グランドキャニオン周辺旅行記(ブログ) 一覧に戻る
第1日目(6月11日(月)) 羽田空港からロスアンゼルス経由ラスベガスへ<br /><br />6月11日(月)羽田空港発22時55分発のANA便でロスアンゼルスへ、ロスアンゼルス国際空港(LAX)への到着予定時刻は11日16時55分(現地時間)であったが、10分前ぐらいに到着。<br /><br />LAXにおける国際線からユナイテッド航空の国内線へのMCT(Minimum Connecting Time:最低乗り継ぎ時間)は120分とされているが、乗り継ぎのユナイテッド航空便は19時05分発であったためスケジュール上は130分とギリギリの状態。入国審査等に手間取れば乗り遅れる可能性も考えられた。<br /><br />飛行機を降り一目散に入国審査を目指していたところ、ボーディングブリッジを渡り終えたところで係員が、何かを呼び掛けている。サンディエゴという言葉は聞こえたが、家内がラスベガスっても言っているというので、行ってみたら、我々の名前もあり、乗り継ぎ時間の短い乗客に“Express Connection”のカードを渡していた。<br /><br />入国審査の事前手続きを行うためのAPC (Automated Passport Control:自動入国審査端末機、 略称APCキオスク)の前には多くの人が並んでおり、その後の係員のいる入国審査にも長い列ができていたが、“Express Connection”のカードを見せると、キオスクを経ずに直接、係員のいる入国審査に、それも殆ど並んでいる人がいない優先レーンに案内され入国審査を終える。その後の保安検査場でも人が殆ど並んでいない優先レーンから入ることができ、余裕をもってLAXでの乗り継ぎ手続きを完了できた。<br />ANAとユナイテッド航空は同じスターアライアンスメンバー会社であり、乗り継ぎ時間に余裕のない乗客にはこうした扱いをしているものと思われる。このようなケースに該当するのであれば事前に最初に乗る航空会社に確認、或いはこうした扱いをお願いしておくのが良いと思う。<br /><br />ラスベガスには定刻通り20時20分に到着。baggage claimで荷物をピックアップ後、空港内のシャトルバスで離れたところにあるレンタカーセンターに移動、手続きを済ませ、グーグルマップで目的地をホテルにセットし、レンタカーでの旅を開始。<br /><br />ラスベガス国際空港でbaggage claimの場所を間違えたことや、空港内にレンタカーのオフィスがあると思い探していたこと、それから空港からのハイウェイでの降り口を間違え、行き過ぎて時間のロスをしたこともあり、ホテルには22時半前に到着。少し離れた場所にある駐車場に車を止め、チェックイン。<br /><br />部屋に荷物を置いて、アーケードをスクリーンにした映像ショーで有名なフリーモントストリート・エクスペリエンスがホテルの直ぐ傍であったため、その方面に食事に出たが、すでに23時前となっており、23時で多くの店が閉店となることがわかり、仕方なくスーパーで食料とビールを買い込みホテルでの食事とした。なお、フリーモントストリート・エクスペリエンスでは23時を過ぎても多くの見物客で賑わっていた。<br /><br />(この日の走行距離  20マイル=約32Km)<br /><br /><br />

初老夫婦のアメリカ中西部国立公園巡り4200Kmドライブ旅行(第1日目)

7いいね!

2018/06/11 - 2018/06/22

769位(同エリア1519件中)

0

1

happy drinker

happy drinkerさん

第1日目(6月11日(月)) 羽田空港からロスアンゼルス経由ラスベガスへ

6月11日(月)羽田空港発22時55分発のANA便でロスアンゼルスへ、ロスアンゼルス国際空港(LAX)への到着予定時刻は11日16時55分(現地時間)であったが、10分前ぐらいに到着。

LAXにおける国際線からユナイテッド航空の国内線へのMCT(Minimum Connecting Time:最低乗り継ぎ時間)は120分とされているが、乗り継ぎのユナイテッド航空便は19時05分発であったためスケジュール上は130分とギリギリの状態。入国審査等に手間取れば乗り遅れる可能性も考えられた。

飛行機を降り一目散に入国審査を目指していたところ、ボーディングブリッジを渡り終えたところで係員が、何かを呼び掛けている。サンディエゴという言葉は聞こえたが、家内がラスベガスっても言っているというので、行ってみたら、我々の名前もあり、乗り継ぎ時間の短い乗客に“Express Connection”のカードを渡していた。

入国審査の事前手続きを行うためのAPC (Automated Passport Control:自動入国審査端末機、 略称APCキオスク)の前には多くの人が並んでおり、その後の係員のいる入国審査にも長い列ができていたが、“Express Connection”のカードを見せると、キオスクを経ずに直接、係員のいる入国審査に、それも殆ど並んでいる人がいない優先レーンに案内され入国審査を終える。その後の保安検査場でも人が殆ど並んでいない優先レーンから入ることができ、余裕をもってLAXでの乗り継ぎ手続きを完了できた。
ANAとユナイテッド航空は同じスターアライアンスメンバー会社であり、乗り継ぎ時間に余裕のない乗客にはこうした扱いをしているものと思われる。このようなケースに該当するのであれば事前に最初に乗る航空会社に確認、或いはこうした扱いをお願いしておくのが良いと思う。

ラスベガスには定刻通り20時20分に到着。baggage claimで荷物をピックアップ後、空港内のシャトルバスで離れたところにあるレンタカーセンターに移動、手続きを済ませ、グーグルマップで目的地をホテルにセットし、レンタカーでの旅を開始。

ラスベガス国際空港でbaggage claimの場所を間違えたことや、空港内にレンタカーのオフィスがあると思い探していたこと、それから空港からのハイウェイでの降り口を間違え、行き過ぎて時間のロスをしたこともあり、ホテルには22時半前に到着。少し離れた場所にある駐車場に車を止め、チェックイン。

部屋に荷物を置いて、アーケードをスクリーンにした映像ショーで有名なフリーモントストリート・エクスペリエンスがホテルの直ぐ傍であったため、その方面に食事に出たが、すでに23時前となっており、23時で多くの店が閉店となることがわかり、仕方なくスーパーで食料とビールを買い込みホテルでの食事とした。なお、フリーモントストリート・エクスペリエンスでは23時を過ぎても多くの見物客で賑わっていた。

(この日の走行距離  20マイル=約32Km)


同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
レンタカー
航空会社
ANA ユナイテッド航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ロスアンゼルス国際空港でANA便からラスベガス行きユナイテッド航空便に乗り換えた際に役立った&quot;Express Connection&quot;カード

    ロスアンゼルス国際空港でANA便からラスベガス行きユナイテッド航空便に乗り換えた際に役立った"Express Connection"カード

この旅行記のタグ

7いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

アメリカで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
アメリカ最安 387円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

アメリカの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集