ロンドン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
最近の旅の旅行記を書くのと並行して、昔の旅も順次旅行記にまとめています。<br />今回は自身初の英国、ロンドンとその近郊を巡った際の旅行記です。<br /><br />いよいよ最終回となる後編は、まず白亜の断崖が美しいセブンシスターズまで列車とバスで旅します。ロンドンの街中を離れ、家畜がたたずむのどかな湿地帯を抜けると、ドーバー海峡に面する美しい石灰岩の崖が見られました。最終日は巨大観覧車・ロンドンアイからビッグベンを見下ろし、ハイドパークで鳥や動物たちの姿に癒やされました。

英国一人旅(後編):白亜の断崖とハイドパークと倫敦の眼

13いいね!

2013/09/19 - 2013/09/27

3185位(同エリア9390件中)

旅行記グループ 英国一人旅

0

92

brutishdog

brutishdogさん

最近の旅の旅行記を書くのと並行して、昔の旅も順次旅行記にまとめています。
今回は自身初の英国、ロンドンとその近郊を巡った際の旅行記です。

いよいよ最終回となる後編は、まず白亜の断崖が美しいセブンシスターズまで列車とバスで旅します。ロンドンの街中を離れ、家畜がたたずむのどかな湿地帯を抜けると、ドーバー海峡に面する美しい石灰岩の崖が見られました。最終日は巨大観覧車・ロンドンアイからビッグベンを見下ろし、ハイドパークで鳥や動物たちの姿に癒やされました。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
4.5
グルメ
4.0
ショッピング
4.0
交通
4.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩 飛行機
航空会社
JAL
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 丸一日自由になるのは、この日が最後です。今日は少し遠出して、ドーバー海峡近くにあるセブンシスターズを訪れます。<br /><br />まずは旅の拠点となるヴィクトリア駅へ。大きな駅だなあ。<br />

    丸一日自由になるのは、この日が最後です。今日は少し遠出して、ドーバー海峡近くにあるセブンシスターズを訪れます。

    まずは旅の拠点となるヴィクトリア駅へ。大きな駅だなあ。

  • 列車で真っ直ぐ南下し、海沿いのブライトンという街まで出ます。10:36発の列車がありますね。

    列車で真っ直ぐ南下し、海沿いのブライトンという街まで出ます。10:36発の列車がありますね。

  • チケット売り場へ。

    チケット売り場へ。

  • 往復チケットを購入しました。OFF-PEAKと書いてあるので、通勤ラッシュ時間帯を外したことで割引がされたのかな?

    往復チケットを購入しました。OFF-PEAKと書いてあるので、通勤ラッシュ時間帯を外したことで割引がされたのかな?

  • ブライトン行きの列車が来ました。

    ブライトン行きの列車が来ました。

  • 列車に乗り込みます。あまり混んでおらず、窓際の席が確保できました。

    列車に乗り込みます。あまり混んでおらず、窓際の席が確保できました。

  • 列車が動き出しました。ブライトンまで約1時間です。

    列車が動き出しました。ブライトンまで約1時間です。

  • 到着。ブライトンも大きな駅です。

    到着。ブライトンも大きな駅です。

  • ブライトンはロンドンから海まで真っ直ぐ南下した突き当たりで、この路線の終点駅となります。

    ブライトンはロンドンから海まで真っ直ぐ南下した突き当たりで、この路線の終点駅となります。

  • 駅の構内を出て、街へ。

    駅の構内を出て、街へ。

  • ブライトンには街のシンボルである時計台や…

    ブライトンには街のシンボルである時計台や…

  • ロイヤルパビリオンがあります。王室の離宮で、チケットを購入すれば中を見学できるようですが、今日の目的はセブンシスターズなので外見だけで我慢。

    ロイヤルパビリオンがあります。王室の離宮で、チケットを購入すれば中を見学できるようですが、今日の目的はセブンシスターズなので外見だけで我慢。

  • セブンシスターズはブライトンの東側にあります。観光案内所で聞くと、12Aのバスで行けるようです。

    セブンシスターズはブライトンの東側にあります。観光案内所で聞くと、12Aのバスで行けるようです。

  • バスで1時間ちょっとの旅です。

    バスで1時間ちょっとの旅です。

  • 車内はこんな感じ。

    車内はこんな感じ。

  • バスの車窓から、流れる景色をぼーっと眺めます。

    バスの車窓から、流れる景色をぼーっと眺めます。

  • 最寄りの停留所に着きました。

    最寄りの停留所に着きました。

  • 案内の看板が立っています。

    案内の看板が立っています。

  • 湿地帯の中の遊歩道を海に向かって歩くと、セブンシスターズに着くようです。

    湿地帯の中の遊歩道を海に向かって歩くと、セブンシスターズに着くようです。

  • ビジターセンターもあります。

    ビジターセンターもあります。

  • 湿地帯の中を、海岸へ向かって歩き始めます。

    湿地帯の中を、海岸へ向かって歩き始めます。

  • 家畜が飼われているエリアがあるので、遊歩道にはところどころにこのようなゲートがあります。自分が通った後は、必ず閉めましょう。

    家畜が飼われているエリアがあるので、遊歩道にはところどころにこのようなゲートがあります。自分が通った後は、必ず閉めましょう。

  • 広々として、歩いていると気持ちがよいです。

    広々として、歩いていると気持ちがよいです。

  • ところどころに標識が立っているので安心です。

    ところどころに標識が立っているので安心です。

  • 湿地のためあちこちに池や小川があります。家畜を囲う柵もあります。

    湿地のためあちこちに池や小川があります。家畜を囲う柵もあります。

  • のどかな風景です。

    のどかな風景です。

  • 池沿いに多くの羊が草を食んでいました。

    池沿いに多くの羊が草を食んでいました。

  • 同じエリアに牛も飼われています。

    同じエリアに牛も飼われています。

  • 夢中に草を食む羊たち。

    夢中に草を食む羊たち。

  • この手のゲートは何度も通ることになります。

    この手のゲートは何度も通ることになります。

  • 散策を続けていると…

    散策を続けていると…

  • 遠くの方にそれっぽい崖が見えてきました。

    遠くの方にそれっぽい崖が見えてきました。

  • 海岸に出ました。ここまで40分ほどの散策でした。

    海岸に出ました。ここまで40分ほどの散策でした。

  • 海岸を向いて左を向くと、白亜の断崖が見えました。

    海岸を向いて左を向くと、白亜の断崖が見えました。

  • セブンシスターズです!<br /><br />ドーバー海峡近くのこの石灰岩の崖は、見る場所によっては7人の修道女が祈りを捧げているように見えるのが名前の由来だそうです。今回私は崖そのものの近くまで行ったのでわかりませんでしたが、シスターたちの姿を見たいならもっと西に離れたところから見た方がよいようです。

    イチオシ

    セブンシスターズです!

    ドーバー海峡近くのこの石灰岩の崖は、見る場所によっては7人の修道女が祈りを捧げているように見えるのが名前の由来だそうです。今回私は崖そのものの近くまで行ったのでわかりませんでしたが、シスターたちの姿を見たいならもっと西に離れたところから見た方がよいようです。

  • 海岸沿いを東に歩き、崖に近づきます。

    海岸沿いを東に歩き、崖に近づきます。

  • 高い崖だなあ。

    高い崖だなあ。

  • 崖に触れるところまで近づけます。

    崖に触れるところまで近づけます。

  • ところどころに古代の生物の化石(勝手な想像)っぽい跡がありました。

    ところどころに古代の生物の化石(勝手な想像)っぽい跡がありました。

  • 西側はこんな感じです。あの向こうの海岸あたりからこっちを眺めると、シスターに見えるのかなあ。

    西側はこんな感じです。あの向こうの海岸あたりからこっちを眺めると、シスターに見えるのかなあ。

  • 海岸を離れると…

    海岸を離れると…

  • 崖の上の方に上がれる道があります。

    崖の上の方に上がれる道があります。

  • でも危険なので、禁じられた場所には立ち入らないようにしましょう。

    でも危険なので、禁じられた場所には立ち入らないようにしましょう。

  • 高い位置から海岸を見下ろします。

    高い位置から海岸を見下ろします。

  • 内陸の湿地帯はこんな感じです。

    内陸の湿地帯はこんな感じです。

  • ところどころにトーチカっぽい建物がありました。これは何なんだろう。何かの避難場所か、あるいは牧畜に使う何かの施設かな?

    ところどころにトーチカっぽい建物がありました。これは何なんだろう。何かの避難場所か、あるいは牧畜に使う何かの施設かな?

  • おそらく海風が強いのでしょう、こんな角度で生えている木がありました。それでも枯れずに立っている、生命のたくましさ。

    おそらく海風が強いのでしょう、こんな角度で生えている木がありました。それでも枯れずに立っている、生命のたくましさ。

  • 何か綿っぽいものが落ちていると思ったら…

    何か綿っぽいものが落ちていると思ったら…

  • 羊の毛でした。自然に抜けたものにしては大量にあるので、刈られたものかな。

    羊の毛でした。自然に抜けたものにしては大量にあるので、刈られたものかな。

  • 羊の中には青くマーキングされているやつがいました。何のマークかな?

    羊の中には青くマーキングされているやつがいました。何のマークかな?

  • 帰りも40分かけてバス停まで戻り、セブンシスターズを後にしました。

    帰りも40分かけてバス停まで戻り、セブンシスターズを後にしました。

  • バスでブライトンへ戻ります。行きは気づきませんでしたが、海岸に観覧車があるようです。

    バスでブライトンへ戻ります。行きは気づきませんでしたが、海岸に観覧車があるようです。

  • 時計台の横を通り…

    時計台の横を通り…

  • ブライトン駅へ。

    ブライトン駅へ。

  • 夕方、ロンドンのヴィクトリア駅へ戻ってきました。丸一日乗り物に揺られ湿地と草原の中を歩き疲れましたが、白亜の断崖が見られてよかったです。

    夕方、ロンドンのヴィクトリア駅へ戻ってきました。丸一日乗り物に揺られ湿地と草原の中を歩き疲れましたが、白亜の断崖が見られてよかったです。

  • いよいよ最終日です。コプソーンタラの朝食もこの日が最後で、名残惜しいです。

    いよいよ最終日です。コプソーンタラの朝食もこの日が最後で、名残惜しいです。

  • 夕方の便なので、日中はまだ時間があります。まずは地下鉄でウォータールー駅へ。

    夕方の便なので、日中はまだ時間があります。まずは地下鉄でウォータールー駅へ。

  • 地上に出て少し歩くと…

    地上に出て少し歩くと…

  • テムズ川沿いに立つ巨大観覧車・ロンドンアイが見えてきました。

    テムズ川沿いに立つ巨大観覧車・ロンドンアイが見えてきました。

  • ひとつひとつのゴンドラがとても大きい観覧車です。

    ひとつひとつのゴンドラがとても大きい観覧車です。

  • まずはチケットを購入。

    まずはチケットを購入。

  • 結構いいお値段です。

    結構いいお値段です。

  • 列に並びます。

    列に並びます。

  • いよいよ乗り込みます。ゴンドラ1機あたりの定員は25名なので、当然他のお客さんと相乗りになります。

    いよいよ乗り込みます。ゴンドラ1機あたりの定員は25名なので、当然他のお客さんと相乗りになります。

  • ゴンドラ内部はこんな感じです。周囲はぐるりガラス張りになっており、中央に腰掛ける場所があります。

    ゴンドラ内部はこんな感じです。周囲はぐるりガラス張りになっており、中央に腰掛ける場所があります。

  • 床にはここに立って写真を撮るとよいですよ…というマーキングがしてあります。一人で占領せずに、同乗者と譲り合って利用しましょう。

    床にはここに立って写真を撮るとよいですよ…というマーキングがしてあります。一人で占領せずに、同乗者と譲り合って利用しましょう。

  • ロンドンアイはテムズ川を挟んでビッグベンのはす向かいに立っています。

    ロンドンアイはテムズ川を挟んでビッグベンのはす向かいに立っています。

  • ドアはがっちりと閉まるので安心です。でもよい子はもたれないようにしましょう。

    ドアはがっちりと閉まるので安心です。でもよい子はもたれないようにしましょう。

  • 先を行く隣のゴンドラを見上げます。

    先を行く隣のゴンドラを見上げます。

  • かなり高く上がってきました。テムズ川の両岸を見下ろす絶景です。

    かなり高く上がってきました。テムズ川の両岸を見下ろす絶景です。

  • テムズ川の水面に観覧車の影が映ります。

    テムズ川の水面に観覧車の影が映ります。

  • 最高地点近くで隣のゴンドラを見ると、こんな感じです。<br />普通の観覧車のように常にゴンドラが上から吊り下がっているわけではなく、輪っかとの接点が可動式になっていて常に輪っかの外側に接する(つまり上部に来たときは輪っかの上にゴンドラが乗る)面白い構造になっています。

    イチオシ

    最高地点近くで隣のゴンドラを見ると、こんな感じです。
    普通の観覧車のように常にゴンドラが上から吊り下がっているわけではなく、輪っかとの接点が可動式になっていて常に輪っかの外側に接する(つまり上部に来たときは輪っかの上にゴンドラが乗る)面白い構造になっています。

  • ロンドンアイに乗ると、斜め上からビッグベンを見下ろせる絶景ポイントを通ります。シャッターチャンスを逃さないようにしましょう。

    イチオシ

    ロンドンアイに乗ると、斜め上からビッグベンを見下ろせる絶景ポイントを通ります。シャッターチャンスを逃さないようにしましょう。

  • 約30分の天空の旅を終え、地上に戻ります。いいお値段したけど、楽しかったなあ。

    約30分の天空の旅を終え、地上に戻ります。いいお値段したけど、楽しかったなあ。

  • ロンドンアイの全景です。テムズ川の上に張り出すように建てられているので、片側からのみ支える構造になっています。こうして見ると川の方に倒れそうで、ちょっと怖いなあ(個人の感想です)。

    ロンドンアイの全景です。テムズ川の上に張り出すように建てられているので、片側からのみ支える構造になっています。こうして見ると川の方に倒れそうで、ちょっと怖いなあ(個人の感想です)。

  • 空港に向かうにはまだ早いので、荷物を置いてあるホテルからほど近いハイドパークへ行きます。

    空港に向かうにはまだ早いので、荷物を置いてあるホテルからほど近いハイドパークへ行きます。

  • 街中にこんなに広くて緑が多い公園があるのがよいですね。

    街中にこんなに広くて緑が多い公園があるのがよいですね。

  • 公園の中を散策します。

    公園の中を散策します。

  • 噴水もあります。

    噴水もあります。

  • 緑が多く、歩いているだけで気持ちがよいです。

    緑が多く、歩いているだけで気持ちがよいです。

  • リスがいました。バッキンガム宮殿近くのセント・ジェームズ・パークもそうでしたが、街中の公園に野生のリスがいるのが「英国あるある」なのでしょうか(笑)。

    リスがいました。バッキンガム宮殿近くのセント・ジェームズ・パークもそうでしたが、街中の公園に野生のリスがいるのが「英国あるある」なのでしょうか(笑)。

  • 大きな池がありました。

    大きな池がありました。

  • たくさんの鳥がいます。

    たくさんの鳥がいます。

  • 白鳥や鴨を眺めながらお茶が飲めるカフェもあります。

    白鳥や鴨を眺めながらお茶が飲めるカフェもあります。

  • 池沿いは遊歩道になっています。

    池沿いは遊歩道になっています。

  • 池の向こう側にダイアナ妃の記念噴水があります。

    池の向こう側にダイアナ妃の記念噴水があります。

  • 水が高く吹き上がる噴水ではなく、湧いた水が川のように流れるタイプです。多くの人が腰掛けて憩っていました。

    水が高く吹き上がる噴水ではなく、湧いた水が川のように流れるタイプです。多くの人が腰掛けて憩っていました。

  • そろそろ公園を出て、ホテルで荷物を受け取り空港に向かいます。

    そろそろ公園を出て、ホテルで荷物を受け取り空港に向かいます。

  • ヒースロー空港です。

    ヒースロー空港です。

  • 楽しかった旅の思い出を脳内で反芻しながら、搭乗開始を待ちます。

    楽しかった旅の思い出を脳内で反芻しながら、搭乗開始を待ちます。

  • 復路もエコノミーです。これが機内食。

    復路もエコノミーです。これが機内食。

  • 半日かけて日本へ戻りました。<br /><br />これにて英国一人旅、前編~中編~後編はおしまいです。ご覧いただきありがとうございました。<br />英国も(もちろん日本も)今はコロナ禍でたいへんですが、落ち着いたらまた訪れてみたいです。ANAのロンドン線ビジネスクラスは例のThe Roomになっているので、ぜひ乗ってみたいです。もちろんマイルの特典航空券で(笑)。

    半日かけて日本へ戻りました。

    これにて英国一人旅、前編~中編~後編はおしまいです。ご覧いただきありがとうございました。
    英国も(もちろん日本も)今はコロナ禍でたいへんですが、落ち着いたらまた訪れてみたいです。ANAのロンドン線ビジネスクラスは例のThe Roomになっているので、ぜひ乗ってみたいです。もちろんマイルの特典航空券で(笑)。

13いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

イギリスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イギリス最安 450円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イギリスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集