バクー旅行記(ブログ) 一覧に戻る
旧ソ連、黒海とカスピ海の間に挟まれた位置にあり、ヨーロッパともアジアともはたまた中東とも言えなくもないコーカサス三国と、関係する未承認国家に行ってきました。そもそもこの地区は、ガイド本などにも案内は少なく、ロシア、トルコを含めた微妙な国際関係もあって、充分学習したうえ旅行しようと思い後回しにしてきましたが、情報を仕入れ旅程を練りに練り、機は熟したと思い今回旅行を実行することにしました。行って見ると三か国ともそれぞれ違った個性があり、決して危険なこともなく回ることができました。バクーはオイルマネーで予想を遥かに超えて発展しており、ジョージアの高原地帯の眺望は粗削りながら、西欧景勝地に勝るとも劣らないダイナミックさを見せ、アルメニアの物価の安さと居心地の良さは抜群で、未承認国家アルツァフでは東洋人の珍しさから一躍人気者になった気分を味わうことができました。また、この旅では自分の旅行について、色々反省し考えることもあり、貴重な旅となりました。<br /><br />日程は以下の通りです。<br /><br />1日目(9/15)成田 ⇒ モスクワ ⇒ バクー<br />2日目(9/16)バクー市内観光<br />3日目(9/17)コブスタン・泥火山観光、バクー市内観光、トビリシ移動<br />4日目(9/18)トビリシ市内観光<br />5日目(9/19)ジョージア軍用道路観光、トビリシ市内観光、エレバン移動<br />6日目(9/20)エレバン市内観光<br />7日目(9/21)ステパナケルト移動、市内観光<br />8日目(9/22)エレバン移動、市内観光<br />9日目(9/23)エレバン ⇒ モスクワ ⇒ 成田<br />10日目(9/24)帰国到着日<br /><br />今回は2日目③です。<br />

欧・亜・中東ここはいずこ?旧ソ連コーカサス三国&未承認国家の旅:アゼルバイジャン・ジョージア・アルメニア・アルツァフ旅行【4】(2018年秋 2日目③ 文化融合の都)

68いいね!

2018/09/16 - 2018/09/16

15位(同エリア204件中)

0

38

とーり

とーりさん

旧ソ連、黒海とカスピ海の間に挟まれた位置にあり、ヨーロッパともアジアともはたまた中東とも言えなくもないコーカサス三国と、関係する未承認国家に行ってきました。そもそもこの地区は、ガイド本などにも案内は少なく、ロシア、トルコを含めた微妙な国際関係もあって、充分学習したうえ旅行しようと思い後回しにしてきましたが、情報を仕入れ旅程を練りに練り、機は熟したと思い今回旅行を実行することにしました。行って見ると三か国ともそれぞれ違った個性があり、決して危険なこともなく回ることができました。バクーはオイルマネーで予想を遥かに超えて発展しており、ジョージアの高原地帯の眺望は粗削りながら、西欧景勝地に勝るとも劣らないダイナミックさを見せ、アルメニアの物価の安さと居心地の良さは抜群で、未承認国家アルツァフでは東洋人の珍しさから一躍人気者になった気分を味わうことができました。また、この旅では自分の旅行について、色々反省し考えることもあり、貴重な旅となりました。

日程は以下の通りです。

1日目(9/15)成田 ⇒ モスクワ ⇒ バクー
2日目(9/16)バクー市内観光
3日目(9/17)コブスタン・泥火山観光、バクー市内観光、トビリシ移動
4日目(9/18)トビリシ市内観光
5日目(9/19)ジョージア軍用道路観光、トビリシ市内観光、エレバン移動
6日目(9/20)エレバン市内観光
7日目(9/21)ステパナケルト移動、市内観光
8日目(9/22)エレバン移動、市内観光
9日目(9/23)エレバン ⇒ モスクワ ⇒ 成田
10日目(9/24)帰国到着日

今回は2日目③です。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
同行者
一人旅
交通手段
徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • さて、海岸公園から再び内陸に入ります。白亜の建物は博物館センターという建物のようです。中には入らず外観のみ観光します。<br />(海岸公園10:40 ⇒ 10:48歴史博物館)

    さて、海岸公園から再び内陸に入ります。白亜の建物は博物館センターという建物のようです。中には入らず外観のみ観光します。
    (海岸公園10:40 ⇒ 10:48歴史博物館)

  • 続いて来たのはアゼルバイジャン歴史博物館。街中に埋もれるようにありました。<br />(アゼルバイジャン歴史博物館10:48~11:08)

    続いて来たのはアゼルバイジャン歴史博物館。街中に埋もれるようにありました。
    (アゼルバイジャン歴史博物館10:48~11:08)

  • 10マナトを払い中へ。館内の観覧者は私だけのようです。意外にも西洋的な内装です。

    10マナトを払い中へ。館内の観覧者は私だけのようです。意外にも西洋的な内装です。

  • ショーケースに民族衣装を着た人形が展示されています。展示品はそれほど多くはありません。

    ショーケースに民族衣装を着た人形が展示されています。展示品はそれほど多くはありません。

  • こんな感じ、特に女性の衣装が多く展示されていました。

    こんな感じ、特に女性の衣装が多く展示されていました。

  • こちらはソ連時代の地図のようです。今のアゼルバイジャンはトルコ語のようなアルファベット的な感じで何とか読めますが、この地図の記載はロシア語、キリル文字になっています。

    こちらはソ連時代の地図のようです。今のアゼルバイジャンはトルコ語のようなアルファベット的な感じで何とか読めますが、この地図の記載はロシア語、キリル文字になっています。

  • この模型は1992年2月、ナゴルノカラバフ戦争時に起きた、アルメニア過激派によりアゼルバイジャン市民が虐殺されたと言われる、ホジャリ大虐殺の様子を再現したもののようです。

    この模型は1992年2月、ナゴルノカラバフ戦争時に起きた、アルメニア過激派によりアゼルバイジャン市民が虐殺されたと言われる、ホジャリ大虐殺の様子を再現したもののようです。

  • ヨーロッパ風な中にも何となくイスラムチックな感じもします。正直展示物はそれほど興味があったわけではないので早いですが次へ移ることにします。<br />(歴史博物館11:08 ⇒ 11:14噴水公園)

    ヨーロッパ風な中にも何となくイスラムチックな感じもします。正直展示物はそれほど興味があったわけではないので早いですが次へ移ることにします。
    (歴史博物館11:08 ⇒ 11:14噴水公園)

  • 続いてきました、噴水公園です。暑いので涼を求めるには良いところです。パチンコ玉のでかいのをモニュメントにした噴水です。<br />(噴水公園11:14~11:19)

    続いてきました、噴水公園です。暑いので涼を求めるには良いところです。パチンコ玉のでかいのをモニュメントにした噴水です。
    (噴水公園11:14~11:19)

  • 噴水公園と言うだけあって、ひとつだけでなく他にもこんなに噴水があります。

    噴水公園と言うだけあって、ひとつだけでなく他にもこんなに噴水があります。

  • これは大理石でしょうか。円形に作られたてっぺんから水が出ています。

    これは大理石でしょうか。円形に作られたてっぺんから水が出ています。

  • こちらは比較的ありがちな噴水ですが、何となく安心する造りではあります。

    こちらは比較的ありがちな噴水ですが、何となく安心する造りではあります。

  • 噴水公園の先に銅像もありました。ニザミ・ガンジャヴィ、アゼルバイジャンの詩人だそうです。<br />(噴水公園11:19 ⇒ 11:23シェマハ門)

    噴水公園の先に銅像もありました。ニザミ・ガンジャヴィ、アゼルバイジャンの詩人だそうです。
    (噴水公園11:19 ⇒ 11:23シェマハ門)

  • そして銅像の横を城壁が高く行く手を塞いでいます。城壁に沿って歩いて行くと入口があります。シェマハ門です。ここは車も入れるようです。

    そして銅像の横を城壁が高く行く手を塞いでいます。城壁に沿って歩いて行くと入口があります。シェマハ門です。ここは車も入れるようです。

  • シェマハ門を潜って城内に侵入しました。城内なのでそれっぽい建築物が多いかと思ったのですが、現代風の建物もあり雑多です。<br />(シェマハ門11:23 ⇒ 11:33シルヴァンシャフ宮殿)

    シェマハ門を潜って城内に侵入しました。城内なのでそれっぽい建築物が多いかと思ったのですが、現代風の建物もあり雑多です。
    (シェマハ門11:23 ⇒ 11:33シルヴァンシャフ宮殿)

  • 入口脇にはスーベニアショップ小屋が並んでいます。明日観光終了後また来るため、目星だけ付けておきます。

    入口脇にはスーベニアショップ小屋が並んでいます。明日観光終了後また来るため、目星だけ付けておきます。

  • 城壁に沿って今度は内側を歩きます。見張り塔のようなつくりはこうなっているのですね。

    城壁に沿って今度は内側を歩きます。見張り塔のようなつくりはこうなっているのですね。

  • 坂を上がってようやく来ました、シルヴァンシャフ宮殿、城壁内一番の見どころです。図によると結構広そうです。<br />(シルヴァンシャフ宮殿11:33~11:51)

    坂を上がってようやく来ました、シルヴァンシャフ宮殿、城壁内一番の見どころです。図によると結構広そうです。
    (シルヴァンシャフ宮殿11:33~11:51)

  • まずは入場券を買って正面の大きな建物に入ります。先ほどまでのヨーロッパ風ではなく明らかにイスラム風の建物です。

    まずは入場券を買って正面の大きな建物に入ります。先ほどまでのヨーロッパ風ではなく明らかにイスラム風の建物です。

  • この円形の建物では裁判が行われていたそうです。

    この円形の建物では裁判が行われていたそうです。

  • 色々な建物があり、中に入れるのもあります。中東っぽく絨毯で飾られた部屋もありました。

    色々な建物があり、中に入れるのもあります。中東っぽく絨毯で飾られた部屋もありました。

  • 砂岩でできたような乾いた造りがやはりヨーロッパというより中東に近いと思わせます。

    砂岩でできたような乾いた造りがやはりヨーロッパというより中東に近いと思わせます。

  • モスクとミナレット、イスラムです。

    モスクとミナレット、イスラムです。

  • 事前に下調べなどしていないのでたくさんの建物群の由来は解りません。でもまあそれでいいのかもしれません。

    事前に下調べなどしていないのでたくさんの建物群の由来は解りません。でもまあそれでいいのかもしれません。

  • 棺のある部屋がありました。ここは神聖な雰囲気が漂っていました。

    棺のある部屋がありました。ここは神聖な雰囲気が漂っていました。

  • 全部回ると果てし無さそうだったので適当に切り上げてシルヴァンシャフ宮殿を後にします。<br />(シルヴァンシャフ宮殿11:51 ⇒ 12:02乙女の望楼)

    全部回ると果てし無さそうだったので適当に切り上げてシルヴァンシャフ宮殿を後にします。
    (シルヴァンシャフ宮殿11:51 ⇒ 12:02乙女の望楼)

  • 宮殿の近くの公園にでっかい胸像がありました。バヒッドという詩人だそうです。アゼルバイジャンでは有名のようですが、私は全くわかりません。

    宮殿の近くの公園にでっかい胸像がありました。バヒッドという詩人だそうです。アゼルバイジャンでは有名のようですが、私は全くわかりません。

  • 旧市街の路地を歩くことにします。

    旧市街の路地を歩くことにします。

  • こんな感じで出窓が張り出していたりして愉快です。

    こんな感じで出窓が張り出していたりして愉快です。

  • モロッコのメディナのように本当に迷ってしまう心配はないので気楽に歩けます。

    モロッコのメディナのように本当に迷ってしまう心配はないので気楽に歩けます。

  • 興味深い建物もあります、寺院でしょうか。

    興味深い建物もあります、寺院でしょうか。

  • さて、てくてく歩いて旧市街の外れにありました、乙女の望楼です。

    さて、てくてく歩いて旧市街の外れにありました、乙女の望楼です。

  • 入口から入ろうとうとすると、向かいのブースでチケットを買ってと言われました。

    入口から入ろうとうとすると、向かいのブースでチケットを買ってと言われました。

  • チケットは12マナト(770円程度)もしました、物価の安いアゼルバイジャンにおいては結構な高さです。<br />(乙女の望楼12:02~12:14)

    チケットは12マナト(770円程度)もしました、物価の安いアゼルバイジャンにおいては結構な高さです。
    (乙女の望楼12:02~12:14)

  • 入口から入るとエレベーターなどはなく、ひたすら階段を登ります。と行ってもそれほど高くは無いのですぐ屋上に出ました。360度の展望が望めますが、透明なアクリル板のようなものが設置されているので場所によっては反射してしまい、写真を撮るにはイマイチです。

    入口から入るとエレベーターなどはなく、ひたすら階段を登ります。と行ってもそれほど高くは無いのですぐ屋上に出ました。360度の展望が望めますが、透明なアクリル板のようなものが設置されているので場所によっては反射してしまい、写真を撮るにはイマイチです。

  • フレームタイプも見ることができます。

    フレームタイプも見ることができます。

  • 屋上からの眺めを堪能したので、降りてきました。袂には旧市街の模型なども設置されていて往時を偲ぶことができます。

    屋上からの眺めを堪能したので、降りてきました。袂には旧市街の模型なども設置されていて往時を偲ぶことができます。

  • 改めて乙女の望楼を見てみます。見張り塔とか要塞のような雰囲気ですが、なぜ「乙女」の望楼かというと、ここから身投げした王女がいたという伝説に基づくとのことです。

    改めて乙女の望楼を見てみます。見張り塔とか要塞のような雰囲気ですが、なぜ「乙女」の望楼かというと、ここから身投げした王女がいたという伝説に基づくとのことです。

68いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

とーりさんの関連旅行記

とーりさんの旅行記一覧

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

アゼルバイジャンで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
アゼルバイジャン最安 780円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

アゼルバイジャンの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集