バンダルスリブガワン 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

みっちー<br /><br />人生至上最高のエグゼプティブな空間で過ごす1日<br /><br /><br />いつかまた…。<br />今度は、何日か滞在してホテルライフを楽しみたい~。

ブルネイ・ダルサラ~~ム⑥

13いいね!

2017/04/29 - 2017/05/05

112位(同エリア284件中)

    33

    みっちー

    人生至上最高のエグゼプティブな空間で過ごす1日


    いつかまた…。
    今度は、何日か滞在してホテルライフを楽しみたい~。

    旅行の満足度
    5.0

    PR

    • ブルネイ仕様のダブルサイズベッドが手前に。<br /><br />すごくでかい~。<br /><br />そしてソファーまであります。<br /><br /><br />入口、クローゼット、水回りが別にそれぞれあり、ものすごく広いです。<br /><br />それでも、一番安い部屋です~。

      ブルネイ仕様のダブルサイズベッドが手前に。

      すごくでかい~。

      そしてソファーまであります。


      入口、クローゼット、水回りが別にそれぞれあり、ものすごく広いです。

      それでも、一番安い部屋です~。

    • 洗面台~<br /><br />ほぼ大理石です。<br /><br />右手には大きなバスタブ、左手には、シャワーブースとトイレ<br /><br />バスローブまで付いてます。<br /><br /><br />何だか、偉くなった気分です。<br /><br />想像してみて下さいませ~。

      洗面台~

      ほぼ大理石です。

      右手には大きなバスタブ、左手には、シャワーブースとトイレ

      バスローブまで付いてます。


      何だか、偉くなった気分です。

      想像してみて下さいませ~。

    • バスタブに設置されているシャワーとカランですが、<br /><br />金属製でずっしりと重量感が有りました~。<br /><br /><br />ババンババンバンバン~~~。<br />いい湯でした。

      バスタブに設置されているシャワーとカランですが、

      金属製でずっしりと重量感が有りました~。


      ババンババンバンバン~~~。
      いい湯でした。

    • 自分は男なのでわからないですが、<br /><br />何だかお高そうなオーラを発しています。<br /><br />おみやげとして、日本へ持ち帰りましたが、<br /><br />あとでググって見ると、<br /><br /><br />世界のセレブが愛用、英国発「エレミス」…<br /><br />なんてページを発見~。<br /><br /><br />まぁシャンプーとかなので、あれですが。<br /><br /><br />さすが7つ星★★★★★★★ホテル<br /><br />違いますなぁ~

      自分は男なのでわからないですが、

      何だかお高そうなオーラを発しています。

      おみやげとして、日本へ持ち帰りましたが、

      あとでググって見ると、


      世界のセレブが愛用、英国発「エレミス」…

      なんてページを発見~。


      まぁシャンプーとかなので、あれですが。


      さすが7つ星★★★★★★★ホテル

      違いますなぁ~

    • コーヒーカップもお高そうに見えます~<br /><br />これも英国製でしょうかね?

      コーヒーカップもお高そうに見えます~

      これも英国製でしょうかね?

    • ベットサイドのランプを下から<br /><br />怪しい雰囲気漂わせて撮ってみました~

      ベットサイドのランプを下から

      怪しい雰囲気漂わせて撮ってみました~

    • 窓からの景色です。<br /><br />メインロビーからは離れるエリアです。<br /><br />左側に見えるようなベランダが各部屋に付いています。<br /><br />夜はここで1杯~(ここでももちろんアルコールはありません。)<br /><br /><br /><br />ちなみにさらに奥に見えるのが、ヴィラ棟です。

      窓からの景色です。

      メインロビーからは離れるエリアです。

      左側に見えるようなベランダが各部屋に付いています。

      夜はここで1杯~(ここでももちろんアルコールはありません。)



      ちなみにさらに奥に見えるのが、ヴィラ棟です。

    • まさに、<br /><br />THE EMPIRE<br /><br /><br />ちょっとした物でも、この文字が入るだけで<br /><br />何かが違う様に感じてしまいます。<br /><br /><br /><br />それだけ、ロゴには重要な役割があるという事ですね。<br /><br />仕事にも通じるものが有りますね。

      まさに、

      THE EMPIRE


      ちょっとした物でも、この文字が入るだけで

      何かが違う様に感じてしまいます。



      それだけ、ロゴには重要な役割があるという事ですね。

      仕事にも通じるものが有りますね。

    • さて、まずはプールで泳ぎたいと思います~<br /><br />はい、ドーン!<br /><br />すごくでかいです。<br /><br />そして誰もいません~

      さて、まずはプールで泳ぎたいと思います~

      はい、ドーン!

      すごくでかいです。

      そして誰もいません~

    • 別の位置から。

      別の位置から。

    • さらに別の位置から。

      さらに別の位置から。

    • そして、プールなのにカヤックも乗れます。<br /><br />もちろん乗りました~<br /><br />値段忘れましたが、タダでは無かったです~

      そして、プールなのにカヤックも乗れます。

      もちろん乗りました~

      値段忘れましたが、タダでは無かったです~

    • 直ぐ先は大海原です。<br /><br /><br />逆光ぽい感じで暗く写っていますが、<br /><br />超絶暑く、太陽の光撃が半端ありません。<br /><br />真黒なサングラスが欲しいくらいでした。

      直ぐ先は大海原です。


      逆光ぽい感じで暗く写っていますが、

      超絶暑く、太陽の光撃が半端ありません。

      真黒なサングラスが欲しいくらいでした。

    • ココナッツの木と<br /><br />トリケラトプスのようなトゲトゲした低木<br /><br />何だかわからないけど、生命力強いよなぁ~と関心

      ココナッツの木と

      トリケラトプスのようなトゲトゲした低木

      何だかわからないけど、生命力強いよなぁ~と関心

    • ホテルの敷地案内図です。<br /><br />なんじゃこりゃー!<br /><br />って感じの大きさです。<br /><br /><br />どこに行くにも、電動カートで移動します。<br /><br />各所にカートが待機しており、行きたいところへ<br /><br />連れて行ってくれます。

      ホテルの敷地案内図です。

      なんじゃこりゃー!

      って感じの大きさです。


      どこに行くにも、電動カートで移動します。

      各所にカートが待機しており、行きたいところへ

      連れて行ってくれます。

    • 海にも入ってみました~<br /><br />太陽の力で、完全に温水になってました。<br /><br />超気持ち良い~

      海にも入ってみました~

      太陽の力で、完全に温水になってました。

      超気持ち良い~

    • 海から上がって、歩きながらロビーのあるメインの建物を横切ります。<br /><br />全面ガラス張りで、全層吹き抜けで、中に立ってる<br /><br />バカでかい柱や、エスカレーターが見えます。

      海から上がって、歩きながらロビーのあるメインの建物を横切ります。

      全面ガラス張りで、全層吹き抜けで、中に立ってる

      バカでかい柱や、エスカレーターが見えます。

    • プールでは飽き足らず、海にも浸かり<br /><br />休憩中の一枚<br /><br /><br />方角的に、この先は香港ですね。<br /><br />日本はもっと右側~

      プールでは飽き足らず、海にも浸かり

      休憩中の一枚


      方角的に、この先は香港ですね。

      日本はもっと右側~

    • そうこうしているうちに空模様が急変し、スコールに<br /><br />電動カートには見放されたようで、一向に来てくれません。<br /><br />あきらめて止むまでの間、雷鳴轟く稲光を捉えるべく、<br /><br />カメラをインターバルモードへ。<br /><br /><br />そして取れた写真がこちら。

      そうこうしているうちに空模様が急変し、スコールに

      電動カートには見放されたようで、一向に来てくれません。

      あきらめて止むまでの間、雷鳴轟く稲光を捉えるべく、

      カメラをインターバルモードへ。


      そして取れた写真がこちら。

    • ようやく止んだ頃には、いい感じに暗くなり、<br /><br />画面中央の小さな光を捉えることが出来ましたー。<br /><br /><br />この光が、ブルネイに繁栄をもたらしている源<br /><br />そう! 油田です~

      ようやく止んだ頃には、いい感じに暗くなり、

      画面中央の小さな光を捉えることが出来ましたー。


      この光が、ブルネイに繁栄をもたらしている源

      そう! 油田です~

    1件目~20件目を表示(全33件中)

    この旅行記のタグ

      13いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      バンダルスリブガワン(ブルネイ) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集