プノンペン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2018年を終え,2019年に入った1月1日,念願の水路でベトナムから出国し,カンボジアに入国しました。<br />30年前は命がけのルート,今は実にあっさりしたものでした(笑)。<br />とはいえ,ボートで川を上って別の国に入国するというのは初めての経験で,結構感慨深いものがありました。<br />興味があれば覗いて行ってください。<br /><br />【*一部,ショッキングな写真がありますのでご注意】<br /><br />【旅の足あと】<br />12月30日   8:30福岡発ホーチミン行   ホーチミン経由でカントー泊  <br />12月31日   チャウドックに移動       チャウドック泊<br />1月1日     チャウドックからボートでプノンペンへ   プノンペン泊    ←第一関門突破!<br />1月2日     プノンペン観光              プノンペン泊<br />1月3日     プノンペン観光              プノンペン泊<br />1月4日     プノンペンからミニバンでシェムリアップへ  シェムリアップ泊<br />1月5日     アンコール遺跡巡り             シェムリアップ泊<br />1月6日     午前中トンレサップ湖へ、午後からアンコール遺跡巡り       シェムリアップ泊<br />1月7日     ベン・メリアなどの遺跡巡り    夕方空港へ     <br />1月8日     7:30日本到着

2018年年越し一人旅~ベトナム・カンボジア③プノンペン編(前半)

15いいね!

2018/12/30 - 2019/01/08

257位(同エリア928件中)

0

73

ハンマークラヴィーア

ハンマークラヴィーアさん

2018年を終え,2019年に入った1月1日,念願の水路でベトナムから出国し,カンボジアに入国しました。
30年前は命がけのルート,今は実にあっさりしたものでした(笑)。
とはいえ,ボートで川を上って別の国に入国するというのは初めての経験で,結構感慨深いものがありました。
興味があれば覗いて行ってください。

【*一部,ショッキングな写真がありますのでご注意】

【旅の足あと】
12月30日   8:30福岡発ホーチミン行   ホーチミン経由でカントー泊  
12月31日   チャウドックに移動       チャウドック泊
1月1日     チャウドックからボートでプノンペンへ   プノンペン泊    ←第一関門突破!
1月2日     プノンペン観光              プノンペン泊
1月3日     プノンペン観光              プノンペン泊
1月4日     プノンペンからミニバンでシェムリアップへ  シェムリアップ泊
1月5日     アンコール遺跡巡り             シェムリアップ泊
1月6日     午前中トンレサップ湖へ、午後からアンコール遺跡巡り       シェムリアップ泊
1月7日     ベン・メリアなどの遺跡巡り    夕方空港へ     
1月8日     7:30日本到着

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
4.5
グルメ
4.5
ショッピング
4.0
交通
5.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
15万円 - 20万円
交通手段
高速・路線バス 徒歩
航空会社
ベトナム航空
旅行の手配内容
個別手配
利用旅行会社
エクスペディア

PR

  • 朝7時30分。定刻にボートはチャウドックのツーリストポートを離れます。

    朝7時30分。定刻にボートはチャウドックのツーリストポートを離れます。

  • きたきた。予想通りやっぱり満員。<br />聞こえてくるのは8割方フランス語です。<br />欧米人大好きそうですもんねこういうルート。<br />ただ,話をするとカナダのケベックから来た人が多い。<br /><br />

    きたきた。予想通りやっぱり満員。
    聞こえてくるのは8割方フランス語です。
    欧米人大好きそうですもんねこういうルート。
    ただ,話をするとカナダのケベックから来た人が多い。

  • たった2日間だったけれど、ひとまずグッバイ,ベトナム。

    たった2日間だったけれど、ひとまずグッバイ,ベトナム。

  • 配られたビザ申請書。<br />ちなみにカンボジアビザの公定代金は30ドル。<br /><br />スタッフがいくら請求するか気にしていたところ,34ドルの請求が来ました。<br />しれっと30ドル渡したら、手に「34$」と書いて見せてきます(笑)<br />4ドルはスタッフの手数料です。<br />ネットでは「30ドルしか払う必要なし」という声もあるようでした。<br /><br />さて,ここでどうするかが悩ましいですね。<br />ほかの観光客の反応を見ていると,みんな34ドル払っていました。<br /><br />おそらく30ドルにこだわると自分でビザの申請を国境でしないといけないのではと思います。<br />これはあくまで国境越えを含む団体行動でのツアーと考え,34ドルを支払う方がよいのではないかと思い,そうしました。<br /><br />

    配られたビザ申請書。
    ちなみにカンボジアビザの公定代金は30ドル。

    スタッフがいくら請求するか気にしていたところ,34ドルの請求が来ました。
    しれっと30ドル渡したら、手に「34$」と書いて見せてきます(笑)
    4ドルはスタッフの手数料です。
    ネットでは「30ドルしか払う必要なし」という声もあるようでした。

    さて,ここでどうするかが悩ましいですね。
    ほかの観光客の反応を見ていると,みんな34ドル払っていました。

    おそらく30ドルにこだわると自分でビザの申請を国境でしないといけないのではと思います。
    これはあくまで国境越えを含む団体行動でのツアーと考え,34ドルを支払う方がよいのではないかと思い,そうしました。

  • 外にはベンチがあり,川の風景を楽しめますが・・

    外にはベンチがあり,川の風景を楽しめますが・・

  • スピードボートというだけあって,かなりの速度で飛ばします。<br />さすがにこのスピードで外でビールを飲む人はいませんです。

    スピードボートというだけあって,かなりの速度で飛ばします。
    さすがにこのスピードで外でビールを飲む人はいませんです。

  • 水上家屋がお出迎え。

    水上家屋がお出迎え。

  • バックパッカー多し。思い思いにデッキで寝そべります。<br />ただココ、けっこうエンジンの排気ガスが来ますorz

    バックパッカー多し。思い思いにデッキで寝そべります。
    ただココ、けっこうエンジンの排気ガスが来ますorz

  • 出発から1時間半ほどして,ベトナム側の国境に到着のようです。

    出発から1時間半ほどして,ベトナム側の国境に到着のようです。

  • 34ドルを受け取ったスタッフが全員のビザの申請代行に大忙し。<br />ここで自分の分をせっせと一人でやるのは相当勇気が要ります。<br />

    34ドルを受け取ったスタッフが全員のビザの申請代行に大忙し。
    ここで自分の分をせっせと一人でやるのは相当勇気が要ります。

  • ここでベトナムコーヒーを1ドルで買い,買っておいたバインミーと一緒におやつタイム。

    ここでベトナムコーヒーを1ドルで買い,買っておいたバインミーと一緒におやつタイム。

  • 船はカンボジア側へ向けて出航。

    船はカンボジア側へ向けて出航。

  • つづいてカンボジア側の国境へ。

    つづいてカンボジア側の国境へ。

  • この中でパスポートをスタッフから受け取り,入国審査を各自受けます。

    この中でパスポートをスタッフから受け取り,入国審査を各自受けます。

  • みんなで「ワシのパスポートはどこじゃあ~」と待っているの図。

    みんなで「ワシのパスポートはどこじゃあ~」と待っているの図。

  • あきらかにカンボジアになりました。

    あきらかにカンボジアになりました。

  • この中がイミグレ。ドキドキ。<br />両手の指紋を取られました・・・

    この中がイミグレ。ドキドキ。
    両手の指紋を取られました・・・

  • ボートでさらに北上し,船はとうとうプノンペンのツーリストポートへ。<br />噂通り,トゥクトゥク,バイクがわらわら寄ってきますが,ホテルは近くなので振り切ってまっすぐ向かいます。

    ボートでさらに北上し,船はとうとうプノンペンのツーリストポートへ。
    噂通り,トゥクトゥク,バイクがわらわら寄ってきますが,ホテルは近くなので振り切ってまっすぐ向かいます。

  • 川沿いに高いビルが立ち並ぶ,現代プノンペンの象徴的な風景。

    川沿いに高いビルが立ち並ぶ,現代プノンペンの象徴的な風景。

  • バイクの喧騒は同じだけれど、車は明らかにベトナムより多い。<br />それに、街の空気はガラッと変わったのを感じます。

    バイクの喧騒は同じだけれど、車は明らかにベトナムより多い。
    それに、街の空気はガラッと変わったのを感じます。

  • 川沿いから一本入るとローカルな市場が。

    川沿いから一本入るとローカルな市場が。

  • この先に宿泊予定のホテルを見つけます。

    この先に宿泊予定のホテルを見つけます。

  • 荷物を置いて,一息。時刻は午後2時。<br />今日は大きな観光はしないので,まずはビールとランチを。生き返るぅ~

    荷物を置いて,一息。時刻は午後2時。
    今日は大きな観光はしないので,まずはビールとランチを。生き返るぅ~

  • 川沿いのツーリストエリアから徒歩5分ほどで,最初の観光スポット,ワット・プノンへ。

    川沿いのツーリストエリアから徒歩5分ほどで,最初の観光スポット,ワット・プノンへ。

  • 入場料は1ドル。プノンペンの総本山らしく、観光客や地元の人で大賑わい。

    入場料は1ドル。プノンペンの総本山らしく、観光客や地元の人で大賑わい。

  • こちらはプノンペン中央郵便局。<br />こちらから発車するシェムリアップ行のミニバンをインターネットの「baolau」というサイトで予約しておいたのでリコンファームに向かう。<br />・・・・・別にリコンファーム、必要なかったらしい・・・・

    こちらはプノンペン中央郵便局。
    こちらから発車するシェムリアップ行のミニバンをインターネットの「baolau」というサイトで予約しておいたのでリコンファームに向かう。
    ・・・・・別にリコンファーム、必要なかったらしい・・・・

  • セントラルマーケットを見たかったので、まだ日が高いうちに徒歩で向かいます。<br />プノンペンは広いようで中心部は意外とこじんまりしているので、都会を歩きなれている人は普通にあるいて回れる感じです。<br />これは有名なナーガ像が置かれた橋。

    セントラルマーケットを見たかったので、まだ日が高いうちに徒歩で向かいます。
    プノンペンは広いようで中心部は意外とこじんまりしているので、都会を歩きなれている人は普通にあるいて回れる感じです。
    これは有名なナーガ像が置かれた橋。

  • 近くにはプノンペン(=ミセスペンの丘)の由来となったミセス=ペンの像が。<br /><br />ちょっと半端ないオーラ出してます。こわっ。

    近くにはプノンペン(=ミセスペンの丘)の由来となったミセス=ペンの像が。

    ちょっと半端ないオーラ出してます。こわっ。

  • 15分くらい歩くと、セントラルマーケットに到着。外周は土産物と市場兼食堂エリア。<br />臭い&床の生ごみがすごく、ちょっとここで食べるのは勇気がいる・・

    15分くらい歩くと、セントラルマーケットに到着。外周は土産物と市場兼食堂エリア。
    臭い&床の生ごみがすごく、ちょっとここで食べるのは勇気がいる・・

  • 中に入ると貴金属や衣類エリア。<br />

    中に入ると貴金属や衣類エリア。

  • 名だたるブランドのTシャツもなんと1ドルから(笑)!!<br /><br />シャレのきいたご当地Tシャツを発見したので1枚2ドルに値切り倒してゲット。<br />が・・シェムリアップで同じTシャツが1枚1ドルで売っているのを発見orz<br />

    名だたるブランドのTシャツもなんと1ドルから(笑)!!

    シャレのきいたご当地Tシャツを発見したので1枚2ドルに値切り倒してゲット。
    が・・シェムリアップで同じTシャツが1枚1ドルで売っているのを発見orz

  • この辺は、縦の奇数番号の通りと、横の偶数番号の通りをいくつか覚えておくと迷いません。<br />だいたい51番通り、偶数の154番通り、大通りのノロドム通りをうろちょろしていると、目的地にさほど迷わず行けます。

    この辺は、縦の奇数番号の通りと、横の偶数番号の通りをいくつか覚えておくと迷いません。
    だいたい51番通り、偶数の154番通り、大通りのノロドム通りをうろちょろしていると、目的地にさほど迷わず行けます。

  • ノロドム通りを南下し、シンボルの独立記念塔へ。中へは入れません。ザンネン。

    ノロドム通りを南下し、シンボルの独立記念塔へ。中へは入れません。ザンネン。

  • そのまま大通りを横切って南下すると、ハイソなボンケンコン通りにぶち当たります。<br />しかし、夜に来ても食事する以外やることないですね。<br />絶賛ハッピーアワー中。

    そのまま大通りを横切って南下すると、ハイソなボンケンコン通りにぶち当たります。
    しかし、夜に来ても食事する以外やることないですね。
    絶賛ハッピーアワー中。

  • 夕食はこの付近で評判のよいレストラン「クメールスリン」を見つけたので、ここで食べていくことにします。<br />イカのコショウ炒め。激ウマです。<br />スープ、サラダ、ビール2本、ライス付きのイカコショウ炒めで21ドル。<br />

    夕食はこの付近で評判のよいレストラン「クメールスリン」を見つけたので、ここで食べていくことにします。
    イカのコショウ炒め。激ウマです。
    スープ、サラダ、ビール2本、ライス付きのイカコショウ炒めで21ドル。

  • 一度ナイトマーケットを見てみたかったので、「3ドル」という運転手を2ドルで泣き落としてトゥクトゥクで向かいます。

    一度ナイトマーケットを見てみたかったので、「3ドル」という運転手を2ドルで泣き落としてトゥクトゥクで向かいます。

  • ナイトマーケットはゴザをしいて、思い思いに買ってきた食べ物を広げるスタイル。

    ナイトマーケットはゴザをしいて、思い思いに買ってきた食べ物を広げるスタイル。

  • 地元の人に人気の歌謡ショーなどやっております。

    地元の人に人気の歌謡ショーなどやっております。

  • 元旦のこの日はライトアップされた王宮周りでたくさんの人が夕涼み。<br />王宮は最終日にゆっくり観光することにして、しばしビール片手にしっぽりたそがれます。

    元旦のこの日はライトアップされた王宮周りでたくさんの人が夕涼み。
    王宮は最終日にゆっくり観光することにして、しばしビール片手にしっぽりたそがれます。

  • 泊まったホテルの排水が最悪で、何か部屋も妙に湿っぽいので、ホテルを変えてちょっとよさげなリバーサイドのホテルに移動。<br />ココはなかなかでした。

    泊まったホテルの排水が最悪で、何か部屋も妙に湿っぽいので、ホテルを変えてちょっとよさげなリバーサイドのホテルに移動。
    ココはなかなかでした。

  • 1泊5000円くらいするけど、川も眺められるし、清潔だし、なかなか快適。

    1泊5000円くらいするけど、川も眺められるし、清潔だし、なかなか快適。

  • この日はプノンペン観光の目玉として、郊外のキリング・フィールドと比較的近場のトゥールスレン博物館を見に行くことに。<br />ホテルでトゥクトゥクを呼んでもらい、一日観光で25ドルでお願いしました。

    この日はプノンペン観光の目玉として、郊外のキリング・フィールドと比較的近場のトゥールスレン博物館を見に行くことに。
    ホテルでトゥクトゥクを呼んでもらい、一日観光で25ドルでお願いしました。

  • のどかな農村といった風情の村を抜けて。

    のどかな農村といった風情の村を抜けて。

  • 到着しました。チュンエクという村に残るジェノサイド記録センター。<br />通称「キリングフィールド」と呼ばれる場所です。<br /><br />つたない文章でココのインパクトを伝えることはできないので、ぜひベトナム戦争の飛び火から内戦の終結、ポル・ポト政権時代の悪夢まで、歴史を学んで訪れることをおすすめします。

    到着しました。チュンエクという村に残るジェノサイド記録センター。
    通称「キリングフィールド」と呼ばれる場所です。

    つたない文章でココのインパクトを伝えることはできないので、ぜひベトナム戦争の飛び火から内戦の終結、ポル・ポト政権時代の悪夢まで、歴史を学んで訪れることをおすすめします。

  • 虐殺された人々の大量の遺体が投げ込まれ、プノンペン解放後に無数の人骨が発見された穴。<br />雨季には地表に無数の細かい骨が浮かび上がるそうです。

    虐殺された人々の大量の遺体が投げ込まれ、プノンペン解放後に無数の人骨が発見された穴。
    雨季には地表に無数の細かい骨が浮かび上がるそうです。

  • もともとは中国人墓地だったチュンエク村。歴史背景がなければ、木々に囲まれたのどかな農村だったのでしょう。

    もともとは中国人墓地だったチュンエク村。歴史背景がなければ、木々に囲まれたのどかな農村だったのでしょう。

  • まるでのこぎりを思わせる巨大な葉。<br />クメール・ルージュは緊縮財政だったため、銃弾ではなく農工具など安価な道具で主に処刑をしたようですが、この葉も人の頸動脈を切るのにつかわれたそう。<br />触ってみましたが、確かにこれは簡単に人の首を切断できそうなほど固く鋭い・・・

    まるでのこぎりを思わせる巨大な葉。
    クメール・ルージュは緊縮財政だったため、銃弾ではなく農工具など安価な道具で主に処刑をしたようですが、この葉も人の頸動脈を切るのにつかわれたそう。
    触ってみましたが、確かにこれは簡単に人の首を切断できそうなほど固く鋭い・・・

  • 狂気の木の一つ、通称「マジックツリー」。<br />処刑時に絶叫が聞こえないよう、革命歌を大音量で流すスピーカーを吊るしていたそうです。

    狂気の木の一つ、通称「マジックツリー」。
    処刑時に絶叫が聞こえないよう、革命歌を大音量で流すスピーカーを吊るしていたそうです。

  • 幼児を打ち付け殺害したとされるキリングツリー。プノンペンを「解放」後、ここに踏み込んだ反ポルポト派の人々は、飛び散った脳漿を見て驚愕したそうです。<br />今は訪れた人々による無数のミサンガが飾られています。

    幼児を打ち付け殺害したとされるキリングツリー。プノンペンを「解放」後、ここに踏み込んだ反ポルポト派の人々は、飛び散った脳漿を見て驚愕したそうです。
    今は訪れた人々による無数のミサンガが飾られています。

  • 中心の慰霊塔には17の階層が設けられ、粛清の犠牲となった人々の頭骨が祀られています。<br />上部の様子は肉眼では見えません。<br />17は、クメール・ルージュがプノンペンを落とした1975年4月17日にちなんでいるそうです。<br />皮肉なことに、ベトナム軍と反ポルポト派がプノンペンを奪還したのは1979年1月7日だそうです。

    中心の慰霊塔には17の階層が設けられ、粛清の犠牲となった人々の頭骨が祀られています。
    上部の様子は肉眼では見えません。
    17は、クメール・ルージュがプノンペンを落とした1975年4月17日にちなんでいるそうです。
    皮肉なことに、ベトナム軍と反ポルポト派がプノンペンを奪還したのは1979年1月7日だそうです。

  • 続いて訪れたのは,クメール・ルージュが政治犯として扱った人々を収容したトゥールスレン博物館。外観は普通の学校、中は生きては帰れない収容所。<br />クメール・ルージュが撤退するまで「S21」の通称で呼ばれていました。<br /><br />入場は5ドル。自分はオーディオガイドを頼みませんでしたが、日本語もあるのでぜひオーディオガイドを頼んで見学されることをおすすめします。

    続いて訪れたのは,クメール・ルージュが政治犯として扱った人々を収容したトゥールスレン博物館。外観は普通の学校、中は生きては帰れない収容所。
    クメール・ルージュが撤退するまで「S21」の通称で呼ばれていました。

    入場は5ドル。自分はオーディオガイドを頼みませんでしたが、日本語もあるのでぜひオーディオガイドを頼んで見学されることをおすすめします。

  • 子どもたちが将来のために学ぶはずの学校は、政権にとって不都合な人間を「粛清」するための地獄の場所となってしまいました。

    子どもたちが将来のために学ぶはずの学校は、政権にとって不都合な人間を「粛清」するための地獄の場所となってしまいました。

  • 被収容者を拘束し、尋問を行うベッド。<br />壁にあるのは、プノンペンを解放した際に同行したベトナム軍従軍記者が撮影した,突入時の拷問室の写真だそう。正視にたえない。言葉が出ない。<br />床に広がった変色のうちいくつかは、おそらく血痕なのでしょう。

    被収容者を拘束し、尋問を行うベッド。
    壁にあるのは、プノンペンを解放した際に同行したベトナム軍従軍記者が撮影した,突入時の拷問室の写真だそう。正視にたえない。言葉が出ない。
    床に広がった変色のうちいくつかは、おそらく血痕なのでしょう。

  • 収容者を拘束する独居房。正直こんなところにいたら1日で発狂すると思います。<br />静まり返っていて、反対側から観光客が歩いて来るのに気づいただけで心臓がビクンッ!となる。

    収容者を拘束する独居房。正直こんなところにいたら1日で発狂すると思います。
    静まり返っていて、反対側から観光客が歩いて来るのに気づいただけで心臓がビクンッ!となる。

  • 階段でさえ,陰鬱な影を纏っています。<br />正直なところ、ここを見学している間は、1秒でも早くこの場を離れたいという思いに付きまとわれていました・・

    階段でさえ,陰鬱な影を纏っています。
    正直なところ、ここを見学している間は、1秒でも早くこの場を離れたいという思いに付きまとわれていました・・

  • 収容者を吊るすための拷問台と,名もなき被収容者の墓が見える向こうに,ここ20年以内に作られた近代的なビルが並ぶ。<br />これまで訪れた国とは明らかに違う異様な雰囲気。

    収容者を吊るすための拷問台と,名もなき被収容者の墓が見える向こうに,ここ20年以内に作られた近代的なビルが並ぶ。
    これまで訪れた国とは明らかに違う異様な雰囲気。

  • 収容された人々。当時はクメールルージュ内で活動した少年兵で,後に収容された子どもたちの写真もありました。<br />7人(現在は8人らしいです)を除いて生還した者はいなかったそうです。

    収容された人々。当時はクメールルージュ内で活動した少年兵で,後に収容された子どもたちの写真もありました。
    7人(現在は8人らしいです)を除いて生還した者はいなかったそうです。

  • クメール・ルージュの入城を歓待する人々。しかし、この数日後、強制移住が粛々と進められ、プノンペンはゴーストタウンとなったそうです。<br />

    クメール・ルージュの入城を歓待する人々。しかし、この数日後、強制移住が粛々と進められ、プノンペンはゴーストタウンとなったそうです。

  • 通称「ドッチ」氏。S21の所長として、内部での苛烈な拷問と殺戮の指揮を執ったと目される人物。<br />しかし、現在も続くクメール・ルージュに関する裁判は、数々の問題を抱えており、真実が明らかになるには途方もない年月が必要になるといわれています。

    通称「ドッチ」氏。S21の所長として、内部での苛烈な拷問と殺戮の指揮を執ったと目される人物。
    しかし、現在も続くクメール・ルージュに関する裁判は、数々の問題を抱えており、真実が明らかになるには途方もない年月が必要になるといわれています。

  • クメール・ルージュの幹部に対しては、近年続々と有罪の判決が下されているということです。<br />右下が指導者ポル・ポトの最期。

    クメール・ルージュの幹部に対しては、近年続々と有罪の判決が下されているということです。
    右下が指導者ポル・ポトの最期。

  • 左端にポル・ポト、その隣に「ブラザー・ナンバー2」の名を冠したヌオン・チアなど、クメール・ルージュの中枢に位置した人々。<br /><br />センチメンタルな見方かもしれませんが、ベトナム戦争のとばっちりを受け、アメリカに引っ掻き回された当時のカンボジアの国政の状況の中では、彼らもまた時代の被害者というべきなのかもしれません・・・

    左端にポル・ポト、その隣に「ブラザー・ナンバー2」の名を冠したヌオン・チアなど、クメール・ルージュの中枢に位置した人々。

    センチメンタルな見方かもしれませんが、ベトナム戦争のとばっちりを受け、アメリカに引っ掻き回された当時のカンボジアの国政の状況の中では、彼らもまた時代の被害者というべきなのかもしれません・・・

  • 校舎を取り巻く、収容者が飛び降りて自殺を防止するための有刺鉄線。<br />これだけで禍々しさが伝わってきます。<br />

    校舎を取り巻く、収容者が飛び降りて自殺を防止するための有刺鉄線。
    これだけで禍々しさが伝わってきます。

  • 慰霊の塔。<br />キリングフィールドと同様、ここはみな黙りこくって観光しています。<br />自分が生まれる少し前に、想像を絶する悲劇が起きた場所ですが、今も世界中で、美しいヨーロッパにおいてさえ、人間業とは思えないジェノサイドが起きています。<br />正しく歴史を学ぶことを誓い、二度とこのような悲劇が起きないよう祈りをささげて後にします。

    慰霊の塔。
    キリングフィールドと同様、ここはみな黙りこくって観光しています。
    自分が生まれる少し前に、想像を絶する悲劇が起きた場所ですが、今も世界中で、美しいヨーロッパにおいてさえ、人間業とは思えないジェノサイドが起きています。
    正しく歴史を学ぶことを誓い、二度とこのような悲劇が起きないよう祈りをささげて後にします。

  • 運転手が思いのほかいい人だったので、当初予定にはなかったロシアンマーケット(トゥール・トンボン・マーケット)にも寄ってもらうことに。<br />パチモンの銅像などが多いマーケットで、特に目新しいものはなく。<br /><br />ただ、食堂がかなり清潔で、ここで食事は十分アリです。

    運転手が思いのほかいい人だったので、当初予定にはなかったロシアンマーケット(トゥール・トンボン・マーケット)にも寄ってもらうことに。
    パチモンの銅像などが多いマーケットで、特に目新しいものはなく。

    ただ、食堂がかなり清潔で、ここで食事は十分アリです。

  • ホテルに帰ってきたのは午後4時。<br />ふと思い立ってトンレサップ川沿いを散歩していると、見つけました。<br />5ドルでのリバークルーズ。<br />天気は悪いですが、せっかくなので乗っていくことにします。

    ホテルに帰ってきたのは午後4時。
    ふと思い立ってトンレサップ川沿いを散歩していると、見つけました。
    5ドルでのリバークルーズ。
    天気は悪いですが、せっかくなので乗っていくことにします。

  • 王宮エリアも見えます。天気が良ければなおグッド。

    王宮エリアも見えます。天気が良ければなおグッド。

  • 高層ビルの立ち並ぶ川沿いや、対岸のソカホテルのある側の風景もよく見えます。<br />小雨が降ることがあるので薄手のアウターがあると便利です。

    高層ビルの立ち並ぶ川沿いや、対岸のソカホテルのある側の風景もよく見えます。
    小雨が降ることがあるので薄手のアウターがあると便利です。

  • 対岸には、水上家屋で生活を送る人々の様子も見えます。<br /><br />5ドルで1時間ほどのクルーズですが、おすすめです。

    対岸には、水上家屋で生活を送る人々の様子も見えます。

    5ドルで1時間ほどのクルーズですが、おすすめです。

  • 夕食は1回くらい屋台にチャレンジしたいので、バイタクに2ドル払ってオルセーマーケットまでやってきました。

    夕食は1回くらい屋台にチャレンジしたいので、バイタクに2ドル払ってオルセーマーケットまでやってきました。

  • ここ、難易度高かったww<br />ステーキ屋台を見つけたのでビールと一緒にオーダー。<br />でも英語が全く通じない(笑)<br /><br />隣の席のおじさまが片言の英語を話すので、通訳してもらって何とかオーダー成功。<br />野菜を頼んだら何と水で洗ったばっかりの生野菜が来たので、ちょっと遠慮させてもらって隣の席のカップルにあげました。

    ここ、難易度高かったww
    ステーキ屋台を見つけたのでビールと一緒にオーダー。
    でも英語が全く通じない(笑)

    隣の席のおじさまが片言の英語を話すので、通訳してもらって何とかオーダー成功。
    野菜を頼んだら何と水で洗ったばっかりの生野菜が来たので、ちょっと遠慮させてもらって隣の席のカップルにあげました。

  • 隣の屋台に移動し、焼うどんとビールをオーダー。<br />ここは英語が通じるので一安心。<br /><br />ビール3000リエル、焼うどん2ドル。うどん、高すぎないか??

    隣の屋台に移動し、焼うどんとビールをオーダー。
    ここは英語が通じるので一安心。

    ビール3000リエル、焼うどん2ドル。うどん、高すぎないか??

  • セントラルマーケットまでは意外と近いので、腹ごなしに歩くと有名店「クメールデザート」を見つけたので、カボチャプリンをいただきます。<br />2400リエルという破格です。

    セントラルマーケットまでは意外と近いので、腹ごなしに歩くと有名店「クメールデザート」を見つけたので、カボチャプリンをいただきます。
    2400リエルという破格です。

  • FCCプノンペンの展望バーに上り、最後の一杯。<br />明日は王宮とシルバーパゴダを見てプノンペン最後の夜です。

    FCCプノンペンの展望バーに上り、最後の一杯。
    明日は王宮とシルバーパゴダを見てプノンペン最後の夜です。

15いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

ハンマークラヴィーアさんの関連旅行記

ハンマークラヴィーアさんの旅行記一覧

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

カンボジアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
カンボジア最安 290円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

カンボジアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集