戸塚・いずみ野・港南台 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 湘南新宿ラインの下り電車に乗ると車内広告の「ONARA99%OFF」が目に入った。「おならが99%減る」。いや、屁(おなら)をこかなくなるということではあるまい。良く見ると「年内サヨナラキャンペーン」とあり、「サヨナラ」をローマ字で表記したが、モデルの位置で、「SAY」が隠れてしまったのだ。事実、これとほぼ同じポスターで、モデルの位置が多少異なる別のポスターには「SAYONARA99%」とある。<br /> おそらくは、「SAYONARA99%」と「サヨナラ」が全部読めるポスターは上司のチェックを受け、「SAY」が隠れて「ONARA99%OFF」になってしまったポスターは上司のチェックを受けなかったのだろう。これ(SAYがない)では何も言えない。<br /> この「ONARA99%OFF」の車内広告のポスターを眺めていると、現在の日本企業の実態が良く分かる。日本企業は大企業であれ、中小企業であれ、すべからくこの程度であるというのが実情であろうか。<br /> こんなことに気が付くのは10,000人に1人かと思っていたが、大磯でご一緒したご婦人も来るときにこの広告を見ておかしいと思ったそうだ。10,000人に1人ではなく、1,000人に1人ぐらいは気が付くということか?<br /> なお、この電車は途中で体調不良となった乗客の救護活動のために9分遅れで戸塚駅を発車した。隣に入線している上野東京ライン平塚行を先に発車させ、続いて特急「踊り子」号を通過待ち合わせした後の発車であり、乗客の救護活動のために要した電車の遅れは4、5分程度になる計算だ。そういえば、11月26日午前にも、ここ戸塚駅で体調不良となった乗客の救護活動のために21分遅れで戸塚駅を発車した上り横須賀線千葉行(その後、東京駅止まりに変更された)に乗車した。戸塚駅で乗客を混雑する狭い電車内からホームに下ろし、そこで救急車を呼ぶかどうかを判断すれば良いことであり、それは3、4分もあれば済むことだろうと思った。現実には体調不良となった乗客の救護活動のために要する電車の遅れは、都心の駅なら4、5分程度で済み、田舎の駅なら21分も掛かるということだ。加えて、戸塚駅のホームの乗車案内では、間もなく後続の横須賀線成田空港行が隣の2番線に入線し、そちらの電車の方がこの電車よりも先の発車になる旨の放送があり、そのためにこの電車を下り、ホームで成田空港行電車を待つ人の列で溢れ返ってしまった。しかし、実際にはこの電車の方が21分遅れで先に戸塚駅を発車し、成田空港行電車は後発になって、電車の発車の順番は守られたのだ。このことからも田舎の駅では体調不良となった乗客の救護活動などの緊急の事態には対応ができないという現実が露呈してしまった。<br />(表紙写真は「ONARA99%OFF」の車内広告)

「ONARA99%OFF」の車内広告

3いいね!

2018/12/03 - 2018/12/03

506位(同エリア1003件中)

0

2

 湘南新宿ラインの下り電車に乗ると車内広告の「ONARA99%OFF」が目に入った。「おならが99%減る」。いや、屁(おなら)をこかなくなるということではあるまい。良く見ると「年内サヨナラキャンペーン」とあり、「サヨナラ」をローマ字で表記したが、モデルの位置で、「SAY」が隠れてしまったのだ。事実、これとほぼ同じポスターで、モデルの位置が多少異なる別のポスターには「SAYONARA99%」とある。
 おそらくは、「SAYONARA99%」と「サヨナラ」が全部読めるポスターは上司のチェックを受け、「SAY」が隠れて「ONARA99%OFF」になってしまったポスターは上司のチェックを受けなかったのだろう。これ(SAYがない)では何も言えない。
 この「ONARA99%OFF」の車内広告のポスターを眺めていると、現在の日本企業の実態が良く分かる。日本企業は大企業であれ、中小企業であれ、すべからくこの程度であるというのが実情であろうか。
 こんなことに気が付くのは10,000人に1人かと思っていたが、大磯でご一緒したご婦人も来るときにこの広告を見ておかしいと思ったそうだ。10,000人に1人ではなく、1,000人に1人ぐらいは気が付くということか?
 なお、この電車は途中で体調不良となった乗客の救護活動のために9分遅れで戸塚駅を発車した。隣に入線している上野東京ライン平塚行を先に発車させ、続いて特急「踊り子」号を通過待ち合わせした後の発車であり、乗客の救護活動のために要した電車の遅れは4、5分程度になる計算だ。そういえば、11月26日午前にも、ここ戸塚駅で体調不良となった乗客の救護活動のために21分遅れで戸塚駅を発車した上り横須賀線千葉行(その後、東京駅止まりに変更された)に乗車した。戸塚駅で乗客を混雑する狭い電車内からホームに下ろし、そこで救急車を呼ぶかどうかを判断すれば良いことであり、それは3、4分もあれば済むことだろうと思った。現実には体調不良となった乗客の救護活動のために要する電車の遅れは、都心の駅なら4、5分程度で済み、田舎の駅なら21分も掛かるということだ。加えて、戸塚駅のホームの乗車案内では、間もなく後続の横須賀線成田空港行が隣の2番線に入線し、そちらの電車の方がこの電車よりも先の発車になる旨の放送があり、そのためにこの電車を下り、ホームで成田空港行電車を待つ人の列で溢れ返ってしまった。しかし、実際にはこの電車の方が21分遅れで先に戸塚駅を発車し、成田空港行電車は後発になって、電車の発車の順番は守られたのだ。このことからも田舎の駅では体調不良となった乗客の救護活動などの緊急の事態には対応ができないという現実が露呈してしまった。
(表紙写真は「ONARA99%OFF」の車内広告)

PR

  • 「ONARA99%OFF」の車内広告。

    「ONARA99%OFF」の車内広告。

  • 「SAYONARA99%」と読める車内広告。

    「SAYONARA99%」と読める車内広告。

この旅行記のタグ

3いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

戸塚・いずみ野・港南台(神奈川) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集