多治見旅行記(ブログ) 一覧に戻る
岐阜県多治見市は 愛知県瀬戸市に隣接した美濃焼の産地で、関連する美術館などもあるが、生産地よりも商社など集積地の性格が強いと言われる。<br />名古屋に30分と言う交通の便から、名古屋のベッドタウンとなっている。<br />盆地状の地形のせいか、国内の最高気温を記録したこともあり「日本一暑い町」の一つでもある。<br /><br />「五木寛之の百寺巡礼」第4巻という本に触発され、湖東三山を訪れた帰りに、半日を割いて名古屋から往復して永保寺を訪ねました。<br />永保寺は臨済宗南禅寺派の寺で、雲水の修業道場でもある。<br /><br /> 南禅寺9世の無窓疎石が開創、11世の元翁本元が開山とされているが、1295年頃には両者がともに鎌倉で修業しており、元翁の故郷に近いこの地に1314年頃に戻ったのが始まりと見られている。<br /><br />境内には国宝の観音堂、開山堂、国名勝の庭園がある。観音堂の内部の拝観は涅槃会の3月15日だけ無料で公開される。<br />修業道場ゆえ建物の内部は立ち入れないが、庭園の拝観、通り抜けは自由で無料である。、<br /><br />帰りに、駅の案内所で完熟トマトを買いました。昔のトマトの味がしました。

岐阜県多治見市 虎渓山永保寺を拝観

16いいね!

2017/05/09 - 2017/05/09

52位(同エリア181件中)

0

15

岐阜県多治見市は 愛知県瀬戸市に隣接した美濃焼の産地で、関連する美術館などもあるが、生産地よりも商社など集積地の性格が強いと言われる。
名古屋に30分と言う交通の便から、名古屋のベッドタウンとなっている。
盆地状の地形のせいか、国内の最高気温を記録したこともあり「日本一暑い町」の一つでもある。

「五木寛之の百寺巡礼」第4巻という本に触発され、湖東三山を訪れた帰りに、半日を割いて名古屋から往復して永保寺を訪ねました。
永保寺は臨済宗南禅寺派の寺で、雲水の修業道場でもある。

 南禅寺9世の無窓疎石が開創、11世の元翁本元が開山とされているが、1295年頃には両者がともに鎌倉で修業しており、元翁の故郷に近いこの地に1314年頃に戻ったのが始まりと見られている。

境内には国宝の観音堂、開山堂、国名勝の庭園がある。観音堂の内部の拝観は涅槃会の3月15日だけ無料で公開される。
修業道場ゆえ建物の内部は立ち入れないが、庭園の拝観、通り抜けは自由で無料である。、

帰りに、駅の案内所で完熟トマトを買いました。昔のトマトの味がしました。

旅行の満足度
4.0
観光
4.5
交通
4.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
タクシー 新幹線 JRローカル 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 黒門です。これが正式な入り口らしい。<br />IRの駅から ここまでタクシーで来るのが便利です。確か800円くらい。<br /><br />屋根を支えている柱の根元を見ると、細かい細工をして、腐りそうな古材を何とか使っています。

    黒門です。これが正式な入り口らしい。
    IRの駅から ここまでタクシーで来るのが便利です。確か800円くらい。

    屋根を支えている柱の根元を見ると、細かい細工をして、腐りそうな古材を何とか使っています。

  • 門前の石碑です。<br /><br />「えいほじ」かと思っていたら 「えいほうじ」と読むのが正解でした。

    門前の石碑です。

    「えいほじ」かと思っていたら 「えいほうじ」と読むのが正解でした。

  • ほんの少し、約100メートル 歩くと、池の向こうに国宝の観音堂が見えます。<br />永保寺最古の建物で、1353年に無窓国師がこの地に草庵をむすび、翌年に豪族土岐氏の寄進で建てられたという。<br />外観は鎌倉末期の禅宗様式を基本とするが、随所に平安期の和の意匠が見られるとされている。<br /><br />屋根の反りが見事です。

    ほんの少し、約100メートル 歩くと、池の向こうに国宝の観音堂が見えます。
    永保寺最古の建物で、1353年に無窓国師がこの地に草庵をむすび、翌年に豪族土岐氏の寄進で建てられたという。
    外観は鎌倉末期の禅宗様式を基本とするが、随所に平安期の和の意匠が見られるとされている。

    屋根の反りが見事です。

  • 観音堂と無際橋(むさいきょう)。<br /><br />このときは別の寺の関係者の一団を若い僧侶が案内していた。

    観音堂と無際橋(むさいきょう)。

    このときは別の寺の関係者の一団を若い僧侶が案内していた。

  • 美しい橋なので 写真を何枚か撮りました。

    美しい橋なので 写真を何枚か撮りました。

  • 橋の観音堂側にある二本の松は枯死していました。

    橋の観音堂側にある二本の松は枯死していました。

  • 「無際橋」と右横書きで書かれています。

    「無際橋」と右横書きで書かれています。

  • 前の写真の左上の岩の上に「六角堂」がある。<br /><br />この岩盤は「梵音巌」(ぼんのんがん)と名付けられており、小さい滝が流れている。

    前の写真の左上の岩の上に「六角堂」がある。

    この岩盤は「梵音巌」(ぼんのんがん)と名付けられており、小さい滝が流れている。

  • 六角堂。

    六角堂。

  • 池(臥竜池・がりゅうち)の南側の道を西に行くと「光明天皇勅願所」の石柱がある。<br /><br />さらに西進して橋を渡らずに、川沿いに歩くと、もう一つの国宝建造物「開山堂」ですが、連日の歩きで疲れていたので、橋のあたりでギブアップ。<br />

    池(臥竜池・がりゅうち)の南側の道を西に行くと「光明天皇勅願所」の石柱がある。

    さらに西進して橋を渡らずに、川沿いに歩くと、もう一つの国宝建造物「開山堂」ですが、連日の歩きで疲れていたので、橋のあたりでギブアップ。

  • 開山堂、国宝です。1352年に足利尊氏が建立したとされる。<br />権現造りと言われる神社建築の原型とされている。<br />写真の三間四方の礼堂(らいどう)の先に無窓国師と仏徳禅師の塑像がある一間四方の祠堂がある。<br /><br />少し離れているのでギブアップ。 絵葉書を買ってコピーしました。

    開山堂、国宝です。1352年に足利尊氏が建立したとされる。
    権現造りと言われる神社建築の原型とされている。
    写真の三間四方の礼堂(らいどう)の先に無窓国師と仏徳禅師の塑像がある一間四方の祠堂がある。

    少し離れているのでギブアップ。 絵葉書を買ってコピーしました。

  • 観音堂の東にある小島には、小さい堂宇がある。<br /><br />石の灯篭には見事な彫り物がある。

    観音堂の東にある小島には、小さい堂宇がある。

    石の灯篭には見事な彫り物がある。

  • 前の写真の灯篭の彫り物。

    前の写真の灯篭の彫り物。

  • 以上の写真以外にも いろいろな文化財があるという。

    以上の写真以外にも いろいろな文化財があるという。

  • 本堂跡に再建された建物。

    本堂跡に再建された建物。

この旅行記のタグ

16いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集