ミラノ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
「コロナウイルスに負けるな!イタリア」の応援の気持ちを込めて、昨年7月の旅行記を記します。<br /><br />いつか行ってみたかったイタリアへ母と二人でパッケージツアーに参加しました。<br />母の希望はカプリ島の青の洞窟とベネチア、私の希望はミラノで最後の晩餐の鑑賞とJGPの恩恵を受けるべくワンワールド航空会社利用です。これらすべての希望を満たすツアーは無かったので、日本旅行社のフィンエアーを利用する「素敵なイタリア」ツアーを現地発着にしてフィンエアーの航空券を別買い、本隊より1日前にローマ入りしてベルトラで手配したローマ発着カプリ島日帰りツアーを加えました。<br /><br />【旅程】<br />7/11(木)成田発フィンエアーにてヘルシンキ乗り換えローマ ローマ泊←ココ<br />7/12(金)ベルトラ社扱い「みゅう」カプリ島青の洞窟1日ツアー参加 ローマ泊 (夜にツアー本隊と合流)<br />7/13(土)ローマ市内観光 コロッセオ・バチカン・最後の審判・夕食はカンツォーネディナー ローマ泊 <br />7/14(日)AMバス移動 PMフィレンツェ観光 フィレンツェ泊<br />7/15(月)AMピサの斜塔 PMフィレンツェ市内自由散策 フィレンツェ泊<br />7/16(火)AMベネチアへバス移動 PMガラス工房見学・ゴンドラ乗船後自由散策 ベネチア泊<br />7/17(水)AMミラノへ移動 最後の晩餐・ドゥオーモ見学後自由散策 ミラノ泊 ←ココ<br />7/18(木)ツアーと一緒にフィンエアーで帰国 機内泊 ←ココ<br />7/19(金)AM成田着

201907 母娘でイタリア4都市ツアー+青の洞窟 #4

24いいね!

2019/07/11 - 2019/07/19

482位(同エリア2878件中)

旅行記グループ 201907 母娘イタリア旅行

0

41

ヌーピー

ヌーピーさん

「コロナウイルスに負けるな!イタリア」の応援の気持ちを込めて、昨年7月の旅行記を記します。

いつか行ってみたかったイタリアへ母と二人でパッケージツアーに参加しました。
母の希望はカプリ島の青の洞窟とベネチア、私の希望はミラノで最後の晩餐の鑑賞とJGPの恩恵を受けるべくワンワールド航空会社利用です。これらすべての希望を満たすツアーは無かったので、日本旅行社のフィンエアーを利用する「素敵なイタリア」ツアーを現地発着にしてフィンエアーの航空券を別買い、本隊より1日前にローマ入りしてベルトラで手配したローマ発着カプリ島日帰りツアーを加えました。

【旅程】
7/11(木)成田発フィンエアーにてヘルシンキ乗り換えローマ ローマ泊←ココ
7/12(金)ベルトラ社扱い「みゅう」カプリ島青の洞窟1日ツアー参加 ローマ泊 (夜にツアー本隊と合流)
7/13(土)ローマ市内観光 コロッセオ・バチカン・最後の審判・夕食はカンツォーネディナー ローマ泊 
7/14(日)AMバス移動 PMフィレンツェ観光 フィレンツェ泊
7/15(月)AMピサの斜塔 PMフィレンツェ市内自由散策 フィレンツェ泊
7/16(火)AMベネチアへバス移動 PMガラス工房見学・ゴンドラ乗船後自由散策 ベネチア泊
7/17(水)AMミラノへ移動 最後の晩餐・ドゥオーモ見学後自由散策 ミラノ泊 ←ココ
7/18(木)ツアーと一緒にフィンエアーで帰国 機内泊 ←ココ
7/19(金)AM成田着

PR

  • ベネチアから農村部を抜けて西へ移動してミラノの街に到着しました。年代物の路面電車が今も現役で味わいがあります。

    ベネチアから農村部を抜けて西へ移動してミラノの街に到着しました。年代物の路面電車が今も現役で味わいがあります。

  • さっそく私が一番待ち望んでいた最後の晩餐を見に行きます。こちらは教会のサンタマリアデッレグラツィェ教会の本堂です。壁画はこちらではありません。

    さっそく私が一番待ち望んでいた最後の晩餐を見に行きます。こちらは教会のサンタマリアデッレグラツィェ教会の本堂です。壁画はこちらではありません。

    サンタ マリア デッレ グラツィエ教会 寺院・教会

    厳かな雰囲気の空間 by ヌーピーさん
  • 最後の晩餐の鑑賞チケットです、人の二酸化炭素を含んだ呼気が壁画を傷めるそうで一回に鑑賞できるに人数を厳しく規制しているので時間指定です。今年はレオナルドダビンチ没後500周年の記念の年です。

    最後の晩餐の鑑賞チケットです、人の二酸化炭素を含んだ呼気が壁画を傷めるそうで一回に鑑賞できるに人数を厳しく規制しているので時間指定です。今年はレオナルドダビンチ没後500周年の記念の年です。

  • 教会に隣接して展示館があります。壁画があるのは教会の食堂として使われていた部屋で、そこに行くまでのエントランスでは、第二次世界大戦中は土嚢を壁画の前に積み上げて、爆撃による爆風で壁画が破壊されないように守ったという歴史を知ることができます。ここの人々が壁画を大切にしてきたことがよくわかりました。

    教会に隣接して展示館があります。壁画があるのは教会の食堂として使われていた部屋で、そこに行くまでのエントランスでは、第二次世界大戦中は土嚢を壁画の前に積み上げて、爆撃による爆風で壁画が破壊されないように守ったという歴史を知ることができます。ここの人々が壁画を大切にしてきたことがよくわかりました。

  • ご対面!しーんと静かでひんやりした部屋の少し見上げるような高いところにあります。裏切り者のユダの顔を見てやろう、ナイフを持ったペトロは?映画ダヴィンチコードに影響された視線で見てみたりと、たっぷり目に焼き付けました。<br /><br />フィレンツェのウフィツィ美術館に引き続き、ここでも鳴門市の大塚国際美術館で予習したことをたっぷり後悔しました。大塚国際美術館では見やすい高さにあって、部屋がもう少し明るいから見やすくて、対面に修復前の壁画があって対比して見られたのです、なんて言わないっ!<br />

    ご対面!しーんと静かでひんやりした部屋の少し見上げるような高いところにあります。裏切り者のユダの顔を見てやろう、ナイフを持ったペトロは?映画ダヴィンチコードに影響された視線で見てみたりと、たっぷり目に焼き付けました。

    フィレンツェのウフィツィ美術館に引き続き、ここでも鳴門市の大塚国際美術館で予習したことをたっぷり後悔しました。大塚国際美術館では見やすい高さにあって、部屋がもう少し明るいから見やすくて、対面に修復前の壁画があって対比して見られたのです、なんて言わないっ!

  • 遠景で見るとこんな感じ。広く高さのあるホール状の部屋です。

    遠景で見るとこんな感じ。広く高さのあるホール状の部屋です。

  • どれが誰かわかる説明書きはありました。しかしキリストとそれぞれの人の関係性は書いていないので予習が必要です。

    どれが誰かわかる説明書きはありました。しかしキリストとそれぞれの人の関係性は書いていないので予習が必要です。

  • 有名なアーケードを抜けて

    有名なアーケードを抜けて

  • 牡牛のモザイクを見て、かかとを軸にして回ります。

    牡牛のモザイクを見て、かかとを軸にして回ります。

  • そのアーケードを抜けて所にドゥオーモがそびえ立つ、ミラノのシンボルです。<br />2020年3月はコロナウイルス蔓延のニュースで必ず映っていて悲しくなりました。

    そのアーケードを抜けて所にドゥオーモがそびえ立つ、ミラノのシンボルです。
    2020年3月はコロナウイルス蔓延のニュースで必ず映っていて悲しくなりました。

  • 外は暑いですが中に入るとひんやりとした空気に包まれます。高い天井までのびる円柱、響くオルガンの音、素敵でした。

    外は暑いですが中に入るとひんやりとした空気に包まれます。高い天井までのびる円柱、響くオルガンの音、素敵でした。

  • 奥にあるステンドグラスも壮大です。それぞれに絵が違い、スマホでなかったら上部の絵まで写せるのにと思いました。

    奥にあるステンドグラスも壮大です。それぞれに絵が違い、スマホでなかったら上部の絵まで写せるのにと思いました。

  • 床材の大理石(モザイク)もとっても素敵でした。なんでピンボケした写真しかないのか悔やまれます。大理石は色によって硬さが違うので長年踏まれたことによって削れ方が変わってくるそうです。確かにつるつるだけど凹凸がありました。

    床材の大理石(モザイク)もとっても素敵でした。なんでピンボケした写真しかないのか悔やまれます。大理石は色によって硬さが違うので長年踏まれたことによって削れ方が変わってくるそうです。確かにつるつるだけど凹凸がありました。

  • ドゥオーモ広場に隣接するカンパリ発祥の店に立ち寄りました。正装したギャルソンが迎えてくれます。

    ドゥオーモ広場に隣接するカンパリ発祥の店に立ち寄りました。正装したギャルソンが迎えてくれます。

  • カンパリとカンパリオレンジをいただきました。チップスやナッツ、オリーブなどのスナックはカウンターにあってセルフです。エスプレッソも飲めます。地元の方のエスプレッソで一服して颯爽と立ち去る姿がかっこよかったです。

    カンパリとカンパリオレンジをいただきました。チップスやナッツ、オリーブなどのスナックはカウンターにあってセルフです。エスプレッソも飲めます。地元の方のエスプレッソで一服して颯爽と立ち去る姿がかっこよかったです。

  • ランチに行きます。

    ランチに行きます。

  • ミラノ風カツレツ<br />豚の赤身をしっかりたたいて薄くして超細かいパン粉で揚げているのでさっぱりした仕上がりで、結構な大きさでしたがぺろりといただきました。

    ミラノ風カツレツ
    豚の赤身をしっかりたたいて薄くして超細かいパン粉で揚げているのでさっぱりした仕上がりで、結構な大きさでしたがぺろりといただきました。

  • ミラノ風リゾット。<br />私が知っているサイゼリヤのものとは全く違いました。優しい味付けだったのでブラックペッパーを一振りしてパンチを加えました。

    ミラノ風リゾット。
    私が知っているサイゼリヤのものとは全く違いました。優しい味付けだったのでブラックペッパーを一振りしてパンチを加えました。

  • 昼食後に自由散策になりました。<br />弟からのリクエストで、ミラノのトップブランド店が並ぶ通りのボッテガ・ヴェネタへ立ち寄りました。

    昼食後に自由散策になりました。
    弟からのリクエストで、ミラノのトップブランド店が並ぶ通りのボッテガ・ヴェネタへ立ち寄りました。

  • こんな鞄を持ってみたいけど、驚くべき価格でした。

    こんな鞄を持ってみたいけど、驚くべき価格でした。

  • フレグランスもあるんですね、皮革製品のお店だとばかり思っていました。

    フレグランスもあるんですね、皮革製品のお店だとばかり思っていました。

  • 表の色と中の色を見せてもらい材質を聞いてLINE通話で弟に相談しながら選びます。この薄いグレーの「セメントカラー」も素敵でした。本場だからと言ってすべての色が揃っているわけではなく、太平洋地区(含む日本)限定色もあるそうです。

    表の色と中の色を見せてもらい材質を聞いてLINE通話で弟に相談しながら選びます。この薄いグレーの「セメントカラー」も素敵でした。本場だからと言ってすべての色が揃っているわけではなく、太平洋地区(含む日本)限定色もあるそうです。

  • 男性向けの長財布だけでもこんなにデザインと色がありました。ヘビ皮も人気なんですって。旧デザインのお値打ち品もありました。免税手続きも忘れずにします。

    男性向けの長財布だけでもこんなにデザインと色がありました。ヘビ皮も人気なんですって。旧デザインのお値打ち品もありました。免税手続きも忘れずにします。

  • ホテルは近代的な建物です。お部屋は狭いですが機能的でした。

    ホテルは近代的な建物です。お部屋は狭いですが機能的でした。

    フォー ポインツ バイ シェラトン ミラノ センター ホテル

    朝食ブッフェが充実のホテル by ヌーピーさん
  • ここは朝食が充実していました。パンもハード系やペストリー、ケーキ、ドーナツなどたくさん食べたいものがありました。

    ここは朝食が充実していました。パンもハード系やペストリー、ケーキ、ドーナツなどたくさん食べたいものがありました。

  • 昨日のミラノ到着時にバスの車窓から見えた森の家が近いとわかり、朝ランで行ってみることにします。

    昨日のミラノ到着時にバスの車窓から見えた森の家が近いとわかり、朝ランで行ってみることにします。

  • 「垂直の森 ボスコ バーティカレ」と呼ばれる植物との共生を目指すマンションだそうです。同じものが2棟ありました。近寄って見るとテラスから植物がせり出していて迫力があります。真下から見てテラスは植物が植えてある外と実際に使用する内の二重になっていることがわかりました。ミラノにしかない珍しいものを見られました。

    「垂直の森 ボスコ バーティカレ」と呼ばれる植物との共生を目指すマンションだそうです。同じものが2棟ありました。近寄って見るとテラスから植物がせり出していて迫力があります。真下から見てテラスは植物が植えてある外と実際に使用する内の二重になっていることがわかりました。ミラノにしかない珍しいものを見られました。

  • 長かった旅も終わりです。<br />帰りの飛行機はツアーの皆さんと一緒にして大きなスーツケースを持つことなく、バスで空港入りです。免税手続きを経て搭乗手続きをします。<br />

    長かった旅も終わりです。
    帰りの飛行機はツアーの皆さんと一緒にして大きなスーツケースを持つことなく、バスで空港入りです。免税手続きを経て搭乗手続きをします。

    ミラノ マルペンサ国際空港 (MXP) 空港

  • フィンエアー 指定のラウンジに来ました。

    フィンエアー 指定のラウンジに来ました。

  • サンドイッチやタルトがあります。温かい食事は無いです。ここはオリーブオイルを多用するイタリア、日本の持ち帰りお寿司に付いてくる醤油のような小袋入りのオリーブオイルとオリーブオイル&ビネガーがあり、オリーブオイル愛を感じました。

    サンドイッチやタルトがあります。温かい食事は無いです。ここはオリーブオイルを多用するイタリア、日本の持ち帰りお寿司に付いてくる醤油のような小袋入りのオリーブオイルとオリーブオイル&ビネガーがあり、オリーブオイル愛を感じました。

  • ワインやビールもありました。<br />

    ワインやビールもありました。

  • 搭乗してまずはヘルシンキへ向かいます。途中で眼下には冠雪した山が見えました。アルプスかな?

    搭乗してまずはヘルシンキへ向かいます。途中で眼下には冠雪した山が見えました。アルプスかな?

  • 機内ではワンワールドエメラルド会員へのサービスですと、飲み物のサービスがありました。シャンパン用のイッタラ「ウルティマツーレ」のグラスが飲みやすい大きさで気に入り、ヘルシンキ空港で購入してきました。

    機内ではワンワールドエメラルド会員へのサービスですと、飲み物のサービスがありました。シャンパン用のイッタラ「ウルティマツーレ」のグラスが飲みやすい大きさで気に入り、ヘルシンキ空港で購入してきました。

  • 森と水の豊かなヘルシンキの街が見えてきてランディングです。<br />ヘルシンキからは成田、大阪、福岡へと便が分かれ、ここでツアー解散となりました。

    森と水の豊かなヘルシンキの街が見えてきてランディングです。
    ヘルシンキからは成田、大阪、福岡へと便が分かれ、ここでツアー解散となりました。

  • 往路を同じく、ヘルシンキファーストラウンジへ戻ってきました。

    往路を同じく、ヘルシンキファーストラウンジへ戻ってきました。

  • 時間があるのでレストランを利用します。水差しや小鉢がイッタラのグラス、コーヒーカップはマリメッコでフィンランド製品を楽しめます。ここではワカサギのフライのような魚料理とビュッフェからサーモングリルと豆スープをいただきました。

    時間があるのでレストランを利用します。水差しや小鉢がイッタラのグラス、コーヒーカップはマリメッコでフィンランド製品を楽しめます。ここではワカサギのフライのような魚料理とビュッフェからサーモングリルと豆スープをいただきました。

  • 〆にバニラアイス。ここにもあしらいとして赤スグリが乗っていました。見た目はかわいいけど大味な実です。

    〆にバニラアイス。ここにもあしらいとして赤スグリが乗っていました。見た目はかわいいけど大味な実です。

  • ビュッフェコーナーでチーズを。盛り付けが素敵で手をつけるのにちょっとだけ躊躇しました。

    ビュッフェコーナーでチーズを。盛り付けが素敵で手をつけるのにちょっとだけ躊躇しました。

  • 成田へ戻ります。

    成田へ戻ります。

  • 帰りの機内食もヒンズーベジタリアンを指定しました。今回は安定のカレーでなく豆腐のソテーでした。左上にあるフムスが前回フィンエアを利用した時からのお気に入りです。

    帰りの機内食もヒンズーベジタリアンを指定しました。今回は安定のカレーでなく豆腐のソテーでした。左上にあるフムスが前回フィンエアを利用した時からのお気に入りです。

  • カプリ島でカルトゥージアのフレグランス、ベネチアングラスのピアス、ボッテガの財布、ヘルシンキでイッタラのグラスなど色々と買いましたが、香りを嗅ぐだけでイタリアに戻れる味のお土産もなかなか良かったです。自宅で気軽にフンギポルチーニ味乾燥ポルチーニ増し、余韻に浸っています。<br /><br />ツアーに参加するのは20数年ぶりでしたが同行の人たちに恵まれ、思い出深いものになりました。移動距離が長く、見どころが多い旅の場合は効率よく巡れるツアーの利用が便利だと再認識できました。<br /><br />さてさてこの旅行記を書くつもりはなかったのですが、20年3月になってコロナウイルス感染拡大で翻弄されているイタリアの様子に心を痛め、楽しい思い出を作ってくれた恩返しの気持ちを込めて書きました。4本の旅行記にお付き合いいただきありがとうございました。

    カプリ島でカルトゥージアのフレグランス、ベネチアングラスのピアス、ボッテガの財布、ヘルシンキでイッタラのグラスなど色々と買いましたが、香りを嗅ぐだけでイタリアに戻れる味のお土産もなかなか良かったです。自宅で気軽にフンギポルチーニ味乾燥ポルチーニ増し、余韻に浸っています。

    ツアーに参加するのは20数年ぶりでしたが同行の人たちに恵まれ、思い出深いものになりました。移動距離が長く、見どころが多い旅の場合は効率よく巡れるツアーの利用が便利だと再認識できました。

    さてさてこの旅行記を書くつもりはなかったのですが、20年3月になってコロナウイルス感染拡大で翻弄されているイタリアの様子に心を痛め、楽しい思い出を作ってくれた恩返しの気持ちを込めて書きました。4本の旅行記にお付き合いいただきありがとうございました。

24いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集