旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

山形市 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

山形市人気旅行記ランキング45位(605件中)

蝉の声響く 夏の山寺☆石段の先に待つ風景と御朱印巡りを楽しんで♪ ―週末パスで東北へ vol.1

関連タグ

    旅行時期 2017/08/26 - 2017/08/27 (2017/09/06投稿

    今年は夏の旅行は諦めようかと思ったものの、やはりどこかへ行きたい…!そこで、新幹線でさくっと行けそうな仙台が候補に。しかし、仙台市内のホテルが取れない・・・それで、たまには海の方でと松島で宿を取った。
    しかし、仙台まで行くなら、訪れたことのない山寺へ行ってみたい!御朱印もいただきたい!という気持ちが湧いてきて、、1日目は山寺を訪れてから松島へ移動して宿泊、2日目は主に松島観光の2日間の旅となりました。
    まずは仙台で乗り継ぎ、仙山線で山寺へ。860年に開山した歴史ある天台宗の霊山・宝珠山立石寺、通称山寺。1015段の石段を上って奥之院を参拝した後は、五大堂から眼下に広がる里山や門前町の風景を眺めて感動~♪参拝後はお蕎麦にさくらんぼソフトとちょこっとご当地グルメも楽しんできました。
    よろしければご覧ください~。

    写真 48枚

    エリア:
    山形 | 山形市
    エリアの満足度:
    4.5
    • 大宮7時30分発のはやてに乗り、仙台へ出発。
      旅行会社の仙台のホテルとJRのセットプランを予約しようと思っていたが、シングルはあったものの、ツインやトリプルの空きが全くなく断念。基本は海より山派の我が家だけれど、たまには海の方でと松島に宿泊することに。

      JRは連続する土日等に利用できる週末パスを利用しました。
      8730円で、別に特急券を買えば特急や新幹線も利用できる。
      今回の旅行の行程の運賃を計算すると14000円以上にはなったので、一人あたり5~6000円位はお得になった。

    • 仙台に8時45分に到着。9時4分発の仙山線に乗り換えて1時間ほど、山寺駅へ降り立ちました!

    • 山寺の観光案内マップ。山寺は正式名称、宝珠山立石寺。
      緑に包まれた険しい岩山にお堂が点在。
      860年、慈覚大師円仁が開いたとされる天台宗の霊山です。

      比叡山延暦寺の高僧(天台座主3世)の慈覚大師円仁は東国を巡礼し、布教に努めたとされています。そのため、東北地方には円仁が開祖とされているお寺がたくさんあるのだとか。翌日、私達が訪れた松島の瑞巌寺もその1つ。有名な所では世界遺産・平泉の中尊寺、毛越寺などもそう。

      山寺は、悪縁を切ることで良い縁と幸せを呼ぶ「悪縁切りの寺」といわれているそうです。

    • 関東とは空気が違うというか、、東北に来た!という感じがする♪

      山形は子供の頃に親戚の家など訪れたことがあるけれど、観光目的では初めて訪れた気がする。

    • 赤とんぼをパチリ。
      この旅行中、東京で見かけることのないオニヤンマも2度見かけたのだけど、写真に収めることができなくて残念。。

    • 撮影場所の地図

      駅から徒歩10分ほど、登山口の表記のある所から石段を上って、初めに現れるのは根本中堂。

      1356年に初代山形城主により再建されたお堂で、堂内では約1200年前に移された比叡山延暦寺の法灯が燃え続けている。ブナ材の建築物では日本最古といわれているそうです。色褪せた柱の雰囲気もまた味がある。国指定重要文化財。

      賽銭箱の上の布袋さんの体を撫でて参拝。悪い所を撫でながらお参りすると良いそうです。御朱印もいただきました。

      御朱印の受付所には御朱印撮影禁止とあり、その場で撮るのが禁止という意味か、撮って載せたりするのかが禁止なのかわからなかったけれど、御朱印については厳しいお寺のように見受けられたので、載せるのは止めておきます。
      300円納めました。

      山寺にある全てのお堂と神社の御朱印をいただくと10の御朱印をいただけるようですが、、私はここぞと思う所だけにして、4ついただきました。

      参考までに御朱印をいただける場所は下記のように記しておきます。
      ↓↓↓
      〔御朱印1・根本中堂〕

    • 撮影場所の地図

      売店で山形名物の玉こんにゃくを売っていた。
      1串100円。中まで味がしみていて美味しかった♪

    • 続いて日枝神社へ。
      慈覚大師が宝珠山を開山するにあたって、釈迦・薬師・阿弥陀三尊を安置し守護神としたそう。

      こちらでも300円納めて御朱印をいただきました。

      〔御朱印2・日枝神社〕

    • 青空の下、ずっと向こうまで広がる緑の山々と草花。
      なんだかのどかで、祖母の家を思い出した^^

    • 神社の鳥居を出て、先に進みます。

    • 撮影場所の地図

      松尾芭蕉の像。(逆光でよく写ってませんが…)

      山寺で詠まれた有名すぎる芭蕉の句
      「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」

      ここでは現在も蝉の声が響いていました。
      でも、観光客がたくさんいるので、芭蕉が心を打たれた「静寂の中に蝉の声が響いていた」という情景とはかけ離れていたかもしれない(^^;

    • 弟子の曾良の像が隣に。

      芭蕉と曾良が山寺を訪れたのは1689年。
      江戸の深川を出発して、陸奥、出羽、北陸の各地を訪ね、156日間で美濃の大垣に到着。この旅について記したのが紀行文「奥の細道」です。

    • 山門で、入山料を払います。
      大人300円、中学生200円、4歳~小学生100円。

    • 奥之院へと続く石段は山の中に分け入っていく。
      緑や木々は美しく神秘的でもあります。

    • 苔生した岩や緑に包まれた登山道の周辺を歩くのは気持ちがいいけれど、、階段を上り続けるとすぐに息が切れる~。
      それに暑さは和らいでいたとは言え、湿度が高いので歩くと蒸し暑い。

      小さな滝の前で小休止。

    • 葉に水滴がキラキラしているのが綺麗だったが、、
      なんだかよくわからない写真になってしまった(汗)

    • 撮影場所の地図

      せみ塚までやってきました。
      芭蕉の弟子たちがこの地を訪れて、この場所が芭蕉が句の着想を得た場所ではないかと、句をしたためた短冊を埋めて石の塚を立てたそう。

    • 隙間から見える険しい岩肌。
      芭蕉はここで鳴く蝉の声に着想を得たのかな?

    • 登山口から420余段で、この先、奥之院まで580段。
      …ってことは、まだ半分も上っていないのー?!(@_@;)

    • すぐ横にある弥陀洞(みだほら)。
      自然に風化した岩肌に、約4.8mの阿弥陀如来の語りが削り出され、その姿を見つけることができた人には幸福が訪れるそう。

      うーん、見えたような、見えないような…(笑)

    • 少し上ると、仁王門が見えてきました!
      うわー、絵になる眺め♪
      黄色に染まった葉がいい感じだけど、赤くなったらもっと綺麗だろうな。

    • 仁王門をくぐります。中には千社札がたくさん貼ってありました。
      仁王門は1848年に再建されたものだそう。

    • その先に並んで性相院・金乗院・中性院と3つの支院があり、それぞれ御朱印を受け付けていました。(私はいただきませんでしたが)
      写真は中性院。
      江戸時代には12の支院があり、多くの僧たちが修行に励んでいたそうです。

      現地では未確認なので御朱印希望の方は確認が必要ですが、ネットの情報では性相院では阿弥陀如来と毘沙門天像が安置されていることから、仏様毎に2つ御朱印がいただけるよう。
      〔御朱印3&4、5、6・性相院、金乗院、中性院〕

    • 撮影場所の地図

      階段を登って奥之院と大仏殿に向かいます。灯篭は日本三大灯篭に数えられているそうですが、工事中でした。。

    • こちらも内部は写真撮影禁止なので、遠くから。
      建物もほとんど写ってないけど(笑)

      奥之院は通称で正しくは「如法堂」で釈迦如来・多宝如来が祀られています。写真の大仏殿には高さ5mの阿弥陀如来像があります。身をかがめて覗くと金色の大仏のお顔が見えました。

      御朱印受付所は1か所ですが、如法堂と大仏殿2つのお堂があるので御朱印は2つ。600円を納めました。

      〔御朱印7、8・奥之院、大仏殿〕

    • ずっと下の方に町が見える。
      随分、上の方まで上ってきたんだなと実感します。

      しかし、上に来てから厚い雲がでてきて、青空が塞がれてしまった・・・(泣)

    • 少し脇に入った所に支院の華蔵院。
      ここも御朱印を受け付けていました。

      その脇の祠に三重小塔が。室町時代に造られた小さな塔。
      格子があるので見にくかったですが、国指定重要文化財です。

      〔御朱印9・華蔵院〕

    • 崖の岩場にお堂が見える。怖っ。。
      胎内堂。一般の人は立ち入りできません。
      すごい場所にあるなぁ。。

      昔は岩場から転落する修行者も多かったそうです…。

    • この山には穴が開いた奇岩が多い。
      その独特の景観が宝珠山を聖域化させたのだとか。

    • 最後に山寺で一番の絶景ポイントに向かいます。
      山寺のシンボル、崖の上に建つ開山堂と納経堂が見えてきた。

    • 山寺のお堂は全体的に華やかさはありませんでしたが…
      崖の上に建つお堂は一際、存在感がある。

      向かって右が、慈覚大師の木像を安置する開山堂。
      現在も僧侶が朝夕に食飯と香をお供えしているそうです。

      後ろが青空だったら最高だったのだけど。。

    • 赤い納経堂は山内で最も古い建物。
      その真下の入定窟に慈覚大師が埋葬されたと伝えられています。

    • 開山堂の右手を少し上ると五大堂。
      舞台式のお堂で、開山から30年後に円仁の弟子・安然が建立したとされています。

    • 撮影場所の地図

      五大堂から、頑張って石段を登ったからこそ見られる景色を楽しみます^^

    • 連なる山々に町が小さく見える。いい眺め!
      石段を登ってきた甲斐がありました~♪

      やっぱり青空が見えていたらなぁと思うけれど、お堂を吹き抜ける風も涼しくて気持ちが良かったです。

    • 景色を堪能した後は、山を下ります。背の高い木が立ち並んでる。
      手前の木の穴は何かの巣穴?!
      娘のリコーダーみたいと思ってしまった(笑)

    • 上りは大丈夫だったけれど下りの方が足にきて…
      日頃の運動不足がたたり、下までたどり着く頃には足がガクガク(苦笑)

      転ばないように気を付けて歩きました(^▽^;)

    • 門を出たら、青空が!
      なんで上にいる時だけどんよりしていたのか…。
      日頃の行いが悪いからなの?!(苦笑)

      門を出て右手へ向かうと立石寺本坊があります。
      こちらでも御朱印を受け付けていました。
      振り返って写真に収め、下山口から山寺を後にします。

      〔御朱印10・立石寺本坊〕

    • 撮影場所の地図

      階段を降りて出た道を、左手の駅方向とは逆、右手の住宅地の方へ進んだところにある「瀧不動生蕎麦」でお昼にしました。

    • 私と娘は冷たい鳥蕎麦。
      メニューの写真で鶏肉が柔らかい感じなのかと思っていたら、固い燻製みたいなお肉だったので、ちょっと思っていたものと違いました。でも、750円でボリュームがある!
      デザートのすいかも嬉しい^^

    • 夫のかも汁板蕎麦。ゆずが効いた出汁に具がたっぷり。1500円。
      こちらの方が好みでした!

      蕎麦は田舎蕎麦にしてしまったのだけれど、シーズンでなくても新蕎麦の風味を味わえるという寒ざらし蕎麦や、更科蕎麦、更科と田舎の2種盛りなど、色々な蕎麦があるので、蕎麦好きな方はじっくり選んで頼むのが良いと思います。

      私達は次の電車の時間を気にして、蕎麦の方はあまり考えずに注文してしまったので。

    • 実は私がこの店に来てみたかったのは、これを食べてみたいと思ったから。

      かいもち揚げ 350円
      そばがきを揚げてあり、中はもっちり、表面はカリッとして美味しい♪わさびの風味もよく合います。

      もう少しツユ(醤油?)がかかっててもいいかなとは思いましたが、掛け過ぎるとカリッと感が弱まってしまうので難しいのかな。
      食感を楽しむには、熱いうちに食べるのがおすすめです。

    • 撮影場所の地図

      あまり時間がなかったけれど、ダッシュで「ふもとや本店」のさくらんぼソフトを買いに行きます。これ、必ず食べようと思っていたんです。

      登山口の方へ向かう途中にあるお店なので、参拝前に食べておけば良かったのだけど(汗)

    • 1時間に1本しか電車がないので、次の電車には必ず乗りたい…!
      慌てすぎてピントが定まらず(笑)

      さくらんぼ味が濃くて美味しかった♪

    • 橋を渡って駅へ向かいます。
      青空と山と川、日本の良き風景という感じですね~。
      参拝も無事終えたことだし、心が洗われるような気持ち。

    • 撮影場所の地図

      駅へ戻ってきました。
      向かって右手の階段を上がった2階は展望台になっています。

    • 駅のホームからの眺め。
      正面の上の建物は五大堂?!あんなに上まで上ってきたんだなぁ。。

    • 13時15分発の電車で仙台へ向かいます。

      初めての山寺。緑に包まれた登山道は神秘的な雰囲気があり、険しい岩肌や奇岩には荒々しさや厳しさも感じつつ、石段登ったからこそ楽しめる風景を眺められて、食事を入れて3時間ほどの滞在時間でしたが満足できました!
      御朱印も4ついただけたし、ちょこっとグルメも楽しめて目的は達成( ̄▽ ̄)ゞ

      この後、仙台駅で一休みして松島海岸へ向かいます。続きは次の旅行記で~。

      ここまでお読みいただきありがとうございました!
      よろしければ続きもご覧ください~。

    山形市人気旅行記ランキング45位(605件中)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    この旅行で行った観光スポット

    山形市 観光スポットランキング

    この旅行で利用したグルメスポット

    山形市 グルメスポットランキング

    この旅行で利用した交通施設

    山形市 交通施設ランキング

    このエリアに旅行をご検討中の方へ!

    フォートラベルポイントが航空券代金の最大10%分たまる!

    フォートラベルの国内航空券なら、JAL、ANA、スカイマークをはじめ、話題のLCCも含めた13社の国内航空会社から、その時期おトクにいける航空券を比較しながら、予約できます。
    急な出張や休暇が取れたときでも…出発の3時間前までご予約いただけます!

    今すぐ!国内航空券を検索する

    内容が近い旅行記

    このエリアの旅行記一覧へ

    まーやんさん

    まーやんさん 写真

    海外0カ国渡航

    国内20都道府県訪問

    写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

    この旅行記の地図

    拡大する


    ピックアップ特集

    閉じる