タリン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
タリン観光も順調に進み、2日目の後半からスタートします。タリンカードをフル活用した街歩きにする予定なので、曜日と開館時間とカード有効期間の調整に戸惑いましたが、パート1のタウンホールなど終了後、アダムソン・エリックミュージアムからスタートしました。キーク・イン・デ・キョクを含めた塔を見学し、長い通路も歩きました。変わった博物館を少し見た後、トラムで数駅先にある広いカドリオルグ公園を散策、公園に隣接しているエストニア最大のクム美術館で不思議なアートを楽しみました。

まさかバルト関の故郷に行くとは!パート2

5いいね!

2019/08/30 - 2019/09/06

930位(同エリア1308件中)

0

25

タリン観光も順調に進み、2日目の後半からスタートします。タリンカードをフル活用した街歩きにする予定なので、曜日と開館時間とカード有効期間の調整に戸惑いましたが、パート1のタウンホールなど終了後、アダムソン・エリックミュージアムからスタートしました。キーク・イン・デ・キョクを含めた塔を見学し、長い通路も歩きました。変わった博物館を少し見た後、トラムで数駅先にある広いカドリオルグ公園を散策、公園に隣接しているエストニア最大のクム美術館で不思議なアートを楽しみました。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
交通
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
鉄道 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • アダムソン・エリック博物館です。油絵から家具のデザインまで幅広く手掛けた人で、ジュエリーも展示されていました。

    アダムソン・エリック博物館です。油絵から家具のデザインまで幅広く手掛けた人で、ジュエリーも展示されていました。

  • アダムソン・エリック博物館の内部です。絵画などの展示は淡々としたものでしたが、個人的には写真の展示場所が気に入りました。生活感満載で個人博物館の雰囲気が出て散ると思いました。

    アダムソン・エリック博物館の内部です。絵画などの展示は淡々としたものでしたが、個人的には写真の展示場所が気に入りました。生活感満載で個人博物館の雰囲気が出て散ると思いました。

  • キーク・イン・デ・キョク要塞博物館の雄姿です。と言ってもちょっと太めの塔にしか見えませんが。旧市街が城壁で囲まれていたわけですから、あちこちに見張り機能と要塞機能を兼ねた塔がたくさんありました。この塔はそれらの中でも大きい塔でした。

    キーク・イン・デ・キョク要塞博物館の雄姿です。と言ってもちょっと太めの塔にしか見えませんが。旧市街が城壁で囲まれていたわけですから、あちこちに見張り機能と要塞機能を兼ねた塔がたくさんありました。この塔はそれらの中でも大きい塔でした。

  • キーク・イン・デ・キョク要塞博物館の入り口です。塔の下に回り込むような感じになってました。

    キーク・イン・デ・キョク要塞博物館の入り口です。塔の下に回り込むような感じになってました。

  • 使い方がわからず失敗した残念な証拠の写真です。入館者は各自のスマホでフリーWi-Fiが利用でき、IDとパスワードで英語の音声ガイドが利用できるみたいでした。内部に入ると、他の観光客がしきりとスマホを聞きながら見学しているので、やっと気が付いたのですが、英語苦手な私たちには「猫に小判」状態でした。

    使い方がわからず失敗した残念な証拠の写真です。入館者は各自のスマホでフリーWi-Fiが利用でき、IDとパスワードで英語の音声ガイドが利用できるみたいでした。内部に入ると、他の観光客がしきりとスマホを聞きながら見学しているので、やっと気が付いたのですが、英語苦手な私たちには「猫に小判」状態でした。

  • 暗くて申し訳ない写真ですが、左上の丸いところが塔です。この塔からは2方向に通路があって、写真の下から反時計回りに赤い点々がつながってますが、これは地下通路です。The Bastion Passagesと書かれた要塞の通路です。長さは400m以上あったと思います。

    暗くて申し訳ない写真ですが、左上の丸いところが塔です。この塔からは2方向に通路があって、写真の下から反時計回りに赤い点々がつながってますが、これは地下通路です。The Bastion Passagesと書かれた要塞の通路です。長さは400m以上あったと思います。

  • The Bastion Passagesと書かれた要塞の通路の一部です。長さも長いけど、場所によってはやたらと寒かった記憶があります。

    The Bastion Passagesと書かれた要塞の通路の一部です。長さも長いけど、場所によってはやたらと寒かった記憶があります。

  • 博物館の寒い通路を見学する時のための専用のオリジナル肩掛けです。入り口と通路の最奥にありました。入る時に何だろう?との疑問はあったのですが、英語力の問題で係の人に聞くのが億劫でやめたのが失敗でした。

    博物館の寒い通路を見学する時のための専用のオリジナル肩掛けです。入り口と通路の最奥にありました。入る時に何だろう?との疑問はあったのですが、英語力の問題で係の人に聞くのが億劫でやめたのが失敗でした。

  • 塔に上って内部から外を見た時の写真です。古い塔をそのまま残しているので、上り下りも中世の雰囲気はありましたが、塔の窓の岩?が額縁の役割を果たしていて中世感満載です。

    塔に上って内部から外を見た時の写真です。古い塔をそのまま残しているので、上り下りも中世の雰囲気はありましたが、塔の窓の岩?が額縁の役割を果たしていて中世感満載です。

  • 上の写真と同じように塔の上からの写真ですが、岩の窓からカメラを出せば、こんな感じで、中世感は消えてしまいます。単に高いところから写真を撮ったって感じです。ちなみに、手前にある三角屋根の塔が日本語ガイドブックでは「乙女の塔」と紹介されているもので、奥にある素敵な建物はアレクサンドルネフスキー聖堂です。

    上の写真と同じように塔の上からの写真ですが、岩の窓からカメラを出せば、こんな感じで、中世感は消えてしまいます。単に高いところから写真を撮ったって感じです。ちなみに、手前にある三角屋根の塔が日本語ガイドブックでは「乙女の塔」と紹介されているもので、奥にある素敵な建物はアレクサンドルネフスキー聖堂です。

  • キーク・イン・デ・キョクの塔と乙女の塔を結ぶ通路です。通路と言っても、城壁の上の内側に作られたもので、見張りや戦いにも使われていたみたいな穴が開いていました。キーク・イン・デ・キョク側の通路の入り口には「ジョイントチケットが必要です」との注意書きがあります。タリンカードがあれば問題ないですが、チケットを買うならフルチケットが必要みたいです。

    キーク・イン・デ・キョクの塔と乙女の塔を結ぶ通路です。通路と言っても、城壁の上の内側に作られたもので、見張りや戦いにも使われていたみたいな穴が開いていました。キーク・イン・デ・キョク側の通路の入り口には「ジョイントチケットが必要です」との注意書きがあります。タリンカードがあれば問題ないですが、チケットを買うならフルチケットが必要みたいです。

  • Maiden Tower(乙女の塔)の内部です。ここは何処って?感じの写真だと思いますが、カメラにはこんな写真が残ってました。

    Maiden Tower(乙女の塔)の内部です。ここは何処って?感じの写真だと思いますが、カメラにはこんな写真が残ってました。

  • Maiden Tower(乙女の塔)の受付をしているおじさんです。道を尋ねたら、塔の受付とは関係ないのに丁寧に教えてくれました。

    Maiden Tower(乙女の塔)の受付をしているおじさんです。道を尋ねたら、塔の受付とは関係ないのに丁寧に教えてくれました。

  • 日本のガイドブックではキーク・イン・デ・キョクの塔や乙女の塔などの関係が分かりにくかったので、現地にあった説明パネルの写真を載せておきます。タリンカード又はフルチケットで全部?見学できたと思います。一番右側の説明と実際に歩いた右端のGate Towerの名称が一致しないので、あやふやでごめんなさい。

    日本のガイドブックではキーク・イン・デ・キョクの塔や乙女の塔などの関係が分かりにくかったので、現地にあった説明パネルの写真を載せておきます。タリンカード又はフルチケットで全部?見学できたと思います。一番右側の説明と実際に歩いた右端のGate Towerの名称が一致しないので、あやふやでごめんなさい。

  • 演劇と音楽史の博物館です。入口が分かりにくかったです。そこそこ広いムーリヴァフェ通り沿いなのでわかりやすいはずだったのですが、入り口がメッチャ地味でした。

    演劇と音楽史の博物館です。入口が分かりにくかったです。そこそこ広いムーリヴァフェ通り沿いなのでわかりやすいはずだったのですが、入り口がメッチャ地味でした。

  • 演劇と音楽史の博物館の内部です。壁面の城壁と同じ石積みの方に興味が行ってしまいましたが、展示内容は楽器など様々なものが展示されているミニ博物館のイメージでした。

    演劇と音楽史の博物館の内部です。壁面の城壁と同じ石積みの方に興味が行ってしまいましたが、展示内容は楽器など様々なものが展示されているミニ博物館のイメージでした。

  • タリン勲爵士団博物館です。場所は観光案内所から数分のところにあり、わかりやすい場所ですが、展示物はちょっとマニアックかもです。騎士団のバッジや紀章を専門に展示している博物館は珍しいと思うので興味のある人は嵌るかもです。

    タリン勲爵士団博物館です。場所は観光案内所から数分のところにあり、わかりやすい場所ですが、展示物はちょっとマニアックかもです。騎士団のバッジや紀章を専門に展示している博物館は珍しいと思うので興味のある人は嵌るかもです。

  • 展示物には日本のものもあり、この写真は裕仁天皇に関する展示ケースです。ほかにも各国の王室や皇室関係の資料も展示してありました。英語併記なので多少は人物特定できましたが、詳細を読み取る読解力がないのが残念でした。

    展示物には日本のものもあり、この写真は裕仁天皇に関する展示ケースです。ほかにも各国の王室や皇室関係の資料も展示してありました。英語併記なので多少は人物特定できましたが、詳細を読み取る読解力がないのが残念でした。

  • 3日目は少し足を延ばしてカドリオルグに向かいました。バスと違ってトラムは路線数も少なく、バスと比べると利便性は落ちますが、停留所もわかりやすいし、下車時の不安感が少ないので、非常に重宝しました。見た目がスリムでおしゃれなのも気に入りました。この車両は新しいきれいな車両です。

    3日目は少し足を延ばしてカドリオルグに向かいました。バスと違ってトラムは路線数も少なく、バスと比べると利便性は落ちますが、停留所もわかりやすいし、下車時の不安感が少ないので、非常に重宝しました。見た目がスリムでおしゃれなのも気に入りました。この車両は新しいきれいな車両です。

  • カドリオルグは大きな公園でピョートル1世によって作られた公園です。噴水、展望台、インフォメーション、カフェ、日本庭園、宮殿美術館、ミッケル博物館、エストニア最大のクム美術館など見どころの多い公園でした。写真の下のほうにある「i」がインフォメーションです。同じく写真の下のほうにある電車の様な絵記号がトラムの停留所です。

    カドリオルグは大きな公園でピョートル1世によって作られた公園です。噴水、展望台、インフォメーション、カフェ、日本庭園、宮殿美術館、ミッケル博物館、エストニア最大のクム美術館など見どころの多い公園でした。写真の下のほうにある「i」がインフォメーションです。同じく写真の下のほうにある電車の様な絵記号がトラムの停留所です。

  • カドリオルグ公園に入って、インフォメーションで歩き方を聞いた後、向かいにある長方形の噴水のある池をのんびりと眺めてました。お天気が良く気温も散策にちょうど良いくらいだったので最高でした。

    カドリオルグ公園に入って、インフォメーションで歩き方を聞いた後、向かいにある長方形の噴水のある池をのんびりと眺めてました。お天気が良く気温も散策にちょうど良いくらいだったので最高でした。

  • 池の横にはJaan Poskaさんと言う正装の男性像がありました。この人はタリン市長を務めた人だそうで、エストニア建国に重要な役割を果たした政治家との紹介がありました。

    池の横にはJaan Poskaさんと言う正装の男性像がありました。この人はタリン市長を務めた人だそうで、エストニア建国に重要な役割を果たした政治家との紹介がありました。

  • クム美術館(エストニア国立美術館)の内部です、外観もユニークでしたが、中に入ってもの独特な曲線美を感じることができます。

    クム美術館(エストニア国立美術館)の内部です、外観もユニークでしたが、中に入ってもの独特な曲線美を感じることができます。

  • 企画展はトミーキャッシュとリックオーエンスという2名のアーティストの展示が左右の別ブロックで行われていました。このアート作品はトミーキャッシュの作品でgraffity castle(落書き城?)でした。「落書き」は理解できましたが、やはり現代アートは理解不能です。

    企画展はトミーキャッシュとリックオーエンスという2名のアーティストの展示が左右の別ブロックで行われていました。このアート作品はトミーキャッシュの作品でgraffity castle(落書き城?)でした。「落書き」は理解できましたが、やはり現代アートは理解不能です。

  • 現地の案内板では「Peter the Great House Museum」です。現地の日本語シティマップには「ピョートル1世の邸宅」、日本のガイドブックには「ピョートル大帝の別荘」と紹介されていましたが、ピョートル1世の格から考えると別荘の管理人の家くらいの広さでした。

    現地の案内板では「Peter the Great House Museum」です。現地の日本語シティマップには「ピョートル1世の邸宅」、日本のガイドブックには「ピョートル大帝の別荘」と紹介されていましたが、ピョートル1世の格から考えると別荘の管理人の家くらいの広さでした。

5いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

エストニアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
エストニア最安 250円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

エストニアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集