      今回、ここでの食事は無かったので紹介は有りません。

    • 正面の道路を玄関口から見るとこんな感じ。<br />丁度写ったタクシーは、韓国のメーカー、現代自動車が北京との合弁で作った北京現代のソナタ。

      正面の道路を玄関口から見るとこんな感じ。
      丁度写ったタクシーは、韓国のメーカー、現代自動車が北京との合弁で作った北京現代のソナタ。

    • ホテル正面玄関。

      ホテル正面玄関。

    • 街中の写真。<br />ブルーのQQが写っていた。<br /><br />今日は、まず明日の列車の切符を受け取りに駅へ向かった。

      街中の写真。
      ブルーのQQが写っていた。

      今日は、まず明日の列車の切符を受け取りに駅へ向かった。

    • 柳州駅。<br />受け取った切符は、13号車1番の下舗、中舗、上舗。(@@;<br />何で、1番下舗、2番下舗になってないの・・・?<br />まあ、人に頼んだので仕方がないか。<br />時間があれば自分で買いに来て、しっかり1コンパートメントを身内で固めるんだけどね。<br /><br />これだと、余所の人が最低2人は来る。<br />人が多くなければ上舗は空いているはずなので、4人ずつの配分になるはずだし。

      柳州駅。
      受け取った切符は、13号車1番の下舗、中舗、上舗。(@@;
      何で、1番下舗、2番下舗になってないの・・・?
      まあ、人に頼んだので仕方がないか。
      時間があれば自分で買いに来て、しっかり1コンパートメントを身内で固めるんだけどね。

      これだと、余所の人が最低2人は来る。
      人が多くなければ上舗は空いているはずなので、4人ずつの配分になるはずだし。

    • 切符を受け取ったあと、みんなに描いて上げる絵の為に、材料のベニア板を買いに材料市場へ向かう。

      切符を受け取ったあと、みんなに描いて上げる絵の為に、材料のベニア板を買いに材料市場へ向かう。

    • 街並み。<br />「桂林米粉」の文字が目立つ。<br />米粉と言えば桂林だからね。

      街並み。
      「桂林米粉」の文字が目立つ。
      米粉と言えば桂林だからね。

    • 昨日はこんな感じの所で米粉を戴いたんです。<br />めっちゃ旨かった。<br />汚く見えても、衛生には気を遣っていた。<br />「見たまま」の店は、味も良くないし不衛生。<br />地元人にしか判らないのが残念だけど。

      昨日はこんな感じの所で米粉を戴いたんです。
      めっちゃ旨かった。
      汚く見えても、衛生には気を遣っていた。
      「見たまま」の店は、味も良くないし不衛生。
      地元人にしか判らないのが残念だけど。

    • 建材市場に到着。<br />最初に行った郊外の装修(改装)材料市場には、白のベニア板が置いてなかったので、市内の大きな建材市場へ場所を変えてみた。<br /><br />するとすんなり見つかった。<br />その店の前にも、赤のシボレー「SPARK」があった。

      建材市場に到着。
      最初に行った郊外の装修(改装)材料市場には、白のベニア板が置いてなかったので、市内の大きな建材市場へ場所を変えてみた。

      するとすんなり見つかった。
      その店の前にも、赤のシボレー「SPARK」があった。

    • 板を買い、適当なサイズに切って(自分で)車に積み込む。<br />すると、今度はグリーンのSPARKがバックしてきた。<br /><br />右のテールランプにバックランプが内蔵されている。

      板を買い、適当なサイズに切って(自分で)車に積み込む。
      すると、今度はグリーンのSPARKがバックしてきた。

      右のテールランプにバックランプが内蔵されている。

    • 板も買ったので、今晩は爺ぃの実演をホテルでする事になるんでしょうね・・・。<br />建材市場を出て間もなく、ファイアー模様のステッカーが貼られた赤のSPARKと信号で並んだ。

      板も買ったので、今晩は爺ぃの実演をホテルでする事になるんでしょうね・・・。
      建材市場を出て間もなく、ファイアー模様のステッカーが貼られた赤のSPARKと信号で並んだ。

    • この壺西大橋を渡って、また郊外区へ向かう。<br />そこには石の市場「奇石城」がある。

      この壺西大橋を渡って、また郊外区へ向かう。
      そこには石の市場「奇石城」がある。

    • 壺西大橋遠景。

      壺西大橋遠景。

    • 先程の橋とは別の橋を渡り、柳州市内の島に再び入りました。丸い円の町なので、どの様に走っているのか判りません。完全に把握するには、一週間以上済む必要がありそうです。

      先程の橋とは別の橋を渡り、柳州市内の島に再び入りました。丸い円の町なので、どの様に走っているのか判りません。完全に把握するには、一週間以上済む必要がありそうです。

    • 新市政府ビル。<br />何かどこかの誰かにデザイン依頼して作ったそうな。<br />アメリカかヨーロッパのミニコンポみたい・・・

      新市政府ビル。
      何かどこかの誰かにデザイン依頼して作ったそうな。
      アメリカかヨーロッパのミニコンポみたい・・・

    • 正面。<br />格好良いけど非実用的な感じがしないでも・・ない。

      正面。
      格好良いけど非実用的な感じがしないでも・・ない。

    • 奇石城に到着です。

      奇石城に到着です。

    • ここにもSPARKが有りました・・・。<br />何だか、奇石の紹介なのか、SPARKの紹介なのか判らなくなってきました・・・<br />

      ここにもSPARKが有りました・・・。
      何だか、奇石の紹介なのか、SPARKの紹介なのか判らなくなってきました・・・

    • 奇石城の駐車場には、色んな石が置かれています。<br />全て「天然」。

      奇石城の駐車場には、色んな石が置かれています。
      全て「天然」。

    • 「龍」の形をした岩。<br />売り物です。<br />500万元也。

      「龍」の形をした岩。
      売り物です。
      500万元也。

    • 半分鍾乳石状態の石。

      半分鍾乳石状態の石。

    • 部分的に溶けたような石質。<br />数万元でした。

      部分的に溶けたような石質。
      数万元でした。

    • 駐車場正面で、ご老人が店番をしていた店。<br />店は息子さんが仕立てたそうだ。美術院卒業者で、店舗設計の全てを自分でやったそうです。<br />置かれた骨董品や掛け物に小物など、センスの塊でした。<br />オヤジさんに店を任せ、本人は石の買い付けや商談に走り回っているそうです。

      駐車場正面で、ご老人が店番をしていた店。
      店は息子さんが仕立てたそうだ。美術院卒業者で、店舗設計の全てを自分でやったそうです。
      置かれた骨董品や掛け物に小物など、センスの塊でした。
      オヤジさんに店を任せ、本人は石の買い付けや商談に走り回っているそうです。

    • 市場(奇石城)内のテナントの様子。

      市場(奇石城)内のテナントの様子。

    • みんな、思い思いに植物や小物をあしらっている。<br />中国の問屋系市場で、売り物以外で店を飾るって習慣、余り見かけません。<br />さっきの店の影響かも・・・

      みんな、思い思いに植物や小物をあしらっている。
      中国の問屋系市場で、売り物以外で店を飾るって習慣、余り見かけません。
      さっきの店の影響かも・・・

    • 店の中で見付けた観賞植物。<br />その葉っぱにいた蜘蛛。

      店の中で見付けた観賞植物。
      その葉っぱにいた蜘蛛。

    • 同じく、売り物の石に置かれた公仔。<br />石のくぼみを小池に見立て、池で老人と孫が釣りをしている風景。<br />遠くには楼亭が添えてあります。

      同じく、売り物の石に置かれた公仔。
      石のくぼみを小池に見立て、池で老人と孫が釣りをしている風景。
      遠くには楼亭が添えてあります。

    • レンズを引くと、、、<br />こんな大きな石でした。

      レンズを引くと、、、
      こんな大きな石でした。

    • これが本命「草花石」<br />模様は全て本当の石成分です。

      これが本命「草花石」
      模様は全て本当の石成分です。

    • 比重の違う石に、別の比重の石英質が成長して出来た感じ。<br />菊花石も同じ原理。<br />ここにも有りました。

      比重の違う石に、別の比重の石英質が成長して出来た感じ。
      菊花石も同じ原理。
      ここにも有りました。

    • 大小様々な展示。<br />奥では爺ぃが、10cm級のモノを吟味しています。<br />一つ○○元。<br />友誼商店では1000元〜2000元くらいします。

      大小様々な展示。
      奥では爺ぃが、10cm級のモノを吟味しています。
      一つ○○元。
      友誼商店では1000元〜2000元くらいします。

    • 「お一つ如何ですか?」<br />このサイズで、1000元前後。

      「お一つ如何ですか?」
      このサイズで、1000元前後。

    • 草花石のスライス。<br />これを見れば、これらの模様が本物だと良く判ります。<br />ここ柳州では、この草花石が沢山採れるので、偽物を作るのは非効率的だそうです。(^^;<br />今まで本物だとは考えた事が無く、偽物の凄い中国ですから、全て加工品と思っていました。<br />・・・考えすぎでしたね。

      草花石のスライス。
      これを見れば、これらの模様が本物だと良く判ります。
      ここ柳州では、この草花石が沢山採れるので、偽物を作るのは非効率的だそうです。(^^;
      今まで本物だとは考えた事が無く、偽物の凄い中国ですから、全て加工品と思っていました。
      ・・・考えすぎでしたね。

    • 今回大活躍の「ダイハツ五菱」の軽ワゴン。<br />楊さんの会社の車です。

      今回大活躍の「ダイハツ五菱」の軽ワゴン。
      楊さんの会社の車です。

    • 奇石城前の歩道。<br />緑に囲まれた右手のフェンスが市場に当たりますが、大きな岩が見えていますね。

      奇石城前の歩道。
      緑に囲まれた右手のフェンスが市場に当たりますが、大きな岩が見えていますね。

    • またまたSPARK。<br />市場に来ていた人を迎えに来ました。<br />フットワークがよい感じで、老若男女を問わず運転しています。

      またまたSPARK。
      市場に来ていた人を迎えに来ました。
      フットワークがよい感じで、老若男女を問わず運転しています。

    • こちらはフォードが出しているトヨタのマークXと同じ型の車。<br />公安が使っています。<br />公安はお金持ち・・・(なんでやねん!・・・ですよね)

      こちらはフォードが出しているトヨタのマークXと同じ型の車。
      公安が使っています。
      公安はお金持ち・・・(なんでやねん!・・・ですよね)

    • 一時間半の奇石城散策を終え、昼食に向かいました。

      一時間半の奇石城散策を終え、昼食に向かいました。

    • またも出会った、今度は白のSPARK。<br />純白も良いですね。

      またも出会った、今度は白のSPARK。
      純白も良いですね。

    • またまた橋を渡ります。<br />もうどっちを向いているのか判りません・・・

      またまた橋を渡ります。
      もうどっちを向いているのか判りません・・・

    • あ、今度はシルバーのSPARK!?<br />SPARKにはシルバーはありません。<br />これは同型車種の中国国産メーカーのQQです。

      あ、今度はシルバーのSPARK!?
      SPARKにはシルバーはありません。
      これは同型車種の中国国産メーカーのQQです。

    • 昼は町の食堂。<br />「螺絲粉」と言う、田螺(タニシ:中文で「螺絲(ネジ)と言う」)の出汁で作った米粉麺を戴きます。<br />これはトッピングに使う空心菜。<br />新鮮でしゃきしゃきでした。<br />この野菜は、新鮮さと料理の腕が問われる野菜です。<br />新鮮でも、腕が下手だと、しゃきしゃきではなく噛めない程硬くなります。

      昼は町の食堂。
      「螺絲粉」と言う、田螺(タニシ:中文で「螺絲(ネジ)と言う」)の出汁で作った米粉麺を戴きます。
      これはトッピングに使う空心菜。
      新鮮でしゃきしゃきでした。
      この野菜は、新鮮さと料理の腕が問われる野菜です。
      新鮮でも、腕が下手だと、しゃきしゃきではなく噛めない程硬くなります。

    • これが螺絲粉の湯麺。<br />美味しい!!!<br />田螺(タニシ)が気になっていましたが、美味しい店は客の回転が良く、そこの田螺は問題ないそうです。

      これが螺絲粉の湯麺。
      美味しい!!!
      田螺(タニシ)が気になっていましたが、美味しい店は客の回転が良く、そこの田螺は問題ないそうです。

    • 一旦ホテルで休憩。<br />夜は取っておきの店に連れて行って呉れるそうです。<br />爺ぃのお友達で、楊さんの義理の弟さんに当たる人も来るそうです。<br />こまも電話では話をしたことがある人です。<br /> <br />画像はホテルのベッドコンソール。<br />他にパソコン完備です。LANケーブルを外して、ノートPCに繋いで回線のみを使ってました。<br />

      一旦ホテルで休憩。
      夜は取っておきの店に連れて行って呉れるそうです。
      爺ぃのお友達で、楊さんの義理の弟さんに当たる人も来るそうです。
      こまも電話では話をしたことがある人です。

      画像はホテルのベッドコンソール。
      他にパソコン完備です。LANケーブルを外して、ノートPCに繋いで回線のみを使ってました。

    • 夕飯は西環美食公園と言う食堂街にある「升井焼鵝」へ。<br />ダックや鵞鳥のお店。<br />めっちゃジューシーで美味しかった・・・(;_;<br />何で泣くかと言いますと、鵞鳥は美味しいけど、大抵硬くて食べられませんが、ここのはOK!<br />堪能しました。

      夕飯は西環美食公園と言う食堂街にある「升井焼鵝」へ。
      ダックや鵞鳥のお店。
      めっちゃジューシーで美味しかった・・・(;_;
      何で泣くかと言いますと、鵞鳥は美味しいけど、大抵硬くて食べられませんが、ここのはOK!
      堪能しました。

    • キノコ色々のスープ。

      キノコ色々のスープ。

    • この店メインの焼き鵞鳥。<br />「&#28900;&#40517;」じゃない所がミソなのかな?(意味は同じだけど・・・)

      この店メインの焼き鵞鳥。
      「烤鹅」じゃない所がミソなのかな?(意味は同じだけど・・・)

    • これは豚の角煮だけど、単なる角煮ではなく、蓋の付いた竹筒の入れ物で蒸らしてあったノダ。<br />入れ物ごとの写真が無くてゴメンなさい。<br /> <br />明日はいよいよお別れの日。<br />柳州の魅力を堪能し、桂林とペアでの観光には持って来いと判りました。<br />有名所ばかりだと、混んでしまっててんやわんやして、疲れるだけの観光になりますが、こう言ったマイナーな町の大自然を堪能すれば、全て順調に回れるし、満足感が違います!<br />・・・観光に来たんだったかな???ま、いっか!(^^;<br />

      これは豚の角煮だけど、単なる角煮ではなく、蓋の付いた竹筒の入れ物で蒸らしてあったノダ。
      入れ物ごとの写真が無くてゴメンなさい。

      明日はいよいよお別れの日。
      柳州の魅力を堪能し、桂林とペアでの観光には持って来いと判りました。
      有名所ばかりだと、混んでしまっててんやわんやして、疲れるだけの観光になりますが、こう言ったマイナーな町の大自然を堪能すれば、全て順調に回れるし、満足感が違います!
      ・・・観光に来たんだったかな???ま、いっか!(^^;

    この旅行記のタグ

      1いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      ピックアップ特集

      中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

      フォートラベル GLOBAL WiFiなら
      中国最安 490円/日~

      • 空港で受取・返却可能
      • お得なポイントがたまる

      中国の料金プランを見る

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      中国 で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集