サパ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
本日はラオカイからローカルバスでサパへ移動し、日帰りでファンシーパン山(Fansipan mountain)の登頂を目指す。<br />ファンシーパン山はほとんど歩かなくて良いみたいだけど余裕なはずだけど・・・<br />まずはファンシーパン山の麓のサパへ移動する。<br />ラオカイ駅からはバンかバスで行けるみたい。<br />バンは途中から乗れるかどうか良くわからなかったので、バスで向かう。<br />丁度宿泊地のラオカイスターホテルの目の前にバス停があった。<br /><br />https://goo.gl/maps/5g7dARQtGenpxh5C9<br />このショップのすぐ横<br /><br />と言っても、ルート上で手を上げればどこでも乗れるみたい。<br />時刻表は出発地(ラオカイ駅)と到着地(サパ)にしかないらしいが、事前にネットで調べておいた。<br />11時出発があったので、それに合わせて11:10ぐらいにバス停で待つ。<br />結局来たのは、11:20ぐらい。<br />しばらく市街地を走って、峠道に差し掛かる前に料金を徴収。<br />30000ドン。<br /><br />https://goo.gl/maps/U7ac3QKmpSdt4EVb6<br />ここら辺で料金徴収<br /><br />乗車してから1時間半でサパ中心部に到着。<br />景色は良いのだが、峠道なので、酔って吐いてる現地の人もいたね。<br />後、峠道以外ではクーラーが効いてるのだが、峠道になると、クーラーを切ってた(パワーを出すため)のが面白かった。<br />峠道は結構標高が高いので涼しいのだが、砂埃が凄かった・・・<br /><br />無事にサパに到着。<br /><br />https://goo.gl/maps/GPnCvcKGtfNMQQaDA<br />ラオカイ-サパのバス停<br /><br />ファンシーパン山の登頂には登山鉄道→ロープウェイ→登山電車で行くらしい。<br />まずは登山鉄道の入り口へ。<br />目立つからすぐわかる。(バスを降りてから徒歩3分の場所)<br />https://goo.gl/maps/ayCwL8eo4TqvCM7r8<br />チケット販売所で、頂上まで行きたいと言う。<br />すると、800000ドンとのこと。<br />事前に調べた情報だと900000ドンだったような・・・?<br />で、説明を聞くと、チケットの内容は、ロープウェイまでの登山鉄道往復、ロープウェイ往復、で、そこから頂上までの登山鉄道は片道(1way)のみとのこと。<br />さっそくチケット売り場から登山鉄道の乗車口へ移動。(徒歩2分)<br />最近できたばかりのようで、全てが綺麗。<br />登山鉄道に揺られること5分ちょい。<br />ロープウェイ乗り場に到着。<br />https://goo.gl/maps/UrMJPGhPLxNUENej8<br />登山鉄道を下車してから、ロープウェイ乗り場までは建物内を移動するだけで着くんだけど、建物の外には少数民族の催し物があって、そこを少し見学してみる。<br />お土産やら、屋台的なのがあった。<br />一通り見終わって、ロープウェイ乗り場へ。<br />ロープウェイも15分ぐらい乗って終点に到着。<br />このロープウェイから見る棚田が有名らしい。<br />本当に凄い景色だったね。(すぐ飽きるけど・・・)<br />さらに数十人乗りのロープウェイにも関わらず、乗客もおらず貸切に。<br />誰にも邪魔されずに写真撮れたのは良かった。<br />この時点で13時ぐらい。<br /><br />でもロープウェイの終点近くなってきたら、霧がものすごく、周りが見えない状態に・・・<br />ロープウェイを降りたら最後の登山鉄道に乗るため、建物の外にでて移動する。<br />この時点でかなり寒い。<br />既に標高は3000m近いはずだしね。。。<br />上に羽織るものを持ってきてたので着る。<br />他の人はほとんど半袖で元気いっぱいだったけど・・・<br />また、霧もすごくて周りの景色が見えないw<br />そして標高も既に高いので、階段を少し上るだけで息が切れる。<br />また霧がかかっていて、景色は余り見れない・・・<br />それでも登山鉄道の乗車口までは近いのですぐに到着。<br />数分待って、乗車。<br />この登山鉄道は小さいのでトロッコレベルだね。<br />中間駅みたいなのがあって、そこでも一時降車できるみたい。<br />自分はもちろん一気に頂上を目指す。<br />登山鉄道を降りて、数分歩くと、もう頂上。<br />14時着。<br /><br />頂上も凄く綺麗で、完璧に整備されている。<br />趣みたいなのを残そうって感じは皆無ですねw<br />とりあえず写真なりを撮って早々に帰る。<br />帰りはロープウェイまで徒歩で下る。<br />(ロープウェイから頂上までの登山電車は行きor帰りのどちらかに1回のみ乗れるため。)<br />やはり標高が高いので、すぐに息が切れる。<br />でもベンチが結構あって、休み休み行けるので休憩を適度に入れて下る。<br />天気も回復してきて、すごい景色が広がる。<br />混雑してたら嫌だろうけど、今日はとても空いてるので、気持ちが良い。<br />(息はすぐ切れるけど・・・)<br />ほどなくロープウェイ乗り場まで到着。<br />ここまで来ると、結構歩いてるのもあって暑くなる。<br />帰りのロープウェイも他に誰もいないので貸切。<br />景色は相変わらず凄けど、もうやることはないので、寝転んでたw<br /><br />ロープウェイを降りて、登山鉄道に乗り換えて、無事に元のチケット売り場まで到着。<br />そのままラオカイ行きのバス停へ。<br />15時半。<br /><br />16時ぐらいにバスが出発して、ラオカイスターホテル着が17時半。<br />もちろん30000ドン。<br /><br />ラオカイから半日で無理なく3000mの山の頂上まで行って帰って来れて、中々経験できないことができてとても満足した。<br /><br />明日はカットカット村へ行く予定。

ハノイ~サパ 寝台バス&寝台列車の旅②ラオカイからファンシーパン山 登頂編

6いいね!

2019/08/19 - 2019/08/22

209位(同エリア309件中)

giants0928さん

本日はラオカイからローカルバスでサパへ移動し、日帰りでファンシーパン山(Fansipan mountain)の登頂を目指す。
ファンシーパン山はほとんど歩かなくて良いみたいだけど余裕なはずだけど・・・
まずはファンシーパン山の麓のサパへ移動する。
ラオカイ駅からはバンかバスで行けるみたい。
バンは途中から乗れるかどうか良くわからなかったので、バスで向かう。
丁度宿泊地のラオカイスターホテルの目の前にバス停があった。

https://goo.gl/maps/5g7dARQtGenpxh5C9
このショップのすぐ横

と言っても、ルート上で手を上げればどこでも乗れるみたい。
時刻表は出発地(ラオカイ駅)と到着地(サパ)にしかないらしいが、事前にネットで調べておいた。
11時出発があったので、それに合わせて11:10ぐらいにバス停で待つ。
結局来たのは、11:20ぐらい。
しばらく市街地を走って、峠道に差し掛かる前に料金を徴収。
30000ドン。

https://goo.gl/maps/U7ac3QKmpSdt4EVb6
ここら辺で料金徴収

乗車してから1時間半でサパ中心部に到着。
景色は良いのだが、峠道なので、酔って吐いてる現地の人もいたね。
後、峠道以外ではクーラーが効いてるのだが、峠道になると、クーラーを切ってた(パワーを出すため)のが面白かった。
峠道は結構標高が高いので涼しいのだが、砂埃が凄かった・・・

無事にサパに到着。

https://goo.gl/maps/GPnCvcKGtfNMQQaDA
ラオカイ-サパのバス停

ファンシーパン山の登頂には登山鉄道→ロープウェイ→登山電車で行くらしい。
まずは登山鉄道の入り口へ。
目立つからすぐわかる。(バスを降りてから徒歩3分の場所)
https://goo.gl/maps/ayCwL8eo4TqvCM7r8
チケット販売所で、頂上まで行きたいと言う。
すると、800000ドンとのこと。
事前に調べた情報だと900000ドンだったような・・・?
で、説明を聞くと、チケットの内容は、ロープウェイまでの登山鉄道往復、ロープウェイ往復、で、そこから頂上までの登山鉄道は片道(1way)のみとのこと。
さっそくチケット売り場から登山鉄道の乗車口へ移動。(徒歩2分)
最近できたばかりのようで、全てが綺麗。
登山鉄道に揺られること5分ちょい。
ロープウェイ乗り場に到着。
https://goo.gl/maps/UrMJPGhPLxNUENej8
登山鉄道を下車してから、ロープウェイ乗り場までは建物内を移動するだけで着くんだけど、建物の外には少数民族の催し物があって、そこを少し見学してみる。
お土産やら、屋台的なのがあった。
一通り見終わって、ロープウェイ乗り場へ。
ロープウェイも15分ぐらい乗って終点に到着。
このロープウェイから見る棚田が有名らしい。
本当に凄い景色だったね。(すぐ飽きるけど・・・)
さらに数十人乗りのロープウェイにも関わらず、乗客もおらず貸切に。
誰にも邪魔されずに写真撮れたのは良かった。
この時点で13時ぐらい。

でもロープウェイの終点近くなってきたら、霧がものすごく、周りが見えない状態に・・・
ロープウェイを降りたら最後の登山鉄道に乗るため、建物の外にでて移動する。
この時点でかなり寒い。
既に標高は3000m近いはずだしね。。。
上に羽織るものを持ってきてたので着る。
他の人はほとんど半袖で元気いっぱいだったけど・・・
また、霧もすごくて周りの景色が見えないw
そして標高も既に高いので、階段を少し上るだけで息が切れる。
また霧がかかっていて、景色は余り見れない・・・
それでも登山鉄道の乗車口までは近いのですぐに到着。
数分待って、乗車。
この登山鉄道は小さいのでトロッコレベルだね。
中間駅みたいなのがあって、そこでも一時降車できるみたい。
自分はもちろん一気に頂上を目指す。
登山鉄道を降りて、数分歩くと、もう頂上。
14時着。

頂上も凄く綺麗で、完璧に整備されている。
趣みたいなのを残そうって感じは皆無ですねw
とりあえず写真なりを撮って早々に帰る。
帰りはロープウェイまで徒歩で下る。
(ロープウェイから頂上までの登山電車は行きor帰りのどちらかに1回のみ乗れるため。)
やはり標高が高いので、すぐに息が切れる。
でもベンチが結構あって、休み休み行けるので休憩を適度に入れて下る。
天気も回復してきて、すごい景色が広がる。
混雑してたら嫌だろうけど、今日はとても空いてるので、気持ちが良い。
(息はすぐ切れるけど・・・)
ほどなくロープウェイ乗り場まで到着。
ここまで来ると、結構歩いてるのもあって暑くなる。
帰りのロープウェイも他に誰もいないので貸切。
景色は相変わらず凄けど、もうやることはないので、寝転んでたw

ロープウェイを降りて、登山鉄道に乗り換えて、無事に元のチケット売り場まで到着。
そのままラオカイ行きのバス停へ。
15時半。

16時ぐらいにバスが出発して、ラオカイスターホテル着が17時半。
もちろん30000ドン。

ラオカイから半日で無理なく3000mの山の頂上まで行って帰って来れて、中々経験できないことができてとても満足した。

明日はカットカット村へ行く予定。

旅行の満足度
3.5
観光
4.0
交通
4.0

PR

  • ラオカイ-サパのローカルバス

    ラオカイ-サパのローカルバス

  • 登山鉄道の駅

    登山鉄道の駅

  • 登山鉄道乗り場

    登山鉄道乗り場

  • 棚田<br />ロープウェイ内から撮影

    棚田
    ロープウェイ内から撮影

  • ロープウェイを降りて、頂上までの登山鉄道に乗る道すがら<br />雲の中にいる感じ

    ロープウェイを降りて、頂上までの登山鉄道に乗る道すがら
    雲の中にいる感じ

  • 頂上までの登山鉄道<br />トロッコっぽい

    頂上までの登山鉄道
    トロッコっぽい

  • 頂上<br />ベトナム国旗を持って写真撮影可

    頂上
    ベトナム国旗を持って写真撮影可

  • 頂上からの景色

    頂上からの景色

  • 頂上のモニュメント

    頂上のモニュメント

  • 棚田<br />帰りのロープウェイ内で撮影

    棚田
    帰りのロープウェイ内で撮影

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ベトナムで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ベトナム最安 90円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ベトナムの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集