その他の観光地 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
年末年始というよりほぼ年始旅。<br />今年は女3人でスリランカへ。<br /><br />スリランカに行った友人達が期待値高い状態で行って、帰国後「思ってた以上に良かった!」と口を揃えて言うスリランカを見てみたかったのです。<br />そんな感じで漠然と行くことにしたスリランカ・・・<br />調べてみると見どころが多すぎて、やりたいことが多すぎてどれも外せない、と1週間で毎日宿泊を変えるという弾丸周遊旅になりました。<br />それでもまだ行きたかったけどルート的・時期的に行けなかったところも沢山なのでまた再訪せねば!<br /><br />カルピティヤ編(こちらの旅行記)<br />https://4travel.jp/travelogue/11321245<br />ウィルパットゥ編<br />https://4travel.jp/travelogue/11321265<br />ヘリタンスカンダラマ泊&amp;ダンブッラ編<br />https://4travel.jp/travelogue/11321271<br />シギリヤ編<br />https://4travel.jp/travelogue/11321280<br />キャンディ&amp;コロンボ編<br />https://4travel.jp/travelogue/11321288<br /><br />1スリランカルピー≒0.73円<br />*宿も観光も表記はドルが多いので混乱しましたが、実際の支払いは殆どスリランカルピーです。<br />ドル表記にしておき、その日のレート計算でのルピー支払いのようです。<br /><br />以下 キリトル*******スケジュール&費用********以下 キリトル<br /><br />今回の旅行は共有財布を作り、そこから全員分支払いをしていました。ここ数年、友人と旅行するときはこのスタイル。楽ちんです。<br />で、財布管理担当した友人が使った費用を詳細に記録してくれていました!感謝!<br />基本宿・食事は3人分、観光費用は3人分だったり個人支払いだったり・・・<br /><br /><12月31日 移動日><br />10:20 成田国際空港発 17:05 クアラルンプール国際空港着  MH89便<br />22:10 クアラルンプール国際空港発 23:15 コロンボ/バンダラナイケ国際空港着 MH179便<br /><br />コロンボ空港 ホテルピックアップ 1,500ルピー<br /><br />宿:Sleep Cheap(ネゴンボ)3ベッドスタンダード:5,800ルピー<br />https://www.tripadvisor.com/Hotel_Review-g297897-d10673612-Reviews-Sleep_Cheap_Hostel-Negombo_Western_Province.html?m=19904<br /><br /><1月1日 カルピティアでのんびり日><br />カーチャーター ピックアップ@Sleep Cheap at 7:30 (SeaHorse Beach ResortのオーナーSreeの手配)<br />:5日間 365ドル=56,156ルピー(ガソリン+ドライバー+ナビゲーターの宿・食事込)<br />最終日渡し:カーチャーター チップ 6,000ルピー(ドライバー、ナビゲーターに3,000ルピーずつ)<br /><br />宿:Seahorse Beach Resort(カルピティヤ:正確にはIllanthadiya)デラックストリプルルーム:8,000ルピー+ランチ1,950ルピー+夕飯3,660ルピー<br />https://www.tripadvisor.com/Hotel_Review-g1404719-d10803042-Reviews-Sea_Horse_Resort-Kalpitiya_North_Western_Province.html?m=19904<br />https://seahorse.lk/<br /><br /><1月2日 カルピティヤでダイビング後ウィルパットゥへ><br />ダイビング: Kalpitiya Diving Center<br />https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g1404719-d13229485-Reviews-Kalpitiya_Diving_Center-Kalpitiya_North_Western_Province.html<br />http://kalpitiyadivingcenter.com/<br />2ボートダイブ ランチ 器材込:US$80=12,315ルピー/一人あたり<br />国立公園入園料:US$9=1,453ルピー/一人あたり<br /><br />宿:Wilpattu Dolosmahe(ウィルパットゥ)ファミリールーム:5,647ルピー+朝食1,500ルピー+夕食3,000ルピー<br />https://www.tripadvisor.com.au/Hotel_Review-g3186994-d6892610-Reviews-Dolosmahe_Guest_House-Wilpattu_National_Park_North_Western_Province.html<br /><br /><br /><1月3日 朝一 ウィルパットゥの半日サファリ、その後ヘリタンス カンダラマへ><br />ウィルパットゥ サファリ(ウィルパットゥの宿にて手配)<br />ジープ1台 5,000ルピー、ドライバーへのチップ 500ルピー<br />国立公園入園料:USD28=4,310ルピー/一人当たり <br /><br />ランチ:Mango Mango Restaurant 1,606ルピー<br /><br />宿:Heritance Kandalama パノラミック ツインルーム \56,872円(税サ込:この旅唯一の事前支払)<br />www.heritancehotels.com/kandalama/<br /><br />ディナーブッフェ:3,500ルピー/一人当たり 水ボトル:2,100ルピー ラム酒:4,200ルピー(1杯)<br /><br /><1月4日 チェックアウト後、ダンブッラにてGolden Temple(石窟寺院)に寄り、シーギリヤへ><br />Golden Temple入園料:1,500ルピー 一人あたり<br /><br />ランチブッフェ: Sakura 3,300ルピー(ドリンク+チップ含む)<br />https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g304133-d7059915-Reviews-Sakura-Dambulla_Central_Province.html<br /><br />宿:Sigiri Jungle Villa スタンダードトリプルルーム 5,553ルピー<br />https://www.tripadvisor.com.au/Hotel_Review-g304141-d12491248-Reviews-Sigiri_Jungle_Villa-Sigiriya_Central_Province.htm<br />夕飯:2,295ルピー+ビール1本400ルピー+紅茶ポット306ルピー<br /><br /><1月5日 シーギリヤロック(Lion Rock)→Pidurangala Rock→Kaudulla National Parkでエレファントギャザリング サファリ→キャンディへ移動><br />Lion Rock入山料:US$30=4,618ルピー/一人あたり<br />Pidurangala Rock入山料:US$3=460ルピー/一人あたり<br />Kaudulla National Parkサファリ:ジープ6000ルピー+入園料8500ルピー+チップ500ルピー/3人分<br />ランチジュース:1杯300ルピー<br /><br />宿:Lake Bungalow スタンダード3ベッド 5,500ルピー<br />https://www.tripadvisor.com.au/Hotel_Review-g304138-d1133254-Reviews-Lake_Bungalow-Kandy_Kandy_District_Central_Province.html<br /><br /><br /><1月6日 仏歯寺→電車でコロンボへ→アーユルヴェーダ体験→空港へ><br />ダラダー・マーリガーワ寺院 (佛歯寺)Temple of the Sacred Tooth Relic:4,500ルピー(1人あたり1,500ルピー)+靴預かり 一人あたり100ルピー<br />キャンディ宿からキャンディ駅 トゥクトゥク:1台300ルピー<br />電車 Kandy発 12:50 Colombo fort着 15:30:事前予約&支払い£11/一人当たり<br />https://visitsrilankatours.co.uk/<br />コロンボフォート駅からスパ トゥクトゥク:1台600ルピー(盛大にぼられた!メーター使ったのに・・・相場は300-350ルピーだそう)<br />アーユルヴェーダ 17:00  ExSerendib Ayurveda Cure &amp; Therapy<br />http://jap.exserendib-ayurveda.com/ 医師カウンセリング+ヘッド20分(3,500ルピー)&ボディマッサージ40分(4,800ルピー)<br />スパから空港 タクシー:2,500ルピー+高速代250ルピー<br /><br /><1月7日><br />私だけ・・・00:15 コロンボ/バンダラナイケ国際空港発 06:25 クアラルンプール国際空港着 MH178便<br />友人2名・・・01:05 コロンボ/バンダラナイケ国際空港発 07:10 クアラルンプール国際空港着<br />全員・・・09:50 クアラルンプール国際空港発 17:00 成田国際空港着 MH70便<br /><br />*航空券代:税サ込 98,210円<br /><br />以上 キリトル*******スケジュール&費用********以上 キリトル

カルピティヤ編:年末年始スリランカ周遊

17いいね!

2017/12/31 - 2018/01/07

34位(同エリア130件中)

年末年始というよりほぼ年始旅。
今年は女3人でスリランカへ。

スリランカに行った友人達が期待値高い状態で行って、帰国後「思ってた以上に良かった!」と口を揃えて言うスリランカを見てみたかったのです。
そんな感じで漠然と行くことにしたスリランカ・・・
調べてみると見どころが多すぎて、やりたいことが多すぎてどれも外せない、と1週間で毎日宿泊を変えるという弾丸周遊旅になりました。
それでもまだ行きたかったけどルート的・時期的に行けなかったところも沢山なのでまた再訪せねば!

カルピティヤ編(こちらの旅行記)
https://4travel.jp/travelogue/11321245
ウィルパットゥ編
https://4travel.jp/travelogue/11321265
ヘリタンスカンダラマ泊&ダンブッラ編
https://4travel.jp/travelogue/11321271
シギリヤ編
https://4travel.jp/travelogue/11321280
キャンディ&コロンボ編
https://4travel.jp/travelogue/11321288

1スリランカルピー≒0.73円
*宿も観光も表記はドルが多いので混乱しましたが、実際の支払いは殆どスリランカルピーです。
ドル表記にしておき、その日のレート計算でのルピー支払いのようです。

以下 キリトル*******スケジュール&費用********以下 キリトル

今回の旅行は共有財布を作り、そこから全員分支払いをしていました。ここ数年、友人と旅行するときはこのスタイル。楽ちんです。
で、財布管理担当した友人が使った費用を詳細に記録してくれていました!感謝!
基本宿・食事は3人分、観光費用は3人分だったり個人支払いだったり・・・

<12月31日 移動日>
10:20 成田国際空港発 17:05 クアラルンプール国際空港着  MH89便
22:10 クアラルンプール国際空港発 23:15 コロンボ/バンダラナイケ国際空港着 MH179便

コロンボ空港 ホテルピックアップ 1,500ルピー

宿:Sleep Cheap(ネゴンボ)3ベッドスタンダード:5,800ルピー
https://www.tripadvisor.com/Hotel_Review-g297897-d10673612-Reviews-Sleep_Cheap_Hostel-Negombo_Western_Province.html?m=19904

<1月1日 カルピティアでのんびり日>
カーチャーター ピックアップ@Sleep Cheap at 7:30 (SeaHorse Beach ResortのオーナーSreeの手配)
:5日間 365ドル=56,156ルピー(ガソリン+ドライバー+ナビゲーターの宿・食事込)
最終日渡し:カーチャーター チップ 6,000ルピー(ドライバー、ナビゲーターに3,000ルピーずつ)

宿:Seahorse Beach Resort(カルピティヤ:正確にはIllanthadiya)デラックストリプルルーム:8,000ルピー+ランチ1,950ルピー+夕飯3,660ルピー
https://www.tripadvisor.com/Hotel_Review-g1404719-d10803042-Reviews-Sea_Horse_Resort-Kalpitiya_North_Western_Province.html?m=19904
https://seahorse.lk/

<1月2日 カルピティヤでダイビング後ウィルパットゥへ>
ダイビング: Kalpitiya Diving Center
https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g1404719-d13229485-Reviews-Kalpitiya_Diving_Center-Kalpitiya_North_Western_Province.html
http://kalpitiyadivingcenter.com/
2ボートダイブ ランチ 器材込:US$80=12,315ルピー/一人あたり
国立公園入園料:US$9=1,453ルピー/一人あたり

宿:Wilpattu Dolosmahe(ウィルパットゥ)ファミリールーム:5,647ルピー+朝食1,500ルピー+夕食3,000ルピー
https://www.tripadvisor.com.au/Hotel_Review-g3186994-d6892610-Reviews-Dolosmahe_Guest_House-Wilpattu_National_Park_North_Western_Province.html


<1月3日 朝一 ウィルパットゥの半日サファリ、その後ヘリタンス カンダラマへ>
ウィルパットゥ サファリ(ウィルパットゥの宿にて手配)
ジープ1台 5,000ルピー、ドライバーへのチップ 500ルピー
国立公園入園料:USD28=4,310ルピー/一人当たり 

ランチ:Mango Mango Restaurant 1,606ルピー

宿:Heritance Kandalama パノラミック ツインルーム \56,872円(税サ込:この旅唯一の事前支払)
www.heritancehotels.com/kandalama/

ディナーブッフェ:3,500ルピー/一人当たり 水ボトル:2,100ルピー ラム酒:4,200ルピー(1杯)

<1月4日 チェックアウト後、ダンブッラにてGolden Temple(石窟寺院)に寄り、シーギリヤへ>
Golden Temple入園料:1,500ルピー 一人あたり

ランチブッフェ: Sakura 3,300ルピー(ドリンク+チップ含む)
https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g304133-d7059915-Reviews-Sakura-Dambulla_Central_Province.html

宿:Sigiri Jungle Villa スタンダードトリプルルーム 5,553ルピー
https://www.tripadvisor.com.au/Hotel_Review-g304141-d12491248-Reviews-Sigiri_Jungle_Villa-Sigiriya_Central_Province.htm
夕飯:2,295ルピー+ビール1本400ルピー+紅茶ポット306ルピー

<1月5日 シーギリヤロック(Lion Rock)→Pidurangala Rock→Kaudulla National Parkでエレファントギャザリング サファリ→キャンディへ移動>
Lion Rock入山料:US$30=4,618ルピー/一人あたり
Pidurangala Rock入山料:US$3=460ルピー/一人あたり
Kaudulla National Parkサファリ:ジープ6000ルピー+入園料8500ルピー+チップ500ルピー/3人分
ランチジュース:1杯300ルピー

宿:Lake Bungalow スタンダード3ベッド 5,500ルピー
https://www.tripadvisor.com.au/Hotel_Review-g304138-d1133254-Reviews-Lake_Bungalow-Kandy_Kandy_District_Central_Province.html


<1月6日 仏歯寺→電車でコロンボへ→アーユルヴェーダ体験→空港へ>
ダラダー・マーリガーワ寺院 (佛歯寺)Temple of the Sacred Tooth Relic:4,500ルピー(1人あたり1,500ルピー)+靴預かり 一人あたり100ルピー
キャンディ宿からキャンディ駅 トゥクトゥク:1台300ルピー
電車 Kandy発 12:50 Colombo fort着 15:30:事前予約&支払い£11/一人当たり
https://visitsrilankatours.co.uk/
コロンボフォート駅からスパ トゥクトゥク:1台600ルピー(盛大にぼられた!メーター使ったのに・・・相場は300-350ルピーだそう)
アーユルヴェーダ 17:00  ExSerendib Ayurveda Cure & Therapy
http://jap.exserendib-ayurveda.com/ 医師カウンセリング+ヘッド20分(3,500ルピー)&ボディマッサージ40分(4,800ルピー)
スパから空港 タクシー:2,500ルピー+高速代250ルピー

<1月7日>
私だけ・・・00:15 コロンボ/バンダラナイケ国際空港発 06:25 クアラルンプール国際空港着 MH178便
友人2名・・・01:05 コロンボ/バンダラナイケ国際空港発 07:10 クアラルンプール国際空港着
全員・・・09:50 クアラルンプール国際空港発 17:00 成田国際空港着 MH70便

*航空券代:税サ込 98,210円

以上 キリトル*******スケジュール&費用********以上 キリトル

同行者
友人
航空会社
マレーシア航空
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
4.5
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
4.0

PR

  • クアラルンプール経由にてスリランカへ。<br />3人旅だけどいつも通り航空券は各自購入、席もバラバラ。<br />いつもは飛行機の中は爆睡なんだけれど何故か今回はビールを飲んでもワインを飲んでも眠くならず。<br />クアラルンプールまではひたすら映画を観て過ごしました。<br />3本見て丁度クアラルンプール到着。<br /><br />The Journey Is The Destination:実話に基づいた映画。映像も美しいし、人生・人類について考えさせる映画。かなり気に入った。でも好き嫌いはかなり分かれる映画だろうな。<br />Going in Style:コメディ。これまた人生についてある意味考えさせられる。ほっこりハラハラ。面白かった。モーガン・フリーマン、歳とってもかっこいい。<br />How to be a Latin Lover:文句なしでコメディ。ちょっとホッコリしつつ、お気楽に楽しめる映画。面白かった。<br /><br />・・・て、旅行記でしたね、こちら。<br />映画評論サイトではないですね(笑)<br /><br /><br />

    クアラルンプール経由にてスリランカへ。
    3人旅だけどいつも通り航空券は各自購入、席もバラバラ。
    いつもは飛行機の中は爆睡なんだけれど何故か今回はビールを飲んでもワインを飲んでも眠くならず。
    クアラルンプールまではひたすら映画を観て過ごしました。
    3本見て丁度クアラルンプール到着。

    The Journey Is The Destination:実話に基づいた映画。映像も美しいし、人生・人類について考えさせる映画。かなり気に入った。でも好き嫌いはかなり分かれる映画だろうな。
    Going in Style:コメディ。これまた人生についてある意味考えさせられる。ほっこりハラハラ。面白かった。モーガン・フリーマン、歳とってもかっこいい。
    How to be a Latin Lover:文句なしでコメディ。ちょっとホッコリしつつ、お気楽に楽しめる映画。面白かった。

    ・・・て、旅行記でしたね、こちら。
    映画評論サイトではないですね(笑)


  • KLIA内でトランジット待ちをし、ようやくスリランカへ。<br />何気にクアラルンプールからスリランカは近い!<br /><br />空港までこの日の夜泊まる空港近くのニゴンボにある宿の人にお迎えにきてもらって宿についてすぐ就寝。

    KLIA内でトランジット待ちをし、ようやくスリランカへ。
    何気にクアラルンプールからスリランカは近い!

    空港までこの日の夜泊まる空港近くのニゴンボにある宿の人にお迎えにきてもらって宿についてすぐ就寝。

    バンダラナイケ国際空港 (CMB) 空港

  • 宿泊したのはSleep Cheap Hostel。<br />ホームステイみたいな雰囲気。<br />寝るためだけの宿だったけど、オーナー親子の方々も親切でお土産にバナナを大量にくれた!<br />ニゴンボ観光するならここ拠点にしたら居心地良さそうです。<br /><br />ちなみにスリランカ到着まで「スリランカ=仏教」と思っていたけど、ニゴンボはキリスト教の人が多いらしく、この宿の人たちもキリスト教でした。<br />のちのち色んなスリランカ人の人達に会ってわかったけど、スリランカはかなり多宗教。キリスト教、仏教、ヒンズー教、モスリム。それぞれ信仰があつく、また、他宗教も受け入れ尊重していてとてもバランスがいい国でした。

    宿泊したのはSleep Cheap Hostel。
    ホームステイみたいな雰囲気。
    寝るためだけの宿だったけど、オーナー親子の方々も親切でお土産にバナナを大量にくれた!
    ニゴンボ観光するならここ拠点にしたら居心地良さそうです。

    ちなみにスリランカ到着まで「スリランカ=仏教」と思っていたけど、ニゴンボはキリスト教の人が多いらしく、この宿の人たちもキリスト教でした。
    のちのち色んなスリランカ人の人達に会ってわかったけど、スリランカはかなり多宗教。キリスト教、仏教、ヒンズー教、モスリム。それぞれ信仰があつく、また、他宗教も受け入れ尊重していてとてもバランスがいい国でした。

  • 朝、お庭にシマリスがいっぱい遊びにきていました。

    朝、お庭にシマリスがいっぱい遊びにきていました。

  • そうそう、スリランカ滞在中の予定を聞かれ、カーチャーターで周遊予定だと言ったら「僕なら5日間300ドルで車出したのに。宿込・観光込で3人なら全工程1000ドルでやってあげたよ」と・・・<br />うん・・・私たちが頼んだカーチャーターより安い・・・<br /><br />でも結果として今回利用したカーチャーターは2人体制だったし、ハイエースバンだったし、宿も自分たちの泊まりたいところに泊まったし、今回はこれで良かったかな?<br />2人旅とかで、自分たちでプラン立てるのが面倒だったらこの宿の人に頼んでもいいかも。(結構スリランカ弾丸周遊のプランはハードル高かった!情報少なくて・・・)

    そうそう、スリランカ滞在中の予定を聞かれ、カーチャーターで周遊予定だと言ったら「僕なら5日間300ドルで車出したのに。宿込・観光込で3人なら全工程1000ドルでやってあげたよ」と・・・
    うん・・・私たちが頼んだカーチャーターより安い・・・

    でも結果として今回利用したカーチャーターは2人体制だったし、ハイエースバンだったし、宿も自分たちの泊まりたいところに泊まったし、今回はこれで良かったかな?
    2人旅とかで、自分たちでプラン立てるのが面倒だったらこの宿の人に頼んでもいいかも。(結構スリランカ弾丸周遊のプランはハードル高かった!情報少なくて・・・)

  • で、私たちが頼んだカーチャーターはこのあと泊まるカルピティヤの宿 Seahorse Beach Resortのオーナー、Sreeにしていただきました。<br />というのもカルピティヤへの行き方・・・公共手段がないので車で行くしかなく宿予約時「空港付近から送迎やってる?ついでにカーチャーター手配とかしてる?」と問い合わせたところ、350ドルで5日間 ドライバーの食事・宿泊代・ガソリン代 全て込込でカーチャーターを引き受けてくれました。<br /><br />で、宿に着いた時、実はSree手配のカーチャーター利用は私たちが初だと。<br />事前に相談していたスケジュールに基づいて念入りにこういう旅のしおり的なものを作ってくれていました。<br />ドライバーも1名ではなく、ドライバー&ナビゲーターの2人体制。<br />カルピティヤ出たあともドライバーの携帯に電話してきてくれて不自由はないか、何か希望はないかと気にかけてくれました。いい人だ~。<br />ご心配なく、Sree。ドライバーもナビゲーターもいい人でしっかりやってくれましたよ!<br /><br />

    で、私たちが頼んだカーチャーターはこのあと泊まるカルピティヤの宿 Seahorse Beach Resortのオーナー、Sreeにしていただきました。
    というのもカルピティヤへの行き方・・・公共手段がないので車で行くしかなく宿予約時「空港付近から送迎やってる?ついでにカーチャーター手配とかしてる?」と問い合わせたところ、350ドルで5日間 ドライバーの食事・宿泊代・ガソリン代 全て込込でカーチャーターを引き受けてくれました。

    で、宿に着いた時、実はSree手配のカーチャーター利用は私たちが初だと。
    事前に相談していたスケジュールに基づいて念入りにこういう旅のしおり的なものを作ってくれていました。
    ドライバーも1名ではなく、ドライバー&ナビゲーターの2人体制。
    カルピティヤ出たあともドライバーの携帯に電話してきてくれて不自由はないか、何か希望はないかと気にかけてくれました。いい人だ~。
    ご心配なく、Sree。ドライバーもナビゲーターもいい人でしっかりやってくれましたよ!

  • 朝7:30に私たちのカーチャーターが迎えに来てカルピティヤへ出発。<br /><br />写真はネゴンボ。Sleep Cheapの周辺。

    朝7:30に私たちのカーチャーターが迎えに来てカルピティヤへ出発。

    写真はネゴンボ。Sleep Cheapの周辺。

  • カルピティヤまで約3時間。<br />こっちの車は飛ばしまくり、追い越しまくり。<br />絶対自分では運転できない・・・5分で事故を起こす自信あり。

    カルピティヤまで約3時間。
    こっちの車は飛ばしまくり、追い越しまくり。
    絶対自分では運転できない・・・5分で事故を起こす自信あり。

  • カルピティヤに近づくにつれどんどん田舎の風景に・・・<br />いいね!<br />潮田が沢山ありました。<br /><br />遂にこの日の宿、Seahorse Resortへ。

    カルピティヤに近づくにつれどんどん田舎の風景に・・・
    いいね!
    潮田が沢山ありました。

    遂にこの日の宿、Seahorse Resortへ。

  • 広い敷地に独立コテージ数棟と<br />

    広い敷地に独立コテージ数棟と

  • レストラン棟、あとあるのはヤシの木と

    レストラン棟、あとあるのはヤシの木と

  • ビーチ。<br /><br />以上!<br /><br />Simple is the bestのリゾート宿です。<br /><br />コテージのお部屋は広々でこの田舎でエアコン付き。<br />シャワーは屋内・屋外2個付き。<br />ポイントはそれぞれのコテージにバルコニーエリアがありそこでまったり。<br />私たちも他の宿泊者たちもほぼ寝るとき以外はそこでくつろいでいました。

    イチオシ

    ビーチ。

    以上!

    Simple is the bestのリゾート宿です。

    コテージのお部屋は広々でこの田舎でエアコン付き。
    シャワーは屋内・屋外2個付き。
    ポイントはそれぞれのコテージにバルコニーエリアがありそこでまったり。
    私たちも他の宿泊者たちもほぼ寝るとき以外はそこでくつろいでいました。

  • 早速着いてビーチでまったり。<br />本当に「何もしない、何も考えない」まったり時間を過ごしました。<br /><br />何もしないくせにお腹は減るのでランチはシーフード フライドライス。

    早速着いてビーチでまったり。
    本当に「何もしない、何も考えない」まったり時間を過ごしました。

    何もしないくせにお腹は減るのでランチはシーフード フライドライス。

  • このフライドライス、見た目は普通ですが、ご飯がプチプチでパラパラ。<br />食べたことない食感で美味しいです。<br />ご飯というよりプチプチする野菜を食べているようでした。<br />なんの種類のお米なのかなぁ。欲しい・・・

    このフライドライス、見た目は普通ですが、ご飯がプチプチでパラパラ。
    食べたことない食感で美味しいです。
    ご飯というよりプチプチする野菜を食べているようでした。
    なんの種類のお米なのかなぁ。欲しい・・・

  • ちょっと海にも入ってみました。<br /><br />あ、海は透明ではないです。<br />湘南の海よりちょっと綺麗くらい(←関東の人にしかわからない表現ですみません・・・)<br />砂が日本のビーチと同じ色で細かいので波で巻上がりやすいのかな?<br />あと鳥が頻繁に海面に突っ込んでいたのでプランクトンが多く魚が多いのかも。

    ちょっと海にも入ってみました。

    あ、海は透明ではないです。
    湘南の海よりちょっと綺麗くらい(←関東の人にしかわからない表現ですみません・・・)
    砂が日本のビーチと同じ色で細かいので波で巻上がりやすいのかな?
    あと鳥が頻繁に海面に突っ込んでいたのでプランクトンが多く魚が多いのかも。

  • でも見る分にはとても綺麗。<br />海はやっぱり癒されます。<br /><br />私はちょっと泳いだくらいで海を眺めて癒されていました。

    イチオシ

    でも見る分にはとても綺麗。
    海はやっぱり癒されます。

    私はちょっと泳いだくらいで海を眺めて癒されていました。

  • 友人1名は水泳用ゴーグル着用し、本気泳ぎをしていましたが(笑)

    友人1名は水泳用ゴーグル着用し、本気泳ぎをしていましたが(笑)

  • リゾート左手には発電所。<br /><br />カルピティヤはつい最近まで軍事施設の管轄エリアだったようで、今開発が急ピッチで進んでいるよう。

    リゾート左手には発電所。

    カルピティヤはつい最近まで軍事施設の管轄エリアだったようで、今開発が急ピッチで進んでいるよう。

  • ひと泳ぎしたあとは村散策もしてみました。<br /><br />

    ひと泳ぎしたあとは村散策もしてみました。

  • 風力発電が盛ん。

    風力発電が盛ん。

  • メイン産業は農業のようです。<br /><br />すれ違う村人達と挨拶をしながらのーーーんびり散歩を満喫。

    メイン産業は農業のようです。

    すれ違う村人達と挨拶をしながらのーーーんびり散歩を満喫。

  • 村散策を終えてリゾートに戻り、またビーチを眺めてのーーーーんびり。<br />1年分のんびりした気がする。

    村散策を終えてリゾートに戻り、またビーチを眺めてのーーーーんびり。
    1年分のんびりした気がする。

  • 夕方になると村人達が海水浴に来ました。<br />この日はポヤデーと言われる満月の日のスリランカ人たちの祝日だったそうです。<br />1月1日自体は普段は普通の日、とのこと。<br /><br />カメラを向けるとこのポーズ(笑)<br />スリランカ人は写真大好きなようで写真を撮っていると「俺・私を撮ってくれ」と言われまくりました。<br />あとセルフィが好きなようでセルフィで一緒に写真撮ろうとも言われまくり。<br />「いいけどなんで?」と聞くと「日本人だから」と。<br />「え?だけどなんで?」と聞くと「日本人初めて会ったから」と(笑)<br />初日本人が私達でなんかすみません・・・

    夕方になると村人達が海水浴に来ました。
    この日はポヤデーと言われる満月の日のスリランカ人たちの祝日だったそうです。
    1月1日自体は普段は普通の日、とのこと。

    カメラを向けるとこのポーズ(笑)
    スリランカ人は写真大好きなようで写真を撮っていると「俺・私を撮ってくれ」と言われまくりました。
    あとセルフィが好きなようでセルフィで一緒に写真撮ろうとも言われまくり。
    「いいけどなんで?」と聞くと「日本人だから」と。
    「え?だけどなんで?」と聞くと「日本人初めて会ったから」と(笑)
    初日本人が私達でなんかすみません・・・

  • ひらけたビーチで見る夕日は最高!<br />

    ひらけたビーチで見る夕日は最高!

  • が・・・太陽を撮っていると写真に写りたがる村人が絶えず・・・<br />こんなんなります(笑)<br /><br />挙句に「この太陽が沈む瞬間の写真と俺の写真を合成してくれ」と(笑)<br />出来ません!(笑)<br /><br />まー、沈む太陽の写真は集中して撮れなかったけど、太陽はどこでも見れるしね。<br />それよりこの瞬間に出会った村人たちとの写真撮影大会を楽しみました。

    が・・・太陽を撮っていると写真に写りたがる村人が絶えず・・・
    こんなんなります(笑)

    挙句に「この太陽が沈む瞬間の写真と俺の写真を合成してくれ」と(笑)
    出来ません!(笑)

    まー、沈む太陽の写真は集中して撮れなかったけど、太陽はどこでも見れるしね。
    それよりこの瞬間に出会った村人たちとの写真撮影大会を楽しみました。

  • トワイライトタイムになると流石に海水浴を楽しんでいた村人たちもいなくなり、静寂が戻ります。

    トワイライトタイムになると流石に海水浴を楽しんでいた村人たちもいなくなり、静寂が戻ります。

  • ビーチに反射する夕焼けが美しすぎ。

    イチオシ

    ビーチに反射する夕焼けが美しすぎ。

  • こんな景色が宿泊コテージのバルコニーで見られるってたまらん。

    こんな景色が宿泊コテージのバルコニーで見られるってたまらん。

  • 発電所もライトアップ風になり綺麗。

    発電所もライトアップ風になり綺麗。

  • 夜はバルコニーにゲッコーが遊びにきます。<br />私、ゲッコー好きなんです。かわゆす。

    夜はバルコニーにゲッコーが遊びにきます。
    私、ゲッコー好きなんです。かわゆす。

  • 静寂の中飲むスリランカビール。<br />たまらん。<br /><br />夕飯はシーフードバーベキューとチキン、お野菜、昼に食べて美味しかったフライドライスをいただきました。

    静寂の中飲むスリランカビール。
    たまらん。

    夕飯はシーフードバーベキューとチキン、お野菜、昼に食べて美味しかったフライドライスをいただきました。

  • 夜中むっくり起きてみて見上げた空に輝く月が綺麗だったなぁ。<br />新月の日だったら周りが真っ暗なので星も相当きれいに見られそうです。

    夜中むっくり起きてみて見上げた空に輝く月が綺麗だったなぁ。
    新月の日だったら周りが真っ暗なので星も相当きれいに見られそうです。

  • Seahorse Resortのレシート。<br />ちゃんと保管していてくれた友人えらい!<br /><br />6:30に宿をチェックアウトし、ダイビングへ。<br />ダイビングショップまではSree自ら送ってくれました。<br />朝ごはんは車の中でSleep Cheapでいただいたバナナ。大量にあるのでSreeにもお裾わけ(笑)

    Seahorse Resortのレシート。
    ちゃんと保管していてくれた友人えらい!

    6:30に宿をチェックアウトし、ダイビングへ。
    ダイビングショップまではSree自ら送ってくれました。
    朝ごはんは車の中でSleep Cheapでいただいたバナナ。大量にあるのでSreeにもお裾わけ(笑)

  • で・・・ダイビングショップのロケーション、相当わかりずらい(笑)<br />途中からSreeがショップオーナーのSamに電話でナビゲートしてもらいながらなんとか到着。<br />え?そこ道なの?え?そこ通れるの?っていうところを入っていく感じでした(笑)<br /><br />・・・実は元々の予約はKalpitiya Discovery Divingという違うところでしていたのです。<br />Trip○dvisorでも評判いいし、11月まで返信が常に遅いものの順調にやり取りしていたのですが、直前に集合について再度問い合わせてみたところ、パッタリ返信がこない状況に。日本出国3日前に流石におかしいと、このダイビングショップに関係あると思われるホテルにメールしてみたところ「今季はダイビング営業取りやめました」と(笑)おいっ<br />で、そこで紹介されたのが今回利用したKalpitiya Diving Center。

    で・・・ダイビングショップのロケーション、相当わかりずらい(笑)
    途中からSreeがショップオーナーのSamに電話でナビゲートしてもらいながらなんとか到着。
    え?そこ道なの?え?そこ通れるの?っていうところを入っていく感じでした(笑)

    ・・・実は元々の予約はKalpitiya Discovery Divingという違うところでしていたのです。
    Trip○dvisorでも評判いいし、11月まで返信が常に遅いものの順調にやり取りしていたのですが、直前に集合について再度問い合わせてみたところ、パッタリ返信がこない状況に。日本出国3日前に流石におかしいと、このダイビングショップに関係あると思われるホテルにメールしてみたところ「今季はダイビング営業取りやめました」と(笑)おいっ
    で、そこで紹介されたのが今回利用したKalpitiya Diving Center。

  • この日は私たち3人の他に一人旅インド人女性1名、一人旅どっか英語圏のおじさん1名、イタリア人彼女とドイツ人彼氏のカップルの系7名でのダイビング。<br />超小形ボート2艘で出航です。<br />ポイント着くまでライフジャケット着用。<br /><br />途中で船が止まりました。<br />・・・え?まさか、この海潜るの?無理無理。全然海中見えない。Seahorse Resortのビーチの海と同じ濁り具合だし。<br />と不安になっていたら、どうやらお祈りの時間。<br />オーナーのSamとサポートダイマスの弟くんは敬虔なクリスチャンのようで沖に出る前に海にお祈りしていました。<br />ダイビングでこんな異文化体験できるとは貴重な体験をさせていただきました。

    この日は私たち3人の他に一人旅インド人女性1名、一人旅どっか英語圏のおじさん1名、イタリア人彼女とドイツ人彼氏のカップルの系7名でのダイビング。
    超小形ボート2艘で出航です。
    ポイント着くまでライフジャケット着用。

    途中で船が止まりました。
    ・・・え?まさか、この海潜るの?無理無理。全然海中見えない。Seahorse Resortのビーチの海と同じ濁り具合だし。
    と不安になっていたら、どうやらお祈りの時間。
    オーナーのSamとサポートダイマスの弟くんは敬虔なクリスチャンのようで沖に出る前に海にお祈りしていました。
    ダイビングでこんな異文化体験できるとは貴重な体験をさせていただきました。

  • お祈りが終わったところで沖に向かって2艘で競争です。

    お祈りが終わったところで沖に向かって2艘で競争です。

  • ここのオーナーはバディダイブをかなりしっかり重視のようです。<br />私は昨年ライセンスを取ったばかりにもかかわらず、以来はまって潜りまくりレスキューダイバーを取ろうと企んでいる友人1名と、一番経験本数少ないもう一人の友人はダイマス弟くんと。<br />初心者全開インド女性はベテラン風英語圏おじさんと。<br />カップルは女性はまだ10本目、男性はどうも職業ダイバーくさい。<br /><br />ちょっとでもバディ同士が離れるとSamのカツが飛んできます(笑)<br /><br />あ、これ、タコ。<br />大きかった!食べたい!

    ここのオーナーはバディダイブをかなりしっかり重視のようです。
    私は昨年ライセンスを取ったばかりにもかかわらず、以来はまって潜りまくりレスキューダイバーを取ろうと企んでいる友人1名と、一番経験本数少ないもう一人の友人はダイマス弟くんと。
    初心者全開インド女性はベテラン風英語圏おじさんと。
    カップルは女性はまだ10本目、男性はどうも職業ダイバーくさい。

    ちょっとでもバディ同士が離れるとSamのカツが飛んできます(笑)

    あ、これ、タコ。
    大きかった!食べたい!

  • これ、沢山いました。<br />キモ綺麗。

    これ、沢山いました。
    キモ綺麗。

  • 透視度は10m位とあまり良くないですが群れがすごかった。

    イチオシ

    透視度は10m位とあまり良くないですが群れがすごかった。

  • この海底からニョキニョキ生えてるのってなんですか?<br />フィリピンのコロンでもたくさん見たけど。

    この海底からニョキニョキ生えてるのってなんですか?
    フィリピンのコロンでもたくさん見たけど。

  • 群れと一緒になって泳ぐ感覚はたまらん!

    群れと一緒になって泳ぐ感覚はたまらん!

  • シビレエイの一種かなあ。<br />奥にはもちろん群れ。

    シビレエイの一種かなあ。
    奥にはもちろん群れ。

  • ・・・実は今回大きい声では言えませんがDeco出しちゃいました(泣)<br /><br />1本目で結構窒素がたまっていたので、2本目は浅場を泳いでいるバディになった友人と他の人たちとの中間をできるだけ泳いでいたのですが・・・<br />ダイコンを持っていたのが私と友人、職業ダイバーぽいカップルの男性の方、オーナーだけ。<br />私は自分のダイコンでDecoを確認できたけど、ダイコンなしの人達、大丈夫だったんだろうか・・・<br />今回のダイビングで器材の重要性を認識・・・今年は重器材、フィンも揃えようかなあ。

    ・・・実は今回大きい声では言えませんがDeco出しちゃいました(泣)

    1本目で結構窒素がたまっていたので、2本目は浅場を泳いでいるバディになった友人と他の人たちとの中間をできるだけ泳いでいたのですが・・・
    ダイコンを持っていたのが私と友人、職業ダイバーぽいカップルの男性の方、オーナーだけ。
    私は自分のダイコンでDecoを確認できたけど、ダイコンなしの人達、大丈夫だったんだろうか・・・
    今回のダイビングで器材の重要性を認識・・・今年は重器材、フィンも揃えようかなあ。

  • ショップに戻ってログ付。<br />スリランカで取れる美味しい魚リスト、らしい(笑)<br />

    ショップに戻ってログ付。
    スリランカで取れる美味しい魚リスト、らしい(笑)

  • こちらはカルピティヤ近郊で見られる魚リスト。<br />Samから来た情報によると私たちが潜った数日後のダイビングではジンベイが出たらしい!<br />なんですとーーーー!

    こちらはカルピティヤ近郊で見られる魚リスト。
    Samから来た情報によると私たちが潜った数日後のダイビングではジンベイが出たらしい!
    なんですとーーーー!

  • 通常一人85ドルのところ、今回3人で申し込んだので1人80ドルにまけてくれました。<br />あ、80ドルのルピー換算支払いです。<br />ややこしい(笑)

    通常一人85ドルのところ、今回3人で申し込んだので1人80ドルにまけてくれました。
    あ、80ドルのルピー換算支払いです。
    ややこしい(笑)

  • ログ付中、スリランカのクッキー的なスイーツ数種とミルクティをいただきました。<br />めっっっっっちゃくちゃ美味しかった!!<br />結構大量にスイーツ出たけど皆で完食しました。<br /><br />ダイビングもDecoは出しちゃったけど、なんとか無事帰還。<br />さー、この後は海からジャングルに移動です。<br />ドライバー、ナビゲーター、安全運転でよろしく!!

    ログ付中、スリランカのクッキー的なスイーツ数種とミルクティをいただきました。
    めっっっっっちゃくちゃ美味しかった!!
    結構大量にスイーツ出たけど皆で完食しました。

    ダイビングもDecoは出しちゃったけど、なんとか無事帰還。
    さー、この後は海からジャングルに移動です。
    ドライバー、ナビゲーター、安全運転でよろしく!!

17いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

ピックアップ特集

スリランカで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スリランカ最安 370円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スリランカの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

その他の観光地(スリランカ) で人気のタグ

この旅行記の地図

拡大する


PAGE TOP

ピックアップ特集