日光旅行記(ブログ) 一覧に戻る
11月の3連休を避けて久しぶりに日光へ行ってみました<br />前夜からの雨は朝方には小ぶりになり昼頃には青空が見えるまずまずの天気<br />空いている東北自動車道を走り、大谷PAで昼食、佐野ラーメンを食べ一路日光へ向かいます<br />日光宇都宮道路の日光付近からいろは坂にかけては紅葉が盛りでした<br />明智平あたりまで登ると紅葉はほぼ終わりでしたが、それでも明智平のロープウェイは行列ができていました<br />30分ほど待ってロープウェイに乗車、3分ほどで展望台に到着、ここからは男体山、華厳の滝、中禅寺湖が綺麗に眺められました<br />次は中禅寺湖畔に建つ中禅寺の脇を通って展望台へ、ここからは雄大な男体山と青い中禅寺湖の眺めが見事でした<br />まだ時間も早かったので竜頭の滝と戦場ヶ原まで足を延ばしてみました<br />竜頭の滝の紅葉は完全に終わっていましたが滝が見える茶屋で美味しいコーヒーを頂いてから、三本松園地の近くにある戦場ヶ原の展望台へ<br />戦場ヶ原は既に冬の装いでしたが、枯れ野が広がる戦場ヶ原と白樺の木が青空に映えていました<br />今夜の宿は中禅寺金谷ホテル、午後3時半頃に到着しチェックイン、部屋は1階、ベッドが二つ置かれた部屋は清潔感がありました<br />荷物を整理してからさっそく大浴場へ向かいます、浴場はホテルの母屋からは離れた建物内にありますが、覆いに囲まれた渡り廊下で繋がっています<br />屋内の浴槽と外に露天風呂があり硫黄泉らしく湯温も好みの熱さでリラックスできました<br />夕食はホテル内のレストランでフランス料理、最後のデザートまでさすがに伝統あるホテルらしく大満足でした<br />翌朝は5時半に朝風呂、露天風呂は寒さを感じる季節でしたが少し熱めのお湯が気持ち良かったです<br />朝食はジュースはマンゴー、サラダ、卵料理はオムレツとソーセージ、最後にコーヒーを頂きました<br />スタッフの対応も心地よく、お値段から見ても十分満足できるホテルでした、ぜひ再訪したいと思います<br />帰りは快晴の空の下、鹿沼市にある川上澄生美術館へ立ち寄りました<br />川上澄生は大正から昭和にかけて活躍した木版画家で企画展「川上澄生と音楽」が開催されていました<br />「木版画の詩人」と呼ばれた川上澄生の世界の一端を知ることができました<br />帰路は鹿沼ICから東北自動車道へ、途中蓮田SAで肉汁うどんを食べて帰宅しました

晩秋の日光と川上澄生美術館を巡る旅

13いいね!

2023/11/07 - 2023/11/08

1364位(同エリア3252件中)

0

23

Katsumi1956

Katsumi1956さん

11月の3連休を避けて久しぶりに日光へ行ってみました
前夜からの雨は朝方には小ぶりになり昼頃には青空が見えるまずまずの天気
空いている東北自動車道を走り、大谷PAで昼食、佐野ラーメンを食べ一路日光へ向かいます
日光宇都宮道路の日光付近からいろは坂にかけては紅葉が盛りでした
明智平あたりまで登ると紅葉はほぼ終わりでしたが、それでも明智平のロープウェイは行列ができていました
30分ほど待ってロープウェイに乗車、3分ほどで展望台に到着、ここからは男体山、華厳の滝、中禅寺湖が綺麗に眺められました
次は中禅寺湖畔に建つ中禅寺の脇を通って展望台へ、ここからは雄大な男体山と青い中禅寺湖の眺めが見事でした
まだ時間も早かったので竜頭の滝と戦場ヶ原まで足を延ばしてみました
竜頭の滝の紅葉は完全に終わっていましたが滝が見える茶屋で美味しいコーヒーを頂いてから、三本松園地の近くにある戦場ヶ原の展望台へ
戦場ヶ原は既に冬の装いでしたが、枯れ野が広がる戦場ヶ原と白樺の木が青空に映えていました
今夜の宿は中禅寺金谷ホテル、午後3時半頃に到着しチェックイン、部屋は1階、ベッドが二つ置かれた部屋は清潔感がありました
荷物を整理してからさっそく大浴場へ向かいます、浴場はホテルの母屋からは離れた建物内にありますが、覆いに囲まれた渡り廊下で繋がっています
屋内の浴槽と外に露天風呂があり硫黄泉らしく湯温も好みの熱さでリラックスできました
夕食はホテル内のレストランでフランス料理、最後のデザートまでさすがに伝統あるホテルらしく大満足でした
翌朝は5時半に朝風呂、露天風呂は寒さを感じる季節でしたが少し熱めのお湯が気持ち良かったです
朝食はジュースはマンゴー、サラダ、卵料理はオムレツとソーセージ、最後にコーヒーを頂きました
スタッフの対応も心地よく、お値段から見ても十分満足できるホテルでした、ぜひ再訪したいと思います
帰りは快晴の空の下、鹿沼市にある川上澄生美術館へ立ち寄りました
川上澄生は大正から昭和にかけて活躍した木版画家で企画展「川上澄生と音楽」が開催されていました
「木版画の詩人」と呼ばれた川上澄生の世界の一端を知ることができました
帰路は鹿沼ICから東北自動車道へ、途中蓮田SAで肉汁うどんを食べて帰宅しました

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
5.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
自家用車
旅行の手配内容
その他

PR

13いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから国内旅行記(ブログ)を探す

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP