横須賀旅行記(ブログ) 一覧に戻る
7月15日はごろ合わせで内航船の日。そして7月第3月曜日は海の日(もともとは7月20日)。<br />というわけで?東京湾の入り口浦賀水道を行き来する船を見に観音崎へ行ってきました。<br />日本で最初の洋式灯台である観音埼灯台の起工日である1868年から数えて今年は150周年。<br /><br />砂浜で遊んだり、灯台に登ったり、そして海を往く船を眺めて温泉に浸かる一日でした。<br />移動は横須賀駅前のレンタサイクルなどを利用。渡し船にも乗りました。

内航船の日・海の日を前に観音崎へ

8いいね!

2018/07/14 - 2018/07/14

537位(同エリア1031件中)

0

34

この旅行記のスケジュール

2018/07/14

7月15日はごろ合わせで内航船の日。そして7月第3月曜日は海の日(もともとは7月20日)。
というわけで?東京湾の入り口浦賀水道を行き来する船を見に観音崎へ行ってきました。
日本で最初の洋式灯台である観音埼灯台の起工日である1868年から数えて今年は150周年。

砂浜で遊んだり、灯台に登ったり、そして海を往く船を眺めて温泉に浸かる一日でした。
移動は横須賀駅前のレンタサイクルなどを利用。渡し船にも乗りました。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
交通
3.0
同行者
友人
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
JRローカル 私鉄 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • スタート地点、JR横須賀駅

    スタート地点、JR横須賀駅

    横須賀駅

  • 駅からすぐ海です。<br />海上自衛隊の基地には今日も護衛艦が泊っていました。

    駅からすぐ海です。
    海上自衛隊の基地には今日も護衛艦が泊っていました。

  • 駅前の一角にレンタサイクル(シェアサイクル)があります。東京や横浜のセブンイレブンにおいてあるHello cyclingです。<br />土曜日の10でしたが1台だけ残っていました。スマホで台数の確認ができるようでしたが、かなり稼働率は高そうですね。<br />横須賀市内には4か所のステーションがあり、どこで借りてもどこでも返すことができます

    駅前の一角にレンタサイクル(シェアサイクル)があります。東京や横浜のセブンイレブンにおいてあるHello cyclingです。
    土曜日の10でしたが1台だけ残っていました。スマホで台数の確認ができるようでしたが、かなり稼働率は高そうですね。
    横須賀市内には4か所のステーションがあり、どこで借りてもどこでも返すことができます

  • 途中、昼食をとりつつ海沿いの国道16号を南下。<br />走水水源地に到着。浄水場です。

    途中、昼食をとりつつ海沿いの国道16号を南下。
    走水水源地に到着。浄水場です。

    走水水源地 名所・史跡

  • 駐車場ではお水をくむことができます。

    駐車場ではお水をくむことができます。

  • 横須賀水道発祥の地だそうです。<br />横須賀に造船所・製鉄所を造ったヴェルニーの功績の一つ。

    横須賀水道発祥の地だそうです。
    横須賀に造船所・製鉄所を造ったヴェルニーの功績の一つ。

  • 付近には展望台もあり、横須賀市街地から猿島、横浜方面を望むことができます。

    付近には展望台もあり、横須賀市街地から猿島、横浜方面を望むことができます。

  • さらに国道を走って走水神社(はしりみずじんじゃ)につきました。<br />日本武尊とその妃が祭られています。日本武尊がここから東京湾の反対の上総へ渡る際にいろいろあったそうな<br />不思議な地名ですが、古事記にも載る由緒ある地名です。

    さらに国道を走って走水神社(はしりみずじんじゃ)につきました。
    日本武尊とその妃が祭られています。日本武尊がここから東京湾の反対の上総へ渡る際にいろいろあったそうな
    不思議な地名ですが、古事記にも載る由緒ある地名です。

    走水神社 寺・神社

  • 境内。セミが鳴いてる。

    境内。セミが鳴いてる。

  • 社殿の脇にロシアの機雷が置いてありました。<br />そういえばこの神社は巡洋艦「衣笠」の艦内神社でもあります。

    社殿の脇にロシアの機雷が置いてありました。
    そういえばこの神社は巡洋艦「衣笠」の艦内神社でもあります。

  • 神社からもうひと踏ん張りで観音崎公園です。<br />ちょっとした浜辺が公開されています。バーベキューもできるとか。<br /><br />偶然、沖をLNG船が通りました。アメリカ?中東?から日本にエネルギーを運んでくれています。

    神社からもうひと踏ん張りで観音崎公園です。
    ちょっとした浜辺が公開されています。バーベキューもできるとか。

    偶然、沖をLNG船が通りました。アメリカ?中東?から日本にエネルギーを運んでくれています。

    観音崎 (神奈川県) 自然・景勝地

  • 少し歩くと磯もあります。<br />地層が独特ですね。

    少し歩くと磯もあります。
    地層が独特ですね。

  • 東京湾の入り口、浦賀水道を行き来する船がたくさん。<br />左から貨物船、RORO船、ばら積み船、ヨット、ばら積み船、海上保安庁船、タンカー<br />全国から東京へ、東京から全国へたくさんのものが行き来している様子が見られました。

    東京湾の入り口、浦賀水道を行き来する船がたくさん。
    左から貨物船、RORO船、ばら積み船、ヨット、ばら積み船、海上保安庁船、タンカー
    全国から東京へ、東京から全国へたくさんのものが行き来している様子が見られました。

  • 続いて灯台へ。

    続いて灯台へ。

  • 観音埼灯台です。<br />200円の寄付で上まで登ることができます。また、資料館で灯台の歴史や仕組みについて知ることができました(館内は撮影禁止)。

    観音埼灯台です。
    200円の寄付で上まで登ることができます。また、資料館で灯台の歴史や仕組みについて知ることができました(館内は撮影禁止)。

    観音崎公園 公園・植物園

  • 明治元年(1868年)にここでも登場ヴェルニー氏によって日本初の西洋式灯台として建設されました。今、建っているものは3代目。<br /><br />ちなみに地名は「観音崎」、灯台名は「観音埼」です。国土地理院は「崎」、海上保安庁としてはもともとの漢字の意味に即して「埼」を使っているのだとか。

    明治元年(1868年)にここでも登場ヴェルニー氏によって日本初の西洋式灯台として建設されました。今、建っているものは3代目。

    ちなみに地名は「観音崎」、灯台名は「観音埼」です。国土地理院は「崎」、海上保安庁としてはもともとの漢字の意味に即して「埼」を使っているのだとか。

  • 点灯日の記念碑。<br />あと「まむし」「とんび」に注意だそうです。

    点灯日の記念碑。
    あと「まむし」「とんび」に注意だそうです。

  • 灯台の入り口には近代化産業遺産の認定証や灯台補給船の絵、光源の電球が展示されていました。

    灯台の入り口には近代化産業遺産の認定証や灯台補給船の絵、光源の電球が展示されていました。

  • らせん階段を上って上へ。

    らせん階段を上って上へ。

  • 上に登ると光源が頭上に。フレネルレンズ。

    上に登ると光源が頭上に。フレネルレンズ。

  • 景色最高、風が気持ちいい。

    景色最高、風が気持ちいい。

  • 川崎、横浜、東京、千葉にかけて海岸線がうっすら見えます。<br />火力発電所の煙突や製鉄所の高炉も双眼鏡で確認できました。<br /><br />お船もいっぱい。

    川崎、横浜、東京、千葉にかけて海岸線がうっすら見えます。
    火力発電所の煙突や製鉄所の高炉も双眼鏡で確認できました。

    お船もいっぱい。

  • 観音崎を満喫した後、自転車で南下。<br />漁港や砂浜がありました。

    観音崎を満喫した後、自転車で南下。
    漁港や砂浜がありました。

  • (東)叶神社<br />湾の反対側に西叶神社があり、対をなしていると言われています。

    (東)叶神社
    湾の反対側に西叶神社があり、対をなしていると言われています。

    東叶神社 寺・神社

  • 神社のそばに渡し船があります。<br />船で浦賀港湾を渡ることができます。

    神社のそばに渡し船があります。
    船で浦賀港湾を渡ることができます。

    浦賀の渡し船 乗り物

  • 船がいないときはベルを押して呼びます。<br />料金は大人200円、自転車50円。

    船がいないときはベルを押して呼びます。
    料金は大人200円、自転車50円。

  • 地元の人はポンポン船と呼んでいました。<br />定員12人。自転車は2台分置き場がありましたが、交渉して3台乗せられました。

    地元の人はポンポン船と呼んでいました。
    定員12人。自転車は2台分置き場がありましたが、交渉して3台乗せられました。

  • 浦賀ドックのクレーンも見えました。<br />ここで横浜で保存展示されている日本丸や青函連絡船、護衛艦の建造が行われていました。<br />工場は稼働しているようでしたが、造船はもう行っていないとのこと。

    浦賀ドックのクレーンも見えました。
    ここで横浜で保存展示されている日本丸や青函連絡船、護衛艦の建造が行われていました。
    工場は稼働しているようでしたが、造船はもう行っていないとのこと。

  • 数分で対岸に到着。<br />ドックのそばまで来てみました。(会社の敷地なのでフェンス越しに)

    数分で対岸に到着。
    ドックのそばまで来てみました。(会社の敷地なのでフェンス越しに)

  • 浦賀駅。京急の終点です。<br />自転車返却ができるステーションまでもうひと踏ん張り。尾根を越えます。

    浦賀駅。京急の終点です。
    自転車返却ができるステーションまでもうひと踏ん張り。尾根を越えます。

    浦賀駅

  • 横須賀温泉「湯楽の里」に到着。<br /><br />今日の汗を流してさっぱり。露天風呂からは海がよく見えました。

    横須賀温泉「湯楽の里」に到着。

    今日の汗を流してさっぱり。露天風呂からは海がよく見えました。

    横須賀温泉 湯楽の里 温泉

  • シェアサイクルのステーションがあります。<br />5台分すでにいっぱいで返却できない…<br />電話で交渉して何とかここにおいていくことに。もう少しキャパを増やせればね。

    シェアサイクルのステーションがあります。
    5台分すでにいっぱいで返却できない…
    電話で交渉して何とかここにおいていくことに。もう少しキャパを増やせればね。

  • 国道16号で帰ります。

    国道16号で帰ります。

  • 京急馬堀海岸駅に到着。<br />お疲れ様でした。

    京急馬堀海岸駅に到着。
    お疲れ様でした。

    馬堀海岸駅

8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

横須賀の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集