デルフト旅行記(ブログ) 一覧に戻る
毎年10月末-11月上旬に長期休みをとっているのですが、この年はやりくりして2週間取得できました。<br /><br />そこで、2015年に訪れて気に入ったオランダと、以前ツアーで行って物足りなかったフィレンツェに行くことにしました。大好きな大航海時代に関する都市を巡り、美術館・博物館をはしご。前回もっとじっくり見たかったところや、行けなかったところを中心に楽しみました。<br /><br />1年経ってますが、参考になれば幸いです。<br /><br />10月25日 成田→アムステルダム <br />10月26日 アムステルダム <br />10月27日 デルフト→デン・ハーグ ★<br />10月28日 アムステルダム<br />10月29日 エンクハイゼン<br />10月30日 ホールン<br />10月31日 アムステルダム→フィレンツェ<br />11月 1日 フィレンツェ<br />11月 2日 フィレンツェ<br />11月 3日 フィレンツェ<br />11月 4日 フィレンツェ<br />11月 5月 フィレンツェ<br />11月 6日 フィレンツェ→パリ<br />11月 7日 パリ→成田

美術館・博物館を巡る!オランダ→フィレンツェ女ひとり旅2【デルフトとデン・ハーグをはしご】

14いいね!

2016/10/25 - 2016/11/07

37位(同エリア152件中)

0

38

毎年10月末-11月上旬に長期休みをとっているのですが、この年はやりくりして2週間取得できました。

そこで、2015年に訪れて気に入ったオランダと、以前ツアーで行って物足りなかったフィレンツェに行くことにしました。大好きな大航海時代に関する都市を巡り、美術館・博物館をはしご。前回もっとじっくり見たかったところや、行けなかったところを中心に楽しみました。

1年経ってますが、参考になれば幸いです。

10月25日 成田→アムステルダム 
10月26日 アムステルダム 
10月27日 デルフト→デン・ハーグ ★
10月28日 アムステルダム
10月29日 エンクハイゼン
10月30日 ホールン
10月31日 アムステルダム→フィレンツェ
11月 1日 フィレンツェ
11月 2日 フィレンツェ
11月 3日 フィレンツェ
11月 4日 フィレンツェ
11月 5月 フィレンツェ
11月 6日 フィレンツェ→パリ
11月 7日 パリ→成田

旅行の満足度
5.0
観光
4.5
グルメ
4.0
ショッピング
3.5
交通
4.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
鉄道 徒歩
航空会社
KLMオランダ航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • この日はまず電車でデルフトへ。<br /><br />オランダの券売機っていまだにお札使えないんですよね。クレジットカード利用と窓口利用は手数料とられる。お札使えないって不便です。<br /><br />到着したデルフト駅は現代的で、街のイメージとは全然違いますね。<br />

    この日はまず電車でデルフトへ。

    オランダの券売機っていまだにお札使えないんですよね。クレジットカード利用と窓口利用は手数料とられる。お札使えないって不便です。

    到着したデルフト駅は現代的で、街のイメージとは全然違いますね。

    デルフト駅

  • デルフトに来るのは初めて。<br />オラニエ公ウィリアムの居住地であり、フェルメールの出身地でもある都市。<br /><br />ここには東インド会社の支社があった街なので、それ目当てです。<br /><br />あいにくのお天気。ぎりぎり雨は降ってない。そして人が全然いないw<br /><br />こちらは共和国の武器庫を経て東インド会社の倉庫として使われていた建物らしいです。以前は武器博物館だったようですが、今は別の施設になっています。

    デルフトに来るのは初めて。
    オラニエ公ウィリアムの居住地であり、フェルメールの出身地でもある都市。

    ここには東インド会社の支社があった街なので、それ目当てです。

    あいにくのお天気。ぎりぎり雨は降ってない。そして人が全然いないw

    こちらは共和国の武器庫を経て東インド会社の倉庫として使われていた建物らしいです。以前は武器博物館だったようですが、今は別の施設になっています。

  • 運河を挟んだところに・・・東インド会社デルフト支社の建物が。風見鶏が風見船になってます♪<br /><br />これを目当てにここに来た人ってあまりいないだろうなぁ・・・

    運河を挟んだところに・・・東インド会社デルフト支社の建物が。風見鶏が風見船になってます♪

    これを目当てにここに来た人ってあまりいないだろうなぁ・・・

  • 年号とVOCデルフト支社のマーク!v( ̄Д ̄)v

    年号とVOCデルフト支社のマーク!v( ̄Д ̄)v

  • ここにも。今は何か別の会社が入っている模様。

    ここにも。今は何か別の会社が入っている模様。

  • さっきの武器倉庫の側面。

    さっきの武器倉庫の側面。

  • 獅子のレリーフが立派だった。

    獅子のレリーフが立派だった。

  • 博物館が開くまでまだ時間があるので、街中をぶらぶら。天気があれなので、写真がイマイチ・・・(;&#39;∀&#39;)

    博物館が開くまでまだ時間があるので、街中をぶらぶら。天気があれなので、写真がイマイチ・・・(;'∀')

  • Gemeenlandshuis<br /><br />1505年にデルフトで一番お金持ち(保安官だった)、Jan de Huyterの為に建てられた後期ゴシック様式の建物。<br /><br />その後、ウィレム1世の娘Maria van Nassauと結婚したFilips van Hohenlohe-Neuensteinの所有に。

    Gemeenlandshuis

    1505年にデルフトで一番お金持ち(保安官だった)、Jan de Huyterの為に建てられた後期ゴシック様式の建物。

    その後、ウィレム1世の娘Maria van Nassauと結婚したFilips van Hohenlohe-Neuensteinの所有に。

  • そしてやってきたのはプリンセンホフ博物館。<br /><br />◎ミュージアムカード可能<br /><br />ネーデルラント連邦共和国(オランダ)の事実上の初代君主である、オラニエ(オレンジ)公ウィレム1世の居住であり、暗殺場所。現在はオラニエ一族に関する博物館になっています。<br /><br />オランダ独立の歴史を把握していれば、展示物の理解はできます。私は前々から興味があって調べていたので、問題なし。<br /><br />16-18世紀の歴史を知ってるだけでオランダは面白さが全然違いますね。マニアックな博物館も楽しいです。

    そしてやってきたのはプリンセンホフ博物館。

    ◎ミュージアムカード可能

    ネーデルラント連邦共和国(オランダ)の事実上の初代君主である、オラニエ(オレンジ)公ウィレム1世の居住であり、暗殺場所。現在はオラニエ一族に関する博物館になっています。

    オランダ独立の歴史を把握していれば、展示物の理解はできます。私は前々から興味があって調べていたので、問題なし。

    16-18世紀の歴史を知ってるだけでオランダは面白さが全然違いますね。マニアックな博物館も楽しいです。

    プリンセンホフ博物館 博物館・美術館・ギャラリー

  • オラニエ公ウィレム1世の肖像画

    オラニエ公ウィレム1世の肖像画

  • 暗殺されたときの弾痕があります。時間ごとに影絵でそのシーンを再現されます。<br /><br />

    暗殺されたときの弾痕があります。時間ごとに影絵でそのシーンを再現されます。

  • デルフト焼きの展示もありました。正直、マニアック過ぎて日本人はあまり来ないかと。きっとフェルメールセンターの方に行くだろうな。<br /><br />そろそろお昼ご飯を食べに行きましょう~

    デルフト焼きの展示もありました。正直、マニアック過ぎて日本人はあまり来ないかと。きっとフェルメールセンターの方に行くだろうな。

    そろそろお昼ご飯を食べに行きましょう~

  • 向こうに見えるのは旧教会(Oude KerK)。10世紀にはすでに基礎が築かれていた教会。<br /><br />フェルメールの他に、マールテン・トロンプ提督、西インド会社総督ピート・ヘインが眠っています。地盤沈下でめっちゃ傾いてる。でも昔からあのままなら大丈夫なんだんろう、たぶん。

    向こうに見えるのは旧教会(Oude KerK)。10世紀にはすでに基礎が築かれていた教会。

    フェルメールの他に、マールテン・トロンプ提督、西インド会社総督ピート・ヘインが眠っています。地盤沈下でめっちゃ傾いてる。でも昔からあのままなら大丈夫なんだんろう、たぶん。

    旧教会 寺院・教会

  • お昼ご飯はSTADS-KOFFYHUISで。<br /><br />このお店はオランダの美味しいパン大賞に何度も輝いているそうで、事前に調べて、是非食べたい!と思って行ってきました。<br /><br />内装も素敵で、かなり賑わっていました。

    お昼ご飯はSTADS-KOFFYHUISで。

    このお店はオランダの美味しいパン大賞に何度も輝いているそうで、事前に調べて、是非食べたい!と思って行ってきました。

    内装も素敵で、かなり賑わっていました。

    スタディズ コフィフイス カフェ

  • Delftse leut “deluxe” in diverse smaken<br /><br />エスプレッソにデルフト産のホットミルク。フレーバーはモカでお願いしました。デルフトの名前がついているので思わず注文。

    Delftse leut “deluxe” in diverse smaken

    エスプレッソにデルフト産のホットミルク。フレーバーはモカでお願いしました。デルフトの名前がついているので思わず注文。

  • Broodje &quot;Alex&quot; keus<br /><br />このメニューはお店の一番人気。ローストビーフにオレンジの組み合わせ。オラニエ(オレンジ)公にちなんでいるのかぁ。<br /><br />パンが外はカリカリ、中はもちもちで美味しかった!

    Broodje "Alex" keus

    このメニューはお店の一番人気。ローストビーフにオレンジの組み合わせ。オラニエ(オレンジ)公にちなんでいるのかぁ。

    パンが外はカリカリ、中はもちもちで美味しかった!

  • マルクト広場をぶらぶら。<br /><br />新教会(Nieuwe Kerk)<br /><br />14世紀後半に建設が始まった、プロテスタント教会。オラニエ公ウィレム1世が眠っています。<br /><br />晴れていれば塔に登って上からデルフトの街を見下ろすつもりだったんですけどね。天気が残念過ぎる。

    マルクト広場をぶらぶら。

    新教会(Nieuwe Kerk)

    14世紀後半に建設が始まった、プロテスタント教会。オラニエ公ウィレム1世が眠っています。

    晴れていれば塔に登って上からデルフトの街を見下ろすつもりだったんですけどね。天気が残念過ぎる。

    デルフト新教会 寺院・教会

  • マーケットの日だったようです。<br /><br />見えるのは13世紀に建てられた市庁舎。1618年に元の市庁舎は火事で焼失。その後、ルネッサンス調で再建されています。<br /><br />フェルメールもここで結婚の誓いをたてたらしいです。<br />塔は監獄としても使われていたそうです。

    マーケットの日だったようです。

    見えるのは13世紀に建てられた市庁舎。1618年に元の市庁舎は火事で焼失。その後、ルネッサンス調で再建されています。

    フェルメールもここで結婚の誓いをたてたらしいです。
    塔は監獄としても使われていたそうです。

    市庁舎 建造物

  • 魚~♪

    魚~♪

    フリーマーケット 市場

  • オランダと言えばチーズ!

    オランダと言えばチーズ!

  • そして、今度はデン・ハーグへ移動。デルフトからすぐです。

    そして、今度はデン・ハーグへ移動。デルフトからすぐです。

  • マウリッツハイツ美術館は西インド会社ブラジル総督マウリッツの元お屋敷。並んでるなぁ。前にも行ってるから後回しにしよう。<br /><br />前回行けなかった博物館に行きたいのです。

    マウリッツハイツ美術館は西インド会社ブラジル総督マウリッツの元お屋敷。並んでるなぁ。前にも行ってるから後回しにしよう。

    前回行けなかった博物館に行きたいのです。

  • ハーグ歴史博物館<br /><br />◎ミュージアムカード利用可能<br /><br />マウリッツハイツ美術館(右の白い建物)のすぐ近くにあるハーグの歴史に関する資料が展示されている博物館。こちらも相当マニアックです。

    ハーグ歴史博物館

    ◎ミュージアムカード利用可能

    マウリッツハイツ美術館(右の白い建物)のすぐ近くにあるハーグの歴史に関する資料が展示されている博物館。こちらも相当マニアックです。

  • 私は主に15-18世紀の展示をメインに見ました。

    私は主に15-18世紀の展示をメインに見ました。

  • ビネンホフをいろんな角度から描いた絵画がいっぱいです。<br /><br />The Hofvijver seen from the Buitenhof<br />unknown artist, c.1630<br /><br />ウィレム1世の息子マウリッツ王子とフレデリク・ヘンドリック王子も描かれています。

    ビネンホフをいろんな角度から描いた絵画がいっぱいです。

    The Hofvijver seen from the Buitenhof
    unknown artist, c.1630

    ウィレム1世の息子マウリッツ王子とフレデリク・ヘンドリック王子も描かれています。

  • The Plaats with the Graneze Zoodije, facing Lange Vijverberg<br />unknown artist, c.1550-156<br /><br />ちょうどこの博物館あたりから描いたものですね。

    The Plaats with the Graneze Zoodije, facing Lange Vijverberg
    unknown artist, c.1550-156

    ちょうどこの博物館あたりから描いたものですね。

  • De Hofvijver gezien vanaf de Lange Vijverberg<br />Schiderij door Jan ten Compe, ca.1750<br /><br />ビネンホフを池を挟んで描いたもの。

    De Hofvijver gezien vanaf de Lange Vijverberg
    Schiderij door Jan ten Compe, ca.1750

    ビネンホフを池を挟んで描いたもの。

  • 博物館をでればビネンホフとホフ池の素敵な眺め♪本当にこの建物好きだなぁ。天気が(略)

    イチオシ

    博物館をでればビネンホフとホフ池の素敵な眺め♪本当にこの建物好きだなぁ。天気が(略)

  • ビネンホフを見ている像はヨハン・ヴァン・オルデンバルネフェルト。東インド会社設立で重要な役割を果たす重要人物です。

    ビネンホフを見ている像はヨハン・ヴァン・オルデンバルネフェルト。東インド会社設立で重要な役割を果たす重要人物です。

  • 池をぐるっと回ってビネンホフの中へ。騎士の館。<br /><br />あー写真が暗いw

    池をぐるっと回ってビネンホフの中へ。騎士の館。

    あー写真が暗いw

    ビネンホフ  城・宮殿

  • ハーグ博物館に同じ角度の絵画がありました。

    ハーグ博物館に同じ角度の絵画がありました。

  • そしてちょうど列がなくなっていたので、マウリッツハイツ美術館再び。<br /><br />◎ミュージアムカード利用可能

    そしてちょうど列がなくなっていたので、マウリッツハイツ美術館再び。

    ◎ミュージアムカード利用可能

    マウリッツハイス美術館 博物館・美術館・ギャラリー

  • レンブラントを見て、

    レンブラントを見て、

  • もちろんフェルメールも。

    イチオシ

    もちろんフェルメールも。

  • デルフトはウィレム1世に関する展示、デン・ハーグはその息子たちにに関する展示があったので、順番がよかったですね。<br />

    デルフトはウィレム1世に関する展示、デン・ハーグはその息子たちにに関する展示があったので、順番がよかったですね。

  • この後はアムステルダムに戻りました。<br /><br />遠出した日はアムステルダム駅からホテルまで毎日歩いてました。街中でいろんなお店を覗きながらアムステルダムの街を歩くのは楽しいです。<br />

    この後はアムステルダムに戻りました。

    遠出した日はアムステルダム駅からホテルまで毎日歩いてました。街中でいろんなお店を覗きながらアムステルダムの街を歩くのは楽しいです。

  • そしてついにアムステルダムの街中でバリヤードゲットしました!なかなかでなかったですねー。どうやら土日にでるようでした。<br /><br />この後、フィレンツェで立て続けに4匹捕まえました。<br /><br />1年経った今は全然やってないんですが、この時はうれしかったなぁ。

    そしてついにアムステルダムの街中でバリヤードゲットしました!なかなかでなかったですねー。どうやら土日にでるようでした。

    この後、フィレンツェで立て続けに4匹捕まえました。

    1年経った今は全然やってないんですが、この時はうれしかったなぁ。

14いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

エウロペさんの関連旅行記

エウロペさんの旅行記一覧

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

オランダで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
オランダ最安 380円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

オランダの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集