飛騨高山 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
前回に引き続き「高山編」を掲示します。<br />3月24日16:30松本より高山駅に到着し、まずは宿泊予定のホテル(ルートイングランテイア飛騨高山)に連絡(予定は20時頃チェックインのため)し早目のチェックインが可能か、近辺に食事処・コンビニが有るか確認しましたが、チェックインは可能ですが、近辺には何も無しとの回答の為、駅近辺にて夕食後向かう旨通達しました。<br /><br />駅の観光協会にて散策マップと食事処(折角なので飛騨牛の美味しい所)を紹介して頂き、駅の右側(広小路通り)を散策しながら食事処を探していましたが、紹介して頂いた何店舗は時間が早いため、まだ開店していないのと、料金が結構割高でしたので、散策を兼ねて街並みを結構歩きました。<br />*流石観光地ですので、観光客(外国人)が多く人混みを避けて歩いていました。<br /><br />19:00頃になりましたので、そろそろ夕食処を決めようと「飛騨牛まんぷく亭」のローストビーフ丼が目に入り入店しました。<br />(中は一般的な食堂風で、おばちゃんが一人で切り盛りしていました。)<br />食事が終了後ホテルに向かうためタクシーを呼んで貰い約15分ぐらい掛かりホテルに到着。<br />*高山では流しのタクシーはほとんどいないため、駅か待機場でないと乗れないとの事!<br /><br />地図では見ましたが、実際行って見ますとホテルは小高い丘の上で周りには何も有りませんでした。(観光バスもしくは自家用車向けの様です。)<br />チェックイン時フロントより、本日は台湾からの団体(200名)が入っていますので、館内がうるさいと思いますので、ご了承願いますと言われ、尚且つ大浴場は混雑しますので早めにどうぞとの事でした!<br />*食事は済ましていましたので早速大浴場に速攻で入り部屋に引き上げました。<br /> 結構疲れが溜まって来ていましたので、部屋の小さな風呂ではなく広々としゆっくりお湯に入りたかったので!<br /><br />翌日の朝は少し早目の06:20頃食べに行きましたが既に台湾の方が大勢にぎやかに食事を取っていました。<br />前日予約指定ましたタクシーで高山駅に向かい「白川郷ツアー」に行き、12時過ぎに再度高山駅に戻ってきました。<br /><br />今度は高山市の左側(国分寺通り)を散策を考えていましたが、折角高山に来ましたので「高山ラーメン」を食べない訳にはいきませんので、ツアーのガイドさんに紹介して貰った「ちとせ」に行きました。<br />5名程待っていましたが、順調に入店しましたが、中々注文を取りに来ず高山ラーメンを注文しましたが出て来るまでに時間が掛かりました。<br />味は醤油ベースのちぢれ麺ですが余りにも細いのと、今まで豚骨か魚介ベースの結構濃厚なスープになじんでいましたので私としては物足りない感じです。<br /><br />食事後気を取り戻し散策を開始しましたが、ふと高山と言えば「高山まつり」が有名で絢爛豪華な屋台の引き回しが浮かびましたので、近くの土産物店にて展示している所が無いかと尋ねましたら、少し離れた所に「高山祭屋台会館」が有るとの事で早速行って見ることにしました。<br /><br />「屋台会館」は桜山八幡宮の中に有りまして、巫女さんが会館内を紹介してくれます。<br />*どうも新米の巫女さんのようで色々質問をしましたが適切な回答は返ってきませんでした。<br />館内には神輿が1基と屋台が5台展示されておりました。<br />見学後帰りの電車の時間も近づいていましたので、駅前で土産(妻用)購入。<br />14:38分発の特急ワイドビューひだ14号にて名古屋経由にて大阪に戻りました。<br /><br />今回2泊3日で大阪ー新横浜ー山梨(大月)-長野(松本)-岐阜(高山・白川郷)-名古屋ー大阪といつもながら駆け足で縦断して来ました。<br />本来どの地もゆっくり時間を掛けて見て回ればいいのですが、どうも私の性分でしょうか、出来る限り見学できる所は巡りたいとの意識が強過ぎるようです。<br />だらだらした長文ですがお読みいただき誠に有難うございます。

山梨・長野・岐阜に行って来ました。(飛騨高山編)

42いいね!

2017/03/25 - 2017/03/25

73位(同エリア1440件中)

    39

    前回に引き続き「高山編」を掲示します。
    3月24日16:30松本より高山駅に到着し、まずは宿泊予定のホテル(ルートイングランテイア飛騨高山)に連絡(予定は20時頃チェックインのため)し早目のチェックインが可能か、近辺に食事処・コンビニが有るか確認しましたが、チェックインは可能ですが、近辺には何も無しとの回答の為、駅近辺にて夕食後向かう旨通達しました。

    駅の観光協会にて散策マップと食事処(折角なので飛騨牛の美味しい所)を紹介して頂き、駅の右側(広小路通り)を散策しながら食事処を探していましたが、紹介して頂いた何店舗は時間が早いため、まだ開店していないのと、料金が結構割高でしたので、散策を兼ねて街並みを結構歩きました。
    *流石観光地ですので、観光客(外国人)が多く人混みを避けて歩いていました。

    19:00頃になりましたので、そろそろ夕食処を決めようと「飛騨牛まんぷく亭」のローストビーフ丼が目に入り入店しました。
    (中は一般的な食堂風で、おばちゃんが一人で切り盛りしていました。)
    食事が終了後ホテルに向かうためタクシーを呼んで貰い約15分ぐらい掛かりホテルに到着。
    *高山では流しのタクシーはほとんどいないため、駅か待機場でないと乗れないとの事!

    地図では見ましたが、実際行って見ますとホテルは小高い丘の上で周りには何も有りませんでした。(観光バスもしくは自家用車向けの様です。)
    チェックイン時フロントより、本日は台湾からの団体(200名)が入っていますので、館内がうるさいと思いますので、ご了承願いますと言われ、尚且つ大浴場は混雑しますので早めにどうぞとの事でした!
    *食事は済ましていましたので早速大浴場に速攻で入り部屋に引き上げました。
     結構疲れが溜まって来ていましたので、部屋の小さな風呂ではなく広々としゆっくりお湯に入りたかったので!

    翌日の朝は少し早目の06:20頃食べに行きましたが既に台湾の方が大勢にぎやかに食事を取っていました。
    前日予約指定ましたタクシーで高山駅に向かい「白川郷ツアー」に行き、12時過ぎに再度高山駅に戻ってきました。

    今度は高山市の左側(国分寺通り)を散策を考えていましたが、折角高山に来ましたので「高山ラーメン」を食べない訳にはいきませんので、ツアーのガイドさんに紹介して貰った「ちとせ」に行きました。
    5名程待っていましたが、順調に入店しましたが、中々注文を取りに来ず高山ラーメンを注文しましたが出て来るまでに時間が掛かりました。
    味は醤油ベースのちぢれ麺ですが余りにも細いのと、今まで豚骨か魚介ベースの結構濃厚なスープになじんでいましたので私としては物足りない感じです。

    食事後気を取り戻し散策を開始しましたが、ふと高山と言えば「高山まつり」が有名で絢爛豪華な屋台の引き回しが浮かびましたので、近くの土産物店にて展示している所が無いかと尋ねましたら、少し離れた所に「高山祭屋台会館」が有るとの事で早速行って見ることにしました。

    「屋台会館」は桜山八幡宮の中に有りまして、巫女さんが会館内を紹介してくれます。
    *どうも新米の巫女さんのようで色々質問をしましたが適切な回答は返ってきませんでした。
    館内には神輿が1基と屋台が5台展示されておりました。
    見学後帰りの電車の時間も近づいていましたので、駅前で土産(妻用)購入。
    14:38分発の特急ワイドビューひだ14号にて名古屋経由にて大阪に戻りました。

    今回2泊3日で大阪ー新横浜ー山梨(大月)-長野(松本)-岐阜(高山・白川郷)-名古屋ー大阪といつもながら駆け足で縦断して来ました。
    本来どの地もゆっくり時間を掛けて見て回ればいいのですが、どうも私の性分でしょうか、出来る限り見学できる所は巡りたいとの意識が強過ぎるようです。
    だらだらした長文ですがお読みいただき誠に有難うございます。

    同行者
    一人旅
    一人あたり費用
    5万円 - 10万円
    交通手段
    タクシー 新幹線 JR特急 私鉄 徒歩
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    4.5
    観光
    5.0
    ホテル
    4.0
    グルメ
    4.0
    ショッピング
    4.5
    交通
    5.0

    PR

    1件目~20件目を表示(全39件中)

    この旅行記のタグ

      42いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      ピックアップ特集

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      飛騨高山(岐阜) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集