伏見旅行記(ブログ) 一覧に戻る
一ノ宮の真清田神社の十八日講の会は京都伏見稲荷大社が本社となっていますので、年に一度は会員で正式参拝に行くのですが、コロナでここ2年は実行できず、やっと今回御参りに行くことになりました。

真清田神社正式参拝「京都伏見稲荷大社」

10いいね!

2021/11/30 - 2021/11/30

848位(同エリア1510件中)

0

27

ハートネッツ

ハートネッツさん

一ノ宮の真清田神社の十八日講の会は京都伏見稲荷大社が本社となっていますので、年に一度は会員で正式参拝に行くのですが、コロナでここ2年は実行できず、やっと今回御参りに行くことになりました。

PR

  • 駐車場から伏見稲荷大社へ向かいます。

    駐車場から伏見稲荷大社へ向かいます。

  • まだ紅葉が残っています。

    まだ紅葉が残っています。

  • 本殿です。

    本殿です。

  • その左隣にある社務所に向かいますこの正式参拝の良いところは普通入ることが出来ない社務所に入れることです。

    その左隣にある社務所に向かいますこの正式参拝の良いところは普通入ることが出来ない社務所に入れることです。

  • 外観は古い日本式ですが中に入ると本当にビックリ、豪華でモダンな建物です。

    外観は古い日本式ですが中に入ると本当にビックリ、豪華でモダンな建物です。

  • 入口と本館の間に手水が出来るようになっています。

    入口と本館の間に手水が出来るようになっています。

  • 又、中庭になっています。

    又、中庭になっています。

  • 本館の方は素晴らしい庭が眺められます。

    本館の方は素晴らしい庭が眺められます。

  • まだ紅葉が楽しめました。

    まだ紅葉が楽しめました。

  • こちらが通された大広間です。

    こちらが通された大広間です。

  • お茶で一息です。

    お茶で一息です。

  • 今回は窓を全開して紅葉を楽しめるようにして下さいました。

    今回は窓を全開して紅葉を楽しめるようにして下さいました。

  • 新しい建物の奥は古い建物がそのまま残されていました。<br />今回初めてこの奥まで入れて頂きました。

    新しい建物の奥は古い建物がそのまま残されていました。
    今回初めてこの奥まで入れて頂きました。

  • 桜の絵の第一人者、浜田泰介氏の襖絵の部屋です。

    桜の絵の第一人者、浜田泰介氏の襖絵の部屋です。

  • 廊下の扉絵も華やかです。

    廊下の扉絵も華やかです。

  • 一番奥の部屋には棟方志功による「稲荷大明神」の掛け軸があり、この写真を待ち受けにすると金運が上がると言われました。

    一番奥の部屋には棟方志功による「稲荷大明神」の掛け軸があり、この写真を待ち受けにすると金運が上がると言われました。

  • その後鳥居をくぐって本殿へ。

    その後鳥居をくぐって本殿へ。

  • 本殿の中で祝詞をあげて頂きました。

    本殿の中で祝詞をあげて頂きました。

  • その後神楽殿移り御神楽の奉納がありました。<br />

    その後神楽殿移り御神楽の奉納がありました。

  • 次に御所の前にあるガーデンパレス

    次に御所の前にあるガーデンパレス

10いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

伏見の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集