ペナン島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
クアラルンプール経由でペナン島へ、陸路で国境越えしてアユタヤへ行った旅行記です。

マレーシアからタイへ 1日目(2) ペナン島~バンコク行き46列車

12いいね!

2018/09/06 - 2018/09/09

748位(同エリア1881件中)

クアラルンプール経由でペナン島へ、陸路で国境越えしてアユタヤへ行った旅行記です。

PR

  • また歩きだし、雨の中をぶらぶらします。<br />チョンファッツェ・マンション。ブルーマンションと呼ぶようです。濃い青色の壁が印象的です。

    また歩きだし、雨の中をぶらぶらします。
    チョンファッツェ・マンション。ブルーマンションと呼ぶようです。濃い青色の壁が印象的です。

  • 11:00、14:00、15:30に見学できるっぽい。

    11:00、14:00、15:30に見学できるっぽい。

  • 雨が強まったり弱まったりです。足下で何か動いたので見たら大きなトカゲ。おぉ、蛇かと思ったぞ。

    雨が強まったり弱まったりです。足下で何か動いたので見たら大きなトカゲ。おぉ、蛇かと思ったぞ。

  • 歩きながらふと横を見ると、古いケーブルカーが鎮座しています。ペナンヒルのやつではないかと。<br />今日は天気が良ければケーブルカーに乗る予定だったのですが。。。

    歩きながらふと横を見ると、古いケーブルカーが鎮座しています。ペナンヒルのやつではないかと。
    今日は天気が良ければケーブルカーに乗る予定だったのですが。。。

  • セントジョージ教会。真っ白です。柵に囲まれ近づきがたい雰囲気です。

    セントジョージ教会。真っ白です。柵に囲まれ近づきがたい雰囲気です。

  • ペナン市庁舎。海に近いところ、すぐ脇にシティーホールがあります。

    ペナン市庁舎。海に近いところ、すぐ脇にシティーホールがあります。

  • シティーホール。装飾に見ほれますが雨が強い。市議会場として現役のようです。

    シティーホール。装飾に見ほれますが雨が強い。市議会場として現役のようです。

  • シティーホールのすぐ脇は海。向こうはマレー半島です。

    シティーホールのすぐ脇は海。向こうはマレー半島です。

  • イギリス統治時の要塞「コーンウォリス要塞」。20リンギット払って入ります。煉瓦積みの擁壁に囲まれ公園になっています。

    イギリス統治時の要塞「コーンウォリス要塞」。20リンギット払って入ります。煉瓦積みの擁壁に囲まれ公園になっています。

  • 年配の方に日本語で話しかけられ驚きます。日本語で説明があるので読むと良いよと。ありがとうございます。

    年配の方に日本語で話しかけられ驚きます。日本語で説明があるので読むと良いよと。ありがとうございます。

  • 市街地へ向けて歩くと時計台がお出迎え。英国のビクトリア女王即位60周年を記念して建てられたらしいです。

    市街地へ向けて歩くと時計台がお出迎え。英国のビクトリア女王即位60周年を記念して建てられたらしいです。

  • 歩き疲れておなかも減ったので銀行街のホーカーに入ります。雨がようやく上がってきましたが、靴がぐしょ濡れで大変に不快です。

    歩き疲れておなかも減ったので銀行街のホーカーに入ります。雨がようやく上がってきましたが、靴がぐしょ濡れで大変に不快です。

  • 福建麺があるので食べてみます、海老の風味が強くて美味い!クスリみたいな味のお茶と一緒に。

    福建麺があるので食べてみます、海老の風味が強くて美味い!クスリみたいな味のお茶と一緒に。

  • 至る所にモスクっぽい建物があり、形が面白いので見入ってしまいます。

    至る所にモスクっぽい建物があり、形が面白いので見入ってしまいます。

  • お腹が満たされるとまた歩く気力が湧いてきます。<br />有名なストリートアート、自転車に乗ってるみたい。仲良い姉弟という感じ。

    お腹が満たされるとまた歩く気力が湧いてきます。
    有名なストリートアート、自転車に乗ってるみたい。仲良い姉弟という感じ。

  • 続いてのストリートアート、うーん、扉が閉まっていた方がいいのかな、これは。<br />

    続いてのストリートアート、うーん、扉が閉まっていた方がいいのかな、これは。

  • 至る所の壁に書いてあり、メッセージ性を感じるものもあります。<br />

    至る所の壁に書いてあり、メッセージ性を感じるものもあります。

  • 見てみたかったストリートアートです。優しい気持ちになれます。

    見てみたかったストリートアートです。優しい気持ちになれます。

  • ストリートアートに満足して、フェリーターミナルから対岸のバタワースへ向かいます。ペナン島はまた来てみたいです。こんどはケーブルカーもね。

    ストリートアートに満足して、フェリーターミナルから対岸のバタワースへ向かいます。ペナン島はまた来てみたいです。こんどはケーブルカーもね。

  • 20分おきにフェリーは出ているようで、これから乗る1340の次便は1400。危なかった、バタワースから乗るのは1426発の列車なので際どくなるところだった。

    20分おきにフェリーは出ているようで、これから乗る1340の次便は1400。危なかった、バタワースから乗るのは1426発の列車なので際どくなるところだった。

  • ペナン行きとすれ違います。15分の船旅、満席で立ちながら乗ります。ペナン発は無料らしくお金は払っていません。

    ペナン行きとすれ違います。15分の船旅、満席で立ちながら乗ります。ペナン発は無料らしくお金は払っていません。

  • フェリーを降りたところで待機しているシャトルバスに乗ること10分。目の前に線路があるのに随分と時間がかかります、バタワース駅に到着。バスの乗客は大半がバス乗り場へ向かいますが私は駅構内へ向かいます。

    フェリーを降りたところで待機しているシャトルバスに乗ること10分。目の前に線路があるのに随分と時間がかかります、バタワース駅に到着。バスの乗客は大半がバス乗り場へ向かいますが私は駅構内へ向かいます。

  • 旅客ホームのない線路は港湾に向かってしばらく延びています。<br />

    旅客ホームのない線路は港湾に向かってしばらく延びています。

  • 駅構内です。八角形の木製ベンチがあります。かなり古いもののよう。

    駅構内です。八角形の木製ベンチがあります。かなり古いもののよう。

  • カッコいいな、KTMコミューターです。パダンブサールまでの区間列車として運用されています。

    カッコいいな、KTMコミューターです。パダンブサールまでの区間列車として運用されています。

  • KTMコミューターの車内です。この車輌はロングシートですが、編成中寄りの車輌にはクロスシートもあります。

    KTMコミューターの車内です。この車輌はロングシートですが、編成中寄りの車輌にはクロスシートもあります。

  • 何故かバキバキにヒビの入っている窓が多いです。交換しないのかな?<br />

    何故かバキバキにヒビの入っている窓が多いです。交換しないのかな?

  • パダンブサールまで11.4リンギット。2時間近くこの列車に乗るので、ずぶ濡れの靴を脱いで新聞紙を突っ込んでおきます。どこまで乾くかな?<br />座席には胡座で座ります。

    パダンブサールまで11.4リンギット。2時間近くこの列車に乗るので、ずぶ濡れの靴を脱いで新聞紙を突っ込んでおきます。どこまで乾くかな?
    座席には胡座で座ります。

  • 国境の駅、パダンブサールに到着。マレーシアの鉄道案内があります。

    国境の駅、パダンブサールに到着。マレーシアの鉄道案内があります。

  • 駅構内で入出国します。まずはマレーシア出国。列に並びます。マレーシアは入出国カードがないのでパスポートを見せるだけですが、タイはあるので探すもどこにあるか分からず。

    駅構内で入出国します。まずはマレーシア出国。列に並びます。マレーシアは入出国カードがないのでパスポートを見せるだけですが、タイはあるので探すもどこにあるか分からず。

  • タイ入国窓口では1540発のハジャイ行きが案内されてます。私が乗るのは1700発のバンコク行きです。

    タイ入国窓口では1540発のハジャイ行きが案内されてます。私が乗るのは1700発のバンコク行きです。

  • 無事マレーシアを出国し、タイ入国のイミグレ並んだはいいが入出国カードがどこにもない。。<br />聞いたら何故か鉄道のチケット売り場へ誘導され、チケット既にあるのでイミグレカードはどこ?と聞いても要領を得ず、係官に怪しまれる羽目に。<br />イミグレカードは写真のここでもらわなきゃ駄目らしいです。構内をグルグルしてしまった。。たぶん1~2度、訳も分からず国境越えてると思います。。<br /><br />入管のパソコンが不調で待たされ、晴れてタイ入国に1時間を要しました。<br />入国回数のことを注意されました。タイは陸路での入国回数に年2回までの制限があります。<br />7月にタイを訪れた時、ラオスへ陸路で出入りしているからな。。

    無事マレーシアを出国し、タイ入国のイミグレ並んだはいいが入出国カードがどこにもない。。
    聞いたら何故か鉄道のチケット売り場へ誘導され、チケット既にあるのでイミグレカードはどこ?と聞いても要領を得ず、係官に怪しまれる羽目に。
    イミグレカードは写真のここでもらわなきゃ駄目らしいです。構内をグルグルしてしまった。。たぶん1~2度、訳も分からず国境越えてると思います。。

    入管のパソコンが不調で待たされ、晴れてタイ入国に1時間を要しました。
    入国回数のことを注意されました。タイは陸路での入国回数に年2回までの制限があります。
    7月にタイを訪れた時、ラオスへ陸路で出入りしているからな。。

  • タイの客車がいます。後ろはマレーシアのKTMコミューターです。同じホームに着いていますが、あちらはマレーシア、こちらはタイ。

    タイの客車がいます。後ろはマレーシアのKTMコミューターです。同じホームに着いていますが、あちらはマレーシア、こちらはタイ。

  • ハジャイ行き。タイ時刻1630過ぎにようやく出て行きました、乗る客の入国を待つのと、これから乗るバンコク行き列車の機関車が回送されてくるのを待って発車のようです。<br /><br />タイとマレーシアには時差が1時間あり、マレーシアの15時はタイの14時です。

    ハジャイ行き。タイ時刻1630過ぎにようやく出て行きました、乗る客の入国を待つのと、これから乗るバンコク行き列車の機関車が回送されてくるのを待って発車のようです。

    タイとマレーシアには時差が1時間あり、マレーシアの15時はタイの14時です。

  • そしてやってきたバンコク行き。ハジャイでスンガイコーロックから来る編成に併結されるので、さほど長くはない機関車+4両の編成です。

    そしてやってきたバンコク行き。ハジャイでスンガイコーロックから来る編成に併結されるので、さほど長くはない機関車+4両の編成です。

  • 一両目は荷物車扱いのような、かなり古典的な雰囲気の客車。ロングシートです。<br />

    一両目は荷物車扱いのような、かなり古典的な雰囲気の客車。ロングシートです。

  • 2~3両目は寝台車です。少し古い韓国製の車輌。

    2~3両目は寝台車です。少し古い韓国製の車輌。

  • 4両目は3等車です。<br /><br />1700定刻に発車!

    4両目は3等車です。

    1700定刻に発車!

  • バンコクの手前、バンスージャンクション駅までお世話になる寝台車です。プルマン式、オロネ24みたいな感じです。<br />私の席は残念ながら上段です。<br />パダンブサールからバンスージャンクションまでで898バーツ、3,097円でした。<br /><br />列車のチケットは、タイ国鉄のオフィシャルサイトで購入しました。英語ですがわかりやすいです。クレジットカードも使えます。<br />https://www.thairailwayticket.com/eTSRT/default.aspx?language=1<br /><br />ユーザー登録してログイン後、路線と区間、日付、人数を入れると候補列車が出てくるので選択、席種を選んで決済します。<br />メールにチケットのpdfが付いてくるので、印刷して持参。印刷していないとダメと書いてありますので注意が必要です。

    バンコクの手前、バンスージャンクション駅までお世話になる寝台車です。プルマン式、オロネ24みたいな感じです。
    私の席は残念ながら上段です。
    パダンブサールからバンスージャンクションまでで898バーツ、3,097円でした。

    列車のチケットは、タイ国鉄のオフィシャルサイトで購入しました。英語ですがわかりやすいです。クレジットカードも使えます。
    https://www.thairailwayticket.com/eTSRT/default.aspx?language=1

    ユーザー登録してログイン後、路線と区間、日付、人数を入れると候補列車が出てくるので選択、席種を選んで決済します。
    メールにチケットのpdfが付いてくるので、印刷して持参。印刷していないとダメと書いてありますので注意が必要です。

12いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

マレーシアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
マレーシア最安 90円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

マレーシアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集