ゲルニカ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2017年12月11日の最後の見学訪問地はゲルニカです。<br />この町はスペイン内戦のおりに、後に独裁者となる反乱軍の指導者フランコ将軍の依頼を受けたナチスドイツ空軍が戦争の歴史上初めての都市部無差別爆撃を受けた。内戦時に共和国軍への兵站補給路の要だったので、フランコはここをぜひともたたきたかったのだそうです。ナチスドイツにとっても飛行機による爆撃や機銃掃射の絶好の実験場となったようです。ひどい話です。第二次世界大戦では都市部無差別爆撃は世界各地で枢軸国、連合国双方に多くの悲劇を生みましたが、その先駆けとなった。、<br />このゲルニカ無差別爆撃にショックと怒りを覚えた天才画家パブロ・ピカソがモノトーンの壁画「ゲルニカ」を亡命地のパリで爆撃の報を聞いてわずか数か月で描き上げた。あまりにも有名な絵ですね。<br />この町はバスク地方を構成するフランス領とスペイン領に広がる七つの地区のひとつビスカーヤ地区の政治的、宗教的な議事堂があり、議事堂の庭の「バスクの樹」と言われる樫の木のもとでカスティリャ王家から自治を認める式典が行われたのだそうです。いまでもビスカーヤの議会機能はこの町の議事堂で行われ、行政府としての都は、この町の訪問の前に行ってきたビルバオにあるのだそうです。<br />バスでビルバオから暗くなるちょっと前にこのゲルニカに到着し、議事堂と市庁舎の近くにある石板を使って作成されたピカソの「ゲルニカ」のレプリカの壁画を見学しました。そのあと少し自由時間で街歩きをしたのでした。<br />表紙はレプリカのゲルニカです。道端の土手の壁面にあります。

スペイン語学習仲間と北スペイン 4-3 バスク人の自由と独立の象徴の町ゲルニカ

11いいね!

2017/12/11 - 2017/12/11

9位(同エリア20件中)

tadashi

tadashiさん

2017年12月11日の最後の見学訪問地はゲルニカです。
この町はスペイン内戦のおりに、後に独裁者となる反乱軍の指導者フランコ将軍の依頼を受けたナチスドイツ空軍が戦争の歴史上初めての都市部無差別爆撃を受けた。内戦時に共和国軍への兵站補給路の要だったので、フランコはここをぜひともたたきたかったのだそうです。ナチスドイツにとっても飛行機による爆撃や機銃掃射の絶好の実験場となったようです。ひどい話です。第二次世界大戦では都市部無差別爆撃は世界各地で枢軸国、連合国双方に多くの悲劇を生みましたが、その先駆けとなった。、
このゲルニカ無差別爆撃にショックと怒りを覚えた天才画家パブロ・ピカソがモノトーンの壁画「ゲルニカ」を亡命地のパリで爆撃の報を聞いてわずか数か月で描き上げた。あまりにも有名な絵ですね。
この町はバスク地方を構成するフランス領とスペイン領に広がる七つの地区のひとつビスカーヤ地区の政治的、宗教的な議事堂があり、議事堂の庭の「バスクの樹」と言われる樫の木のもとでカスティリャ王家から自治を認める式典が行われたのだそうです。いまでもビスカーヤの議会機能はこの町の議事堂で行われ、行政府としての都は、この町の訪問の前に行ってきたビルバオにあるのだそうです。
バスでビルバオから暗くなるちょっと前にこのゲルニカに到着し、議事堂と市庁舎の近くにある石板を使って作成されたピカソの「ゲルニカ」のレプリカの壁画を見学しました。そのあと少し自由時間で街歩きをしたのでした。
表紙はレプリカのゲルニカです。道端の土手の壁面にあります。

PR

  • この公園近くでバスを降りて

    この公園近くでバスを降りて

  • 階段を上がると、

    階段を上がると、

  • 学校があります。<br />バスケット・ポールがあります。

    学校があります。
    バスケット・ポールがあります。

  • さらに階段を上がると、

    さらに階段を上がると、

  • 広い通りに出ます。<br /><br />そこを横断して、

    広い通りに出ます。

    そこを横断して、

  • 議事堂へと向かいます。

    議事堂へと向かいます。

  • まず議会の部屋に入ります。<br />天井のシャンデリア

    まず議会の部屋に入ります。
    天井のシャンデリア

  • 議会室の奥にはバスク自治の象徴バスクの樹「樫の木」のタペストリが大切にかけられています。

    議会室の奥にはバスク自治の象徴バスクの樹「樫の木」のタペストリが大切にかけられています。

  • 議会室の上のほうにはこんな文言がありました。中世の1457年10月3日にビスカヤの自治特権が認められたと書いてあります。<br /><br />上段はバスク語です。<br /><br />下段はスペインゴなので読めますね。<br />「旧のサンタマリア教会と(樫の)木のそばでビスカーヤ公エンリケ四世は統治権を宣誓した。」

    議会室の上のほうにはこんな文言がありました。中世の1457年10月3日にビスカヤの自治特権が認められたと書いてあります。

    上段はバスク語です。

    下段はスペインゴなので読めますね。
    「旧のサンタマリア教会と(樫の)木のそばでビスカーヤ公エンリケ四世は統治権を宣誓した。」

  • 上記の文言板の高さのところには当時のバスクの人たちのいろいろな生活の様子のステンドガラスがあります。

    上記の文言板の高さのところには当時のバスクの人たちのいろいろな生活の様子のステンドガラスがあります。

  • 次の部屋に入ると天井いっぱいのステンドグラスです。<br /><br />とてもスマホでもすべてを収めることはできません。<br />雨がよく降るので一眼はリュックにしまいぱなしでした。<br />こんな のが有ると事前に知っていたら、魚眼レンズで写したかった!

    次の部屋に入ると天井いっぱいのステンドグラスです。

    とてもスマホでもすべてを収めることはできません。
    雨がよく降るので一眼はリュックにしまいぱなしでした。
    こんな のが有ると事前に知っていたら、魚眼レンズで写したかった!

  • 横の位置にはぐるりとバスク様式のいろいろな建物が描かれています。

    横の位置にはぐるりとバスク様式のいろいろな建物が描かれています。

  • ナチスドイツ空軍による空爆で燃えて煙りを上げる町の様子

    ナチスドイツ空軍による空爆で燃えて煙りを上げる町の様子

  • そして燃え尽きた後の静寂の町のようす<br /><br />言葉より以上に、一枚の画像が訴えるものがあります。

    そして燃え尽きた後の静寂の町のようす

    言葉より以上に、一枚の画像が訴えるものがあります。

  • 美しい窓

    美しい窓

  • バスク地方の配置を示す展示

    バスク地方の配置を示す展示

  • 議会の仕組みを説明した展示

    議会の仕組みを説明した展示

  • 現在の「ゲルニカの樹」が神殿つくりの建物の前庭に植えられています。<br /><br />下の写真は1700年ころに植えられた木。その木から見ると孫にあたるそうです。<br />下の写真の木の息子にあたる木は1860年から2004年迄ここにあり、ゲルニカ無差別爆撃を目撃したことになります。

    現在の「ゲルニカの樹」が神殿つくりの建物の前庭に植えられています。

    下の写真は1700年ころに植えられた木。その木から見ると孫にあたるそうです。
    下の写真の木の息子にあたる木は1860年から2004年迄ここにあり、ゲルニカ無差別爆撃を目撃したことになります。

  • 1700年ごろに植栽されたと伝承される「ゲルニカの樹」<br /><br />古文書によればさらに時をさかのぼった時期から祖先があったそうです。

    1700年ごろに植栽されたと伝承される「ゲルニカの樹」

    古文書によればさらに時をさかのぼった時期から祖先があったそうです。

  • 近くには大きな樹木もあった。<br />ユーカリの木でしょうか?

    近くには大きな樹木もあった。
    ユーカリの木でしょうか?

  • 市庁舎の近くの道路の壁に、お目当ての「ゲルニカ」壁画。<br />石のタイルで作られているそうです。<br /><br />本物は2006年に妻との旅行でマドリッドのレイナ・ソフィア記念美術館で見ました。<br /><br />本物の収蔵場所の変遷にかかるお話も興味深いものがあります。<br /><br />今や門外不出の扱いだそうです。

    市庁舎の近くの道路の壁に、お目当ての「ゲルニカ」壁画。
    石のタイルで作られているそうです。

    本物は2006年に妻との旅行でマドリッドのレイナ・ソフィア記念美術館で見ました。

    本物の収蔵場所の変遷にかかるお話も興味深いものがあります。

    今や門外不出の扱いだそうです。

  • 市庁舎広場の雨の様子

    市庁舎広場の雨の様子

  • 市庁舎入口に掲げられている4種の旗。<br /><br />スペイン王国、バスク自治州、ビスカーヤ地区そしてゲルニカの町の旗でしょうね。<br /><br />この後は自由時間で小さな町のいくつかの土産物店をひやかす。一気に夕闇が迫ってきた。ちょっと皆んなでバス待ち合わせ場所が見つからなくて夕闇の街を彷徨ったが、無事ミートできサンセバスチャンに向けて出発。

    市庁舎入口に掲げられている4種の旗。

    スペイン王国、バスク自治州、ビスカーヤ地区そしてゲルニカの町の旗でしょうね。

    この後は自由時間で小さな町のいくつかの土産物店をひやかす。一気に夕闇が迫ってきた。ちょっと皆んなでバス待ち合わせ場所が見つからなくて夕闇の街を彷徨ったが、無事ミートできサンセバスチャンに向けて出発。

11いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

スペインで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スペイン最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スペインの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集