アントワープ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
21日間、ヨーロッパをひとり旅しました。(個人旅行)<br /><br />5日目はアムステルダムから国境を越えてTHALYSで日帰りベルギーのアントワープへ。はじめての鉄道旅もだいぶ慣れてきました。<br /><br />アムステルダムからベルギーのアントワープに行くことにしました。<br /><br />元々は、ドイツ・フランスとあと1国どこに行こうと思っていた時に、候補だったのが「デンマーク」「オランダ」「ポーランド」「オーストリア」「チェコ」「ベルギー」でした。<br /><br />4travelで旅行記を見ていたときに、行きたいと思ったのがオランダ。<br />ミッフィーちゃんが好きだから。<br /><br />そして、オランダの旅行記を読んでいたときに、日帰りでベルギーに行ったという記事を読んでアントワープ行きを決めました。<br /><br />フランダースの犬の舞台。1度行ってみたかった。

【ヨーロッパ周遊5日目①】個人旅行ひとり旅 アムステルダムから日帰りアントワープ

10いいね!

2018/02/16 - 2018/02/16

295位(同エリア729件中)

0

14

うなこ

うなこさん

この旅行記のスケジュール

2018/02/16

この旅行記スケジュールを元に

21日間、ヨーロッパをひとり旅しました。(個人旅行)

5日目はアムステルダムから国境を越えてTHALYSで日帰りベルギーのアントワープへ。はじめての鉄道旅もだいぶ慣れてきました。

アムステルダムからベルギーのアントワープに行くことにしました。

元々は、ドイツ・フランスとあと1国どこに行こうと思っていた時に、候補だったのが「デンマーク」「オランダ」「ポーランド」「オーストリア」「チェコ」「ベルギー」でした。

4travelで旅行記を見ていたときに、行きたいと思ったのがオランダ。
ミッフィーちゃんが好きだから。

そして、オランダの旅行記を読んでいたときに、日帰りでベルギーに行ったという記事を読んでアントワープ行きを決めました。

フランダースの犬の舞台。1度行ってみたかった。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
グルメ
5.0
ショッピング
4.0
交通
5.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
50万円 - 100万円
交通手段
鉄道 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • アムステルダム中央駅8時17分発 <br />アントワープ中央駅9時30分着<br /><br />THALYS(パリ行き)です。<br /><br />1等席、80ユーロ。<br /><br />日帰りでの旅ですが国境を超えるので、念のためパスポートを持っていきます。(特に使わないのですが)<br /><br />パスポートはユニクロのウルトラライトダウンコンパクトジャケットの内ポケットに入れておきます。(とても安全!)<br /><br />内装も赤でおしゃれです。隣のシートにご夫婦がいました。<br />私がベルギーのガイドを読んでいると、声をかけてくれました。<br /><br />「こんにちは、日本人の方ですか?」<br /><br />突然の日本語にびっくりしました。<br />中国人のご夫婦だったのですが、奥様は数年間日本に住んでいたようで<br />日本語がとても上手です。<br /><br />私はこれからベルギーに行くことを話したら<br />ご夫婦はこれからパリに行くのだそう。<br /><br />私も数週間後、パリに行くので、その話もしました。<br /><br />そして、私も仕事で中国に行くことも多かったので<br />あっという間に意気投合。Wechatで連絡先を交換して、仲良くなりました。<br /><br />旅は出会いです。<br />

    アムステルダム中央駅8時17分発 
    アントワープ中央駅9時30分着

    THALYS(パリ行き)です。

    1等席、80ユーロ。

    日帰りでの旅ですが国境を超えるので、念のためパスポートを持っていきます。(特に使わないのですが)

    パスポートはユニクロのウルトラライトダウンコンパクトジャケットの内ポケットに入れておきます。(とても安全!)

    内装も赤でおしゃれです。隣のシートにご夫婦がいました。
    私がベルギーのガイドを読んでいると、声をかけてくれました。

    「こんにちは、日本人の方ですか?」

    突然の日本語にびっくりしました。
    中国人のご夫婦だったのですが、奥様は数年間日本に住んでいたようで
    日本語がとても上手です。

    私はこれからベルギーに行くことを話したら
    ご夫婦はこれからパリに行くのだそう。

    私も数週間後、パリに行くので、その話もしました。

    そして、私も仕事で中国に行くことも多かったので
    あっという間に意気投合。Wechatで連絡先を交換して、仲良くなりました。

    旅は出会いです。

    アムステルダム中央駅

  • 1時間13分。あっという間にベルギーのアントワープに到着。<br /><br />中国のご夫婦と別れて、はじめてのベルギーへ。

    1時間13分。あっという間にベルギーのアントワープに到着。

    中国のご夫婦と別れて、はじめてのベルギーへ。

    アントワープ中央駅

  • 重厚感ある駅。<br /><br />この駅を作るのに10年かかったそう。<br />10年でここまで作れるなんてすごい。<br /><br />地元の浦和駅は25年くらい工事して、ようやく最近完成しました。<br />(こんなに立派ではない・笑)

    重厚感ある駅。

    この駅を作るのに10年かかったそう。
    10年でここまで作れるなんてすごい。

    地元の浦和駅は25年くらい工事して、ようやく最近完成しました。
    (こんなに立派ではない・笑)

    アントワープ中央駅

  • 世界で美しい駅ランキングに入っているのだとか。

    世界で美しい駅ランキングに入っているのだとか。

  • 駅が美術館のようです。

    駅が美術館のようです。

  • 朝早くに到着したので、カフェでお茶をしました。<br /><br />そのあと、街歩き。まずはルーベンスの家に向かいます。<br />途中で見覚えのあるお店が。<br /><br />ユニクロ。<br /><br />アントワープは日本とのつながりも強い街のようです。<br /><br />この辺りは、お店がたくさんあるので、ウィンドウショッピングしながら、ゆっくり散歩しました。

    朝早くに到着したので、カフェでお茶をしました。

    そのあと、街歩き。まずはルーベンスの家に向かいます。
    途中で見覚えのあるお店が。

    ユニクロ。

    アントワープは日本とのつながりも強い街のようです。

    この辺りは、お店がたくさんあるので、ウィンドウショッピングしながら、ゆっくり散歩しました。

  • まずはルーベンスの家に。<br /><br />ルーベンスについて、詳しくはありません。<br />ネロ(フランダースの犬)がみたかった絵というくらいの知識。

    まずはルーベンスの家に。

    ルーベンスについて、詳しくはありません。
    ネロ(フランダースの犬)がみたかった絵というくらいの知識。

  • 寝室。

    寝室。

  • ルーベンスの絵が素晴らしいことは、知識のない私でもわかります。<br /><br />光の表現がとても美しい。そして、動きの表現。<br />いつまでもみていられるほどでした。

    ルーベンスの絵が素晴らしいことは、知識のない私でもわかります。

    光の表現がとても美しい。そして、動きの表現。
    いつまでもみていられるほどでした。

  • ルーベンスがすごした家。

    ルーベンスがすごした家。

    ルーベンスの家 建造物

  • 自転車を借りることもできるようです。<br /><br />

    自転車を借りることもできるようです。

  • ルーベンスの家を出た後は市庁舎に向かいます。歩いていく道でおいしそうなパン。

    ルーベンスの家を出た後は市庁舎に向かいます。歩いていく道でおいしそうなパン。

  • ベルギーは美食の国。おいしそうなものであふれていました。<br /><br />市庁舎、そしてネロを訪ねる旅は、次の記事に書きます。

    ベルギーは美食の国。おいしそうなものであふれていました。

    市庁舎、そしてネロを訪ねる旅は、次の記事に書きます。

10いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

うなこさんの関連旅行記

うなこさんの旅行記一覧

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ベルギーで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ベルギー最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ベルギーの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集