1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. ヨーロッパ
  4. ドイツ
  5. ヴュルツブルク
  6. ヴュルツブルク 観光
  7. ヴュルツブルク市庁舎
ヴュルツブルク×
旅行ガイド
観光
グルメ
交通
ホテル
旅行記
Q&A

ヴュルツブルク市庁舎 Wurzburg Rathaus

建造物

ヴュルツブルク

観光の所要時間:
1-2時間

このスポットの情報をシェアする

ヴュルツブルク市庁舎 https://4travel.jp/os_shisetsu/10489218

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

施設情報

施設名
ヴュルツブルク市庁舎
英名
Wurzburg Rathaus
住所
  • Beim Grafeneckart 1, Wurzburg
カテゴリ
  1. 観光
  2. 建造物
  1. 観光
  2. 散歩・街歩き
登録者
ローズベリー さん

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。

クチコミ(10件)

ヴュルツブルク 観光 満足度ランキング 8位
3.3
アクセス:
3.50
コストパフォーマンス:
3.50
人混みの少なさ:
3.25
展示内容:
3.63
  • 目立たない場所にある

    • 3.0
    • 旅行時期:2019/08(約1年前)
    • 0

    マルクトプラッツとアルテマイン橋の間、ちょっと見つけにくい場所にありました。聖キリアン大聖堂を経由して歩こうと思っていたの...  続きを読むで、危うく見落とすところでした。日本と同じ敗戦国のドイツで空襲を受けた街の貴重な文化遺産だそうです。確かに古そう。  閉じる

    投稿日:2019/09/23

  • 旧市街地の西寄りにあります。

    • 3.0
    • 旅行時期:2019/07(約1年前)
    • 0

    このヴュルツブルクの市庁舎は旧市街地の西側でアルテマリン橋の近くにあります。時計塔は12世紀にたてられたものです。その後増...  続きを読む築が行われて現在の姿になったのです。市庁舎の一部はカフェになっているようです。市庁舎は身近な存在なのです。  閉じる

    投稿日:2019/12/07

  • 可愛らしい建物

    • 3.5
    • 旅行時期:2018/08(約2年前)
    • 0

    ビュルツブルグの大聖堂から歩いて、アルテマイン橋の手前にありました。時計塔と一体になった建物の白壁には、木が描かれていてな...  続きを読むかなか可愛らしい雰囲気の建物でした。ドイツの市庁舎ではラーツケラーというレストランをよく見ましたが、ここにもありました。  閉じる

    投稿日:2018/11/09

  • 聖キリアン大聖堂の前の通りをまっすぐ西に歩いて行くと右側にあります。
    アルテマイン橋の方から見ると、時計塔の時計が見えま...  続きを読むす。
    一階から入って見ると、小さな小さな部屋に市の模型や古い写真が展示されていました。
    二階にあがるとレストランになっていました。
    無料の展示は、ここだけのようです。  閉じる

    投稿日:2018/05/03

  • 日時計とぶどうの壁画

    • 3.5
    • 旅行時期:2017/08(約3年前)
    • 0

    白くて背の高い塔があるのが、市庁舎です。塔には、現在の時計と日時計があります。昔の時間の知り方、様子を想像することがてきて...  続きを読む新鮮な気持ちになります。ぶどうの木のような壁画もあり、ワインの産地であることが伺えます。  閉じる

    投稿日:2017/12/05

  • 工事中でした。どのような建物なのかは?

    • 3.0
    • 旅行時期:2017/05(約3年前)
    • 0

     アルテ・マイン橋のすぐ近くにある。訪ねた時は残念ながら工事中で外見は分からなかった。市庁舎の出入り口は道路面にはなく、市...  続きを読む庁舎として機能しているかどうかは分からなかった。地下のレストランは営業していた。  閉じる

    投稿日:2017/06/12

  • ヴュルツブルク市庁舎

    • 3.0
    • 旅行時期:2015/06(約5年前)
    • 1

    12世紀に建てられたヴュルツブルクの市庁舎です。この市庁舎にもラーツケラーというレストランがあります。ここだけでなく、ドイ...  続きを読むツでは市庁舎にラッツケラーという名のレストランが付随しているケースをよく目にします。その都市を代表する名物レストランとなっていることが多いのが特徴です。昔は市長も市参事もみな名誉職で無給でした。こういうところでの飲み食いすることだけが特権であったそうです。市庁舎の中に無料で入ることができ、中は第2次世界大戦で廃墟と化したヴュルツブルクの町の模型展示があります。英空軍の空襲を受け、街の大半が瓦礫になったといわれ、市民や当局が20年以上に渡ってかつての姿を取り戻していったか、その足跡を知ることのできる、小さいながらも意味ある博物館でした。  閉じる

    投稿日:2015/06/08

  • 修道院が増設された建物

    • 3.5
    • 旅行時期:2014/08(約6年前)
    • 2

    ヴュルツブルクの市庁舎はアルテマイン橋と大聖堂の中間にあり、12世紀に建てられた塔とその後18世紀に増設された修道院などか...  続きを読むらなっています。塔には金色の時計が光り、ドーム通り側の壁には絵が描かれています。
    増設された修道院のファサードは赤色砂岩の色で、通りから少し奥まった所にあり、市庁舎を意味する「RATHUS」と書かれた看板が立っています。看板がなければ市庁舎とは思えない造りになっています。塔の建物だけでなく、こちらの増設部分も見て歩くと楽しいです。  閉じる

    投稿日:2016/12/06

  • マリエンカペレを南に少し下がると市庁舎=ラーツハウスがあります。12世紀に建てられた塔は市庁舎の一番古い部分で、噴水から見...  続きを読むて左側の赤い建物とカルメリテン修道院を増築して、市庁舎は拡大されました。市庁舎の壁をよく見ると日時計はもちろん、壁全体に絵が描かれています。
      閉じる

    投稿日:2015/05/26

  • おしゃれなファサードの市庁舎

    • 4.0
    • 旅行時期:2012/08(約8年前)
    • 1

    味わいのある色合いが特徴の市庁舎は、アルテ・マイン橋の手前あたりに建っています。日時計がついた塔は13世紀に建てられた一番...  続きを読む古い部分で、隣の建物や修道院はあとから増築されたものとのことです。1階は雰囲気あるレストランになっています。  閉じる

    投稿日:2014/11/02

1件目~10件目を表示(全10件中)

このスポットに関するQ&A(0件)

ヴュルツブルク市庁舎について質問してみよう!

ヴュルツブルクに行ったことがあるトラベラーのみなさんに、いっせいに質問できます。

  • ゲンさん

    ゲンさん

  • とりっこ☆あどばいざーさん

    とりっこ☆あどばいざーさん

  • koolooさん

    koolooさん

  • AAAIKOさん

    AAAIKOさん

  • BE Iさん

    BE Iさん

  • 薔薇の咲く庭さん

    薔薇の咲く庭さん

  • …他

PAGE TOP