ニューグレンジ周辺旅行記(ブログ) 一覧に戻る
夏恒例の一人旅。<br />このサイトでも実に多くの方から心強い助言をいただきました。ありがとうございます。<br /><br />今回の旅程です。<br /><br />8月9日  夕刻,福岡から香港へ<br />8月10日 朝6時にロンドン着,午後2時40分にダブリンへ移動。そのままゴールウェイへ移動。<br />8月11日 ゴールウェイからドゥーリンへ  モハーの断崖を観光 <br />8月12日 ドゥーリンからイニシュモア島へ ドン・エンガスを観光<br />8月13日 イニシュモア島からダブリンへ移動 <br />8月14日 ダブリンからジャイアンツコーズウェイツアー         <br />8月15日 ダブリンからタラの丘ツアー               ←今ココ。<br />8月16日 朝,フェリーでイングランドへ渡り,ロンドンへ<br />8月17日 ロンドン観光<br />8月18日 昼にロンドン発<br />8月19日 日本着<br /><br /><br />ダブリンでの自由時間はおそらくこの日1日だけなので,テンプルバーやオコンネルストリートを中心に街歩きをすることも考えました。<br />が、どちらかというと食指が動いたのは世界遺産のニューグレンジとタラの丘だったので,事前に現地ツアーを申し込んでおきました。<br />人気ツアーなのであらかじめ申し込みましたが、たぶんほかのツアー会社なら当日でもなんとかなるかと。<br /><br />良かったら覗いて行ってください。<br />

2019年夏一人旅~アイルランド・ロンドン⑤【ニューグレンジ・タラの丘とケルズの書】

8いいね!

2019/08/09 - 2019/08/19

12位(同エリア34件中)

0

61

夏恒例の一人旅。
このサイトでも実に多くの方から心強い助言をいただきました。ありがとうございます。

今回の旅程です。

8月9日  夕刻,福岡から香港へ
8月10日 朝6時にロンドン着,午後2時40分にダブリンへ移動。そのままゴールウェイへ移動。
8月11日 ゴールウェイからドゥーリンへ  モハーの断崖を観光 
8月12日 ドゥーリンからイニシュモア島へ ドン・エンガスを観光
8月13日 イニシュモア島からダブリンへ移動 
8月14日 ダブリンからジャイアンツコーズウェイツアー         
8月15日 ダブリンからタラの丘ツアー               ←今ココ。
8月16日 朝,フェリーでイングランドへ渡り,ロンドンへ
8月17日 ロンドン観光
8月18日 昼にロンドン発
8月19日 日本着


ダブリンでの自由時間はおそらくこの日1日だけなので,テンプルバーやオコンネルストリートを中心に街歩きをすることも考えました。
が、どちらかというと食指が動いたのは世界遺産のニューグレンジとタラの丘だったので,事前に現地ツアーを申し込んでおきました。
人気ツアーなのであらかじめ申し込みましたが、たぶんほかのツアー会社なら当日でもなんとかなるかと。

良かったら覗いて行ってください。

旅行の満足度
4.5
観光
4.0
ホテル
5.0
グルメ
4.5
ショッピング
4.0
交通
4.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
観光バス 徒歩
航空会社
キャセイパシフィック航空
旅行の手配内容
個別手配
利用旅行会社
ブッキングドットコム

PR

  • 8月15日の朝。ゆっくり起きて朝食がとれる幸せ。<br />トリニティカレッジでは朝食なしのプランだったけれど、実は当日払いで学食の朝食をだれでも利用できます。<br />朝食付きプランだと10ユーロFIXなのですが、フルアイリッシュにコーヒーを付けても7ユーロ程度なので、当日払いの方がオトクだったりする。<br /><br />旅行2回目のフルアイリッシュ。ソーセージが癖になる。

    8月15日の朝。ゆっくり起きて朝食がとれる幸せ。
    トリニティカレッジでは朝食なしのプランだったけれど、実は当日払いで学食の朝食をだれでも利用できます。
    朝食付きプランだと10ユーロFIXなのですが、フルアイリッシュにコーヒーを付けても7ユーロ程度なので、当日払いの方がオトクだったりする。

    旅行2回目のフルアイリッシュ。ソーセージが癖になる。

  • 朝食後、朝のトリニティカレッジをゆっくり散歩。<br />広大なグラウンド。掲示板を見るとトリニティカレッジはラグビーなどのスポーツも力を入れている感じでした。

    朝食後、朝のトリニティカレッジをゆっくり散歩。
    広大なグラウンド。掲示板を見るとトリニティカレッジはラグビーなどのスポーツも力を入れている感じでした。

  • ますます大学時代に戻ったかのようなノスタルジーに包まれます。

    ますます大学時代に戻ったかのようなノスタルジーに包まれます。

  • 今は夏休みだから、アルバイトのスタッフを除いて学生はいません。<br /><br />もし自分が20代の頃にここで学んだら、どんな学生生活を送っただろう?<br />友達はすぐできたかな?<br />授業の合間、一人であのベンチに腰掛けてサンドイッチを食べたりしたのかな?<br /><br />そんな、起こるはずもなかった過去の空想に浸る、しょうもない中年の夏休みでしたww<br />

    今は夏休みだから、アルバイトのスタッフを除いて学生はいません。

    もし自分が20代の頃にここで学んだら、どんな学生生活を送っただろう?
    友達はすぐできたかな?
    授業の合間、一人であのベンチに腰掛けてサンドイッチを食べたりしたのかな?

    そんな、起こるはずもなかった過去の空想に浸る、しょうもない中年の夏休みでしたww

  • 今日のツアーの集合場所はトリニティカレッジのあるナッソーストリートから南下したセントスティーブンスグリーン沿いにあるので、30分くらい前に出て考古学博物館の前を通りつつ目的地へ。<br />ダブリンは本当に緑が多い。

    今日のツアーの集合場所はトリニティカレッジのあるナッソーストリートから南下したセントスティーブンスグリーン沿いにあるので、30分くらい前に出て考古学博物館の前を通りつつ目的地へ。
    ダブリンは本当に緑が多い。

  • ツアーを予約したのは有名な「メアリー・ギボンズ・ツアー」。<br />名物マダムのメアリー・ギボンズさん本人がコンダクター。<br />メールで予約し、当日バスの中で40ユーロを払うシステム。<br />日本人は珍しいらしく(タラの丘で何人も日本人に遭ったけどみんな日本語ツアー)、いろいろと話しかけてくれました。<br /><br />写真が消えてしまったのだけど、小柄で白髪の元気のいいおばあちゃんです。

    ツアーを予約したのは有名な「メアリー・ギボンズ・ツアー」。
    名物マダムのメアリー・ギボンズさん本人がコンダクター。
    メールで予約し、当日バスの中で40ユーロを払うシステム。
    日本人は珍しいらしく(タラの丘で何人も日本人に遭ったけどみんな日本語ツアー)、いろいろと話しかけてくれました。

    写真が消えてしまったのだけど、小柄で白髪の元気のいいおばあちゃんです。

  • 私はセント・スティーブンス・グリーンの近くのホテル前でピックアップだったけれど、オコンネルストリート沿いのホテルで大量にヨーロッパからのお客さんが乗ってきます。<br />結局、バスは満席。<br />人気ツアーなんですね。

    私はセント・スティーブンス・グリーンの近くのホテル前でピックアップだったけれど、オコンネルストリート沿いのホテルで大量にヨーロッパからのお客さんが乗ってきます。
    結局、バスは満席。
    人気ツアーなんですね。

  • 堀の向こうに見えるのは、マウントジョイ刑務所。<br />メアリーさんの話では、ダブリンで裁かれたIRAの幹部が収容されているらしいです。<br /><br />メアリーさんの英語は割とゆっくりで、説明はたいてい聞き取れます。<br />海外現地ツアーで唯一辛いのが、ジョークを飛ばされたとき。<br /><br />メアリーさんのジョークは相当キレがあるようで、5分に1回くらいほかの客が腹を抱えて大笑いしておりますが、私にはツボがほぼ分かりません(´・ω・`)<br /><br />「エアコンがキツイ」って直訴した乗客に「さてはあんたアンダルシアから来たわね!顔はドイツ人なのに」なんていうのくらいしかわからない(笑)

    堀の向こうに見えるのは、マウントジョイ刑務所。
    メアリーさんの話では、ダブリンで裁かれたIRAの幹部が収容されているらしいです。

    メアリーさんの英語は割とゆっくりで、説明はたいてい聞き取れます。
    海外現地ツアーで唯一辛いのが、ジョークを飛ばされたとき。

    メアリーさんのジョークは相当キレがあるようで、5分に1回くらいほかの客が腹を抱えて大笑いしておりますが、私にはツボがほぼ分かりません(´・ω・`)

    「エアコンがキツイ」って直訴した乗客に「さてはあんたアンダルシアから来たわね!顔はドイツ人なのに」なんていうのくらいしかわからない(笑)

  • 歴史に名高いボイン川流域を下って、何とかという個人所有の城の前。<br />名前を忘れるという痛恨のミス。

    歴史に名高いボイン川流域を下って、何とかという個人所有の城の前。
    名前を忘れるという痛恨のミス。

  • 約1時間半で到着。お椀をかぶせた形の古墳ニューグレンジ。

    約1時間半で到着。お椀をかぶせた形の古墳ニューグレンジ。

  • 入り口は意外と複雑な構造で、人ひとりがやっと通れる程度の広さの間口です。<br />この中は、外から入った光の動線をかなり計算した構造になっているようです。

    入り口は意外と複雑な構造で、人ひとりがやっと通れる程度の広さの間口です。
    この中は、外から入った光の動線をかなり計算した構造になっているようです。

  • 周囲の石積みと、渦巻き状の模様があちこちに。

    周囲の石積みと、渦巻き状の模様があちこちに。

  • ところで、古墳からもこのようなカワイイもふもふが大量に見えるのです。

    ところで、古墳からもこのようなカワイイもふもふが大量に見えるのです。

  • ちなみに昼食後には同じ敷地内に牧場があったので、こんな子や。

    ちなみに昼食後には同じ敷地内に牧場があったので、こんな子や。

  • こんな子と戯れてみる。<br /><br />(これはメンチを切られているのだろうか・・・?)

    こんな子と戯れてみる。

    (これはメンチを切られているのだろうか・・・?)

  • こんな子たちもいます。

    こんな子たちもいます。

  • 近くで見ると意外と悪魔的な顔をしておる。

    近くで見ると意外と悪魔的な顔をしておる。

  • 昼は、ニューグレンジ近くのテキトーなカフェで昼食のスコーンをあわただしくみんなで食べ、2つ目の目的地、タラの丘へ。

    昼は、ニューグレンジ近くのテキトーなカフェで昼食のスコーンをあわただしくみんなで食べ、2つ目の目的地、タラの丘へ。

  • ココにも小さない祭壇なのか墳墓なのか、ありますね。

    ココにも小さない祭壇なのか墳墓なのか、ありますね。

  • もともと都市国家だったアイルランドの統一王タラの統べる地域だった丘。<br />ケルト民族の心の聖地だとか。<br />今は見渡す限り広大な野原ですが、ハイクロスも大事に保護されています。

    もともと都市国家だったアイルランドの統一王タラの統べる地域だった丘。
    ケルト民族の心の聖地だとか。
    今は見渡す限り広大な野原ですが、ハイクロスも大事に保護されています。

  • 有名な放射状の土台に立つ石。<br /><br />今回はいけなかったけれど、モナスターボイスにあるハイクロスと並ぶ、古代ケルトのシンボルです。<br /><br />ちなみにお土産にこれをかたどったネックレスを買ったのだけど、日本に持って帰ってくると意外とアレな形状ゆえ、女子には全く喜ばれませんでしたorz<br />

    有名な放射状の土台に立つ石。

    今回はいけなかったけれど、モナスターボイスにあるハイクロスと並ぶ、古代ケルトのシンボルです。

    ちなみにお土産にこれをかたどったネックレスを買ったのだけど、日本に持って帰ってくると意外とアレな形状ゆえ、女子には全く喜ばれませんでしたorz

  • タラの丘ふもとには初期カトリックの教会もあります。

    タラの丘ふもとには初期カトリックの教会もあります。

  • 宿前のナッソーストリートに下ろしてもらったのは午後4時過ぎ。<br /><br />これは行くしかない!<br />今日は1日ツアーだからと諦めていた、トリニティカレッジのロングルームは午後5時まで。<br />急いで自分の泊まっている宿舎の前を走り抜け、オールドライブラリーへ。<br />

    宿前のナッソーストリートに下ろしてもらったのは午後4時過ぎ。

    これは行くしかない!
    今日は1日ツアーだからと諦めていた、トリニティカレッジのロングルームは午後5時まで。
    急いで自分の泊まっている宿舎の前を走り抜け、オールドライブラリーへ。

  • 何とか滑り込めた。<br />入場料は14ユーロと高めですが、これを見ないとトリニティカレッジに泊まった意味も半減すると思い。<br /><br />ロングルーム内は撮影可ですが、ケルズの書そのものは写真撮影禁止。<br />質のよさそうな革製のページに描かれていました。<br />

    何とか滑り込めた。
    入場料は14ユーロと高めですが、これを見ないとトリニティカレッジに泊まった意味も半減すると思い。

    ロングルーム内は撮影可ですが、ケルズの書そのものは写真撮影禁止。
    質のよさそうな革製のページに描かれていました。

  • 有名なスターウォーズエピソード2のジェダイアーカイブのモデルとなったとされる、ロングルーム。<br /><br />確かに、照明の色が違う(映画はブルー)だけで,まんま一緒!

    有名なスターウォーズエピソード2のジェダイアーカイブのモデルとなったとされる、ロングルーム。

    確かに、照明の色が違う(映画はブルー)だけで,まんま一緒!

  • 2Fへはどうやら可動式の梯子で上がる様子。本はどれも年季モノ。

    2Fへはどうやら可動式の梯子で上がる様子。本はどれも年季モノ。

  • ずらりと並ぶ胸像。アイルランドにゆかりのあるスウィフト、オスカー・ワイルドなどのほか、キケロなど西洋の思想家も。

    ずらりと並ぶ胸像。アイルランドにゆかりのあるスウィフト、オスカー・ワイルドなどのほか、キケロなど西洋の思想家も。

  • 一瞬ジョナサン・スウィフトかと思ったが,違う人なのでしょうか。

    一瞬ジョナサン・スウィフトかと思ったが,違う人なのでしょうか。

  • ウィリアム・シェイクスピアさんとか。

    ウィリアム・シェイクスピアさんとか。

  • キケロさん。

    キケロさん。

  • この後は、夕食までダブリン市内を観光することにしました。<br />5時を過ぎてすでに閉まっていたので、外観だけと思い聖パトリック大聖堂を見学。

    この後は、夕食までダブリン市内を観光することにしました。
    5時を過ぎてすでに閉まっていたので、外観だけと思い聖パトリック大聖堂を見学。

  • 大聖堂敷地内は、畑もあり、ピクニックにもうってつけ。

    大聖堂敷地内は、畑もあり、ピクニックにもうってつけ。

  • 中を見ていくと2時間くらいかかりそうなので、外観だけで今回は満足することに。<br /><br />クライストチャーチ大聖堂と、渡り廊下でつながった博物館、ダブリニア(左)。

    中を見ていくと2時間くらいかかりそうなので、外観だけで今回は満足することに。

    クライストチャーチ大聖堂と、渡り廊下でつながった博物館、ダブリニア(左)。

  • 城とダブリニアの間のアーチの下をバスがくぐっていく。いいですね,こういう建造物は斬新で。

    城とダブリニアの間のアーチの下をバスがくぐっていく。いいですね,こういう建造物は斬新で。

  • ダブリン城の入り口とベドフォードタワー。<br />ダブリン城は城というよりも会議場といった感じです。

    ダブリン城の入り口とベドフォードタワー。
    ダブリン城は城というよりも会議場といった感じです。

  • ダブリン城の象徴、ノルマンタワーは改装中。

    ダブリン城の象徴、ノルマンタワーは改装中。

  • リフィ川に戻ってきました。川にかかるミレニアム・ブリッジ(だったかな?)

    リフィ川に戻ってきました。川にかかるミレニアム・ブリッジ(だったかな?)

  • 6時過ぎです。<br />この時間ではまだ日没までは早い。明日が早いので、今日は,早めに晩御飯にします。

    6時過ぎです。
    この時間ではまだ日没までは早い。明日が早いので、今日は,早めに晩御飯にします。

  • こちらは有名な「ダブリン蜂起」の舞台、中央郵便局。<br />この時間は業務時間外なので、重厚な柱をじっくり見させてもらいました。

    こちらは有名な「ダブリン蜂起」の舞台、中央郵便局。
    この時間は業務時間外なので、重厚な柱をじっくり見させてもらいました。

  • アイルランドの有名な指導者、チャールズ・スチュアート・パーネルの像がオコンネルストリートのアイコンです。<br /><br />このあたりでバラマキ土産をゲット。

    アイルランドの有名な指導者、チャールズ・スチュアート・パーネルの像がオコンネルストリートのアイコンです。

    このあたりでバラマキ土産をゲット。

  • 今回の旅行で最も早い午後6時半ごろ夕食を取るため、テンプルバーの人気パブへ。<br />ここは人気パブ「キー」。一人用のカウンターも完備。

    今回の旅行で最も早い午後6時半ごろ夕食を取るため、テンプルバーの人気パブへ。
    ここは人気パブ「キー」。一人用のカウンターも完備。

  • 都会に行けば行くほど一人パブがしやすくなるようで・・・<br />一人のお客さんも多数。

    都会に行けば行くほど一人パブがしやすくなるようで・・・
    一人のお客さんも多数。

  • いつものごとく、1日の疲れを洗い流すギネス。<br />ん? ビールがあまり旨くない・・・<br />実はこの辺から胃腸にかすかな違和感。

    いつものごとく、1日の疲れを洗い流すギネス。
    ん? ビールがあまり旨くない・・・
    実はこの辺から胃腸にかすかな違和感。

  • この日のメインは,一度くらいは食べてみたかったムール貝。<br /><br />・・・・・・・・トルコで食べたムール貝の方が美味しかったな。<br />(あっちはピラフ詰めですが)

    この日のメインは,一度くらいは食べてみたかったムール貝。

    ・・・・・・・・トルコで食べたムール貝の方が美味しかったな。
    (あっちはピラフ詰めですが)

  • こちらは昨日クレープを食べた店が経営するジェラート屋さん。<br />客が途切れない人気店。<br />それもそのはず、アイリッシュクリーム、アイリッシュコーヒー、タラモアデューなどのアルコールフレーバーのアイスがずらり。<br />私もベイリーズとアイリッシュコーヒーのコンボを。

    こちらは昨日クレープを食べた店が経営するジェラート屋さん。
    客が途切れない人気店。
    それもそのはず、アイリッシュクリーム、アイリッシュコーヒー、タラモアデューなどのアルコールフレーバーのアイスがずらり。
    私もベイリーズとアイリッシュコーヒーのコンボを。

  • 8月16日の朝。<br />3日間を過ごしたダブリンのトリニティカレッジに別れを告げます。<br /><br />久しぶりに学生気分に戻って、素敵な夢を見させてもらいました。ありがとう。

    8月16日の朝。
    3日間を過ごしたダブリンのトリニティカレッジに別れを告げます。

    久しぶりに学生気分に戻って、素敵な夢を見させてもらいました。ありがとう。

  • この日はダブリンからロンドンまで大移動。<br />飛行機ならものの1時間強ですが、ほぼ1日かけて船と鉄道で渡ることに。<br />まずはホリーヘッド行きフェリー乗り場。<br />バスだと8時発のフェリーに間に合うか微妙で、タクシーにしました。<br />途中渋滞にはまってやきもきしたけど、何とか30分前に到着。

    この日はダブリンからロンドンまで大移動。
    飛行機ならものの1時間強ですが、ほぼ1日かけて船と鉄道で渡ることに。
    まずはホリーヘッド行きフェリー乗り場。
    バスだと8時発のフェリーに間に合うか微妙で、タクシーにしました。
    途中渋滞にはまってやきもきしたけど、何とか30分前に到着。

  • 一応40分前には来い!というメールを受け取っていたのですが、30分前で何ら問題なし。<br />荷物はベルトコンベアに乗せてホリーヘッドのターミナルで受け取る仕組みのようです。

    一応40分前には来い!というメールを受け取っていたのですが、30分前で何ら問題なし。
    荷物はベルトコンベアに乗せてホリーヘッドのターミナルで受け取る仕組みのようです。

  • チケットは「sailrail」というirishferrisのサイトで直接予約しておきました。<br /><br />フェリーと鉄道で50ユーロなので、まあ安い方なのでは?

    チケットは「sailrail」というirishferrisのサイトで直接予約しておきました。

    フェリーと鉄道で50ユーロなので、まあ安い方なのでは?

  • 船内にカフェは何店舗もありますがなんせ乗ってる人数が人数(推定2~300人?)なのでどこも満席。<br />ようやく席を確保してスコーンと紅茶の朝食。

    船内にカフェは何店舗もありますがなんせ乗ってる人数が人数(推定2~300人?)なのでどこも満席。
    ようやく席を確保してスコーンと紅茶の朝食。

  • 出航の時間になったので甲板でアイルランドにお別れ。<br /><br />ちなみに席を離れるともう占拠されて、その後再度座ることは困難なので、席を離れるときはよく考えて動いた方がよいかも。

    出航の時間になったので甲板でアイルランドにお別れ。

    ちなみに席を離れるともう占拠されて、その後再度座ることは困難なので、席を離れるときはよく考えて動いた方がよいかも。

  • まあ私は座っておくよりずっと海を眺めている方が幸せなので、アイリッシュ海の名残を惜しみます。

    まあ私は座っておくよりずっと海を眺めている方が幸せなので、アイリッシュ海の名残を惜しみます。

  • ちなみに船内には映画館やゲームセンターもあります。<br /><br />船酔いはほぼ全くしない体質なのに、何だか吐き気が強くて食欲がない。<br />いやーな予感。。

    ちなみに船内には映画館やゲームセンターもあります。

    船酔いはほぼ全くしない体質なのに、何だか吐き気が強くて食欲がない。
    いやーな予感。。

  • 甲板は風はそこまで強くはないものの、雨が吹きすさぶようになってきたので、ちょっと長居はつらいですね。

    甲板は風はそこまで強くはないものの、雨が吹きすさぶようになってきたので、ちょっと長居はつらいですね。

  • 到着後、下船の時間は大混雑。<br /><br />車ごと乗りこんだ乗客は当然車のフロアに降りていきますが、「フットパッセンジャーは指示があるまで船内に待機してください」のアナウンスが聞き取れない中華な方々が大量に動いているようです。

    到着後、下船の時間は大混雑。

    車ごと乗りこんだ乗客は当然車のフロアに降りていきますが、「フットパッセンジャーは指示があるまで船内に待機してください」のアナウンスが聞き取れない中華な方々が大量に動いているようです。

  • ようやく見えてきました。ウェールズのホリーヘッド港。<br /><br />ちなみにロンドンが自動化ゲートになったため、結局、私のパスポートには今回の旅行はアイルランド入国のスタンプのみ。<br /><br />ホリーヘッド港では結構係官の質問攻めにあいました。覚えているだけで・・<br />「Eチケット見せて」<br />「なんでイギリス入国のスタンプがない?ああそうか自動か」<br />「ロンドン入国から出国までは何処に滞在する予定?」<br />「アイルランドへは何をしに?」<br />「ロンドンにはたった2日だけ?ホテルは何処?」<br />「キャッシュはあるか?いや見せなくていい。英ポンドでいくらある?<br /> クレジットカードも持ってるか?カバーは十分だね?」<br />全部答えるとようやく、<br />「チョー短い旅行だけど、アワーカントリーを楽しんでってくれ」<br />と笑顔で送り出してくれました。<br /><br />さあ、たった1日半のロンドン観光スタート。

    ようやく見えてきました。ウェールズのホリーヘッド港。

    ちなみにロンドンが自動化ゲートになったため、結局、私のパスポートには今回の旅行はアイルランド入国のスタンプのみ。

    ホリーヘッド港では結構係官の質問攻めにあいました。覚えているだけで・・
    「Eチケット見せて」
    「なんでイギリス入国のスタンプがない?ああそうか自動か」
    「ロンドン入国から出国までは何処に滞在する予定?」
    「アイルランドへは何をしに?」
    「ロンドンにはたった2日だけ?ホテルは何処?」
    「キャッシュはあるか?いや見せなくていい。英ポンドでいくらある?
     クレジットカードも持ってるか?カバーは十分だね?」
    全部答えるとようやく、
    「チョー短い旅行だけど、アワーカントリーを楽しんでってくれ」
    と笑顔で送り出してくれました。

    さあ、たった1日半のロンドン観光スタート。

  • ホリーヘッドに到着した12時53分発ロンドン・ユーストン行き。

    ホリーヘッドに到着した12時53分発ロンドン・ユーストン行き。

  • 日本の新幹線と比べると,座席幅,頭上の荷物入れ,床下のスペースすべて小さい小さい。加えて途中までかなりのオーバーキャパシティ。

    日本の新幹線と比べると,座席幅,頭上の荷物入れ,床下のスペースすべて小さい小さい。加えて途中までかなりのオーバーキャパシティ。

  • 簡単なサンドイッチ、ポテチ(こちらではクリスプスというらしい)小袋など売っています。<br />ちなみにポテチの小袋は1.1ポンド。早くもオドロキの物価を体験。

    簡単なサンドイッチ、ポテチ(こちらではクリスプスというらしい)小袋など売っています。
    ちなみにポテチの小袋は1.1ポンド。早くもオドロキの物価を体験。

  • クルー駅で乗り換えという情報を聞いていたのだけど、この電車はロンドンまで直行です。<br />おかげですさまじい混雑。<br />

    クルー駅で乗り換えという情報を聞いていたのだけど、この電車はロンドンまで直行です。
    おかげですさまじい混雑。

  • ようやく到着,ユーストン駅。<br />ここからダブルデッカーのバスでサウスケンジントンの宿まで,と思ったけれど,ダブルデッカーの14番バス乗り場を見つけられず(&gt;_&lt;)<br /><br />しかたがないので,世界中どこで乗っても安心なメトロでサウスケンジントンまで。<br /><br />続きはロンドン篇にて。

    ようやく到着,ユーストン駅。
    ここからダブルデッカーのバスでサウスケンジントンの宿まで,と思ったけれど,ダブルデッカーの14番バス乗り場を見つけられず(>_<)

    しかたがないので,世界中どこで乗っても安心なメトロでサウスケンジントンまで。

    続きはロンドン篇にて。

8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

ハンマークラヴィーアさんの関連旅行記

ハンマークラヴィーアさんの旅行記一覧

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

アイルランドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
アイルランド最安 250円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

アイルランドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集