飯田旅行記(ブログ) 一覧に戻る
昨年末、インターネットを見ていると『とどけよう元気!東日本応援企画 1泊4食付き!夕食はのんびりお部屋食 ご夫婦限定!美しき冬の信州 2日間』というツアーを発見。<br />昨年の台風被害の復興を支援するため、補助金が出ているツアーのようで何と1泊2日5食付きのツアー料金が17500円と格安。<br />しかも宿の夕食はお部屋食。<br />これは行くしかないと思い予約しました。<br />ところが、なんとこの時期新型コロナウイルスが日本中をまん延し、自粛ムードが広がって出かけるのもどうかと思ったのですが、信州の復興支援と思い、出かけてきました。<br />出発前日には添乗員さんからマスクの着用との連絡が有り、バスの乗り降り時には手をアルコール消毒、日々の健康チェックをして観光してきました。<br />今回のツアー行程は、<br />2月28日(金)馬籠・妻籠宿を散策後、飯田のホテルに宿泊。<br />2月29日(土)天竜峡大橋、水引工芸館で箸置き作りの体験後、元善光寺を参拝して帰宅。<br />今回は旅行2日目の飯田市の観光と帰宅までを紹介します。<br />今日の観光地も、新型コロナウイルスの影響で観光を控えているため、観光客も少なく、ちょっと寂しいくらいでした。<br />おみやげ屋さんやホテルなどは観光客が少ないと経営が大変だと思います。<br />早く新型コロナウイルスが収束して、みんなが楽しく観光できるようになってほしいものです。<br />

冬の信州 馬籠・妻籠宿と元善光寺に出かけてきました(その3)飯田市観光

10いいね!

2020/02/28 - 2020/02/29

146位(同エリア298件中)

旅行記グループ 冬の信州旅行

0

32

旅好き長さん

旅好き長さんさん

昨年末、インターネットを見ていると『とどけよう元気!東日本応援企画 1泊4食付き!夕食はのんびりお部屋食 ご夫婦限定!美しき冬の信州 2日間』というツアーを発見。
昨年の台風被害の復興を支援するため、補助金が出ているツアーのようで何と1泊2日5食付きのツアー料金が17500円と格安。
しかも宿の夕食はお部屋食。
これは行くしかないと思い予約しました。
ところが、なんとこの時期新型コロナウイルスが日本中をまん延し、自粛ムードが広がって出かけるのもどうかと思ったのですが、信州の復興支援と思い、出かけてきました。
出発前日には添乗員さんからマスクの着用との連絡が有り、バスの乗り降り時には手をアルコール消毒、日々の健康チェックをして観光してきました。
今回のツアー行程は、
2月28日(金)馬籠・妻籠宿を散策後、飯田のホテルに宿泊。
2月29日(土)天竜峡大橋、水引工芸館で箸置き作りの体験後、元善光寺を参拝して帰宅。
今回は旅行2日目の飯田市の観光と帰宅までを紹介します。
今日の観光地も、新型コロナウイルスの影響で観光を控えているため、観光客も少なく、ちょっと寂しいくらいでした。
おみやげ屋さんやホテルなどは観光客が少ないと経営が大変だと思います。
早く新型コロナウイルスが収束して、みんなが楽しく観光できるようになってほしいものです。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
グルメ
3.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
1万円 - 3万円
交通手段
観光バス
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
クラブツーリズム

PR

  • 2月29日(土)、旅行2日目。<br />今日の天気予報は曇りのち雨。<br />朝方は青空があるとのことでしたが、客室から外を眺めると曇り空でした。<br />今日の予定は、天竜峡大橋散策、水引工芸館で箸置き作りの体験後、元善光寺を参拝して帰宅の予定。<br />天気予報だと観光中は雨にはならないようで一安心。

    2月29日(土)、旅行2日目。
    今日の天気予報は曇りのち雨。
    朝方は青空があるとのことでしたが、客室から外を眺めると曇り空でした。
    今日の予定は、天竜峡大橋散策、水引工芸館で箸置き作りの体験後、元善光寺を参拝して帰宅の予定。
    天気予報だと観光中は雨にはならないようで一安心。

  • 朝に目を覚ましてお風呂に入って、朝食をいただきます。<br />朝食は客室ではなく、大広間でいただきます。<br />料理はこんな感じで、いろいろなおかずをちょっとずついただきます。<br />お味噌汁がお鍋に入れられていたので、熱々のものをいただけて良かったです。<br />今回もご飯をおかわりして、食べ過ぎてしまいました。<br />旅行に出るとついつい食べ過ぎてしまいます。

    朝に目を覚ましてお風呂に入って、朝食をいただきます。
    朝食は客室ではなく、大広間でいただきます。
    料理はこんな感じで、いろいろなおかずをちょっとずついただきます。
    お味噌汁がお鍋に入れられていたので、熱々のものをいただけて良かったです。
    今回もご飯をおかわりして、食べ過ぎてしまいました。
    旅行に出るとついつい食べ過ぎてしまいます。

  • 客室に戻ると青空が広がりとてもいい眺めです。<br />今回のツアーでは、オプションとして天竜川下りが9時から参加できたのですが、さすがに冬は寒いので川下りには参加しませんでした。

    客室に戻ると青空が広がりとてもいい眺めです。
    今回のツアーでは、オプションとして天竜川下りが9時から参加できたのですが、さすがに冬は寒いので川下りには参加しませんでした。

  • 出発までホテルのロビーで待っていると、ちょうど我々のツアーメンバーが乗船している天竜川下りの船がホテル前を通り過ぎていました。<br />この川下りは、上流の天龍峡温泉港を出発して下流の唐笠港までの約10kmの船旅です。<br />ちなみに川下りの船にはコタツがついているので、冬でもそれほど寒くはなかったそうです。

    出発までホテルのロビーで待っていると、ちょうど我々のツアーメンバーが乗船している天竜川下りの船がホテル前を通り過ぎていました。
    この川下りは、上流の天龍峡温泉港を出発して下流の唐笠港までの約10kmの船旅です。
    ちなみに川下りの船にはコタツがついているので、冬でもそれほど寒くはなかったそうです。

  • 川下りに参加しなかった我々は9時50分にホテルを出発し、川下りの参加者を迎えに、終点地の唐笠港までバスで向かいます、<br />これが川下りに船で、クレーンでトラックに積み込み出発地の天竜峡温泉港まで運ばれます。

    川下りに参加しなかった我々は9時50分にホテルを出発し、川下りの参加者を迎えに、終点地の唐笠港までバスで向かいます、
    これが川下りに船で、クレーンでトラックに積み込み出発地の天竜峡温泉港まで運ばれます。

  • 次に向かったのが昨年(2019年11月)開通した天竜峡大橋。<br />この橋は建設中の東三河・遠州・南信州を結ぶ三遠南信自動車道の一部です。

    次に向かったのが昨年(2019年11月)開通した天竜峡大橋。
    この橋は建設中の東三河・遠州・南信州を結ぶ三遠南信自動車道の一部です。

  • 天竜峡大橋は上部が自動車専用道、桁下には歩行者が通行できる遊歩道が設置されています。

    天竜峡大橋は上部が自動車専用道、桁下には歩行者が通行できる遊歩道が設置されています。

  • これがその遊歩道で、桁下歩道の高さは天竜川の水面から約80mあり、雄大な名勝天龍峡の眺めを楽しめることに加え、名勝天龍峡を周遊できる遊歩道計画の一部となっています。<br />この遊歩道は高速道路に乗らなくてもアクセスできるようになっています。

    これがその遊歩道で、桁下歩道の高さは天竜川の水面から約80mあり、雄大な名勝天龍峡の眺めを楽しめることに加え、名勝天龍峡を周遊できる遊歩道計画の一部となっています。
    この遊歩道は高速道路に乗らなくてもアクセスできるようになっています。

  • 遊歩道からの眺めがこれで、天竜川とJR飯田線が眺められます。

    遊歩道からの眺めがこれで、天竜川とJR飯田線が眺められます。

  • JR飯田線と天竜ライン下りの時刻表がこれで、私たちが行ったときには、上りの豊橋行きの電車がちょうど通り過ぎていった後でした。<br />ちょっと残念・・。<br />次の電車は約1時間後の10時15分なので残念ながら見ることが出来ませんでした。<br />ここは撮鉄の方には有名な撮影スポットのようです。

    JR飯田線と天竜ライン下りの時刻表がこれで、私たちが行ったときには、上りの豊橋行きの電車がちょうど通り過ぎていった後でした。
    ちょっと残念・・。
    次の電車は約1時間後の10時15分なので残念ながら見ることが出来ませんでした。
    ここは撮鉄の方には有名な撮影スポットのようです。

  • こちらは下り側です。<br />あまり天気が良くないのがちょっと残念です。

    こちらは下り側です。
    あまり天気が良くないのがちょっと残念です。

  • 電車と一緒に撮影すると絵になる景色だと思います。

    イチオシ

    電車と一緒に撮影すると絵になる景色だと思います。

  • これが天竜峡大橋の説明板です。<br />橋長は280mのアーチ橋です。<br />この国道474号三遠南信自動車道は、開通すると飯田山本ICで中央自動車道と、浜松いなさJCTで新東名高速道路と接続することになり、信州へのアクセスがとても便利になるようです。<br />

    これが天竜峡大橋の説明板です。
    橋長は280mのアーチ橋です。
    この国道474号三遠南信自動車道は、開通すると飯田山本ICで中央自動車道と、浜松いなさJCTで新東名高速道路と接続することになり、信州へのアクセスがとても便利になるようです。

  • 遊歩道を渡りきって、天竜峡IC方面を見るとこんな感じです。<br />まだ全線開通していないので高速道路は、車があまり走っていません。

    遊歩道を渡りきって、天竜峡IC方面を見るとこんな感じです。
    まだ全線開通していないので高速道路は、車があまり走っていません。

  • ここは秋になると紅葉した天竜峡が一望でき、観光スポットになりそうです。

    ここは秋になると紅葉した天竜峡が一望でき、観光スポットになりそうです。

  • 天竜峡大橋観光後、水ひき工芸館せきじまに移動。<br />飯田は、豊かな紙文化があったため、水ひき産業が発展したそうです。<br />水ひきと言っても最近はピンときませんが、結納品や祝儀袋などに使われています。<br />ただ最近では熟練水ひき職人が減って継承に苦労しているとのことでした。

    天竜峡大橋観光後、水ひき工芸館せきじまに移動。
    飯田は、豊かな紙文化があったため、水ひき産業が発展したそうです。
    水ひきと言っても最近はピンときませんが、結納品や祝儀袋などに使われています。
    ただ最近では熟練水ひき職人が減って継承に苦労しているとのことでした。

  • ここでは水ひき体験ができ、私たちは箸置きを作りました。<br />丁寧に作り方を説明していただけたので、きれいに箸置きができました。<br />体験以外に水ひき美術館では、水ひきで出来た結納セットや大相撲の髪の毛を縛る元結、工芸家が一年程かけて作った作品などを見学しました。<br />どれもとても素晴らしいもので、職人技に感動します。

    ここでは水ひき体験ができ、私たちは箸置きを作りました。
    丁寧に作り方を説明していただけたので、きれいに箸置きができました。
    体験以外に水ひき美術館では、水ひきで出来た結納セットや大相撲の髪の毛を縛る元結、工芸家が一年程かけて作った作品などを見学しました。
    どれもとても素晴らしいもので、職人技に感動します。

  • 水ひき体験後、昼食レストランに移動します。<br />ここは団体ツアーご用達のドライブイン伊那路。

    水ひき体験後、昼食レストランに移動します。
    ここは団体ツアーご用達のドライブイン伊那路。

  • 本日の昼食は、信州豚味噌きのこ鍋と鴨汁そばです。<br />夫婦で異なった料理を分け合っていただきます。<br />私は、この信州豚味噌きのこ鍋をいただきます。<br />お蕎麦はあまり美味しくなかったけれどお鍋は美味しくいただきました。

    本日の昼食は、信州豚味噌きのこ鍋と鴨汁そばです。
    夫婦で異なった料理を分け合っていただきます。
    私は、この信州豚味噌きのこ鍋をいただきます。
    お蕎麦はあまり美味しくなかったけれどお鍋は美味しくいただきました。

  • そしてこちらは、かみさんが食べた鴨汁そば。<br />お蕎麦を鴨汁に入れていただきます。<br />両方の料理をシェアしていただきましたが、私は信州豚味噌きのこ鍋のほうが美味しかったです。

    そしてこちらは、かみさんが食べた鴨汁そば。
    お蕎麦を鴨汁に入れていただきます。
    両方の料理をシェアしていただきましたが、私は信州豚味噌きのこ鍋のほうが美味しかったです。

  • 昼食後、最後の観光地の、元善光寺に向かいます。<br />元善光寺(もとぜんこうじ)は、長野県飯田市座光寺にある天台宗の寺院で、元善光寺と名付けられる前は坐光寺(ざこうじ)と呼ばれていたそうです。<br />本尊は善光寺如来です。

    昼食後、最後の観光地の、元善光寺に向かいます。
    元善光寺(もとぜんこうじ)は、長野県飯田市座光寺にある天台宗の寺院で、元善光寺と名付けられる前は坐光寺(ざこうじ)と呼ばれていたそうです。
    本尊は善光寺如来です。

  • これが元善光寺の境内図です。<br />御詠歌の『月半ば毎にきまさん弥陀如来、誓いぞ残る麻績の古里』とあるように、古来から長野の善光寺と、こちら飯田の元善光寺の両方をお詣りしないと片詣りと云われているそうです。5年前に長野の善光寺にお参りに行ったので、これで両参りになります。<br />

    これが元善光寺の境内図です。
    御詠歌の『月半ば毎にきまさん弥陀如来、誓いぞ残る麻績の古里』とあるように、古来から長野の善光寺と、こちら飯田の元善光寺の両方をお詣りしないと片詣りと云われているそうです。5年前に長野の善光寺にお参りに行ったので、これで両参りになります。

  • さっそく参道の階段を登って本堂に向かいます。

    さっそく参道の階段を登って本堂に向かいます。

  • 山門をくぐってさらに階段を進むと正面に本堂が現れます。

    山門をくぐってさらに階段を進むと正面に本堂が現れます。

  • 元善光寺には数々の宝物が残っていて、 宝物殿には霊宝座光の臼のほか御涅槃像、鬼瓦の前身と言われる木彫りの鬼面、藤原時代の愛染明王像、その他仏像、掛軸等八十点余りが展示・公開されているそうです。<br />取りあえずは靴を脱いで本堂でお参りをします。<br />これでやっと長野の善光寺と合わせて両方の善光寺をお参りすることが出来ました。

    元善光寺には数々の宝物が残っていて、 宝物殿には霊宝座光の臼のほか御涅槃像、鬼瓦の前身と言われる木彫りの鬼面、藤原時代の愛染明王像、その他仏像、掛軸等八十点余りが展示・公開されているそうです。
    取りあえずは靴を脱いで本堂でお参りをします。
    これでやっと長野の善光寺と合わせて両方の善光寺をお参りすることが出来ました。

  • この写真は境内にある鐘楼。<br />この鐘は戦時中供出の後、昭和二十五年四月平和を祈念するために当時の衆議院議長各大臣各位の協賛によって再鋳奉献せられたもので、銘を善光寺貫主清水谷大僧正に、「平和の鐘」の揮毫は元久迩宮朝融王殿下の筆によるものだそうです。<br /> 鐘の重量は1,312キログラムもあるそうです。

    この写真は境内にある鐘楼。
    この鐘は戦時中供出の後、昭和二十五年四月平和を祈念するために当時の衆議院議長各大臣各位の協賛によって再鋳奉献せられたもので、銘を善光寺貫主清水谷大僧正に、「平和の鐘」の揮毫は元久迩宮朝融王殿下の筆によるものだそうです。
    鐘の重量は1,312キログラムもあるそうです。

  • そして鐘の下には以前使われていたのかも知れませんが、立派な鬼瓦が置いてありました。

    そして鐘の下には以前使われていたのかも知れませんが、立派な鬼瓦が置いてありました。

  • 善光寺と言えばお戒壇巡り。<br />元善光寺では無料でお戒壇巡りができます。<br />お戒壇巡りは、仏様の体内巡りともいい、この写真のご本堂外陣より、履物を履いたままお戒壇巡りをします。<br />その入り口には、お戒壇巡りの途中からの引き返しは禁止との表示がありました。<br />実際入ってみると、真っ暗で引き返したい気持ちになってしまいます。<br />とは言うものの何とか、暗闇の中を手探りで進み、御本尊様の真下に位置する『御錠前』に触れることができました。<br />これでやっと仏様とより深いご縁を結んでいただくことができました。

    善光寺と言えばお戒壇巡り。
    元善光寺では無料でお戒壇巡りができます。
    お戒壇巡りは、仏様の体内巡りともいい、この写真のご本堂外陣より、履物を履いたままお戒壇巡りをします。
    その入り口には、お戒壇巡りの途中からの引き返しは禁止との表示がありました。
    実際入ってみると、真っ暗で引き返したい気持ちになってしまいます。
    とは言うものの何とか、暗闇の中を手探りで進み、御本尊様の真下に位置する『御錠前』に触れることができました。
    これでやっと仏様とより深いご縁を結んでいただくことができました。

  • この木は善心光梅(ぜんしんこうばい)と呼ばれ、本多善光公の名前からつけられたそうです。<br />名前のいわれは、『今の荒廃した世を洗い流し、梅の花のように清らかな善い心で更に光り輝くように』とのことだそうです。<br />推定樹齢が150年で、ちょうど満開でした。

    この木は善心光梅(ぜんしんこうばい)と呼ばれ、本多善光公の名前からつけられたそうです。
    名前のいわれは、『今の荒廃した世を洗い流し、梅の花のように清らかな善い心で更に光り輝くように』とのことだそうです。
    推定樹齢が150年で、ちょうど満開でした。

  • そしてそばには普通の白梅がきれいに咲いています。

    そしてそばには普通の白梅がきれいに咲いています。

  • 更にその横には蝋梅の黄色い花もきれいに咲いていました。<br />今年の春は早く来そうです。<br />元善光寺の参拝後、中央道、名神高速道などを乗り継いで帰路につきます。

    更にその横には蝋梅の黄色い花もきれいに咲いていました。
    今年の春は早く来そうです。
    元善光寺の参拝後、中央道、名神高速道などを乗り継いで帰路につきます。

  • 中央道に乗ってしばらくすると雨が降り始めました。<br />観光中に雨に遭わなかったのでラッキーです。<br />帰路は渋滞もなく、西宮名塩SAには17時30分に到着。<br />今回1泊2日の旅に出ましたが、何処も新型コロナウイルスの影響で観光自粛が進んでいて、我々も後ろめたさを感じる旅になってしまいました。<br />はやくこの新型コロナウイルスを封じ込めて、みんなが楽しく旅が出来、観光地も早く賑わいが戻ってほしいものです。<br />それが一番の復興につながるものだと思います。

    中央道に乗ってしばらくすると雨が降り始めました。
    観光中に雨に遭わなかったのでラッキーです。
    帰路は渋滞もなく、西宮名塩SAには17時30分に到着。
    今回1泊2日の旅に出ましたが、何処も新型コロナウイルスの影響で観光自粛が進んでいて、我々も後ろめたさを感じる旅になってしまいました。
    はやくこの新型コロナウイルスを封じ込めて、みんなが楽しく旅が出来、観光地も早く賑わいが戻ってほしいものです。
    それが一番の復興につながるものだと思います。

10いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

飯田の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集