プリーン 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

遊覧船をヘレン島で降りた私たちは、ベルサイユ宮殿を模したと言われているヘレンキームゼー城のNeues Palaisへと歩いて行きました。しかし、宮殿の中には入りませんでした。<br /><br />なお、このアルバムは、ガンまる日記:キームゼー鉄道と西側の島めぐり(2)[http://marumi.tea-nifty.com/gammaru/2017/10/post-c6c1.html]とリンクしています。詳細については、そちらをご覧くだされば幸いです。

キームゼー鉄道と西側の島めぐり(2)

20いいね!

2017/08/19 - 2017/08/27

9位(同エリア47件中)

    26

    遊覧船をヘレン島で降りた私たちは、ベルサイユ宮殿を模したと言われているヘレンキームゼー城のNeues Palaisへと歩いて行きました。しかし、宮殿の中には入りませんでした。

    なお、このアルバムは、ガンまる日記:キームゼー鉄道と西側の島めぐり(2)[http://marumi.tea-nifty.com/gammaru/2017/10/post-c6c1.html]とリンクしています。詳細については、そちらをご覧くだされば幸いです。

    同行者
    カップル・夫婦
    交通手段
    徒歩
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    4.0
    観光
    4.0
    交通
    4.0

    PR

    • 遊覧船を降りると、ウミネコが迎えてくれた。

      遊覧船を降りると、ウミネコが迎えてくれた。

    • 日本でも良く見かける光景。

      日本でも良く見かける光景。

    • こちらはカモ。どの鳥も、日本にいる鳥と変わらないように見える。

      こちらはカモ。どの鳥も、日本にいる鳥と変わらないように見える。

    • ヘレンキームゼー城のNeues Palaisへと続く道を歩いて行く。

      ヘレンキームゼー城のNeues Palaisへと続く道を歩いて行く。

    • 周辺の情報が書かれた案内板。<br />ヘレンキームゼー城のNeues Palaisに入場できるチケットは、この先では販売されていないことがしきりに強調されていた。

      周辺の情報が書かれた案内板。
      ヘレンキームゼー城のNeues Palaisに入場できるチケットは、この先では販売されていないことがしきりに強調されていた。

    • 馬車が走っている。

      馬車が走っている。

    • ヘレンキームゼー城のNeues Palaisまでは、まだまだ遠い。馬車を横目で見ながら一生懸命歩く。

      ヘレンキームゼー城のNeues Palaisまでは、まだまだ遠い。馬車を横目で見ながら一生懸命歩く。

    • 遠い、遠い。しかし、改めて写真で見ると、自然に囲まれた美しい場所を歩いていたのだとわかる。

      遠い、遠い。しかし、改めて写真で見ると、自然に囲まれた美しい場所を歩いていたのだとわかる。

    • ああ、この切り株で一休みしたい。実際に、ここに座って一休みしたと思う。

      ああ、この切り株で一休みしたい。実際に、ここに座って一休みしたと思う。

    • まるで雑草を引いたあとのように、木が根こそぎ倒れていた。これも、自然のなせる技なのだろうか。

      まるで雑草を引いたあとのように、木が根こそぎ倒れていた。これも、自然のなせる技なのだろうか。

    • ヘレンキームゼー城のNeues Palaisに到着。何かを待っているような人たちは、何を待っているのだろう?

      ヘレンキームゼー城のNeues Palaisに到着。何かを待っているような人たちは、何を待っているのだろう?

    • 噴水。

      噴水。

    • むむ、これがヴェルサイユ宮殿を模したヘレンキームゼー城のNeues Palaisなのか? 確かに似ているが、どことなく華やかさが足りないように思う。

      むむ、これがヴェルサイユ宮殿を模したヘレンキームゼー城のNeues Palaisなのか? 確かに似ているが、どことなく華やかさが足りないように思う。

    • やっぱり、宮殿の中の鑑賞券は買わなくて良かったと思った。

      やっぱり、宮殿の中の鑑賞券は買わなくて良かったと思った。

    • 何かを待っている人たちは、馬車が来るのを待っていたのだった。馬には申し訳ないが、元の場所まで歩くとかなりあるので、私たちも帰りは馬車に乗りたいと思った。

      何かを待っている人たちは、馬車が来るのを待っていたのだった。馬には申し訳ないが、元の場所まで歩くとかなりあるので、私たちも帰りは馬車に乗りたいと思った。

    • 馬車を引いている馬には、触れることができる。

      馬車を引いている馬には、触れることができる。

    1件目~20件目を表示(全26件中)

    この旅行記のタグ

      20いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      プリーン(ドイツ) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集