クアラルンプール旅行記(ブログ) 一覧に戻る
自分が今住んでいる中国では、9月13~15日が中秋節でおやすみになる。ここに有給を1日プラスして、3泊4日でマレーシアのクアラルンプールに行ってきた。もちろん毎度の如く一人旅。<br />マレーシアは以前ジョホールバルに行ったことがあったが、首都のクアラルンプールは今回が初めて。タクシーを全く使わずに公共交通機関だけを使って主要な観光スポットを巡っていった。<br />大体アジアの観光スポットは中国人や韓国人が多いが、クアラルンプールは意外にも日本人が多かった。<br />一日目はクアラルンプールのシンボルであるペトロナスツインタワーや、繁華街のブギッ・ビンタン、屋台街のアロー通りなどを巡った。<br />それにしても湿気がすごいな・・・。

2019年9月、3泊4日マレーシア・クアラルンプール一人旅(1日目)

14いいね!

2019/09/13 - 2019/09/14

2517位(同エリア5272件中)

多摩川コナン

多摩川コナンさん

この旅行記スケジュールを元に

自分が今住んでいる中国では、9月13~15日が中秋節でおやすみになる。ここに有給を1日プラスして、3泊4日でマレーシアのクアラルンプールに行ってきた。もちろん毎度の如く一人旅。
マレーシアは以前ジョホールバルに行ったことがあったが、首都のクアラルンプールは今回が初めて。タクシーを全く使わずに公共交通機関だけを使って主要な観光スポットを巡っていった。
大体アジアの観光スポットは中国人や韓国人が多いが、クアラルンプールは意外にも日本人が多かった。
一日目はクアラルンプールのシンボルであるペトロナスツインタワーや、繁華街のブギッ・ビンタン、屋台街のアロー通りなどを巡った。
それにしても湿気がすごいな・・・。

旅行の満足度
4.5
同行者
一人旅
交通手段
鉄道 飛行機
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 今回搭乗するのはエアアジアXブルバドのD7879。<br />9月13日の深夜0時35分に出発するため、12日の仕事終わりに急いで家に帰り、シャワーを浴びて、荷物を適当にまとめてから空港までやってきた。比較的小ぶりな機体が多いLCCの中で、今回の機材は3-4-3列の比較的大きいものだった。

    今回搭乗するのはエアアジアXブルバドのD7879。
    9月13日の深夜0時35分に出発するため、12日の仕事終わりに急いで家に帰り、シャワーを浴びて、荷物を適当にまとめてから空港までやってきた。比較的小ぶりな機体が多いLCCの中で、今回の機材は3-4-3列の比較的大きいものだった。

    武漢天河国際空港 (WUH) 空港

  • 今回は窓側の席を取れたが、あいにく隣が5歳くらいの男の子。出発前は騒がしかったが、深夜便ということもあってか、飛行機が飛び立つと通路側のお母さんに寄っかかる形で静かに寝てくれたため、広々として快適だった。<br /><br />そして午前5時ごろにクアラルンプール国際空港T2に到着。実は自分はあまり飛行機で眠るのが得意でなく、今回もトータル1時間も寝ていなかったかな。寝不足でちょっとぐったりしながらイミグレに向かいました。にしてもイミグレまでとても長かった。

    今回は窓側の席を取れたが、あいにく隣が5歳くらいの男の子。出発前は騒がしかったが、深夜便ということもあってか、飛行機が飛び立つと通路側のお母さんに寄っかかる形で静かに寝てくれたため、広々として快適だった。

    そして午前5時ごろにクアラルンプール国際空港T2に到着。実は自分はあまり飛行機で眠るのが得意でなく、今回もトータル1時間も寝ていなかったかな。寝不足でちょっとぐったりしながらイミグレに向かいました。にしてもイミグレまでとても長かった。

    クアラルンプール国際空港 (KUL) 空港

  • 国際便が3本くらいほぼ同時刻に到着するため、早朝だったがイミグレは激込みだった。結局入国に30分くらいかかったかな。入国した後はKLエクスプレスに乗ってKLセントラルに向かう。その前に300人民元をリンギットに両替。157リンギットだったかな!?

    国際便が3本くらいほぼ同時刻に到着するため、早朝だったがイミグレは激込みだった。結局入国に30分くらいかかったかな。入国した後はKLエクスプレスに乗ってKLセントラルに向かう。その前に300人民元をリンギットに両替。157リンギットだったかな!?

  • 窓口でKLセントラル行きのエクスプレスのチケットを購入。値段はまさかの55リンギット(約1,400円)。タクシーよりも高いなんて。<br />このあと写真右側のホームで列車を待つ。

    窓口でKLセントラル行きのエクスプレスのチケットを購入。値段はまさかの55リンギット(約1,400円)。タクシーよりも高いなんて。
    このあと写真右側のホームで列車を待つ。

  • KLエクスプレスが到着。およそ30分ほどでKLセントラルを結ぶ空港列車。<br />車両もカラフルでかっこいい!

    KLエクスプレスが到着。およそ30分ほどでKLセントラルを結ぶ空港列車。
    車両もカラフルでかっこいい!

  • 車内はこんな感じ。冷房がガン効きでちょっと寒いかな。早朝なので人もまばら。定刻になったら音もなく出発した。

    車内はこんな感じ。冷房がガン効きでちょっと寒いかな。早朝なので人もまばら。定刻になったら音もなく出発した。

  • KLセントラル駅に到着。まだ7時のため人はまばらだった。ちなみにこの駅舎は黒川紀章が設計したらしい。

    KLセントラル駅に到着。まだ7時のため人はまばらだった。ちなみにこの駅舎は黒川紀章が設計したらしい。

    KLセントラル駅

  • ご参考までにKLの鉄道路線図をアップ。この後写真左の交通カードも購入した。<br />2日間KLコミューター以外の列車が乗り放題となる。確か75リンギだった。<br />

    ご参考までにKLの鉄道路線図をアップ。この後写真左の交通カードも購入した。
    2日間KLコミューター以外の列車が乗り放題となる。確か75リンギだった。

  • 今回はKLセントラル駅の目の前にある、ってゆうか実質徒歩0秒で行けるアロフトに宿泊。早朝だったけど、+70リンギ&アップグレードでチェックインさせてくれた。カウンターの人も親切だったな。ホテルの内装も凝っていてよかった。

    今回はKLセントラル駅の目の前にある、ってゆうか実質徒歩0秒で行けるアロフトに宿泊。早朝だったけど、+70リンギ&アップグレードでチェックインさせてくれた。カウンターの人も親切だったな。ホテルの内装も凝っていてよかった。

  • お部屋はこんな感じ。目の前がオフィスビルのため、ブラインドつけないとまる見えかもしれない。まあでも快適。

    お部屋はこんな感じ。目の前がオフィスビルのため、ブラインドつけないとまる見えかもしれない。まあでも快適。

    アロフト クアラルンプール セントラル ホテル

  • こちらがベッド。抱き枕があるのはよかったな。

    こちらがベッド。抱き枕があるのはよかったな。

  • 部屋の窓からの景色。目の前がリトルインディアになっている。<br />また、目の前がオフィスビルのため、仕事している人の様子も眺められる。<br /><br />深夜便でほとんど寝ていなかったため、この後昼12時まで就寝。

    部屋の窓からの景色。目の前がリトルインディアになっている。
    また、目の前がオフィスビルのため、仕事している人の様子も眺められる。

    深夜便でほとんど寝ていなかったため、この後昼12時まで就寝。

  • お昼ごろに起きて、ホテルを出発。<br />鉄道の駅から少し離れたとこにあるKLモノレールのKLセントラル駅へ。駅前のファミマで飲み物(ミロ)を購入した。<br />なんで日本では見かけなくなったんだろう・・・。

    お昼ごろに起きて、ホテルを出発。
    鉄道の駅から少し離れたとこにあるKLモノレールのKLセントラル駅へ。駅前のファミマで飲み物(ミロ)を購入した。
    なんで日本では見かけなくなったんだろう・・・。

  • KLモノレールでブキッ・ビンタンに向かう。

    KLモノレールでブキッ・ビンタンに向かう。

  • モノレール到着。野球少年みたいな見た目だな。

    モノレール到着。野球少年みたいな見た目だな。

  • ブキッ・ビンタン駅に到着。ホームにかかる橋から写真を撮ってみた。

    ブキッ・ビンタン駅に到着。ホームにかかる橋から写真を撮ってみた。

  • やはりクアラ随一の繁華街と言うだけあって賑やか。若者も多い。でも物乞いも多かった。

    やはりクアラ随一の繁華街と言うだけあって賑やか。若者も多い。でも物乞いも多かった。

  • ごちゃごちゃしていて香港みたい。

    ごちゃごちゃしていて香港みたい。

  • アラブ系のお店が多い。

    アラブ系のお店が多い。

  • ブキッ・ビンタンで最大のモール「パビリオン」に到着。

    ブキッ・ビンタンで最大のモール「パビリオン」に到着。

    パビリオン クアラルンプール ショッピングセンター

  • パビリオンの中には一風堂が入っている。自分は海外で一風堂があると食べに行くようにしているので、さっそく入店。ここクアラでも「バリカタ」は通じた。

    パビリオンの中には一風堂が入っている。自分は海外で一風堂があると食べに行くようにしているので、さっそく入店。ここクアラでも「バリカタ」は通じた。

    一風堂 (パビリオン店) 和食

  • 赤丸のきくらげ抜き。やっぱり美味しい!この後替え玉も注文。

    赤丸のきくらげ抜き。やっぱり美味しい!この後替え玉も注文。

  • パビリオンを後にし、ここから歩いてペトロナスツインタワーを目指す。

    パビリオンを後にし、ここから歩いてペトロナスツインタワーを目指す。

  • 建設中の高層ビル多いな。中所得国の罠に嵌っているとは言いつつも、経済は成長しているんだなぁと思った。

    建設中の高層ビル多いな。中所得国の罠に嵌っているとは言いつつも、経済は成長しているんだなぁと思った。

  • 先ほどのパビリオンから遊歩道を通り、デパートの中を通り過ぎてKLCCパークへ。公園の入口にはチーズフォンデュのやつみたいなのが置いてあった。

    先ほどのパビリオンから遊歩道を通り、デパートの中を通り過ぎてKLCCパークへ。公園の入口にはチーズフォンデュのやつみたいなのが置いてあった。

  • 危険。マレーシアは中華系も多いので漢字もよく見かける。

    危険。マレーシアは中華系も多いので漢字もよく見かける。

  • クアラを代表する観光スポット、ペトロナスツインタワーが見える。高さではドバイのバージュハリファに抜かれてしまったけど、ツインタワーではいまだに世界一なんだとか。ただちょっとガスってるな・・・。

    クアラを代表する観光スポット、ペトロナスツインタワーが見える。高さではドバイのバージュハリファに抜かれてしまったけど、ツインタワーではいまだに世界一なんだとか。ただちょっとガスってるな・・・。

    ペトロナスツインタワー 現代・近代建築

  • KLCCパークの反対側はこんな感じ。

    KLCCパークの反対側はこんな感じ。

    KLCC公園 広場・公園

  • 公園側から正面に回って撮影。写真左側のタワー1を日本企業、右側のタワー2を韓国企業が作ったらしい。

    公園側から正面に回って撮影。写真左側のタワー1を日本企業、右側のタワー2を韓国企業が作ったらしい。

  • 正面入り口はこんな感じ。

    正面入り口はこんな感じ。

  • みんなこの角度で写真を撮っていた。そして周りにはスマホ用広角レンズを売る人たちがたくさんいた。僕はもちろん買ってない。

    みんなこの角度で写真を撮っていた。そして周りにはスマホ用広角レンズを売る人たちがたくさんいた。僕はもちろん買ってない。

  • KLCCからLRTピンクラインに乗りマスジドジャメックで下車。<br />ジャメモスクに向かった。あいにくお祈りの時間なのか、中には入れなかった。<br />川の反対側から外観だけ撮影。

    KLCCからLRTピンクラインに乗りマスジドジャメックで下車。
    ジャメモスクに向かった。あいにくお祈りの時間なのか、中には入れなかった。
    川の反対側から外観だけ撮影。

    マスジッド ジャメ (旧モスク) 寺院・教会

  • 少し離れた橋からジャメモスクを撮影。みんなここから撮影していた。<br />このモスクはクラン川とゴンバック川の合流地点に位置している。<br />ちなみにクアラルンプールという地名の由来もここから来ているらしく、「クアラ(合流点)ルンプール(泥川)」という意味らしい。

    少し離れた橋からジャメモスクを撮影。みんなここから撮影していた。
    このモスクはクラン川とゴンバック川の合流地点に位置している。
    ちなみにクアラルンプールという地名の由来もここから来ているらしく、「クアラ(合流点)ルンプール(泥川)」という意味らしい。

  • 川の反対側にはヨーロッパ風の建物が並んでいる一角があった。ここが英国植民地時代の政府機関などが集まっていた「スルタン・アブドゥル・サマドビル」のエリア。

    川の反対側にはヨーロッパ風の建物が並んでいる一角があった。ここが英国植民地時代の政府機関などが集まっていた「スルタン・アブドゥル・サマドビル」のエリア。

  • スルタン・アブドゥル・サマドビルの正面を目指い手川沿いを北上。<br />ジャメモスクとKLタワーが見えた。

    スルタン・アブドゥル・サマドビルの正面を目指い手川沿いを北上。
    ジャメモスクとKLタワーが見えた。

  • 歩道の横の池みたいなところには大量の錦鯉がいた。ちょっとシュール。

    歩道の横の池みたいなところには大量の錦鯉がいた。ちょっとシュール。

  • スルタン・アブドゥル・サマドビルの裏庭。ちょっと雨が降ってきたためか人はほとんどいなかった。

    スルタン・アブドゥル・サマドビルの裏庭。ちょっと雨が降ってきたためか人はほとんどいなかった。

  • ここでさっきファミマで買ったミロを投入!やっぱり美味しいな。

    ここでさっきファミマで買ったミロを投入!やっぱり美味しいな。

  • 正面から見たスルタン・アブドゥル・サマドビル。英国時代の雰囲気があってなかなかかっこいい。ここも観光客がいっぱいいたな。

    正面から見たスルタン・アブドゥル・サマドビル。英国時代の雰囲気があってなかなかかっこいい。ここも観光客がいっぱいいたな。

    スルタン アブドゥル サマド ビル (旧連邦事務局ビル) 現代・近代建築

  • スルタン・アブドゥル・サマドビルの目の前にある独立広場。広場の中心では某人民共和国の旅行者が、広場の真ん中を占拠していらっしゃった。まぁでも年々某人民共和国からの旅行者もマナーが向上してらっしゃるように感じる。とりあえず中国語でにこやかに挨拶。日中友好に貢献だ!

    スルタン・アブドゥル・サマドビルの目の前にある独立広場。広場の中心では某人民共和国の旅行者が、広場の真ん中を占拠していらっしゃった。まぁでも年々某人民共和国からの旅行者もマナーが向上してらっしゃるように感じる。とりあえず中国語でにこやかに挨拶。日中友好に貢献だ!

    ムルデカ スクエア(独立広場) 広場・公園

  • KLセントラル駅に戻ってきた。人がめっちゃ多くなっている。<br />初日はあまり積極的に動かず、再びホテルに戻って夜までゆっくりする。

    KLセントラル駅に戻ってきた。人がめっちゃ多くなっている。
    初日はあまり積極的に動かず、再びホテルに戻って夜までゆっくりする。

  • 夜7時にホテルを出発。KLセントラルから再びKLCCへ向かう。

    夜7時にホテルを出発。KLセントラルから再びKLCCへ向かう。

  • 夜のペトロナスツインタワー。<br />ガスっているからか、逆に幻想的な感じになっていた。

    夜のペトロナスツインタワー。
    ガスっているからか、逆に幻想的な感じになっていた。

  • ツインタワーの反対側はこんな感じになっている。

    ツインタワーの反対側はこんな感じになっている。

  • デパートを通り抜けてKLCCパークに向かう。<br />

    デパートを通り抜けてKLCCパークに向かう。

  • KLCCパークでは夜に噴水のショーをやっている。

    KLCCパークでは夜に噴水のショーをやっている。

  • カラフルな噴水とツインタワー。

    カラフルな噴水とツインタワー。

  • KLCCパークから歩いてブキッ・ビンタンに向かう。そこから屋台街で有名なアロー通りを目指す。途中、ピコ太郎を見つけた。マレーシアのCMで活躍しているようだ。

    KLCCパークから歩いてブキッ・ビンタンに向かう。そこから屋台街で有名なアロー通りを目指す。途中、ピコ太郎を見つけた。マレーシアのCMで活躍しているようだ。

  • ブキッ・ビンタンの交差点。これを右に曲がる。

    ブキッ・ビンタンの交差点。これを右に曲がる。

  • クアラの台所、アロー通りに到着。熱気と人がすごい!東南アジア風の料理のにおいが立ち込める。

    クアラの台所、アロー通りに到着。熱気と人がすごい!東南アジア風の料理のにおいが立ち込める。

    アロー通り 露店・屋台

  • どんどん進みまーす。

    どんどん進みまーす。

  • アロー通りの奥の方にあったタイ料理屋でご飯を食べることにした。<br />アイスレモンティとチキンチャーハン、空心菜炒めを注文。どれも美味しかった!

    アロー通りの奥の方にあったタイ料理屋でご飯を食べることにした。
    アイスレモンティとチキンチャーハン、空心菜炒めを注文。どれも美味しかった!

  • このお店。

    このお店。

  • 再びブキッ・ビンタン駅に戻り、モノレールでホテルに到着。<br />1日目は終了。<br /><br />2日目に続く・・・。

    再びブキッ・ビンタン駅に戻り、モノレールでホテルに到着。
    1日目は終了。

    2日目に続く・・・。

14いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

マレーシアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
マレーシア最安 90円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

マレーシアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集