1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. ヨーロッパ
  4. ウズベキスタン
  5. タシケント
  6. タシケント 観光
  7. ウズベキスタン工芸博物館
タシケント×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
旅行記
Q&A

ウズベキスタン工芸博物館 Museum of Applied Arts in Tashkent

博物館・美術館・ギャラリー

タシケント

観光の所要時間:
1-2時間

このスポットの情報をシェアする

ウズベキスタン工芸博物館 https://4travel.jp/os_shisetsu/10412977

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

施設情報

施設名
ウズベキスタン工芸博物館
英名
Museum of Applied Arts in Tashkent
住所
  • 15, Rakatboshi st. , Tashkent
営業時間
9:00~18:00 (入場は17:00まで)
休業日
8500スム
4500スム、ビデオ撮影 7500スム
カテゴリ
  1. 観光
  2. 文化・芸術・歴史
  3. 博物館・美術館・ギャラリー
登録者
akiko_03 さん

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。

クチコミ(13件)

タシケント 観光 満足度ランキング 5位
3.33
アクセス:
3.68
町中心からちょっとはずれ。 by にこちゃんさん
コストパフォーマンス:
3.94
国立美術館と比べ、写真撮影代も安い。 by にこちゃんさん
人混みの少なさ:
3.95
人が少なくひっそり。 by にこちゃんさん
展示内容:
4.23
お土産店が素晴らしい。 by にこちゃんさん
  • 満足度の高いクチコミ(9件)

    建物自体が伝統建築の工芸品のようです。

    5.0

    • 旅行時期:2017/10
    • 投稿日:2021/06/21

    ガイドの説明によると綿花栽培や取引で財を成したロシア商人の邸宅だそうです。 華麗な王宮の装飾に魅せられて自分の邸宅に王宮...  続きを読むと同じく華麗な装飾を施したそうです。 建物は元々広くて現在の建物は元の建物の1/4の広さしか無く、3/4は焼失しました。 建物はコの字型で中央の居間は確かに王宮を彷彿させるような素晴らしい装飾の部屋でした。 この博物館で充実しているにはスザニで、逸品と呼ばれるような上質な作品が展示されています。その他種々の工芸品が展示されていますが、なにより素晴らしかったのは建物そのものでした。  閉じる

    ポポポ

    by ポポポさん(男性)

    タシケント クチコミ:5件

  • 色の氾濫と細密な装飾で目がチカチカ

    • 4.0
    • 旅行時期:2019/10(約2年前)
    • 0

    ウズベキスタン工芸博物館は、1900年代初めのロシア公使の私邸を改装した博物館で、閑静な高級住宅街の中にあります。
    展示...  続きを読むされているスザニ(刺繍製品)、絨毯、木工品など、その細工の見事さにも目を奪われますが、ウズベキスタンの職人たちが造り上げたその建物自体の装飾も一つの見どころ。
    チケットは2万1千スムで、カメラでの撮影は1万スム。
    タシケントでは必見の場所になっているようで、私たちが行った午後3時頃は各国のツアー客が大型バスで乗り付けていて賑やかでした。
    静かに見学したい方は、ツアーがお昼を摂る時間帯を狙って行くといいかもです。

    ウズベキスタン工芸博物館は、床を除いた天井、壁、柱などはすべて多色使いの細やかな装飾にびっしり覆われていて、そのあまりの細かさに目がチカチカ。
    見事なことは間違いないんですが、ジッと見ていると気分が悪くなるほどで落ち着かず、ここの主だったロシア公使はよく住んでいたなぁと妙に感心してしまいました。(笑)

    小さな中庭を囲んだショップでは、色とりどりの手工芸品が売られています。
    まるでバザールの一画のように雰囲気良く造られたスペースなので、ぜひ寄って行きましょう。
      閉じる

    投稿日:2020/02/21

  • イスラム建築の建物も見事です

    • 4.0
    • 旅行時期:2019/05(約2年前)
    • 0

    ウズベキスタンの伝統工芸品、絨毯などを展示している博物館です。それらの伝統工芸品に貴重な価値があって見所なのは言うまでもな...  続きを読むいですが、建物自体もかなり見ごたえがあります。もとはロシア公使の邸宅だったそうですが、イスラム建築になっているので館内の装飾は素晴らしく、モスクの中にいると錯覚するような造りでした。
    場所はタシュケント市内中心部のやや高級な住宅街のなかです。地下鉄の最寄駅はコスモナトゥラル駅になり、わりと近いのですが、道はわかりづらかったです。迷いながらでも行く価値のある博物館でした。  閉じる

    投稿日:2020/03/11

  • ウズベキスタン国立美術館を見てから、タクシーで行きました。初めて使った流しのタクシーで10000スムだった。$1ちょっと、...  続きを読む安い!

    運転手さんは、最初場所がわからないようだったけど、あれこれ調べてくれ、わかったら狭い路地を入り、建物正面へすぐに到着。18時までやってるけど、入場は17時までなので、ちょっと焦ったけど、十分に間に合いました。

    入って最初は、ウズベキスタンらしい、絨毯やスザニが展示されており、それから、この建物の美しい部屋に入ると、その、内装の、壁から天井まで宮殿のような美しさには目を見張ります。細かい装飾の美しいこと!しばらく見とれます。

    それから、お土産売り場が充実していてびっくり。センスの良い、店主の目にかなった、ちょっと高いけど、質の良いものがそろっています。ウズベキスタンのいいものを買おうと思ったら、ここは是非お勧めです。

    そして、私がウズベキスタンにいる間、どこも素敵で気になった、美しい玄関ドアなどが展示されているところを抜けると、ぐるりと一周した感じで建物の外へ出ます。中庭の周りにぐるりと部屋が連なって、博物館になってます。建物は、展示物、内装の美しさ、など、前の日に行った、サマルカンド郷土史博物館に似ています。

    中庭には、一本大きな大きな木があり、時間があったら、中庭でゆっくりして行ってもいいですね。私より後に、バスでやってきた、イタリア人ツアーの皆さんは、宮殿のように美しい建物の内部に直行で観光して行っていました。  閉じる

    投稿日:2019/05/21

  • 建物自体が伝統建築の工芸品のようです。

    • 5.0
    • 旅行時期:2017/10(約4年前)
    • 4

    ガイドの説明によると綿花栽培や取引で財を成したロシア商人の邸宅だそうです。
    華麗な王宮の装飾に魅せられて自分の邸宅に王宮...  続きを読むと同じく華麗な装飾を施したそうです。
    建物は元々広くて現在の建物は元の建物の1/4の広さしか無く、3/4は焼失しました。
    建物はコの字型で中央の居間は確かに王宮を彷彿させるような素晴らしい装飾の部屋でした。
    この博物館で充実しているにはスザニで、逸品と呼ばれるような上質な作品が展示されています。その他種々の工芸品が展示されていますが、なにより素晴らしかったのは建物そのものでした。  閉じる

    投稿日:2018/09/07

  • 中央アジアの文化度の高さを示す

    • 4.5
    • 旅行時期:2017/10(約4年前)
    • 1

    タシケントの新市街地にある博物館で、かつてのロシア公使の建物が博物館となっています。建物自体が博物館という感じで天井、壁の...  続きを読む木々やタイルの装飾など素晴らしいの一言です。また展示品の陶器、スザ二、絨毯、金属製品などいずれも素晴らしいもの、珍しいものがそろい見どころ満載です。ウズベキスタン観光での集大成のような感じです。必見の場所です。  閉じる

    投稿日:2017/10/04

  • ロシア公使の私邸を利用した博物館です。建物自体が展示物といってもいいくらい美しい装飾が施されています。展示品で目を引くのが...  続きを読む繊細な刺繍が全面に施されたうっとりするほど美しいスザニのコレクションです。
    博物館のなかで売っているお土産も他の観光スポットのお土産とはレベルが違う、確かな品質のものが多かったです。  閉じる

    投稿日:2017/08/24

  • スザニなどが美しかったです

    • 4.0
    • 旅行時期:2017/05(約4年前)
    • 0

    豪華な邸宅を改装して作られたという博物館です。スザニをはじめとするウズベキスタンの伝統工芸品の優れた品々が展示されていて、...  続きを読む工芸品が好きな人にはおすすめです。
    場所がわかりにくく、タクシーの運転手もわからない人が多くてたどり着くのが大変でした。  閉じる

    投稿日:2017/05/13

  • 建物が美しい。

    • 3.5
    • 旅行時期:2016/10(約5年前)
    • 0

    住宅街にある小さな博物館。
    宿泊した「アートホステル」のすぐそばだったので、行ってみることにしました。

    ウズベキス...  続きを読むタンの伝統的な陶器やスザニ、装飾品などが展示してありとても興味深かったです。そしてこの建物自体も、とてもきらびやかで美しい。

    ここで働いている女性が、代々スザニをつくってきた家柄らしく、スザニをつくる体験を少しさせてもらえました。

    織物や伝統工芸に興味がある方はぜひ行ってみるといいと思います。  閉じる

    投稿日:2016/10/24

  • スザニが綺麗でした

    • 4.0
    • 旅行時期:2016/04(約5年前)
    • 0

    ティムール広場にはティムール博物館がありましたが、
    ウズベキスタン工芸博物館はさらに2km程南にあります。
    写真は有料...  続きを読むなので撮りません。
    スザニがたくさん展示されてて美しかった。
    元ロシア公使の家だったからか部屋も綺麗でした。
    他には調度品が展示されていました。
      閉じる

    投稿日:2017/02/07

  • 住宅街にある博物館

    • 3.0
    • 旅行時期:2015/05(約6年前)
    • 0

    泊まったホステルから近かったので歩いて行きましたが、住宅街にあり、ちょっと分かりにくいです。ロシア公使の私邸だったという建...  続きを読む物はタイルの装飾が素敵ですが、展示自体は少なくて、博物館というには見応えがないです。  閉じる

    投稿日:2015/10/31

  • 女性向きかな?

    • 3.0
    • 旅行時期:2011/09(約10年前)
    • 0

    工芸博物館の名のとおり、陶器と布製品の展示がメインです。

    スザニは色とりどりの美しさ、食器類もきらびやかです。
    ...  続きを読むの多くの博物館・美術館と同じく、撮影料を別途で支払ったので、せっかくだからとちこち撮ってきました。壁紙によさそうかな、と。

    また、博物館の建物自体もなかなかに見栄えします。

    ウズベキスタン女性の服のデザインは、なかなかに個性的なのですが、その源はここにあるのだな、とわかりました。  閉じる

    投稿日:2012/05/28

  • 住宅地の中にある博物館

    • 2.5
    • 旅行時期:2010/04(約11年前)
    • 0

    ナヴォイ公園の南側、大使館等がある高級住宅街らしき町の路地にありました。幹線通り沿いではないので場所は分かりづらかったです...  続きを読むが、付近の豪邸を眺めて散歩するのは楽しかったです。
    工芸博物館はロシア公使の私邸だった建物だそうで、それほど敷地も建物も広くないですが、室内は壁や天井がとても細かい装飾が施され、ブハラ郊外にあるスィトライ・マヒ・ホサ宮殿に似た感じでした。展示品はスザニや絨毯、陶磁器など、高級そうなものが並んでました。
    この博物館は何故か日本人の団体観光客ばかりで、日本語を話すスタッフもいました。日本人にのみ知名度のある博物館なのでしょうか?
    行きづらい場所なので、時間に余裕のある場合のみ立ち寄るべき観光地のようにも思えました。  閉じる

    投稿日:2012/04/23

  • 概観も素敵です。

    • 5.0
    • 旅行時期:2004/09(約17年前)
    • 0

    ウズベキスタン工芸博物館 Museum of Applied Arts in Tashkent
    ロシア公使の私邸を博物館...  続きを読むにしたもので、博物館の建物自体が、すばらしいタイル張りで見ごたえがあります。まるで宮殿のようです。  閉じる

    投稿日:2015/01/22

1件目~13件目を表示(全13件中)

このスポットに関するQ&A(0件)

ウズベキスタン工芸博物館について質問してみよう!

タシケントに行ったことがあるトラベラーのみなさんに、いっせいに質問できます。

  • air24airさん

    air24airさん

  • SUR SHANGHAIさん

    SUR SHANGHAIさん

  • にこちゃんさん

    にこちゃんさん

  • ポポポさん

    ポポポさん

  • lion3さん

    lion3さん

  • kenさん

    kenさん

  • …他

このスポットで旅の計画を作ってみませんか?

行きたいスポットを追加して、しおりのように自分だけの「旅の計画」が作れます。
クリップ したスポットから、まとめて登録も!

PAGE TOP