下北半島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
GO TOトラベルキャンペーンの対象地域に東京<br />も入り、旅行代金がかなり安くなったので、以前か<br />ら行こう行こうと思っていた青森の東端にある尻屋<br />崎に放牧されている、寒立馬に会いに行くことにした。<br /><br />人生初東北である。<br /><br />甲斐バンドの「安奈」のように、夜汽車で行きたい<br />ところが、今はもう走っていない。寝台車もなくな<br />ってしまった。だいたい寝台車って意外と高いもの<br />だけどな。<br /><br />楽天トラベルで予約したのだが、9月末に検索した<br />ら、GO TOトラベルキャンペーンを使いJAL<br />利用で1万6千円という価格だった。これに、楽天<br />スーパーポイントが6千ポイント以上あるから、ポ<br />イントを使えば1万円で行けるじゃねーの。<br /><br />これはすごい。しぶちんの財務省もずいぶん大盤振<br />る舞いしてくれるじゃないか。バラまき政治大歓迎、<br />ポピュリズム万歳である。<br /><br />ほかもいろいろ検索したのだが、一人旅だと少し高<br />くなってしまうので、楽天トラベルに決めておいた。<br /><br />しかし、気になるのは天気である。行先は、尻屋崎<br />という文字通り岬だから、雨はつらい。週間天気で<br />10日の青森の天気を確認してから予約を入れること<br />にした。<br /><br />3日土曜日に天気を確認して、予約を入れようとす<br />ると、金額が4万円以上になっているではないか。<br /><br />がっくりだぜ。9月以内に予約を入れておけばよか<br />った。<br /><br />ほかに安いところはないかと、探すとJRのえきね<br />っとというところに、新幹線利用で3万円というの<br />が出ていた。<br /><br />これがGO TOを使っての価格かどうかよくわか<br />らないが、ホテル代込みでこの価格ならまあいいだ<br />ろう。というわけで、新幹線とホテルの予約を入れ、<br />えきねっとの新規会員登録をして完了、・・・した<br />はずなのだが、ログインして予約確認を見ると反映<br />されていない。どういうことだ?<br /><br />よくわからないまま、翌週新幹線の切符を受け取る<br />ために新宿駅へ行って、販売機にクレジットカード<br />を突っ込んだところ、予約はないという表示。<br /><br />どうなっているんだ? クレジットカード番号まで<br />入力したのに。まさか予約も入っていないのに引き<br />落とされたりしないだろうな。<br /><br />再び楽天トラベルで確認すると、3万6千円出てい<br />た。まあ、飛行機利用でこの値段なら安いものかも<br />しれないな。<br /><br />ということで、結局楽天トラベルで予約し、JAL<br />で行くことにした。<br /><br />ところがなんと、週が明けると太平洋に台風が発生<br />しているではないか。<br /><br />ただ、予報では奄美大島方面に進み、そのまま朝鮮<br />半島方面へ行きそうで、青森も東京も心配するほど<br />のこともなさそうだった。ところがところがである。<br />この変な台風は、進路を急に変えて、本州を縦断す<br />るようなコースを取りそうになってきた。青森は心<br />配なさそうだが、東京へ帰ってくる10日夜に東京周<br />辺を通過しそうだった。<br /><br />やばい。復路は欠航になるかもしれない。しかし、<br />4日前の段階でキャンセルしてしまうのももったい<br />ないし、何とかなるだろうと根拠のない楽天気分に<br />無理やりなって、欠航覚悟で行くことにした。まあ<br />しかし、行ってしまえば何とかなるものである。<br /><br /><br /><br /><br />

馬好きおやじ、寒立馬(かんだちめ)に会いに北へ(青森県むつ市尻屋崎)

31いいね!

2020/10/09 - 2020/10/10

106位(同エリア576件中)

4

75

ハイペリオン

ハイペリオンさん

GO TOトラベルキャンペーンの対象地域に東京
も入り、旅行代金がかなり安くなったので、以前か
ら行こう行こうと思っていた青森の東端にある尻屋
崎に放牧されている、寒立馬に会いに行くことにした。

人生初東北である。

甲斐バンドの「安奈」のように、夜汽車で行きたい
ところが、今はもう走っていない。寝台車もなくな
ってしまった。だいたい寝台車って意外と高いもの
だけどな。

楽天トラベルで予約したのだが、9月末に検索した
ら、GO TOトラベルキャンペーンを使いJAL
利用で1万6千円という価格だった。これに、楽天
スーパーポイントが6千ポイント以上あるから、ポ
イントを使えば1万円で行けるじゃねーの。

これはすごい。しぶちんの財務省もずいぶん大盤振
る舞いしてくれるじゃないか。バラまき政治大歓迎、
ポピュリズム万歳である。

ほかもいろいろ検索したのだが、一人旅だと少し高
くなってしまうので、楽天トラベルに決めておいた。

しかし、気になるのは天気である。行先は、尻屋崎
という文字通り岬だから、雨はつらい。週間天気で
10日の青森の天気を確認してから予約を入れること
にした。

3日土曜日に天気を確認して、予約を入れようとす
ると、金額が4万円以上になっているではないか。

がっくりだぜ。9月以内に予約を入れておけばよか
った。

ほかに安いところはないかと、探すとJRのえきね
っとというところに、新幹線利用で3万円というの
が出ていた。

これがGO TOを使っての価格かどうかよくわか
らないが、ホテル代込みでこの価格ならまあいいだ
ろう。というわけで、新幹線とホテルの予約を入れ、
えきねっとの新規会員登録をして完了、・・・した
はずなのだが、ログインして予約確認を見ると反映
されていない。どういうことだ?

よくわからないまま、翌週新幹線の切符を受け取る
ために新宿駅へ行って、販売機にクレジットカード
を突っ込んだところ、予約はないという表示。

どうなっているんだ? クレジットカード番号まで
入力したのに。まさか予約も入っていないのに引き
落とされたりしないだろうな。

再び楽天トラベルで確認すると、3万6千円出てい
た。まあ、飛行機利用でこの値段なら安いものかも
しれないな。

ということで、結局楽天トラベルで予約し、JAL
で行くことにした。

ところがなんと、週が明けると太平洋に台風が発生
しているではないか。

ただ、予報では奄美大島方面に進み、そのまま朝鮮
半島方面へ行きそうで、青森も東京も心配するほど
のこともなさそうだった。ところがところがである。
この変な台風は、進路を急に変えて、本州を縦断す
るようなコースを取りそうになってきた。青森は心
配なさそうだが、東京へ帰ってくる10日夜に東京周
辺を通過しそうだった。

やばい。復路は欠航になるかもしれない。しかし、
4日前の段階でキャンセルしてしまうのももったい
ないし、何とかなるだろうと根拠のない楽天気分に
無理やりなって、欠航覚悟で行くことにした。まあ
しかし、行ってしまえば何とかなるものである。




旅行の満足度
4.5
交通
2.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
高速・路線バス JALグループ JRローカル 徒歩
旅行の手配内容
個別手配
利用旅行会社
楽天トラベル

PR

  • 10月9日は雨。<br /><br />昼前に家を出て、12時過ぎに羽田に着いた。<br /><br />駅でそばでも食うかと考えたが、何となく食<br />えずじまいで保安検査場を通り抜けた。空港<br />内の飲食店はどれも高すぎる。何でカレー一<br />杯が800円以上するんだ?<br /><br />保安検査場で、液体の塗り薬をいくつか出し、<br />これは持ち込めるのか尋ねたが、問題なく持<br />ち込めた。こういうのは、国際線よりもゆる<br />いのか。<br /><br />搭乗ゲート前にはすでに乗客が集まっていて、<br />皆押し黙って座っていた。北へ帰る人の群れ<br />は誰も無口である。<br /><br /><br /><br /><br /><br />

    10月9日は雨。

    昼前に家を出て、12時過ぎに羽田に着いた。

    駅でそばでも食うかと考えたが、何となく食
    えずじまいで保安検査場を通り抜けた。空港
    内の飲食店はどれも高すぎる。何でカレー一
    杯が800円以上するんだ?

    保安検査場で、液体の塗り薬をいくつか出し、
    これは持ち込めるのか尋ねたが、問題なく持
    ち込めた。こういうのは、国際線よりもゆる
    いのか。

    搭乗ゲート前にはすでに乗客が集まっていて、
    皆押し黙って座っていた。北へ帰る人の群れ
    は誰も無口である。





  • 定刻通り飛行機は出発。<br /><br />初めてJALの機内誌「Sky Ward」というも<br />のを手に取った。<br /><br />ぼくの地元、泉州が特集されていた。<br /><br />関空があるから、ちょっとは知られるように<br />なったが、はっきり言ってガサツでガラの悪<br />い地域である。<br /><br />小洒落た店がいくつか載っていたが、探せば<br />ポツリポツリとあるのかもしれないが、どこ<br />に入ろうか迷うくらいあるわけではない。

    定刻通り飛行機は出発。

    初めてJALの機内誌「Sky Ward」というも
    のを手に取った。

    ぼくの地元、泉州が特集されていた。

    関空があるから、ちょっとは知られるように
    なったが、はっきり言ってガサツでガラの悪
    い地域である。

    小洒落た店がいくつか載っていたが、探せば
    ポツリポツリとあるのかもしれないが、どこ
    に入ろうか迷うくらいあるわけではない。

  • 馬を見に行く前に自分の馬の状態をチェック。<br /><br />15-15の調教をずっと続けているが、疲れが<br />出たようで、すこし楽をさせているようだ。<br /><br />調教が終わった後のクールダウンのためにダ<br />グを踏む際、最初の2、3歩が変な感じらし<br />く、それを牧場関係者はずっと気にしている。<br />クセみたいなものだとは思うが、気にならな<br />いこともない。<br /><br />そこそこ走りそうだが、GⅠを勝つようなレ<br />ベルではない感じがする。まあとりあえず、<br />11月中にはデビューできそうだ。<br /><br />*「15-15の調教」=1000~1200メートル<br />の距離で各200メートルを15秒台のラップで<br />走らせる調教のこと。競走馬の基本的な調教<br />である。<br />

    馬を見に行く前に自分の馬の状態をチェック。

    15-15の調教をずっと続けているが、疲れが
    出たようで、すこし楽をさせているようだ。

    調教が終わった後のクールダウンのためにダ
    グを踏む際、最初の2、3歩が変な感じらし
    く、それを牧場関係者はずっと気にしている。
    クセみたいなものだとは思うが、気にならな
    いこともない。

    そこそこ走りそうだが、GⅠを勝つようなレ
    ベルではない感じがする。まあとりあえず、
    11月中にはデビューできそうだ。

    *「15-15の調教」=1000~1200メートル
    の距離で各200メートルを15秒台のラップで
    走らせる調教のこと。競走馬の基本的な調教
    である。

  • ついでに今年の募集馬をチェック。<br /><br />一口12万円というとんでもない価格の馬もい<br />るが、手ごろなところではこの馬が良さそう。<br /><br />ハービンジャー産駒のセルフプリザベーショ<br />ンの2019。<br /><br />2400万円と、牝馬では高いがそれだけ牧場<br />も評価しているということだろう。<br /><br />現在の配合で王道中の王道、Lyphardのクロ<br />スを持ち、Alhibai~Hyperionの流れがあり、<br />スタミナもある。<br /><br />ハービンジャー産駒は牝馬の方が走るので<br />いいかもしれない。<br /><br />兄姉も名門の池江厩舎や藤沢厩舎に入り、<br />そこそこ走っているから、この値段にな<br />ったのだろう。<br /><br />配合をもっと細かく見て決めたいが、<br />気持ちはほとんど固まっている。<br />

    ついでに今年の募集馬をチェック。

    一口12万円というとんでもない価格の馬もい
    るが、手ごろなところではこの馬が良さそう。

    ハービンジャー産駒のセルフプリザベーショ
    ンの2019。

    2400万円と、牝馬では高いがそれだけ牧場
    も評価しているということだろう。

    現在の配合で王道中の王道、Lyphardのクロ
    スを持ち、Alhibai~Hyperionの流れがあり、
    スタミナもある。

    ハービンジャー産駒は牝馬の方が走るので
    いいかもしれない。

    兄姉も名門の池江厩舎や藤沢厩舎に入り、
    そこそこ走っているから、この値段にな
    ったのだろう。

    配合をもっと細かく見て決めたいが、
    気持ちはほとんど固まっている。

  • 搭乗機は1時間余りで青森空港に到着。<br /><br />青森駅行のバスで青森駅へ。<br /><br />20分くらい待ってバスはやって来た。<br /><br />30分くらい乗って15時過ぎに青森駅に着いた。

    搭乗機は1時間余りで青森空港に到着。

    青森駅行のバスで青森駅へ。

    20分くらい待ってバスはやって来た。

    30分くらい乗って15時過ぎに青森駅に着いた。

  • 大湊行の電車は15時56分発なので、とり<br />あえず遅い昼めしをと思ったが、駅周辺<br />はどこも開いていなくて、結局唯一開い<br />ていた蕎麦屋に入った。

    大湊行の電車は15時56分発なので、とり
    あえず遅い昼めしをと思ったが、駅周辺
    はどこも開いていなくて、結局唯一開い
    ていた蕎麦屋に入った。

  • たぬきそばは、東京都内の駅そばで食べ<br />るのと同じような味だった。

    たぬきそばは、東京都内の駅そばで食べ
    るのと同じような味だった。

  • 大湊行の一輌電車がやって来た。<br /><br />席は8割がた埋まっていた。

    大湊行の一輌電車がやって来た。

    席は8割がた埋まっていた。

  • 市街地を抜けると、正確に区画整理された<br />田んぼが現れた。

    市街地を抜けると、正確に区画整理された
    田んぼが現れた。

  • 野辺地町を過ぎると左側にずっと陸奥湾が<br />見えた。<br /><br />波が立たず穏やかな海だ。<br /><br />何となく尾崎豊の「ロザーナ」を心の中で熱唱<br />してしまった。<br /><br />心傷む理由のそのひとつひとつを~♪<br />何度も噛みしめてみたけれど~♪<br /><br />窓枠に肘を乗せ尾崎豊を口ずさんで自己陶酔に<br />浸る60手前のハゲたおっさん。(気持ちわるっ)<br /><br />言葉数が多いとか、コード進行が「街の風景」<br />そのものとか、いろいろあるけれど、もの悲し<br />いメロディーとテンポが風景にぴったり。<br /><br />「ロザーナ」by 尾崎豊<br />https://youtu.be/y8aYcDbP5bs

    野辺地町を過ぎると左側にずっと陸奥湾が
    見えた。

    波が立たず穏やかな海だ。

    何となく尾崎豊の「ロザーナ」を心の中で熱唱
    してしまった。

    心傷む理由のそのひとつひとつを~♪
    何度も噛みしめてみたけれど~♪

    窓枠に肘を乗せ尾崎豊を口ずさんで自己陶酔に
    浸る60手前のハゲたおっさん。(気持ちわるっ)

    言葉数が多いとか、コード進行が「街の風景」
    そのものとか、いろいろあるけれど、もの悲し
    いメロディーとテンポが風景にぴったり。

    「ロザーナ」by 尾崎豊
    https://youtu.be/y8aYcDbP5bs

  • 時間とともに空は赤味を増し、実に美し<br />い光景となった。<br /><br />Needless te say<br />No words to say<br /><br />おれもうまいこと書くな。<br />(知っている英語の歌詞を並べただけ)

    時間とともに空は赤味を増し、実に美し
    い光景となった。

    Needless te say
    No words to say

    おれもうまいこと書くな。
    (知っている英語の歌詞を並べただけ)

  • 18時55分、しもきたえき着。<br /><br />写真を撮って駅を出ようとしたら、運転手<br />兼車掌が「きっぷ渡しました?」と不信感<br />を露わにした顔で詰問調で聞いてきた。<br /><br />ムッとしたので「渡したじゃねーかよ。<br />青森のやつ」というと「そうですか」と<br />納得しない顔つきで言って運転席に戻った。<br /><br />なんか後味悪いぜ。<br />

    18時55分、しもきたえき着。

    写真を撮って駅を出ようとしたら、運転手
    兼車掌が「きっぷ渡しました?」と不信感
    を露わにした顔で詰問調で聞いてきた。

    ムッとしたので「渡したじゃねーかよ。
    青森のやつ」というと「そうですか」と
    納得しない顔つきで言って運転席に戻った。

    なんか後味悪いぜ。

  • 駅を出たところにあるバス乗り場に大畑<br />駅行きのバスが停まっていた。<br /><br />これに乗ってむつバスターミナルまで行く。<br /><br />途中、学校帰りの女子高生が何人か乗っ<br />てきた。みんなかわいい。<br /><br />10分程度でむつバスターミナル着。バス<br />ターミナル内の待合室で明日の尻屋崎行<br />きバスの時間を確認。9時30分が最も早<br />かった。<br /><br /><br />一人しかいない待合室にストーブが焚か<br />れ、中は少し暑いくらい。<br /><br />浮浪者みたいな親父がベンチにへたり込<br />んでいて、時折奇声を張り上げていた。

    駅を出たところにあるバス乗り場に大畑
    駅行きのバスが停まっていた。

    これに乗ってむつバスターミナルまで行く。

    途中、学校帰りの女子高生が何人か乗っ
    てきた。みんなかわいい。

    10分程度でむつバスターミナル着。バス
    ターミナル内の待合室で明日の尻屋崎行
    きバスの時間を確認。9時30分が最も早
    かった。


    一人しかいない待合室にストーブが焚か
    れ、中は少し暑いくらい。

    浮浪者みたいな親父がベンチにへたり込
    んでいて、時折奇声を張り上げていた。

  • バスターミナル近くにあるむつパークホテル<br />が今日の宿。6900円。普通のビジネスホテル<br />という感じ。<br /><br />フロントで周辺の飲食店の地図をもらった。<br /><br />

    バスターミナル近くにあるむつパークホテル
    が今日の宿。6900円。普通のビジネスホテル
    という感じ。

    フロントで周辺の飲食店の地図をもらった。

  • フロントで地域共通クーポン6000円分をもら<br />った。<br /><br />こういうのがあるとは聞いていたが、6000円<br />分はデカい。しかし、残念ながら、今のところ<br />むつ市内で使える場所は少ないらしい。

    フロントで地域共通クーポン6000円分をもら
    った。

    こういうのがあるとは聞いていたが、6000円
    分はデカい。しかし、残念ながら、今のところ
    むつ市内で使える場所は少ないらしい。

  • 荷物を置いて、外に出た。<br /><br />少し肌寒い。そんな空気の中を時折ライトをつ<br />けた車が通り過ぎていく。<br /><br />ホテルでもらった飲食店の地図を見ながら、通<br />りを歩いた。<br /><br />小さな飲み屋がぽつりぽつりとあり、目当ての<br />店まで男が歩いている。<br /><br />このあたりがむつ市唯一の歓楽街のようだが、<br />ひっそりとしたものである。<br /><br />やっぱり地元の居酒屋はよそ者には入りづらい。<br /><br />中には「GO TOトラベルキャンペーンで関東か<br />らきた方の入店お断り」などという張り紙の店<br />もあった。<br /><br />

    荷物を置いて、外に出た。

    少し肌寒い。そんな空気の中を時折ライトをつ
    けた車が通り過ぎていく。

    ホテルでもらった飲食店の地図を見ながら、通
    りを歩いた。

    小さな飲み屋がぽつりぽつりとあり、目当ての
    店まで男が歩いている。

    このあたりがむつ市唯一の歓楽街のようだが、
    ひっそりとしたものである。

    やっぱり地元の居酒屋はよそ者には入りづらい。

    中には「GO TOトラベルキャンペーンで関東か
    らきた方の入店お断り」などという張り紙の店
    もあった。

  • 結局、飲み屋には入らず、ホテル近くのスーパ<br />ーで乾きものとビールを買って帰った。<br /><br />ここは地域共通クーポンを使えたので助かった。<br /><br />ホテルの部屋でビールを飲みながらサラミをか<br />じる。どこへ行っても同じようなことをしてい<br />る自分。<br /><br /><br /><br /><br /><br />

    結局、飲み屋には入らず、ホテル近くのスーパ
    ーで乾きものとビールを買って帰った。

    ここは地域共通クーポンを使えたので助かった。

    ホテルの部屋でビールを飲みながらサラミをか
    じる。どこへ行っても同じようなことをしてい
    る自分。





  • 朝のニュースで気になる台風の進路を確認。<br /><br />伊豆沖でUターンし、あらぬ方向へ行こうとしてい<br />ている。どこへ行くんだよ。<br /><br />ホテルの周囲には朝ごはんを食べられるようなとこ<br />ろはないらしいので、300円払って、ホテルで朝食<br />を摂った。<br /><br /><br />完全に関東以北へは来ないことが分かった。今晩の<br />羽田行きも無事飛んでくれるだろう。半ばフライト<br />キャンセルを覚悟していただけに安心した。

    朝のニュースで気になる台風の進路を確認。

    伊豆沖でUターンし、あらぬ方向へ行こうとしてい
    ている。どこへ行くんだよ。

    ホテルの周囲には朝ごはんを食べられるようなとこ
    ろはないらしいので、300円払って、ホテルで朝食
    を摂った。


    完全に関東以北へは来ないことが分かった。今晩の
    羽田行きも無事飛んでくれるだろう。半ばフライト
    キャンセルを覚悟していただけに安心した。

  • 9時前にチェックアウトし、すぐ近くの下北交通の<br />バスターミナルへ。<br /><br />ここから尻屋崎行きのバスが出る。

    9時前にチェックアウトし、すぐ近くの下北交通の
    バスターミナルへ。

    ここから尻屋崎行きのバスが出る。

  • ターミナルの待合室は、いかにも田舎風情の建物<br />だった。<br /><br />下北半島のいろいろな場所へ行くバスが運行され<br />ているが、本数が少ないので、すべての便の時刻<br />表が出ていた。<br /><br />ここから恐山へ行くこともできる。<br /><br />コンビニでカフェラテを買ってきて、9時半の出発<br />まで過ごした。<br /><br /><br />

    ターミナルの待合室は、いかにも田舎風情の建物
    だった。

    下北半島のいろいろな場所へ行くバスが運行され
    ているが、本数が少ないので、すべての便の時刻
    表が出ていた。

    ここから恐山へ行くこともできる。

    コンビニでカフェラテを買ってきて、9時半の出発
    まで過ごした。


  • 尻屋崎行きのバスがやって来た。<br /><br />乗客は3人。全員観光客だった。<br /><br />一人はぼくと同年代の女性、もう一人は若い男。<br />おとなしそうだが、小学生の女の子を拉致監禁<br />しそうな感じ。テレビ局が近所の人にインタビ<br />ューすると「おとなしい人でしたよ」、学校の<br />同級生は「おとなしくて目立たない人でした」<br />とか言われそう。<br />

    尻屋崎行きのバスがやって来た。

    乗客は3人。全員観光客だった。

    一人はぼくと同年代の女性、もう一人は若い男。
    おとなしそうだが、小学生の女の子を拉致監禁
    しそうな感じ。テレビ局が近所の人にインタビ
    ューすると「おとなしい人でしたよ」、学校の
    同級生は「おとなしくて目立たない人でした」
    とか言われそう。

  • 尻屋崎は下北半島の東の突端にある。<br /><br />むつ市からだと半島を横断する形になる。

    尻屋崎は下北半島の東の突端にある。

    むつ市からだと半島を横断する形になる。

  • むつの市街地を出るとすぐに原野になった。<br /><br />後ろに座った幼女監禁男はしきりにスマホのシャ<br />ッターを切っていた。

    むつの市街地を出るとすぐに原野になった。

    後ろに座った幼女監禁男はしきりにスマホのシャ
    ッターを切っていた。

  • きれいに区画整理された田んぼが続く。

    きれいに区画整理された田んぼが続く。

  • 30分ほど走ると、坂の向こうに海が見えた。<br />こういう風景、ものすごく好き。<br /><br />バスは左折し、ここからは左手に海を見ながら<br />走った。

    30分ほど走ると、坂の向こうに海が見えた。
    こういう風景、ものすごく好き。

    バスは左折し、ここからは左手に海を見ながら
    走った。

  • いったん尻屋の集落へ行き、Uターンし尻屋崎口<br />を右折し、遮断機を上げて通過して尻屋崎に着い<br />た。<br /><br />遮断機のある所からは寒立馬の放牧地となり、数<br />頭の馬がのんびりと草を食んでいた。<br />

    いったん尻屋の集落へ行き、Uターンし尻屋崎口
    を右折し、遮断機を上げて通過して尻屋崎に着い
    た。

    遮断機のある所からは寒立馬の放牧地となり、数
    頭の馬がのんびりと草を食んでいた。

  • 尻屋崎灯台が遠くに見える。<br /><br />天気は曇り、荒涼とした雰囲気がいかにも最果<br />ての地という感じがする。<br /><br />右手に海を見ながら交通量の少ない道路を車や<br />バイクでここまで来るのも楽しいだろうなと思う。

    尻屋崎灯台が遠くに見える。

    天気は曇り、荒涼とした雰囲気がいかにも最果
    ての地という感じがする。

    右手に海を見ながら交通量の少ない道路を車や
    バイクでここまで来るのも楽しいだろうなと思う。

  • 意外とちっこい灯台。<br /><br />まあライトを照らすだけだから。

    意外とちっこい灯台。

    まあライトを照らすだけだから。

  • 風が強く、丈の低いアザミも大きく揺れていた。

    風が強く、丈の低いアザミも大きく揺れていた。

  • 海に向かって立つ石造。<br /><br />昔、近くの海で海難事故があったようで、慰霊<br />碑も立っていた。

    海に向かって立つ石造。

    昔、近くの海で海難事故があったようで、慰霊
    碑も立っていた。

  • 岩場にへばりつくように咲くマーガレットのよ<br />うな花。<br /><br />マーガレットはこんな北に咲かないし、いった<br />い何という花だろう。

    岩場にへばりつくように咲くマーガレットのよ
    うな花。

    マーガレットはこんな北に咲かないし、いった
    い何という花だろう。

  • 石碑がいくつか立つその向こうは太平洋。<br /><br />馬糞が所々に落ちていた。夏場はこの付近で放牧<br />しているようだ。<br /><br />馬が食べるからか草の丈は短く、おかげで歩きや<br />すい。

    石碑がいくつか立つその向こうは太平洋。

    馬糞が所々に落ちていた。夏場はこの付近で放牧
    しているようだ。

    馬が食べるからか草の丈は短く、おかげで歩きや
    すい。

  • これをバックに山本譲二が歌うと似合いそう。

    これをバックに山本譲二が歌うと似合いそう。

  • ちなみにここは東通村(ひがしどおりむら)という。

    ちなみにここは東通村(ひがしどおりむら)という。

  • 灯台周辺には観光バスや車が停まっていて、思い<br />思いに記念写真を撮って、すぐにどこかへ行って<br />しまった。<br /><br />売店はあるが、大したものは売っていなかった。

    灯台周辺には観光バスや車が停まっていて、思い
    思いに記念写真を撮って、すぐにどこかへ行って
    しまった。

    売店はあるが、大したものは売っていなかった。

  • アメリカ人らしき外国人家族もいたが、三沢基地<br />勤務の軍人だろうか。<br /><br />この時期でも風は強いが、真冬はもっと冷たく強<br />い風が吹くのだろう。

    アメリカ人らしき外国人家族もいたが、三沢基地
    勤務の軍人だろうか。

    この時期でも風は強いが、真冬はもっと冷たく強
    い風が吹くのだろう。

  • 来た道を尻屋崎口方面に戻り、寒立馬に会いに行<br />くことにする。<br /><br />こんな立て看板があった。<br /><br />ペットを外に出すと馬に付いているノミが移るこ<br />とがあるらしい。

    来た道を尻屋崎口方面に戻り、寒立馬に会いに行
    くことにする。

    こんな立て看板があった。

    ペットを外に出すと馬に付いているノミが移るこ
    とがあるらしい。

  • 灯台から少し戻ったところに6頭の寒立馬がいた。<br /><br />栗毛にブロンドのたてがみがおしゃれだが、ずん<br />ぐりしている。堂は長く脚はかなり短い。<br /><br />数人の若い見物人がいたが、ちょっと様子が変。<br />話を聞いていると中国人だった。練馬ナンバー<br />の車が停まっていたから、東京都内に住む在日<br />中国人のようだ。

    灯台から少し戻ったところに6頭の寒立馬がいた。

    栗毛にブロンドのたてがみがおしゃれだが、ずん
    ぐりしている。堂は長く脚はかなり短い。

    数人の若い見物人がいたが、ちょっと様子が変。
    話を聞いていると中国人だった。練馬ナンバー
    の車が停まっていたから、東京都内に住む在日
    中国人のようだ。

  • こっちは黒鹿毛に流星。<br /><br />日本の在来種だからもっと小さいと思っていたが、<br />案外大きい。<br /><br />触れると当然だけど温かい。生き物を触っている<br />と実感する。この感じ久しぶり。<br /><br />頭に触れると煩そうに顔を振る。首筋をなでると<br />耳を後ろに倒した。ムッとしているようだ。<br /><br /><br /><br />

    こっちは黒鹿毛に流星。

    日本の在来種だからもっと小さいと思っていたが、
    案外大きい。

    触れると当然だけど温かい。生き物を触っている
    と実感する。この感じ久しぶり。

    頭に触れると煩そうに顔を振る。首筋をなでると
    耳を後ろに倒した。ムッとしているようだ。



  • 顔には白いものが混じっている。相当高齢のようだ。<br /><br />多分15歳前後だろう。かなりのおばちゃんである。

    顔には白いものが混じっている。相当高齢のようだ。

    多分15歳前後だろう。かなりのおばちゃんである。

  • たてがみにはアザミの実の殻がくっついていた。<br /><br />最初、皮膚病かと思った。

    たてがみにはアザミの実の殻がくっついていた。

    最初、皮膚病かと思った。

  • 放牧されている馬はすべて牝馬、みんなお腹が<br />大きいから、妊娠しているようだ。<br /><br />ちなみに種馬は1頭だけだそうだ。<br /><br />現在の寒立馬の総数は30頭くらい。1頭の種馬<br />だと、近親度が強すぎて、よくないと思うのだ<br />が・・・。

    放牧されている馬はすべて牝馬、みんなお腹が
    大きいから、妊娠しているようだ。

    ちなみに種馬は1頭だけだそうだ。

    現在の寒立馬の総数は30頭くらい。1頭の種馬
    だと、近親度が強すぎて、よくないと思うのだ
    が・・・。

  • 海沿いの放牧地を離れて、約1キロ先の放牧地<br />まで歩いた。<br /><br />ここは、約10頭が放牧されている。<br /><br /><br />馬を放牧する際は、基本的に偶数頭数にするらし<br />い。仲間外れになる馬がいないようにするためだ<br />そうだ。

    海沿いの放牧地を離れて、約1キロ先の放牧地
    まで歩いた。

    ここは、約10頭が放牧されている。


    馬を放牧する際は、基本的に偶数頭数にするらし
    い。仲間外れになる馬がいないようにするためだ
    そうだ。

  • こっちには、仔馬がいた。おそらく、今年の春に<br />生まれたのだろう。<br /><br />こちらの放牧地も馬が食べるからか、草の丈が芝<br />生くらいになっている。

    こっちには、仔馬がいた。おそらく、今年の春に
    生まれたのだろう。

    こちらの放牧地も馬が食べるからか、草の丈が芝
    生くらいになっている。

  • 道路を渡って別の放牧地に移動しようとしている<br />ところ。<br /><br />1歩進んでは2~3分動かず、また1歩進んでは<br />2~3分じっとしている。こんなことを繰り返し、<br />数分かけて道路を渡っていた。前世はナマケモノ<br />だったのかもしれない。

    道路を渡って別の放牧地に移動しようとしている
    ところ。

    1歩進んでは2~3分動かず、また1歩進んでは
    2~3分じっとしている。こんなことを繰り返し、
    数分かけて道路を渡っていた。前世はナマケモノ
    だったのかもしれない。

  • 好奇心の強い仔馬はバイクに興味津々。<br /><br />シートやバッグに噛り付いていた。<br /><br />仔馬のときには何にでも噛り付くのがいるが、<br />こういう仔馬を馬業界では「ぐいっぽ」と呼ぶ。

    好奇心の強い仔馬はバイクに興味津々。

    シートやバッグに噛り付いていた。

    仔馬のときには何にでも噛り付くのがいるが、
    こういう仔馬を馬業界では「ぐいっぽ」と呼ぶ。

  • 道路を渡った馬たちは食べ疲れて眠いのか、<br />規則正しく並んで首をうなだれてじっとして<br />いた。

    道路を渡った馬たちは食べ疲れて眠いのか、
    規則正しく並んで首をうなだれてじっとして
    いた。

  • 仔馬は2頭いて、奥の馬は警戒心が強く、<br />近づくと逃げてしまう。<br /><br />手前のぐいっぽは、肩や胸のあたりをさ<br />すってやると気持ちいいのか頭を押し付け<br />て甘えてきた。かわいい。

    仔馬は2頭いて、奥の馬は警戒心が強く、
    近づくと逃げてしまう。

    手前のぐいっぽは、肩や胸のあたりをさ
    すってやると気持ちいいのか頭を押し付け
    て甘えてきた。かわいい。

  • ぐいっぽも食べ疲れたのか、母馬の前でへ<br />たりこんでしまった。<br /><br />母馬はさっきからじっとしたままだ。半分<br />寝ているのだろう。

    ぐいっぽも食べ疲れたのか、母馬の前でへ
    たりこんでしまった。

    母馬はさっきからじっとしたままだ。半分
    寝ているのだろう。

  • 正面から見ると流星の形が一緒だ。やっぱ<br />り親子という感じがする。

    正面から見ると流星の形が一緒だ。やっぱ
    り親子という感じがする。

  • 仔馬の蹄の裏側。<br /><br />蹄鉄を打っていない馬のひづめの裏を<br />初めて見た。

    仔馬の蹄の裏側。

    蹄鉄を打っていない馬のひづめの裏を
    初めて見た。

  • 馬たちは草を求めてどんどん奥へ進んでい<br />った。<br /><br />近づくと、そこは湿地で足首まで水に浸かり<br />そうになってしまった。<br /><br />

    馬たちは草を求めてどんどん奥へ進んでい
    った。

    近づくと、そこは湿地で足首まで水に浸かり
    そうになってしまった。

  • 寒立馬は、元々この地にいた在来種で、12世紀<br />から生産が始まった。<br /><br />江戸時代には南部藩が外国産馬を輸入し、改良し<br />たという。<br /><br />軍用にも使われていたが、体形的に主に荷役用に<br />使われたのではないか。

    寒立馬は、元々この地にいた在来種で、12世紀
    から生産が始まった。

    江戸時代には南部藩が外国産馬を輸入し、改良し
    たという。

    軍用にも使われていたが、体形的に主に荷役用に
    使われたのではないか。

  • こうして繁殖を続けていると、頭数が増えすぎ<br />るので、生産調整と管理経費捻出のために約10<br />頭は、食肉セリ市場に出されるらしい。<br /><br />食肉にするのを阻止するためにNPOが活動し<br />ているというが、人為的に増やしているのだから、<br />間引きを行うのも当然だろう。

    こうして繁殖を続けていると、頭数が増えすぎ
    るので、生産調整と管理経費捻出のために約10
    頭は、食肉セリ市場に出されるらしい。

    食肉にするのを阻止するためにNPOが活動し
    ているというが、人為的に増やしているのだから、
    間引きを行うのも当然だろう。

  • ずっと一緒にいたいが、13時30分のバスの<br />時間が気になり、放牧地を後にすることに<br />した。<br /><br />このぐいっぽは人に食べられたりせずに、<br />ずっとここで暮らしているだろうか。

    ずっと一緒にいたいが、13時30分のバスの
    時間が気になり、放牧地を後にすることに
    した。

    このぐいっぽは人に食べられたりせずに、
    ずっとここで暮らしているだろうか。

  • 尻屋の集落の入り口にビジターズハウスという<br />ログハウス風の待合所があるので、ここでバス<br />を待った。<br /><br />道路の左右には柵で囲われた放牧地があり、<br />数頭が放牧されていた。<br /><br />近づくと、見張り役のように1頭がぼくの<br />方をじっと見ている。<br /><br />さらに近づくと、走り去り、仲間と一緒に<br />奥の方へ走り去っていった。かなり警戒心<br />が強いようだ。<br /><br />ここでデジカメの電池残量を確認すると、<br />なんとゼロになっている。<br /><br />バッテリーはメーカー純正ではなく、中国<br />製のパッチもんだからだろうか。<br /><br />何度充電しても100%にならず、おかしいな<br />とは思っていたが、こんなに早くなくなるとは。<br /><br />しかし、写真を撮ることはできた。<br /><br /><br />

    尻屋の集落の入り口にビジターズハウスという
    ログハウス風の待合所があるので、ここでバス
    を待った。

    道路の左右には柵で囲われた放牧地があり、
    数頭が放牧されていた。

    近づくと、見張り役のように1頭がぼくの
    方をじっと見ている。

    さらに近づくと、走り去り、仲間と一緒に
    奥の方へ走り去っていった。かなり警戒心
    が強いようだ。

    ここでデジカメの電池残量を確認すると、
    なんとゼロになっている。

    バッテリーはメーカー純正ではなく、中国
    製のパッチもんだからだろうか。

    何度充電しても100%にならず、おかしいな
    とは思っていたが、こんなに早くなくなるとは。

    しかし、写真を撮ることはできた。


  • バスが来るまで、ラジオを取り出し聞いてみた。<br /><br />青森の太平洋岸では、性能の良いラジオとアン<br />テナがあると、北米の中波局が聞こえたりする<br />ので試してみたが、周辺の放送局しか聞こえな<br />かった。<br /><br />英語放送が聞こえたが、三沢のAFN(米軍放<br />送)だった。

    バスが来るまで、ラジオを取り出し聞いてみた。

    青森の太平洋岸では、性能の良いラジオとアン
    テナがあると、北米の中波局が聞こえたりする
    ので試してみたが、周辺の放送局しか聞こえな
    かった。

    英語放送が聞こえたが、三沢のAFN(米軍放
    送)だった。

  • ついでに、東京のメインレース、サウジアラビア<br />ロイヤルカップGⅢに賭けた。いやあ、スマホって<br />便利ですねえ。かすりもしなかったけど。とほほ。

    ついでに、東京のメインレース、サウジアラビア
    ロイヤルカップGⅢに賭けた。いやあ、スマホって
    便利ですねえ。かすりもしなかったけど。とほほ。

  • バスは定刻通り13時30分にやってきた。<br /><br />乗っていたのは朝の便に同乗していた女性。<br />幼女監禁男はいなかった。<br /><br />むつバスターミナルに戻り、さてどうしよう<br />かと考えた。<br /><br />実は、昨日から暇さえあれば、帰りの電車の<br />乗り継ぎを見ていた。<br /><br />JR大湊線は本数が本当に少なくて、14時11<br />分以降は17時5分まで来ないのだ。<br /><br />17時5分の電車だと、青森着が18時58分。と<br />なると19時発の空港行き最終バスに乗れるか<br />どうかギリギリとなる。乗り遅れたら5千円<br />払ってタクシーで空港まで行かなくてはなら<br />ない。<br /><br />寒立馬を見たら恐山にでも行くか、それとも<br />青森の三内丸山遺跡でも見物するかと思って<br />いたが、そんなことはまず無理で、そもそも<br />空港までまともに行けるかどうかわからない<br />のだ。<br /><br />青森発羽田行きの飛行機をもうちょっと早い<br />便にしようかと考えていたが、とんでもない<br />ことであった。<br /><br />16時3分にリゾートあすなろ下北という快速<br />電車があるのだが、これに乗ると野辺地で乗<br />り換えて18時には青森に着く。<br /><br />しかし、この電車は季節もので、この日は走<br />っていないようなのだ。ただ、NAVITIMEを<br />見ると走っている表記になっている。<br /><br />とりあえず15時半の下北行きで下北駅まで行<br />って確認するしかないかなと、時刻表を眺め<br />ていたら、ここから野辺地行のバスが14時40<br />分に出るのを見つけた。<br /><br />事務所の人に聞くと、1時間半で野辺地に着<br />くという。<br /><br />これだ。これなら、野辺地で17時の青森行<br />きに乗れば、空港行きのバスに十分間に合う。<br /><br /><br /><br />

    バスは定刻通り13時30分にやってきた。

    乗っていたのは朝の便に同乗していた女性。
    幼女監禁男はいなかった。

    むつバスターミナルに戻り、さてどうしよう
    かと考えた。

    実は、昨日から暇さえあれば、帰りの電車の
    乗り継ぎを見ていた。

    JR大湊線は本数が本当に少なくて、14時11
    分以降は17時5分まで来ないのだ。

    17時5分の電車だと、青森着が18時58分。と
    なると19時発の空港行き最終バスに乗れるか
    どうかギリギリとなる。乗り遅れたら5千円
    払ってタクシーで空港まで行かなくてはなら
    ない。

    寒立馬を見たら恐山にでも行くか、それとも
    青森の三内丸山遺跡でも見物するかと思って
    いたが、そんなことはまず無理で、そもそも
    空港までまともに行けるかどうかわからない
    のだ。

    青森発羽田行きの飛行機をもうちょっと早い
    便にしようかと考えていたが、とんでもない
    ことであった。

    16時3分にリゾートあすなろ下北という快速
    電車があるのだが、これに乗ると野辺地で乗
    り換えて18時には青森に着く。

    しかし、この電車は季節もので、この日は走
    っていないようなのだ。ただ、NAVITIMEを
    見ると走っている表記になっている。

    とりあえず15時半の下北行きで下北駅まで行
    って確認するしかないかなと、時刻表を眺め
    ていたら、ここから野辺地行のバスが14時40
    分に出るのを見つけた。

    事務所の人に聞くと、1時間半で野辺地に着
    くという。

    これだ。これなら、野辺地で17時の青森行
    きに乗れば、空港行きのバスに十分間に合う。



  • 14時40分発の野辺地行きの客はぼくひとり。<br /><br />昨日電車で左側に見えていた風景を今日は<br />右手に見ながら、なんとかうまくいったと<br />安堵した。<br /><br />巨大な風力発電施設が海沿いの原野に立っ<br />ていた。

    14時40分発の野辺地行きの客はぼくひとり。

    昨日電車で左側に見えていた風景を今日は
    右手に見ながら、なんとかうまくいったと
    安堵した。

    巨大な風力発電施設が海沿いの原野に立っ
    ていた。

  • 陸奥湾は今日も波もなく静かだった。

    陸奥湾は今日も波もなく静かだった。

  • 16時10分に野辺地駅着。簡素で小さな駅だ。<br /><br />学校帰りの高校生が時々思い出したように現れ<br />るくらいで、人通りもほとんどない。

    16時10分に野辺地駅着。簡素で小さな駅だ。

    学校帰りの高校生が時々思い出したように現れ
    るくらいで、人通りもほとんどない。

  • 駅構内の待合室には、地元の英雄、柴崎岳の写<br />真が飾られていた。<br /><br />彼は、青森山田高校から鹿島アントラーズに入<br />団、その後スペインに渡った。<br /><br />ロシアワールドカップ、ベルギー戦で見せた原<br />口の先制点を演出したパスは見事だった。<br /><br />日本代表の中心を担う選手が、この小さな駅か<br />ら電車に乗って通学していたのかと思うと感慨<br />深くなる。<br /><br />10月の欧州へでの日本代表の強化試合にも出場<br />していたが、彼に代わるゲームメーカーはいな<br />いのか、今後のことを考えると少し心配になる。<br /><br />久保建英がいるが、まだ幼いし華奢なイメージ<br />がぬぐえない。<br /><br />

    駅構内の待合室には、地元の英雄、柴崎岳の写
    真が飾られていた。

    彼は、青森山田高校から鹿島アントラーズに入
    団、その後スペインに渡った。

    ロシアワールドカップ、ベルギー戦で見せた原
    口の先制点を演出したパスは見事だった。

    日本代表の中心を担う選手が、この小さな駅か
    ら電車に乗って通学していたのかと思うと感慨
    深くなる。

    10月の欧州へでの日本代表の強化試合にも出場
    していたが、彼に代わるゲームメーカーはいな
    いのか、今後のことを考えると少し心配になる。

    久保建英がいるが、まだ幼いし華奢なイメージ
    がぬぐえない。

  • 時間があるので、併設されているパスタ屋でカフ<br />ェオレを飲んだ。意外にうまい。やっぱりコンビ<br />ニものとは違う。

    時間があるので、併設されているパスタ屋でカフ
    ェオレを飲んだ。意外にうまい。やっぱりコンビ
    ニものとは違う。

  • 青森行きの切符を買い、ホームで待つことにする。

    青森行きの切符を買い、ホームで待つことにする。

  • 夕闇が迫りつつある北の駅。ちょっとしんみりし<br />てくる。

    夕闇が迫りつつある北の駅。ちょっとしんみりし
    てくる。

  • リゾートあすなろ号大湊行が出て行った。<br /><br />臨時列車とはいえ2両編成である。

    リゾートあすなろ号大湊行が出て行った。

    臨時列車とはいえ2両編成である。

  • 17時10分の青森行きがやって来た。<br /><br />ホームの端で待ち構えていたが、電車のライ<br />トおかげでピントがなかなか合わず、ホーム<br />に入ってから何とか摂ることができた。

    17時10分の青森行きがやって来た。

    ホームの端で待ち構えていたが、電車のライ
    トおかげでピントがなかなか合わず、ホーム
    に入ってから何とか摂ることができた。

  • あわててホームの中ほどに停まった電車のドア<br />ボタンを押して乗車。<br /><br />2両編成なので、席に余裕があった。<br /><br />前には女子高生が二人。シックな感じの服<br />装でけっこうおしゃれ。青森の女子高生っ<br />て、けっこうかわいいね。<br /><br />東京の女の子のように上下黒にキャップを<br />かぶってるようなのはまず見なかった。

    あわててホームの中ほどに停まった電車のドア
    ボタンを押して乗車。

    2両編成なので、席に余裕があった。

    前には女子高生が二人。シックな感じの服
    装でけっこうおしゃれ。青森の女子高生っ
    て、けっこうかわいいね。

    東京の女の子のように上下黒にキャップを
    かぶってるようなのはまず見なかった。

  • 18時過ぎに青森駅に着いた。<br /><br />一時はどうなることかとかなり焦ったが、野<br />辺地行きのバスに乗るという見事な機転の利<br />かせ方で危機を切り抜けたと自画自賛しておく。

    18時過ぎに青森駅に着いた。

    一時はどうなることかとかなり焦ったが、野
    辺地行きのバスに乗るという見事な機転の利
    かせ方で危機を切り抜けたと自画自賛しておく。

  • ホテルの朝食を食べて以来12時間近くなにも口<br />に入れていない。<br /><br />駅を出た通りに地元の人が入る食堂があったの<br />で、ここで夕食にする。

    ホテルの朝食を食べて以来12時間近くなにも口
    に入れていない。

    駅を出た通りに地元の人が入る食堂があったの
    で、ここで夕食にする。

  • 頼んだのは刺身定食。<br /><br />ほたてとまぐろの刺身と小鉢で780円。うまか<br />った。今回の旅行で初めて食事らしい食事にな<br />った。<br /><br />勘定を払って店を出ると、数人の人が並んでい<br />た。うまいもんね。

    頼んだのは刺身定食。

    ほたてとまぐろの刺身と小鉢で780円。うまか
    った。今回の旅行で初めて食事らしい食事にな
    った。

    勘定を払って店を出ると、数人の人が並んでい
    た。うまいもんね。

  • 地域共通クーポンは青森駅か空港で使おうとと<br />っておいたのだが、使えるところがなくてかな<br />り焦った。これなら、むつ市のスーパーで使い<br />切っておくべきだった。<br /><br />駅の隣のテナントビルのいくつかの店舗で使え<br />るようなので、普段買わないスイーツ系のみや<br />げ物を買いあさった。<br /><br />しかし、4千円分は買いごたえがある。それで<br />も千円分浮いたのでマツキヨで日用品を買って<br />使い切った。<br /><br />安倍内閣の置き土産に感謝である。まあ税金だ<br />けど。<br />

    地域共通クーポンは青森駅か空港で使おうとと
    っておいたのだが、使えるところがなくてかな
    り焦った。これなら、むつ市のスーパーで使い
    切っておくべきだった。

    駅の隣のテナントビルのいくつかの店舗で使え
    るようなので、普段買わないスイーツ系のみや
    げ物を買いあさった。

    しかし、4千円分は買いごたえがある。それで
    も千円分浮いたのでマツキヨで日用品を買って
    使い切った。

    安倍内閣の置き土産に感謝である。まあ税金だ
    けど。

  • 19時ちょうどの空港行きバスであおもり空港へ。<br /><br /><br />20時40分発の羽田行きは、満席のはずだった<br />が、空席がちらほら。<br /><br />ぼくのとなり2つも空席だった。台風が来ると<br />思ってキャンセルがけっこう出たようだ。<br /><br />定刻の22時に羽田に着いた。<br /><br />窓には水滴が着き。路面は濡れていた。<br /><br />国際線だと、22時に着くと入国手続きと税関の<br />順番待ちで時間がかかり、家に帰れるかどうか<br />ギリギリのことがある。台湾から帰国する時は<br />いつもヤキモキさせられた。<br /><br />しかし、国内便ならそのまま鉄道駅まで行ける<br />ので余裕である。<br /><br />家に着いたのは23時30分過ぎ。短い旅だったけ<br />ど、初めての東北はいいとこだった。<br /><br />

    19時ちょうどの空港行きバスであおもり空港へ。


    20時40分発の羽田行きは、満席のはずだった
    が、空席がちらほら。

    ぼくのとなり2つも空席だった。台風が来ると
    思ってキャンセルがけっこう出たようだ。

    定刻の22時に羽田に着いた。

    窓には水滴が着き。路面は濡れていた。

    国際線だと、22時に着くと入国手続きと税関の
    順番待ちで時間がかかり、家に帰れるかどうか
    ギリギリのことがある。台湾から帰国する時は
    いつもヤキモキさせられた。

    しかし、国内便ならそのまま鉄道駅まで行ける
    ので余裕である。

    家に着いたのは23時30分過ぎ。短い旅だったけ
    ど、初めての東北はいいとこだった。

  • 帰ってから2週間後、今までほとんど出なかった<br />青森県の新型コロナウィルス陽性患者が急に増<br />えていた。<br /><br />仮にぼくが無症状の陽性者で、青森で誰かに移<br />したとして、2週間だからちょうど発症するこ<br />ろだ。<br /><br />どこだろうか、むつパークホテルだろうか、青<br />森駅前のおさない食堂だろうか。<br /><br />びくびくしながら詳細を調べたら、弘前市内の<br />飲食店や保健所でクラスターが発生していた。<br />むつ市では出ていないようだった。<br /><br />いやいや焦ったぜ。もし自分が原因なら死んで<br />お詫びしないといけないところだった。<br />

    帰ってから2週間後、今までほとんど出なかった
    青森県の新型コロナウィルス陽性患者が急に増
    えていた。

    仮にぼくが無症状の陽性者で、青森で誰かに移
    したとして、2週間だからちょうど発症するこ
    ろだ。

    どこだろうか、むつパークホテルだろうか、青
    森駅前のおさない食堂だろうか。

    びくびくしながら詳細を調べたら、弘前市内の
    飲食店や保健所でクラスターが発生していた。
    むつ市では出ていないようだった。

    いやいや焦ったぜ。もし自分が原因なら死んで
    お詫びしないといけないところだった。

31いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • ふらどくさん 2020/11/28 10:18:16
    青森県産馬
    こんにちは。
    放牧地で、馬と遊ぶのは楽しそうですね。青森も馬産地なので、牧場込みで訪れたいと思っています。
    この旅行を参考にさせて、頂きたいなと思いました。

    ハイペリオン

    ハイペリオンさん からの返信 2020/11/28 11:45:53
    書き込みありがとうございました
    こんにちは。

    書き込みありがとうございます。

    ふらどくさんも馬好きのようですね。

    寒立馬は一応触らないでくださいという
    ことになっているのですが、柵のない場
    所での自然放牧なので、近づいて触れる
    ことができます。

    馬の体温が伝わってくるし仔馬はかわい
    いし、馬好きには素晴らしいところです。

    暖かくなったらぜひ行ってみてください。

    では。
  • のっこさん 2020/10/29 21:13:44
    この機会だからこそ
    ハイペリオンさん こんばんは(。゚ω゚)ノ

    Go To満喫されましたね。
    この機会だからこそ初めての場所へも行けるし、クーポンで普段買わないお土産も沢山買えますよね。

    昔、高速が千円だった頃にあちこちに行ったのを思い出します。あの頃は地方も少し活気がありました。出どころは税金ですけど、地方が潤うこういう政策はいいですね。

    でもやはり都会からの人間は歓迎されない所もありますよね。経済を取るか、身体を取るか。迎える方は悩ましいでしょう。

    馬もかわいいですが、恐山に行ってイタコ体験をして欲しかったです。そしてお得意のWelcome toシリーズでやって欲しかったな~

    のっこ

    ハイペリオン

    ハイペリオンさん からの返信 2020/10/30 13:01:17
    Re: この機会だからこそ
    こんにちは。コメントありがとうございます。

    今回はお互い天気が崩れることもなく良かった
    ですね。雨女と雨男というマイナスとマイナス
    同士でプラスに転じるんですかね。

    恐山は津軽の方だと勝手に勘違いしていまして、
    むつ市から行けることに直前まで気づきません
    でした。

    尻屋崎から帰ってから行けるかもと期待したの
    ですが、バスの本数があまりにも少なすぎて、
    とてもじゃないが1日でこなせるルートではあ
    りませんでした。青森はちょっとした遠出も1
    日かけないと無理なところでした。

    GO TOも来年の春まで延長されそうですね。

    この際、以前から行きたいと思っていたところ
    に全部行っておこうと思っています。

    では。

ハイペリオンさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

下北半島の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集