ロンドン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
夏恒例の一人旅。<br />このサイトでも実に多くの方から心強い助言をいただきました。ありがとうございます。<br /><br />今回の旅程です。<br /><br />8月9日  夕刻,福岡から香港へ<br />8月10日 朝6時にロンドン着,午後2時40分にダブリンへ移動。そのままゴールウェイへ移動。<br />8月11日 ゴールウェイからドゥーリンへ  モハーの断崖を観光 <br />8月12日 ドゥーリンからイニシュモア島へ ドン・エンガスを観光<br />8月13日 イニシュモア島からダブリンへ移動 <br />8月14日 ダブリンからジャイアンツコーズウェイツアー         <br />8月15日 ダブリンからタラの丘ツアー               <br />8月16日 朝,フェリーでイングランドへ渡り,ロンドンへ    ←いよいよ最終章。<br />8月17日 ロンドン観光<br />8月18日 昼にロンドン発<br />8月19日 日本着<br /><br /><br />思えば正味5日間と短かったアイルランドでの観光を終え,翌々日昼に飛び立つ帰国便に備えて早めにロンドン入り。<br />ロンドン観光時間はたった1日半なので,実際,ロンドンの雰囲気を味わうだけでした。<br />また,おそらくダブリンで食べた牡蠣ではないかという体調不良もあり散々でしたが,何とか生きて帰国できました。<br />次はスコットランドに行くときにロンドンをもうちょっとゆっくり観光したい・・<br />良かったら覗いて行ってください。

2019年夏一人旅~アイルランド・ロンドン⑥【ロンドン】

11いいね!

2019/08/09 - 2019/08/19

3282位(同エリア8912件中)

0

84

夏恒例の一人旅。
このサイトでも実に多くの方から心強い助言をいただきました。ありがとうございます。

今回の旅程です。

8月9日  夕刻,福岡から香港へ
8月10日 朝6時にロンドン着,午後2時40分にダブリンへ移動。そのままゴールウェイへ移動。
8月11日 ゴールウェイからドゥーリンへ  モハーの断崖を観光 
8月12日 ドゥーリンからイニシュモア島へ ドン・エンガスを観光
8月13日 イニシュモア島からダブリンへ移動 
8月14日 ダブリンからジャイアンツコーズウェイツアー         
8月15日 ダブリンからタラの丘ツアー               
8月16日 朝,フェリーでイングランドへ渡り,ロンドンへ    ←いよいよ最終章。
8月17日 ロンドン観光
8月18日 昼にロンドン発
8月19日 日本着


思えば正味5日間と短かったアイルランドでの観光を終え,翌々日昼に飛び立つ帰国便に備えて早めにロンドン入り。
ロンドン観光時間はたった1日半なので,実際,ロンドンの雰囲気を味わうだけでした。
また,おそらくダブリンで食べた牡蠣ではないかという体調不良もあり散々でしたが,何とか生きて帰国できました。
次はスコットランドに行くときにロンドンをもうちょっとゆっくり観光したい・・
良かったら覗いて行ってください。

旅行の満足度
4.5
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
4.5
ショッピング
4.0
交通
4.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩
航空会社
キャセイパシフィック航空
旅行の手配内容
個別手配
利用旅行会社
ブッキングドットコム

PR

  • 8月16日朝8時半のダブリン港。<br />中心部からは渋滞にはまると30分以上かかるし、電車で来るとかなり歩く羽目になるようなので、余裕を持った出発をおすすめします。<br />

    8月16日朝8時半のダブリン港。
    中心部からは渋滞にはまると30分以上かかるし、電車で来るとかなり歩く羽目になるようなので、余裕を持った出発をおすすめします。

  • ちなみにガイドブックには「早朝のダブリン市内にタクシーはいない」ようなことを書いているのがありますが,中心部には普通に客待ちしているタクシーがたくさんいます。<br /><br />ここで,ネット予約していたバウチャーを見せると,フェリーのチケットと鉄道のチケットの綴りと交換してくれます。

    ちなみにガイドブックには「早朝のダブリン市内にタクシーはいない」ようなことを書いているのがありますが,中心部には普通に客待ちしているタクシーがたくさんいます。

    ここで,ネット予約していたバウチャーを見せると,フェリーのチケットと鉄道のチケットの綴りと交換してくれます。

  • 朝食を売っているカフェはどこも大混雑。<br /><br />雨で大渋滞だったせいか乗客がかなり遅れているようで,30分以上遅らせて出港。<br />これなら慌てなくてもゆっくりこれたな・・<br />

    朝食を売っているカフェはどこも大混雑。

    雨で大渋滞だったせいか乗客がかなり遅れているようで,30分以上遅らせて出港。
    これなら慌てなくてもゆっくりこれたな・・

  • 朝9時前のダブリン港。またいつかアイルランド島を訪れる機会があるといいな。<br /><br />その時は,ツイードで有名なドネゴール地方や,スターウォーズ最新作のロケ地にもなったスケリッグマイケルにも行ってみたいです。

    朝9時前のダブリン港。またいつかアイルランド島を訪れる機会があるといいな。

    その時は,ツイードで有名なドネゴール地方や,スターウォーズ最新作のロケ地にもなったスケリッグマイケルにも行ってみたいです。

  • フルアイリッシュを出すレストランもありますが,乗り込んだ乗客で空席はない状態。

    フルアイリッシュを出すレストランもありますが,乗り込んだ乗客で空席はない状態。

  • 離れ行くアイルランド島を眺め、ちょっとしんみりしてみる。

    離れ行くアイルランド島を眺め、ちょっとしんみりしてみる。

  • 約3時間半後,やっと見えてまいりました。ウェールズの大地。

    約3時間半後,やっと見えてまいりました。ウェールズの大地。

  • フェリーターミナルからホリーヘッドの鉄道駅まではシャトルバスが出ています。<br />12時53分のロンドンユーストン行を待つ。<br />公式サイトからsailrailのフェリーチケットを買っておくと、列車のチケットを改めて買う必要はありません。

    フェリーターミナルからホリーヘッドの鉄道駅まではシャトルバスが出ています。
    12時53分のロンドンユーストン行を待つ。
    公式サイトからsailrailのフェリーチケットを買っておくと、列車のチケットを改めて買う必要はありません。

  • 鉄道駅から外に出て,少しだけ、ウェールズの街並みを眺めてみる。

    鉄道駅から外に出て,少しだけ、ウェールズの街並みを眺めてみる。

  • ブリテン島の縦断も、近いうちにやってみたい。<br /><br />もちろんその時の最終目的地はスコットランドのネス湖です。

    ブリテン島の縦断も、近いうちにやってみたい。

    もちろんその時の最終目的地はスコットランドのネス湖です。

  • やってきましたユーストン行。すでにかなりの乗客ですが、最終的に乗車率は120%くらいになりました。

    やってきましたユーストン行。すでにかなりの乗客ですが、最終的に乗車率は120%くらいになりました。

  • 一等車と二等車がありますが,二等車は結構狭いです。

    一等車と二等車がありますが,二等車は結構狭いです。

  • 座席の上に小さな電光掲示パネルがあって「available」と「reserved」が分かれているのでわかりやすい。

    座席の上に小さな電光掲示パネルがあって「available」と「reserved」が分かれているのでわかりやすい。

  • 食堂車はないですが売店があったのでポテチをゲット。

    食堂車はないですが売店があったのでポテチをゲット。

  • ホリーヘッドの鉄道駅でゲットしたサンドイッチで昼食。<br />移動の多い日はこんなんばっかり。<br /><br />そろそろサバの塩焼きに白いご飯が食べたくなってきた・・

    ホリーヘッドの鉄道駅でゲットしたサンドイッチで昼食。
    移動の多い日はこんなんばっかり。

    そろそろサバの塩焼きに白いご飯が食べたくなってきた・・

  • 帰ってくると私の座席の横に大柄なおばちゃんが座っていました。<br /><br />日本の新幹線を想像していたのであまりの狭さにちょっとしんどくなってきた。<br /><br />ウェールズの大地を眺めながら移動。

    帰ってくると私の座席の横に大柄なおばちゃんが座っていました。

    日本の新幹線を想像していたのであまりの狭さにちょっとしんどくなってきた。

    ウェールズの大地を眺めながら移動。

  • ユーストン駅の様子。大きな駅ですね。<br /><br />外に出ると、さっそくダブリンではあまり見なかったホームレスや、虚ろな目でフラフラしてるジャンキーに出くわし、気を引き締めます。。

    ユーストン駅の様子。大きな駅ですね。

    外に出ると、さっそくダブリンではあまり見なかったホームレスや、虚ろな目でフラフラしてるジャンキーに出くわし、気を引き締めます。。

  • 地下鉄サウスケンジントン駅を出るとさっそくダブルデッカーのバス発見。<br />滞在中に一度は乗ってみたいなあ~

    地下鉄サウスケンジントン駅を出るとさっそくダブルデッカーのバス発見。
    滞在中に一度は乗ってみたいなあ~

  • ロンドンでも学生気分に浸りたく、インペリアルカレッジの学生寮(いくつかあるうちのプリンセスガーデンズにある宿舎)を予約しておきました。<br />2泊で約1万7000円と、夏のロンドンでは破格&ダブリンより安い。

    ロンドンでも学生気分に浸りたく、インペリアルカレッジの学生寮(いくつかあるうちのプリンセスガーデンズにある宿舎)を予約しておきました。
    2泊で約1万7000円と、夏のロンドンでは破格&ダブリンより安い。

  • ちなみに部屋はこんな感じ。ちゃんとシャワーとトイレ完備です。

    ちなみに部屋はこんな感じ。ちゃんとシャワーとトイレ完備です。

  • 敷地内には不要な物を寄付するためのポスト。こういうの初めて見ました。

    敷地内には不要な物を寄付するためのポスト。こういうの初めて見ました。

  • ちなみに老舗デパート、ハロッズやハーベイ・ニコルズも徒歩圏内。

    ちなみに老舗デパート、ハロッズやハーベイ・ニコルズも徒歩圏内。

  • たまたま宿から徒歩2分ほどでヴィクトリア&アルバート博物館にたどり着けたので、夕食までの間覗いていくことに。

    たまたま宿から徒歩2分ほどでヴィクトリア&アルバート博物館にたどり着けたので、夕食までの間覗いていくことに。

  • ダビデさんやヴィーナスなどがずらり。<br />それにしても入ったときは知らなかったのですが,規模でいうと大英博物館に匹敵する大きさだとか。

    ダビデさんやヴィーナスなどがずらり。
    それにしても入ったときは知らなかったのですが,規模でいうと大英博物館に匹敵する大きさだとか。

  • 内部は近代服飾アーティストの展示も幅広く行われています。

    内部は近代服飾アーティストの展示も幅広く行われています。

  • 中庭が素晴らしく見事。カフェテリアもあり、ちょっと見たところ,かなり質のよい料理や酒を出すようです。<br />歴史が浅い美術館でこれとは,いきなりイギリスの本気を見た気分。

    中庭が素晴らしく見事。カフェテリアもあり、ちょっと見たところ,かなり質のよい料理や酒を出すようです。
    歴史が浅い美術館でこれとは,いきなりイギリスの本気を見た気分。

  • ロンドンで夕食を食べるのは2回だけ。<br />結局この日はハロッズから歩いてすぐのパブに入り,イギリス料理を中心につまむことに。<br />結局ここまで夕食はすべて一人パブということに。<br /><br />スコッチエッグにトライ。

    ロンドンで夕食を食べるのは2回だけ。
    結局この日はハロッズから歩いてすぐのパブに入り,イギリス料理を中心につまむことに。
    結局ここまで夕食はすべて一人パブということに。

    スコッチエッグにトライ。

  • 味はそんなに悪くないはず・・なのですが,やはり何となく胃腸に違和感。<br />ビールの2杯目を飲むのがしんどい。<br />鶏のソテーも,胸がつかえて半分食べるのが精いっぱい。<br /><br />違和感の正体はこの夜分かりましたが・・・

    味はそんなに悪くないはず・・なのですが,やはり何となく胃腸に違和感。
    ビールの2杯目を飲むのがしんどい。
    鶏のソテーも,胸がつかえて半分食べるのが精いっぱい。

    違和感の正体はこの夜分かりましたが・・・

  • 翌朝の朝食。プレタマンジェでまさかのおかゆとオレンジジュース。<br /><br />夜中1時過ぎに腹部の異変で目が覚め,ずっとトイレにこもって出てきたのはなんと3時前。<br />一生分出たのでは・・というくらい,体中からあらゆる水分が抜けてった感じでした。<br />熱や吐き気は今のところなく,疲れでもなく明らかに何かにあたったとしか思えないお腹の様子。いわゆる「自分の体が信じられない状態」ですorz<br />思い当たるのは・・・ダブリンで食べた牡蠣しかない・・・<br /><br />結局朝6時過ぎまで何度もベッドとトイレを往復する羽目に。<br />

    翌朝の朝食。プレタマンジェでまさかのおかゆとオレンジジュース。

    夜中1時過ぎに腹部の異変で目が覚め,ずっとトイレにこもって出てきたのはなんと3時前。
    一生分出たのでは・・というくらい,体中からあらゆる水分が抜けてった感じでした。
    熱や吐き気は今のところなく,疲れでもなく明らかに何かにあたったとしか思えないお腹の様子。いわゆる「自分の体が信じられない状態」ですorz
    思い当たるのは・・・ダブリンで食べた牡蠣しかない・・・

    結局朝6時過ぎまで何度もベッドとトイレを往復する羽目に。

  • 心底ホテルで寝ていたい・・と思いましたが,今日は唯一のロンドン観光日にして実質最終日。<br />ムリはしないように・・と心に誓い,這うようにして観光に乗り出します。<br />幸い,おかゆとジュースがよかったのか,おなかは今のところ落ち着いています。

    心底ホテルで寝ていたい・・と思いましたが,今日は唯一のロンドン観光日にして実質最終日。
    ムリはしないように・・と心に誓い,這うようにして観光に乗り出します。
    幸い,おかゆとジュースがよかったのか,おなかは今のところ落ち着いています。

  • ロンドン観光は実質的にはたった1日なので、観光名所は基本2か所まで!と決めて、並ぶ時間を節約するため公式サイトから予約していきました。<br />我ながら正解。<br /><br />1発目はウェストミンスター・アビー。<br />議事堂,大聖堂を含めるとロンドンには3つの「ウェストミンスター」があります。<br />

    ロンドン観光は実質的にはたった1日なので、観光名所は基本2か所まで!と決めて、並ぶ時間を節約するため公式サイトから予約していきました。
    我ながら正解。

    1発目はウェストミンスター・アビー。
    議事堂,大聖堂を含めるとロンドンには3つの「ウェストミンスター」があります。

  • ロンドンの観光で時間をできるだけ無駄にしたくない方は,最低限ウェストミンスター寺院だけは公式サイトで予約しておいた方がよいでしょう。<br />ちなみに公式サイトからの予約でないと,チケットの引き換えで結局並ぶようです。<br />

    ロンドンの観光で時間をできるだけ無駄にしたくない方は,最低限ウェストミンスター寺院だけは公式サイトで予約しておいた方がよいでしょう。
    ちなみに公式サイトからの予約でないと,チケットの引き換えで結局並ぶようです。

  • ウェストミンスター寺院近くのチャーチル像前で中国人のおばちゃんにつかまり,写真を撮るよう要求されたり代わりに撮ってもらったりで10分くらい無駄にしてしまった。

    ウェストミンスター寺院近くのチャーチル像前で中国人のおばちゃんにつかまり,写真を撮るよう要求されたり代わりに撮ってもらったりで10分くらい無駄にしてしまった。

  • 内部はヘンリー7世礼拝堂が見事で、英国の伝統の重みが感じられる建物です。

    内部はヘンリー7世礼拝堂が見事で、英国の伝統の重みが感じられる建物です。

  • ブラッディ・メアリーとエリザベス1世がともに眠る墓所のようで。<br /><br />と,後で知った情報なのですが,無料で拝観できるチャプターハウスと呼ばれる墓所を完全に見落として帰ってきてしまいました(&gt;_&lt;)<br />無念。。

    ブラッディ・メアリーとエリザベス1世がともに眠る墓所のようで。

    と,後で知った情報なのですが,無料で拝観できるチャプターハウスと呼ばれる墓所を完全に見落として帰ってきてしまいました(>_<)
    無念。。

  • 中庭を取り囲む,凝った作りの回廊です。

    中庭を取り囲む,凝った作りの回廊です。

  • 小さいながら,美しい中庭もあります。

    小さいながら,美しい中庭もあります。

  • ウェストミンスター寺院からはセント・ジェームズ・パークを通ってバッキンガム宮殿まで。<br />ダブリンと同じで,ロンドンも本当に緑が多い。<br />人も多すぎず,理想的な街に思えます。

    ウェストミンスター寺院からはセント・ジェームズ・パークを通ってバッキンガム宮殿まで。
    ダブリンと同じで,ロンドンも本当に緑が多い。
    人も多すぎず,理想的な街に思えます。

  • とりあえず一度は見ておきたかったバッキンガム宮殿へ。

    とりあえず一度は見ておきたかったバッキンガム宮殿へ。

  • 金色のヴィクトリア女王記念碑。

    金色のヴィクトリア女王記念碑。

  • 門の装飾も素晴らしく精巧。<br /><br />火災で焼け落ちたウィンザー城の修復費用に充てるため女王陛下が不在の夏だけ入場料を取って公開しているというのがなんともほほえましい。<br />日本も赤字解消の策として取り入れればいいのに。

    門の装飾も素晴らしく精巧。

    火災で焼け落ちたウィンザー城の修復費用に充てるため女王陛下が不在の夏だけ入場料を取って公開しているというのがなんともほほえましい。
    日本も赤字解消の策として取り入れればいいのに。

  • 今日は土曜日なので、ツアーに参加すれば内部が見られるはずです。<br />とりあえず外から衛兵の交代をちょろっと見て退散。

    今日は土曜日なので、ツアーに参加すれば内部が見られるはずです。
    とりあえず外から衛兵の交代をちょろっと見て退散。

  • テレビでよく見るザ・マルと呼ばれるセレモニー用の大通り。

    テレビでよく見るザ・マルと呼ばれるセレモニー用の大通り。

  • ウェリントンアーチ。<br />ごちゃごちゃしていなくて好感持てます。

    ウェリントンアーチ。
    ごちゃごちゃしていなくて好感持てます。

  • 愛馬コペンハーゲンにまたがるウェリントン公の像。<br />ここから地下鉄で今度はピカデリーサーカスを目指す。

    愛馬コペンハーゲンにまたがるウェリントン公の像。
    ここから地下鉄で今度はピカデリーサーカスを目指す。

  • イギリスまでの機内で「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」を見ていて「こんな狭い地下鉄だったのね」と思っていたら,実物もホントに狭かった。<br />チューブというらしいですね。

    イギリスまでの機内で「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」を見ていて「こんな狭い地下鉄だったのね」と思っていたら,実物もホントに狭かった。
    チューブというらしいですね。

  • 有名なエロスの像があるピカデリーサーカスまでやってきました。<br />実はエロスではないのに「エロス」と呼ばれている気の毒な子のようです(*_*)。<br /><br />次に来るときはこの辺りもゆっくり散策してみたいですね。

    有名なエロスの像があるピカデリーサーカスまでやってきました。
    実はエロスではないのに「エロス」と呼ばれている気の毒な子のようです(*_*)。

    次に来るときはこの辺りもゆっくり散策してみたいですね。

  • ロンドン最終日の昼ご飯は,まさかの肉うどん(;^ω^)<br /><br />まったく食欲がなく,パンを見ただけで吐き気を催す状態。<br />油断するとまたトイレにこもりっきりになるし、夜まで何も食べれないかな・・と思ったら,トラファルガー広場近くで日本人が働く日本食のお店を発見。<br /><br />こんなに日本食がありがたいと思ったことはない・・<br />食べながら涙が出てきます。<br /><br />フライドオニオンがいい仕事をしておりました。

    ロンドン最終日の昼ご飯は,まさかの肉うどん(;^ω^)

    まったく食欲がなく,パンを見ただけで吐き気を催す状態。
    油断するとまたトイレにこもりっきりになるし、夜まで何も食べれないかな・・と思ったら,トラファルガー広場近くで日本人が働く日本食のお店を発見。

    こんなに日本食がありがたいと思ったことはない・・
    食べながら涙が出てきます。

    フライドオニオンがいい仕事をしておりました。

  • 昼食後、だいぶ体調も本調子に戻り、いよいよトラファルガー広場へ。<br />ここにいるのはロンドン市民ではなくほとんど観光客のようですが。

    昼食後、だいぶ体調も本調子に戻り、いよいよトラファルガー広場へ。
    ここにいるのはロンドン市民ではなくほとんど観光客のようですが。

  • トラファルガー海戦でナポレオン軍を破ったネルソン提督が非常に高い位置におります。

    トラファルガー海戦でナポレオン軍を破ったネルソン提督が非常に高い位置におります。

  • トラファルガー広場まで来たら、覗いていかないとなりますまい。<br />ナショナルギャラリー。<br /><br />この時点で、「ロゼッタストーンだけは必見!」と周りに一押しされていた大英博物館は,とても見学時間が取れないので,諦めて観光しないことにします。

    トラファルガー広場まで来たら、覗いていかないとなりますまい。
    ナショナルギャラリー。

    この時点で、「ロゼッタストーンだけは必見!」と周りに一押しされていた大英博物館は,とても見学時間が取れないので,諦めて観光しないことにします。

  • 有名な「岩窟の聖母」などを眺めつつ。

    有名な「岩窟の聖母」などを眺めつつ。

  • かなりリアルで見入ってしまうものも。

    かなりリアルで見入ってしまうものも。

  • やっぱり撮ってしまう「ひまわり」。

    やっぱり撮ってしまう「ひまわり」。

  • ナショナルギャラリーに入っている間に,トラファルガー広場では動物愛護主義者によるデモが激化しておりました(-_-;)<br /><br />ちなみに動物愛護主義なのにライオンの頭に座るのはどうかと思う。<br /><br />移動もままならなかったので、気のイイお巡りさんに地下鉄のチャリングクロス駅まで送ってもらい,本日最後のイベント,ロンドン塔へ。<br /><br />まさかロンドンポリスがこんなに親切だとは・・

    ナショナルギャラリーに入っている間に,トラファルガー広場では動物愛護主義者によるデモが激化しておりました(-_-;)

    ちなみに動物愛護主義なのにライオンの頭に座るのはどうかと思う。

    移動もままならなかったので、気のイイお巡りさんに地下鉄のチャリングクロス駅まで送ってもらい,本日最後のイベント,ロンドン塔へ。

    まさかロンドンポリスがこんなに親切だとは・・

  • 着いたのは午後3時過ぎ。5時半までなので,急いで見学しないといけないロンドン塔。<br />待つのが嫌だったので,事前にネットで予約していきました。<br />ここはウェストミンスターと違い,入館時間の指定までは不要。<br />が,ここは飛び込みで入っても対して待たなくてよかったような・・・

    着いたのは午後3時過ぎ。5時半までなので,急いで見学しないといけないロンドン塔。
    待つのが嫌だったので,事前にネットで予約していきました。
    ここはウェストミンスターと違い,入館時間の指定までは不要。
    が,ここは飛び込みで入っても対して待たなくてよかったような・・・

  • 入るとすぐにお目見え。名物ビーフィーター。<br />ロンドン塔の水先案内人。定時に有料のツアーが開催されているようです。<br /><br />ちなみに日本語オーディオガイドは5ポンド。

    入るとすぐにお目見え。名物ビーフィーター。
    ロンドン塔の水先案内人。定時に有料のツアーが開催されているようです。

    ちなみに日本語オーディオガイドは5ポンド。

  • 当時の住人たちの生活をしのぶことができる衣類などの品々や。

    当時の住人たちの生活をしのぶことができる衣類などの品々や。

  • 小さな礼拝堂があります。<br />アン・ブーリンの幽霊がいるというのはこちらでしょうか。

    小さな礼拝堂があります。
    アン・ブーリンの幽霊がいるというのはこちらでしょうか。

  • 塔の高い場所からは,名物タワーブリッジとテムズ川も見えます。

    塔の高い場所からは,名物タワーブリッジとテムズ川も見えます。

  • 寸劇(?)掛け合い(?)をしながら,ロンドン塔の歴史を観光客に説明するイベント。<br />少し聞いてみたけれど,たぶんイギリス英語がかなり理解できないと話について行くのが相当難しいと思いました(´;ω;`)

    寸劇(?)掛け合い(?)をしながら,ロンドン塔の歴史を観光客に説明するイベント。
    少し聞いてみたけれど,たぶんイギリス英語がかなり理解できないと話について行くのが相当難しいと思いました(´;ω;`)

  • 処刑場跡地のようです。<br />ここで処刑された著名人は,アン・ブーリンが有名ですね。

    処刑場跡地のようです。
    ここで処刑された著名人は,アン・ブーリンが有名ですね。

  • ホワイトタワーの上階には謎のドラゴンが。

    ホワイトタワーの上階には謎のドラゴンが。

  • クラウンジュエルの入場を待つ間,ちょっとした衛兵の交代?を敷地内でやっています。

    クラウンジュエルの入場を待つ間,ちょっとした衛兵の交代?を敷地内でやっています。

  • クラウンジュエルの中の垂涎の品々。ここでは「アフリカの星」という名の宝石が埋め込まれたステッキが一番有名です。

    クラウンジュエルの中の垂涎の品々。ここでは「アフリカの星」という名の宝石が埋め込まれたステッキが一番有名です。

  • ロンドン塔のシンボル,カラス。<br />カラスがいなくなるとロンドンも滅びるといわれているようで。<br />ただ,羽を切って飛べないようにしているのだとか。う~ん・・・<br />

    ロンドン塔のシンボル,カラス。
    カラスがいなくなるとロンドンも滅びるといわれているようで。
    ただ,羽を切って飛べないようにしているのだとか。う~ん・・・

  • 個人的に最もツボであった「反逆者の門」。<br />こういった仕掛けは大好物です。

    個人的に最もツボであった「反逆者の門」。
    こういった仕掛けは大好物です。

  • 続いて徒歩で,どこを切り取っても絵になるタワーブリッジへ。

    続いて徒歩で,どこを切り取っても絵になるタワーブリッジへ。

  • せっかくなので歩いてみることに。

    せっかくなので歩いてみることに。

  • ロンドンに20年来行っている人に話を聞くと,ブサイクな高層建築が乱立して景観がだいぶ変わってしまったのだとか・・<br />それでもこの空の色は雰囲気あります。

    ロンドンに20年来行っている人に話を聞くと,ブサイクな高層建築が乱立して景観がだいぶ変わってしまったのだとか・・
    それでもこの空の色は雰囲気あります。

  • その後,テムズ川に浮かぶベルファスト号を見学したり。

    その後,テムズ川に浮かぶベルファスト号を見学したり。

  • 地下鉄で移動してロンドンアイを外から眺めたり。<br />次は近くにあるロンドンダンジョンも行ってみたい。

    地下鉄で移動してロンドンアイを外から眺めたり。
    次は近くにあるロンドンダンジョンも行ってみたい。

  • 評判通り水は汚いけれど,味のある風情のテムズ川。

    評判通り水は汚いけれど,味のある風情のテムズ川。

  • テムズ川リバークルーズは大混雑です。

    テムズ川リバークルーズは大混雑です。

  • あまりに完璧に工事中で最初は気づかなかったビッグベン。<br />しばらくは見れそうにないですね。

    あまりに完璧に工事中で最初は気づかなかったビッグベン。
    しばらくは見れそうにないですね。

  • 国会議事堂も絶賛改装中。<br /><br />というわけで,ここまで見れば観光も一区切り。<br />あとは夕食を食べて早く休むことに。

    国会議事堂も絶賛改装中。

    というわけで,ここまで見れば観光も一区切り。
    あとは夕食を食べて早く休むことに。

  • 夜には少し体調がましになってきました。<br />フィッシュアンドチップスを食べられるほど胃腸が回復してなくて、せめてロンドン最後くらいということもあり,ハロッズ地下でステーキとワインをいただくことに。<br />ビール1杯,150gのヒレとサイドディッシュのチーズやホウレン草,赤ワイングラス一杯でなんと80ポンドもした。さすがハロッズ。。

    夜には少し体調がましになってきました。
    フィッシュアンドチップスを食べられるほど胃腸が回復してなくて、せめてロンドン最後くらいということもあり,ハロッズ地下でステーキとワインをいただくことに。
    ビール1杯,150gのヒレとサイドディッシュのチーズやホウレン草,赤ワイングラス一杯でなんと80ポンドもした。さすがハロッズ。。

  • 翌朝。腹の調子はまだすぐれないけれど,もう帰るだけなので気が楽です。<br />午前9時のヴィクトリア駅。

    翌朝。腹の調子はまだすぐれないけれど,もう帰るだけなので気が楽です。
    午前9時のヴィクトリア駅。

  • やってきた9時半発のガトウィックエクスプレス。<br />空港に到着するのはちょうど10時ころ。

    やってきた9時半発のガトウィックエクスプレス。
    空港に到着するのはちょうど10時ころ。

  • 名前が示す通り,主に南部方面への列車が利用する駅。<br />歴史を感じさせる,重厚な作りです。<br />駅舎を見学するのだけでも1時間くらいは過ごせそうです。

    名前が示す通り,主に南部方面への列車が利用する駅。
    歴史を感じさせる,重厚な作りです。
    駅舎を見学するのだけでも1時間くらいは過ごせそうです。

  • ロンドン中心部からサウスサセックス方面にあるガトウィック空港目指して走るエクスプレス。ちなみに体感速度はかなりゆっくりでした。<br /><br />こうしてみるとロンドンは本当に平地ですね。

    ロンドン中心部からサウスサセックス方面にあるガトウィック空港目指して走るエクスプレス。ちなみに体感速度はかなりゆっくりでした。

    こうしてみるとロンドンは本当に平地ですね。

  • おなかの調子が最悪だったので,これでやっと今回の旅も終わる・・・という安ど感とともにさよならです。<br /><br />今回は動乱のため観光するどころではなかった香港にも,次回イギリスに来る際にはぜひ立ち寄ってみたいです。

    おなかの調子が最悪だったので,これでやっと今回の旅も終わる・・・という安ど感とともにさよならです。

    今回は動乱のため観光するどころではなかった香港にも,次回イギリスに来る際にはぜひ立ち寄ってみたいです。

  • またしてもNO1ラウンジは満席だったので,行きと同じカフェに入って,軽い昼食のエッグベネディクトを。

    またしてもNO1ラウンジは満席だったので,行きと同じカフェに入って,軽い昼食のエッグベネディクトを。

  • 香港を経由して,約丸一日かけて福岡に戻ってきました。<br /><br />欲張りすぎる旅はかえってしんどい思いをすることがよく分かったので,次は無理なく緩いプランで,またいつかイギリスを旅してみたいと思います。

    香港を経由して,約丸一日かけて福岡に戻ってきました。

    欲張りすぎる旅はかえってしんどい思いをすることがよく分かったので,次は無理なく緩いプランで,またいつかイギリスを旅してみたいと思います。

11いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

ハンマークラヴィーアさんの関連旅行記

ハンマークラヴィーアさんの旅行記一覧

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

イギリスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イギリス最安 50円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イギリスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集