宇奈月・黒部峡谷旅行記(ブログ) 一覧に戻る
初日は福岡空港より空路で小松空港へ行き、空港からレンタカーでまず五箇山へ向かいました。五箇山では相倉集落、菅沼集落で合掌造りを見学し、その後は一路宇奈月温泉へ向かい、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車が見えるホテル黒部(1泊2食付き)に宿泊。チェックイン後は山彦橋を渡って時折通過するトロッコ列車を撮影しながら「やまびこ遊歩道」を歩いてうなづき湖まで散策しました。<br />第2日は9時にトロッコ列車で宇奈月温泉駅を出発しました。1時間18分の乗車時間ですが、雨が降れば寒いと思って窓付きのリラックス客車(追加料金530円)を予約しましたが、晴天に恵まれたので結果としては屋根だけの一般客車にした方がよかったと思います。リラックス客車は乗車する号車は指定されますが、コロナ対策のためにひとつの号車には10人くらいの乗車客です。車内は自由席なので景色の良い進行方向右側に席を取りました。富山県出身の室井滋さんの案内を聞きながら写真撮影しあっという間に欅平に到着しました。列車にはトイレがないので乗車前には必ずトイレを済ませるように何度も注意がありました。欅平に到着すると、さっそく祖母谷温泉を目指します。登山に慣れている身ですので祖母谷温泉まで軽い登りの道を35分で到着しました。欅平からは奥鐘橋、人喰岩、名剣温泉、最後は300mある長いトンネルを抜けると祖母谷温泉はすぐそこです。ふと見ると雪に覆われた唐松岳山頂が見えます。祖母谷温泉は宿泊客しか通行できないようですので、反対方向の祖母谷地獄に行きました。途中から温泉の湯けむりが見えてきて硫黄の臭いが強くなります。野生の猿の群れが温泉の湯気が上がる祖母谷川を歩いています。しばらく猿の群れを見て休憩し、来た道を欅平まで戻りました。欅平駅から黒部川左岸を猿飛峡を目指しますが、通行止めになっていて根曲がりの木の森までしか行けません。その先は行けず残念でした。再び欅平駅に戻り河原展望台に行き、足湯を楽しみました。この温泉は祖母谷温泉から引いている湯だそうです。湯に入りながら頭の上にある奥鐘橋を見上げると、黒部渓谷の谷の深さが実感できます。駅に戻って少し時間があったのでビジターセンターで黒部渓谷の成り立ちなどを勉強をしました。ビジターセンター係の方に水平歩道の入り口まで行ける登山道を教えてもらいましたが、トロッコ列車の出発時間が迫っていたので今回は見送ることにしました。14:37のトロッコ列車リラックス客車で宇奈月温泉まで戻りました。宇奈月温泉までの帰路は車内放送もあまりなく寝ている方も多く見かけました。ホテル黒部で預かってもらっていたレンタカーを取りに行き、そのままレンタカーで金沢駅に戻りレンタカーを返却し、駅構内にあるヴィアイン金沢(1泊食事なし)で宿泊しました。<br />第3日は午後2時半まで金沢市内を見学しました。時間の関係で東茶屋街、近江町市場(早めの昼食は山さん寿しで海鮮丼)、金沢城、兼六園を観光して金沢駅からサンダーバードとのぞみを乗り継ぎ博多駅に20:55分到着しました。<br /><br />旅行日程<br />10月18日 福岡空港→小松空港→五箇山→宇奈月温泉(ホテル黒部泊) ※レンタカー使用<br />10月19日 宇奈月温泉→欅平→宇奈月温泉→金沢駅(ヴィアイン金沢泊)※トロッコ列車、レンタカー使用<br />10月20日  金沢市内観光(東茶屋街、近江町市場(山さん寿し店で昼食)、金沢城、兼六園)<br />     金沢駅15:19→18:03新大阪18:18→20:55博多駅  ※サンダーバード、のぞみ使用

黒部渓谷トロッコ列車と金沢市内観光

13いいね!

2021/10/18 - 2021/10/21

263位(同エリア587件中)

0

26

パリが大好きさん

初日は福岡空港より空路で小松空港へ行き、空港からレンタカーでまず五箇山へ向かいました。五箇山では相倉集落、菅沼集落で合掌造りを見学し、その後は一路宇奈月温泉へ向かい、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車が見えるホテル黒部(1泊2食付き)に宿泊。チェックイン後は山彦橋を渡って時折通過するトロッコ列車を撮影しながら「やまびこ遊歩道」を歩いてうなづき湖まで散策しました。
第2日は9時にトロッコ列車で宇奈月温泉駅を出発しました。1時間18分の乗車時間ですが、雨が降れば寒いと思って窓付きのリラックス客車(追加料金530円)を予約しましたが、晴天に恵まれたので結果としては屋根だけの一般客車にした方がよかったと思います。リラックス客車は乗車する号車は指定されますが、コロナ対策のためにひとつの号車には10人くらいの乗車客です。車内は自由席なので景色の良い進行方向右側に席を取りました。富山県出身の室井滋さんの案内を聞きながら写真撮影しあっという間に欅平に到着しました。列車にはトイレがないので乗車前には必ずトイレを済ませるように何度も注意がありました。欅平に到着すると、さっそく祖母谷温泉を目指します。登山に慣れている身ですので祖母谷温泉まで軽い登りの道を35分で到着しました。欅平からは奥鐘橋、人喰岩、名剣温泉、最後は300mある長いトンネルを抜けると祖母谷温泉はすぐそこです。ふと見ると雪に覆われた唐松岳山頂が見えます。祖母谷温泉は宿泊客しか通行できないようですので、反対方向の祖母谷地獄に行きました。途中から温泉の湯けむりが見えてきて硫黄の臭いが強くなります。野生の猿の群れが温泉の湯気が上がる祖母谷川を歩いています。しばらく猿の群れを見て休憩し、来た道を欅平まで戻りました。欅平駅から黒部川左岸を猿飛峡を目指しますが、通行止めになっていて根曲がりの木の森までしか行けません。その先は行けず残念でした。再び欅平駅に戻り河原展望台に行き、足湯を楽しみました。この温泉は祖母谷温泉から引いている湯だそうです。湯に入りながら頭の上にある奥鐘橋を見上げると、黒部渓谷の谷の深さが実感できます。駅に戻って少し時間があったのでビジターセンターで黒部渓谷の成り立ちなどを勉強をしました。ビジターセンター係の方に水平歩道の入り口まで行ける登山道を教えてもらいましたが、トロッコ列車の出発時間が迫っていたので今回は見送ることにしました。14:37のトロッコ列車リラックス客車で宇奈月温泉まで戻りました。宇奈月温泉までの帰路は車内放送もあまりなく寝ている方も多く見かけました。ホテル黒部で預かってもらっていたレンタカーを取りに行き、そのままレンタカーで金沢駅に戻りレンタカーを返却し、駅構内にあるヴィアイン金沢(1泊食事なし)で宿泊しました。
第3日は午後2時半まで金沢市内を見学しました。時間の関係で東茶屋街、近江町市場(早めの昼食は山さん寿しで海鮮丼)、金沢城、兼六園を観光して金沢駅からサンダーバードとのぞみを乗り継ぎ博多駅に20:55分到着しました。

旅行日程
10月18日 福岡空港→小松空港→五箇山→宇奈月温泉(ホテル黒部泊) ※レンタカー使用
10月19日 宇奈月温泉→欅平→宇奈月温泉→金沢駅(ヴィアイン金沢泊)※トロッコ列車、レンタカー使用
10月20日 金沢市内観光(東茶屋街、近江町市場(山さん寿し店で昼食)、金沢城、兼六園)
     金沢駅15:19→18:03新大阪18:18→20:55博多駅  ※サンダーバード、のぞみ使用

PR

13いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

宇奈月・黒部峡谷の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集